【WEB申込みで最短当日受取り!】


公式サイトはこちら

アコムに審査に落ちる理由と通る3つの条件を徹底解説!

Sponsored Links

カードローンの審査基準は各会社によって異なります。アコムの審査に通るためには、審査の特徴と流れ・審査落ちの理由を知ることがポイントです!今回はアコムの審査について徹底解説しました。

アコムの基本情報

アコムのスペック

金利 3.0%~18.0%
借入限度額 1万円~800万円
審査時間 最短30分
融資時間 即日融資可(最短で1時間程度)
 金利
上限金利18%は銀行カードローンと比較すると高いですが、消費者金融のカードローンとしては標準的です。借入金額が100万円以上なら、上限金利は15%に下がります
 借入限度額
アコムの借入限度額は1万円~800万円で、消費者金融の借入限度額としては最高水準です。しかし、消費者金融では総量規制によって個人の借入限度額は年収の3分の1までに制限されていますし、初めてアコムを利用する場合なら最大でも50万円程度の借り入れになります。

 審査時間
申し込み方法や審査内容、また申し込み時間帯などによって異なりますが、最短30分で審査結果が出ます。最短の30分で審査を済ませるには、アコムの審査回答時間内に連絡をもらえるように審査を受けなければなりません。

 融資時間
融資時間も申し込み方法や混雑状況によってかかる時間が異なりますが、最短1時間程度で契約・融資が可能です。ただし、即日の振込融資を希望する場合には銀行の営業時間を考慮して、平日14:00までに契約を済ませる必要があります。

審査時間・ 融資時間については詳しく後述しますので、ぜひ参考にしてください。

おすすめポイント

アコムのおすすめポイントは次の3点です。

 最短1時間で融資

 2人に1人が審査に通過

 20代の若者獲得に積極的だから初めての方におすすめ!

カードローンを利用したい人が安心して申し込める環境が整えられているのが魅力です。

アコムの特徴

アコムは1978年の設立から今年で40年、創立80年以上を誇る業界の老舗です。

延べ人数であるとはいえ、利用者数1,000万人突破の実績は利用のしやすさや信頼感があればこそ、といったところでしょう。

 自動スコアリング審査を採用しているので最短30分のスピード審査が可能。即日融資にも充分対応できる点が魅力です。

 新規貸付率は安定的に47.0%~49.0%の間を推移しています。つまり、申込者の2人に1人が審査に通過している計算になります。

 カードローンの申し込み時に気になるのが「誰にもバレずに借り入れができるか」という点です。
アコムでは、多彩な申し込み方法や借り入れ方法を提供しており、ネット申し込みなどの利用で郵送物の発送をなくすこともできます。

アコムの審査における特徴について

アコムの審査には、仮審査と本審査があります。

 仮審査
申込書に記載された申込内容をコンピューターに入力し、申込者の返済能力を機械的に細かく点数化して評価する「属性スコアリング」によって行われる

 本審査
個人信用情報機関への照会や書類の記載事項の確認、申込者の勤務先への在籍確認など、人の手によって行われる

属性スコアリングによる判定はほんの数秒で終わりますが、信用情報の照会や必要書類の確認、在籍確認は人の手によって行われるので時間がかかります。

また、アコムでは審査に対して不安がある人に対して、事前に融資の可能性があるかどうかをカンタンにチェックできる「3秒診断」がホームページに用意されています。

アコムの審査における特徴

アコムは数ある消費者金融の中でも圧倒的な知名度を誇ります。

長年にわたって蓄積された顧客データを駆使することによって可能となった、最短30分というスピーディーな審査はアコムの大きな特徴となっています。

一つ気になるのが、アコムの審査は他のカードローン会社と比較して「審査が甘い」のが特徴である、とするクチコミや情報をよく見聞きすることです。

実際そのように紹介しているサイトを見かけたことがある、という人もいるかもしれません。

しかし、アコムの貸付条件を他の消費者金融の貸付条件と比べてみても、特にアコムの審査が甘いと確信できるような情報はどこにも記載されてはいません。

本当にアコムの審査は甘いのでしょうか?

前提:アコムの審査が甘いは嘘!

まず、結論から言えば「アコムの審査が甘い」というのは間違った情報です。

審査基準を公表してしまうとその基準に合わせた不正な申し込みがいくらでもできてしまうため、どのカードローン会社も審査基準や審査内容は決して公表しません。

つまり、カードローンの審査基準や審査内容はトップシークレットなのですから、他社の審査基準よりアコムの審査基準の方が甘いなどと比較できないはずです。

それなのにどうしてアコムは審査が甘いといわれているのでしょう?

アコムでは、借入残高が50万円以下の利用者が全体の7割近くを占めており、少額の融資を希望する申込者が多いため、比較的審査に通過しやすい傾向にあることも理由の一つでしょう。

しかしブラックでなければ可能性はある

アコムの審査に申し込みできるのは、

 安定した収入がある人
 返済能力を有する人
 アコムの審査基準を満たす人

とされています。

例えば、安定した収入があることが申し込みの条件になっていますから、無職の人はアコムの審査には申し込みができません
また、過去に金融事故を起こしてブラックリストに登録されているような場合には返済能力がないとみなされますから、アコムの審査に通過することはできないでしょう。

しかし、はっきりとした条件はそれだけですから、ブラックリスト入りしておらず申込者に安定した収入があれば審査に通過する可能性は充分にあるといえます。

アコムの審査に通る3つの条件

ここでは、いざアコムでお金を借りようと考えたときスムーズに審査に通過するための条件を3つ説明します。この条件をクリアできていれば、アコムの審査にはかなりの確率で通過できるはずです。

アコムの審査に通る条件とは?

アコムの審査に申し込みをするとき、

 安定収入があること
 他社からの借り入れがない(または少ない)こと
 金融事故を起こしていない(ブラックではない)

の3つの条件を満たしていると審査に通過する確率がずっと高まります。
それぞれの条件の内容を具体的にみていきましょう。

 安定収入があること

アコムの申し込み資格にも「20歳~69歳までの安定した収入と返済能力を有し、当社基準を満たす方がお申し込みが可能です。」と記載されているように、安定した収入はアコムの審査に通るための重要な条件です。

安定した収入があるというのは、簡単にいえば「定期的にある程度決まった金額の給料をもらっていること」を指します。

職業 安定した収入かがあると認められるかどうか
会社員
パート・アルバイト
フリーター
自営業・個人事業主
年金受給者
専業主婦 ×
生活保護受給者 ×
無職 ×

例えば、会社員なら毎月会社から給料を受け取りますから、安定した収入があるといえます。

同様にパートやアルバイト、フリーターも継続的に勤務していて給料を受け取っていれば安定した収入があると判断されます。

一方、自営業者や個人事業主は事業利益の増減によって収入が大きく変化します。
事業利益は景気や世間の動向に左右されやすく、たとえ今年は高い収入を得られたとしても、来年はどうなるかわかりません。
そのような状況では定期的にある程度決まった金額が得られるとはいえず、安定した収入があるとはみなされにくいです。

同様の理由で、キャバクラやクラブのホステス、ホストクラブのホストといった水商売の人も、安定した収入があると認められにくいです。
世間の人気などに大きな影響を受ける職業なので、将来の見通しが立ちにくいというのが理由でしょう。
ただし、勤務先が法人として経営しているお店であり、正社員として長期間勤務していれば安定収入があると認められます。

また、アコムでは年金受給者の申し込みについて、
年金以外に安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方であればご契約いただけます。例えば、年金を受給しながらアルバイトや自営業をされている方など。」
としていますので、収入が年金のみでは安定した収入があるとはみなさず、審査に通過することは困難だと思われます。

アコムをはじめとする消費者金融などの貸金業者に適用される貸金業法には「総量規制」のルールが導入されており、利用者が個人で借り入れできる金額を年収の3分の1までに制限しています。
ですから、自分自身の収入を持たない専業主婦や無職の人は消費者金融を利用できません。

安定した収入があるということが、属性スコアリング判定において非常に重要な要素であることを覚えておきましょう。

 他社からの借り入れがない(または少ない)こと

3秒診断でも入力を求められるほど、他社からの借り入れ状況はアコムの審査において重視されています。
たとえ年収がどんなに多くても、他社からの借り入れが多ければ返済能力に大きく影響してしまうからです。
しかし、他社からの借り入れがあると絶対に審査に通らないというわけではありません。

 他社からの借り入れを毎月きちんと返済している
 他社からの借り入れとアコムの借入希望金額の合計が年収の3分の1を超えない範囲であること
 他社からの借り入れ件数が3件以内であること

以上の条件を満たしたうえで、借り入れに対して充分な返済能力があると判断されれば、他社からの借り入れがあったとしてもアコムの審査に通過できるでしょう。

では、アコムに申し込みをする際に申告が必要な「他社からの借入金額」には、どのようなものが含まれるのでしょうか?

他社借入に含まれるもの
他の消費者金融からの借り入れ
クレジットカードのキャッシング枠
他社借入に含まれないもの
銀行カードローン
住宅ローン
自動車ローン
クレジットカードのショッピング枠
奨学金

などが挙げられます。

つまり、「貸金業法が適用される金融取引」が、他社からの借り入れに含まれるのですね。

例えばクレジットカードのショッピング枠には割賦販売法キャッシング枠には貸金業法と別々の法律が適用されます。
ショッピング枠での買い物はあくまで代金の分割後払いであって貸金ではないとされていますので、他社からの借り入れには含まれません。

同様に、銀行カードローンは銀行法が適用される契約であって総量規制の対象外ですから他社からの借り入れには含まれません。

また、他社からの借入件数については、3件を超えると新たな審査に通過するのが難しくなるといわれます。
通常、他社からの借入件数が多くなれば、借入残高も大きくなるものです。
現在の借入残高の総額が大きくなりすぎると、返済能力に余裕がないと判断されかねません。

加えて、何社からも借り入れがある状態は、「お金の管理ができない人」とみなされる原因にもなってしまいます。

 金融事故を起こしていない(ブラックではない)

過去数年以内に金融事故を起こしていないことは、アコムの審査に通過するための重要な条件です。

金融事故ブラックって何?という人のためにカンタンに説明しましょう。

カードローンやクレジットカードの審査に申し込みをすると、金融機関は信用情報機関に申込者の金融取引の履歴について照会をし、同時に信用情報機関に対して申し込みや契約についての情報などを報告しています。

信用情報機関に報告される情報は多岐にわたり、申し込みや契約に関する情報だけではなく、

 利用者が今いくらお金を借りているのか
 何件の会社からお金を借りているのか
 借りたお金を契約通りに返済できているか

といったことまでそのつど報告されているのです。

ローンの利用者が途中でお金を返済できなくなってしまったり、長期間の延滞をしたりといったトラブルがあればそうした情報ももちろん報告されますが、金銭契約に起こるこうしたトラブルのことを金融事故といいます。

そして、金融事故が発生して事故情報(正式には異動情報といいます)が信用情報に登録されることをブラックリストに登録されるブラック入りするなどというのです。

現在日本には

 CIC(シー・アイ・シー)
 JICC(日本信用情報機構)
 KCS(全国銀行個人信用情報センター)

の3つの信用情報機関があり、それぞれに属している加盟店から得る情報を適切に管理し、必要があれば情報を共有しあっています。

いずれかの信用情報機関に異動情報が登録されると、そのデータは他の信用情報機関にも自動的に登録されますから、金融事故を起こすと以後一定期間はどのカードローン会社からも融資を受けられません。

長期延滞以外に

 債務整理を行った(任意整理、特定調停、個人再生、自己破産)
 長期延滞によって保証会社が代位弁済した(銀行カードローンの場合)
 重大な利用規約違反をした 

なども金融事故として取り扱われます。

一般的には2ヶ月~3ヶ月以上の長期延滞をすると金融事故として信用情報機関に報告されますが、何度も滞納や遅延を繰り返した場合でも金融機関によっては事故情報として報告する場合がありますので、返済は必ず期限を守ることが大切です

アコムは2人に1人が審査に通過しているという事実

アコムの新規申し込み数や新客数、新規貸付率は IR 情報にて公開されています。

それによると近年の新規貸付率は47%~49%の間を推移していますから、アコムに申し込みをした人の約半数が審査に通過していることがわかります

「アコムの審査が甘い」という口コミや情報がネット上などでよくみられるのには、アコムの新規貸付率の高さが関係していると思われます。

もしアコム甘い基準で審査を通過させているのだとすれば、貸し倒れが増えて業績に影響が及ぶはずですが、実際にはアコムの業績は堅調に伸び続けていますから、アコムの新規貸付率の高さがアコムの審査が甘いために出てきた数字ではないことが分かると思います。

アコムの新規貸付率が高いのは、アコムがこれまでに蓄積してきた膨大な顧客データを徹底的に詳細に分析することで、より多くの顧客のニーズに応えようという企業努力によるものというのが正しい認識でしょう。

アコムと他社カードローンの審査の違いを比較

どの金融機関においても、カードローンの審査内容や審査項目にはそれほど違いは見られませんが、審査基準は各金融機関によってまちまちです。

まず、カードローン会社の業種によって審査の厳しさは異なります。

審査が厳しいものから挙げると、都市銀行→地方銀行→ネット銀行→信販会社→大手消費者金融→中小消費者金融という順番になります。

 【銀行】…審査は厳しい

  審査時間 融資時間 即日融資
三菱東京UFJ銀行バンクイック 公式サイト参照 遅い ×
三井住友銀行カードローン 公式サイト参照 遅い ×
楽天銀行カードローン 公式サイト参照 遅い ×
新生銀行カードローンレイク 公式サイト参照 遅い ×

銀行はもともと住宅ローンや法人向けの融資など担保を必要とするまとまった金額の融資が本来の業務の1つであり、個人向けの無担保ローンについては多くのノウハウを持っているわけではありません。

カードローン業務の大部分が保証会社に委託されていることからもわかるように、銀行にとってカードローンはいわば副業のようなものなので、無理して審査を甘くする必要もないのです。

 【信販・クレジットカード会社】…審査はまあまあの厳しさ

審査時間 融資時間 即日融資
オリコカードローンCREST 最短25分 最短5日 ×
クレディセゾンマネーカード 最短即日 2週間程度 ×

信販会社にも割賦販売(分割払い)による信用販売という本業があります。

カードローンは本業に付随したサービスの一環であるともいえるため、あえてカードローンだけ審査の基準をゆるめる理由がありません。

クレジットカードの利用者がカードローンを利用する場合には様々な会員特典がつきますのでクレカの利用者には評判が良いようです。

 【消費者金融】…審査は難易度低め

  審査時間 融資時間 即日融資
アコム 最短30分 最短1時間
プロミス 最短30分 最短1時間
アイフル 最短30分 最短1時間
モビット 最短30分 最短即日

消費者金融は他の業種とは異なって貸金自体が本業ですから、全力で顧客獲得に努めなければなりません。

そのため、他の金融機関が稼働していない年末年始でも即日融資が可能であるなど、利便性の高さが大きな特徴です。

また、多くの人が利用できる審査基準を設けており、業界全体から見れば「審査が難易度が低い」という印象を受けます。

とはいえ、金融事故を起こしてブラックリスト入りなどしている場合には審査に通ることはないことは確かです。

審査時間や融資時間に関していえば、銀行カードローンは2018年1月より即日審査・即日融資ができなくなりました.

信販会社カードローンは元々即日融資に対応している会社が非常に少なく、融資までに1週間程度の時間がかかることも珍しくないため、現在は消費者金融だけが即日融資に対応している状況です。

ただし、即日融資を受けるには、各会社の審査営業時間内に審査結果を得る必要があります。

また、銀行カードローン業界は、以前より指摘されていた過剰融資問題を受けてすでに2017年から自主的に総量規制を導入し始めており、今後この動きもさらに広まっていくものとみられます。

これにより、銀行カードローンのメリットとして挙げられていた「年収の3分の1を超える借り入れ」もできなくなりました。

今後カードローンを利用するには 、

  • 融資までに時間がかかっても金利の低さを重視するなら銀行カードローン
  • 金利が多少高くてもすぐに融資を受けたいのなら消費者金融カードローン

の2択になりそうです。

多くの企業はホームページ上で自社のIR情報や業績情報を公表しています。
カードローン会社のIR情報には審査の基準に関係ありそうなデータも掲載されていて、大変参考になります。

例えば、アコムでは新規顧客の年代別構成比率を公表しており、特に若年層の獲得に積極的であることがうかがい知れます。

若い世代は、現在は年収が低くても今後の収入の伸びを期待され、この先永くお付き合いのできるユーザー候補としてアコムでは丁寧に審査してもらえることを示しています。

 アコムの新規顧客の年代別構成比

年齢 構成比率
~29歳 54.3%
30~39歳 17.8%
40~49歳 15.0%
50~59歳 9.0%
60歳以上 3.9%

参照:http://pdf.irpocket.com/C8572/Rt66/SS7f/xEum.pdf (アコムデータブック 2018年3月期 第2四半期決算)

まずは3秒診断で借り入れ可能かチェック!

審査に落ちたらどうしようと考える人もいるでしょう。
そんな時にはアコムのホームページにある3秒診断でチェックしてみてはいかがでしょうか?

年齢・年収・他社での借り入れ状況の3点を入力するだけで簡単に事前チェックができます。

アコムの審査の申し込みについて融資を保証するものではありませんが、借入を検討する際の目安にはなりますよ。

アコムの審査に落ちる理由と対処方法

アコムの審査に申し込みできるのは、「20歳~69歳までの安定した収入と返済能力を有し、当社基準を満たす方」とされていますので、この条件を満たせない場合にはアコムの審査には通過できません。

しかし、どのような条件を満たしていなければアコムの審査に落ちてしまうのでしょうか?
また、審査通過の条件を満たしていない場合にはどのような対処法をとればよいでしょうか?

審査に落ちる最大の原因は「返済能力」が審査基準を満たしていないこと

 アコムの審査に落ちてしまうのは、申込者の「返済能力」が審査基準を満たしていないことが一番の原因です。

どのカードローンの審査においても、申込者が確実に融資したお金を返済できる状況にあるかという点を金融機関は注意深く判断しますので、

 安定した収入がない
 個人信用情報に金融事故記録あり
 他社借入件数・金額が多い(多重債務者)

などに該当していると、カードローンの審査には通過できないでしょう。

もちろん、アコムの審査も同様です。

 安定した収入がない

アコムの貸付条件には「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」 と記載されていますから、安定した収入がなければ審査に通過できません。

安定収入とは?

では、アコムではどのような収入を安定収入とみなしているのでしょうか?

先にも説明しましたが、何らかの職業について「毎月ある程度決まった金額の給料をもらっている」状態なら安定した収入があるといえます。

ただ、安定した収入と聞くと

  • どのくらいの年収があればいいのだろうか?
  • 自分の給料の金額では審査に通過できないのではないだろうか?
  • 正社員でなければ借りられないのだろうか?

と心配になってしまう人もいるでしょう。
しかし、アコムの審査を通過するのに収入金額や雇用形態はあまり関係がありません。

したがって、毎月継続して一定の金額を収入として得ていれば会社員だけでなくフリーターやパート・アルバイトであっても安定収入があるとみなされます。

主婦や学生(未成年は除く)でもパートやアルバイトをしていればアコムの審査への申し込みが可能です。

安定収入がない人はどんな人?

しかし、毎月収入を得ていても職業や職種によっては安定収入とはみなされないこともあります。

自営業の場合、今年は業績が順調でも来年は業績が伸びないかもしれず、将来の見通しがはっきりしているとはいいがたいです。

また、ホステスやホストなど人気によって収入が大きく左右される水商売や、完全歩合制の仕事をしている人も安定した収入があるとはみなされず、属性が高いとはいえません。

年金受給者は決まった金額を定期的に受け取っているので安定した収入があるように思われますが、金融機関によって判断が分かれています。

アコムでは収入が年金のみである場合には安定した収入を得ているとみなしていません。

ただし、他にアルバイトや自営業などをしていれば年金受給者でも安定した収入があると判断されます。

安定収入がないとなぜ審査に落ちやすいの?

カードローンは、いったん借り入れをした後は決められた金額を比較的長期間にわたって返済していくケースがほとんどです。

また、カードローンの毎月の返済金額はそれほど大きいものではなく、全額を返済し終えるには通常数か月から数年の時間がかかります。

ただし、借りたお金を完済し終えるまでの期間中に、カードローンの利用者が決められた金額を返済できなくなってしまえば金融機関は大きな損害を被ってしまいます。

そのため、借りたお金を毎月きちんと返済できるだけの収入を今後も継続して得られるか、つまり安定した収入があるかどうかという点が重視されるのです。

申込者の個人情報のうち経済力や社会的な信用に関する情報を「属性といい、属性の高さはカードローンの審査では非常に重要な要素となります。

収入の安定性が高ければ高いほど属性も高くなるのだということを覚えておきましょう。

対処方法について

安定した収入がないのでアコムの審査には通過しないのではないかという不安がある場合には、アルバイトでもいいので継続して毎月給料を受け取れる仕事に就いてから審査に申し込みをすることです。

たとえ収入が少額でも、毎月必ずある程度の金額が安定的に得られればアコムの審査に通過する可能性はずっと高くなります。

 個人信用情報に金融事故記録あり

私たちがローンやクレジットなどを利用すると、その取引に関する情報は個人信用情報として信用情報機関に集められます。

個人信用情報には氏名や生年月日といった基本的な情報、利用金額など契約内容に関する情報の他に返済に関する情報なども含まれており、カードローンの返済などが滞って延滞などを起こすとそれらの事実は「金融事故」として個人信用情報に登録されてしまいます。

しかし、個人信用情報に金融事故の記録があると、新たにカードローンの審査に申し込みをしても審査基準を満たすだけの返済能力がないとみなされるため、アコムの審査をはじめ、住宅ローンや自動車ローンなどあらゆるローンの審査に通過できなくなります。

異動情報とは?何をすると記録されるのか?

金融事故を起こすと信用情報の返済状況を示す欄に「異動」と表示されるため、異動情報とも呼ばれますが事故情報が登録される、ブラックリスト入りする、などと同じ意味で使用されています。

異動情報は、

 借金の延滞をした
 代位弁済が行われた
 強制解約になった
 債務整理をした

など、正常な借金の返済ができなくなってしまった場合に信用情報に登録されます。
借金の返済を滞納したからといって直ちに異動情報が登録されるわけではありません。
延滞によって異動情報が登録されるのは2ヶ月~3ヶ月以上返済を遅延した場合です。

ただし、何度も滞納を繰り返していると異動情報として信用情報に登録されるケースもありますので、返済期限は必ず守らなければなりません。

また、通常のローンやクレジットだけではなく

 携帯代・スマホ代の支払い
 信販系の家賃保証会社が保証する賃貸住宅の家賃の支払い

などにも注意が必要です。

携帯電話やスマホの端末の分割払いに関わる業務は信販会社が行っていますので、その支払い状況は個人信用情報に報告され、長期の延滞などを起こせば当然、異動情報として登録されます。

家賃保証会社は銀行カードローンにおける保証会社のような役割を果たし、賃貸住宅を借りた人が家賃を滞納し続けると、借主に代わって貸主に家賃を立替え払いする「代位弁済」を行います。

もし賃貸住宅の借主が長期にわたって家賃を滞納し、家賃保証会社によって代位弁済が行われれば、その事実はやはり異動情報として登録されます。

なぜ異動情報が記録されていると審査に落ちる?

異動情報は、契約通りの正常な返済が行われない場合に登録される情報ですから、信用情報に異動情報が記載されていれば、金融機関との約束を守れない人、つまり融資をしてもきちんと返済してくれない人だと判断されます。

その異動情報を個人信用情報に登録・管理しているのが、国が指定する3つの信用情報機関です。
信用情報機関によって加盟する金融機関の業種が異なるのが特徴です。

 CIC(シー・アイ・シー)…主にクレジットカード会社や信販会社が加盟

 JICC(日本信用情報機構)…主に消費者金融と信販会社が加盟

 KSC(全国銀行個人信用情報センター)…主に銀行や銀行系のクレジットカード会社等が加盟

▶︎CIC・JICC・KSCの違いを詳しく解説した記事はコチラ

金融機関は、ローンの利用者が正常な返済を行わず、信用できなくなってしまう行為をしたときには、その事実を自社が加盟する信用情報機関に事故情報として報告します。

信用情報機関に報告された情報は異動情報として登録され、他の信用情報機関と共有されます。
どの金融機関で金融事故を起こしても3つの信用情報機関すべてに異動情報が報告されるしくみになっているのです。

つまり、いったん異動情報が登録されるとその情報は全ての金融機関が確認できるわけですから、以後、金融事故を起こした利用者がどのローンやクレジットの審査に申し込みをしたとしても審査には通過できないのです。

異動情報はいつ消える?

異動情報は信用情報に永久に登録され続けるわけではなく、ある一定の期間が過ぎれば自動的に削除されます。異動情報が信用情報に登録される期間は以下の通りです。

【長期延滞】

CIC 完済から5年間
JICC 延滞解消日から1年間
KSC 完済日から5年間

【債務整理】

CIC 任意整理…登録されない
特定調停…登録されない
個人再生…登録されない
自己破産…5年間
JICC 任意整理…5年間
特定調停…5年間
個人再生…5年間
自己破産…5年間
KSC 任意整理…5年間(代位弁済として記録)
特定調停…5年間(代位弁済として記録)
個人再生…10年間
自己破産…10年間

銀行や銀行系のクレジットカード会社が多く加盟するKSCでは、他の信用情報機関と比較して異動情報の登録期間が長いのが特徴です。

高い信用が求められる銀行の性質を反映していて、興味深いですね。

【強制解約】

CIC 5年間
JICC 5年間
KSC 5年間
異動情報が消えても審査に落ちるのはなぜ?

アコムで金融事故を起こしたのはかなり以前だから、とうの昔に異動情報は消えているはずなのに、最近改めてアコムに申し込みをしたら審査に落ちてしまった!という経験をお持ちの人もいるかもしれません。

信用情報に登録された異動情報・事故情報は確かに最長10年間経過すれば記録が削除されます。

ただ、たとえ信用情報から異動情報が削除されたとしても、アコムの社内では顧客情報として半永久的に記録が残ります。

いわゆる「社内ブラック」です。

アコムは長年にわたって蓄積してきた膨大な顧客データを属性スコアリングに反映させているのですから、過去の顧客のネガティブ情報は重要な資料です。そのデータが削除されないのは当然のことでしょう。

過去にアコムで金融事故を起こした人が「ブラック情報が削除されたからもう大丈夫」と考えて再度申し込みをしたとしても、その人がアコムの「社内ブラック」であることは調べればすぐにわかります。
以前にトラブルを起こして迷惑をかけられているのですから、当然審査に申し込んでも門前払いになるでしょう。

対処方法について

個人信用情報に異動情報が登録されている間は、アコムの審査だけではなく、他の一切のローンやクレジットの審査にも通過できないと考えてください。

一度登録された異動情報は一定期間が過ぎるまで削除することができませんので、登録期間が過ぎるのを待つしかありません。

債務整理を行った場合はその時点で異動情報が登録され、登録期間がカウントされはじめます。

しかし長期延滞の場合、まず延滞状態を解消しなければ異動情報は消えませんし、CICとKSCでは借金自体を完済するまでは異動情報の登録期間のカウントもされませんので、まずは延滞状態を解消することからはじめましょう。

また、自分の信用情報に異動情報が登録されているかどうか不安だという方は、信用情報機関に自分の信用情報の開示請求を行うことをおすすめします。
自分の信用情報の内容を知ることで、アコムの審査により適切に対処できるのではないでしょうか?

 信用情報機関の紹介・確認方法についてはこちら

 他社借入件数・金額が多い(多重債務者)

アコム審査申し込みをした時点で他社から借り入れがあったとしても、ただそれだけでは審査に落ちる原因にはなりません。

しかし、他社からの借入件数や借入金額が多過ぎると、充分な返済能力があるとはみなされず、審査に通らないこともあります。

他社借入状況はなぜ審査に影響する?

他社借入状況がアコムの審査に影響を与えるのは、他社からの借入件数や借入金額が申込者の現在の返済能力を示しているからです

何社からも借り入れをしているということはそれぞれの金融機関から少額ずつしか借りられないことを示していますし、借入金額が多いということはそれだけお金に困っていることを示します。

ですから、他社からの借入件数や借入金額はできるだけ少ない方が信用度は高まるのです。

 アコムは総量規制対象だから!

アコムのカードローンは総量規制の対象となる商品ですから、借り入れできる金額は総額で年収の3分の1までに制限されています。

申込者の他社借入金額がすでに年収の3分の1に達している状態だと、アコムはその申込者にはもうそれ以上融資することはできません。

総量規制の制限を無視して、申込者の年収の3分の1を超える融資を行った金融機関は行政処分の対象になってしまいます。
そのため、金融機関は申込者の他社借入状況を慎重に調査するのです。

 総量規制とは

総量規制とは、お金を借りすぎることによってローン利用者の生活が破綻してしまうことを防ぐため、2010年に完全施行された法律です。

総量規制が施行される以前は、貸金業者による過剰融資が深刻な社会問題となっており、多重債務が原因とみられる自殺者数も増加の一途をたどっていました。

そのような状況を打開するために貸金業法の抜本的な見直しと大幅な改正が行われ、借入金額に制限を設ける総量規制が導入されたのです。

総量規制では、貸金業者が個人に貸付できる金額を個人の年収の3分の1までに制限しています

また、貸金業者が50万円を超える貸付を行う場合や、他の貸金業者を含めた貸付総額が100万円を超える貸付を行う場合には収入証明書の提出を求めることが義務付けられました。

消費者金融などの貸金業者の利用者の中には、借りられる金額に制限が設けられることに不満を感じる人がいるかもしれません。

しかし、総量規制によって借入金額に制限が設けられていることで返済能力を超えた借り入れを未然に防ぐことができるのは、安心して消費者金融を利用できる大きなメリットであるということを忘れないでください。

他社借入件数は何件まで大丈夫?

他社からの借入件数に関しては、特に法律などで制限されているわけではありません。
しかし、他社からの借入件数が多くなればそれだけ借り入れ金額も大きくなります。

また、何社からも借り入れをしていると「お金の管理ができない」とみなされる原因にもなります。

一般的には他社からの借り入れは3社までが許容範囲だといえるでしょう。
4社以上から借り入れがあるとアコムの審査に通過するのはかなり困難です。

他社借入金額はいくらまで大丈夫?

総量規制では、個人が貸金業社から借り入れできる金額は年収の3分の1までと明確に制限されていますので、それを上回る借り入れはできません。

例えば年収300万円の人が他の貸金業者社から100万円借り入れしているような場合には、アコムの審査に申し込みをしても審査には通過できません。

総量規制の制限いっぱいの金額をすでに借りてしまっているからです。

では、アコムの審査に通過するためには他社の借り入れがいくらまでなら大丈夫なのかとなると、それは個々の状況によって異なります。

しかし、他社からの借入金額が多くある申込者にさらに融資をすれば正常な返済を続けられなくなるリスクはより高まりますから、金融機関は申込者の他社借入状況を慎重に審査するものだと考えてください。

対処方法について

他社からの借り入れ件数を減らすために、総量規制の適用対象外である銀行カードローンで借り入れをまとめるといった方法がとられていたこともあるようです。

しかし、銀行カードローンの過剰融資が社会問題化したことで、銀行カードローン業界は2017年から自主規制として総量規制に準じるルールを取り入れることを決定しました。
これによって事実上、他社の借り入れをまとめることはできなくなっています。

よって、他社からの借入件数や借りる金額を減らすには、返済に集中するのが一番の近道だといえるでしょう。

その他審査に落ちる人の主な条件

 その他、アコムの審査に落ちてしまう人にはある一定の傾向がみられます。
どのような条件に当てはまると審査に通らないのか一緒にみていきましょう。

 過去にアコムやアコムが保証会社の金融商品を利用して事故を起こしている

過去にアコムのカードローンを利用して金融事故を起こしてしまえばもちろんですが、アコムが保証会社となっている銀行カードローンなどを利用して長期延滞などの金融事故を起こしてしまった場合も、アコムの審査には通過できないでしょう。

銀行カードローンの保証会社は、銀行カードローンの利用者の保証人代わりになって融資の保証をしています。

つまり、利用者が金融事故を起こした場合には保証会社が銀行に対して責任を取るわけですから、

 アコムのカードローンを利用して金融事故を起こす
 アコムが保証会社となっている銀行カードローンを利用して金融事故を起こす

の両者はアコムに大きなリスクが発生するという点ではほぼイコールの関係なのです。

 在籍確認ができない

カードローンの審査において、在籍確認は申込者の信用を確認するための大切な手続きで、どのカードローンの審査でも在籍確認なしで審査に通過することはありません。

在籍確認は、基本的に勤務先への電話連絡で行われますが、

 申請されている勤務先に実は在籍していなかった
 勤務先に電話を入れても誰も応答しない
 電話に出た職員が個人情報の漏洩防止を理由に本人の在籍を明らかにしない
 休職中である

等の理由で本当に在籍しているかどうか確認が取れない場合には審査に通過できないことがあります。

まず、嘘の勤務先を申告することは絶対にやめましょう。 審査に通過できないばかりではなく、自分の信用を著しく損なうことにもなります。

そして、勤務先に電話連絡をしたときに誰も電話に出ないというケースを防ぐためには、確実に誰か社員が勤務先に入る時間帯に在籍確認の連絡を入れてもらうようにしましょう。

会社の方針で本人の在籍を明らかにしてもらえない場合は、事情を説明して電話連絡以外の方法で在籍確認を行ってもらえないかアコムに相談してみましょう。

なお、休職中の場合は基本的にはアコムの審査には通過しません。(ただし、在籍確認が取れれば審査に通過する可能性はあります)

 職業に問題がある

暴力団や詐欺会社などの反社会勢力に関わっている人は、アコムに限らずどのカードローンの審査にも通りません。

2018年1月からは、銀行カードローンの審査でも警察庁の反社会的勢力データベースへの照会システムの運用もはじめられています。

また、いわゆる水商売など収入の増減が激しく、継続的に安定した収入が得られるとはいえない職業についている場合はアコムの審査に通過できる見込みが低くなります。

ただし、歩合制の給料ではない男性スタッフなどは問題ありません。

 申し込み内容に嘘やミスがある

カードローンの審査に通過する確率を少しでもあげようと、収入や他社借入状況などについて嘘の申し込み内容で申告する人が少なからずいます。

しかし、属性を高く見せようとして嘘の内容で申し込みをしても審査の過程でバレてしまう確率は非常に高いです。

他社借入状況は信用情報機関に照会をかければ容易に把握できますし、一定の金額以上の借り入れの場合は収入証明書提出しなければなりませんので嘘は通用しません。

そして当然のことですが、嘘をついていることがバレた場合は審査に通過することはありません。
それどころか、虚偽の情報で審査を受けたという事実は信用情報機関にも記録され、今後あらゆるローンの審査に通過できなくなる恐れもあります。

また申込書の記入ミスや入力ミスも同様です。
故意に間違いを記入したのではないとしても、それを受理した金融機関にとってみれば事実ではない情報だということに変わりはないからです。

申し込みの際は必ず正確な情報を申告しましょう。

 申し込みブラック

短期間のうちに複数のカードローンやクレジットカードなどに申し込みをすると、審査に通過しなくなってしまうのをご存知ですか?

いわゆる「申し込みブラック」の状態です。

金融機関が審査の際に照会する信用情報には、申込者の他社借入状況や返済状況などのほか、他社への申し込み状況も記載されており、金融機関はその情報も必ずチェックしています。

申込者が同時期に何社にも申し込みをしていれば、たとえそれが1社ずつ審査を受けるのが面倒だという理由だったとしても、

 非常にお金に困っているのではないか
 融資してもきちんと返済してもらえないのではないか

と判断されて審査に通過できなくなってしまうのです。

申し込みブラックの状態になると6ヶ月間はカードローンやクレジットカードの審査に通過することができませんので、注意が必要です。

一般的には1ヶ月に3社以上のローンに申し込みをすると申し込みブラックになるといわれますので、カードローン審査は1件ずつ充分な期間をあけて申し込みをしましょう。

これって審査落ちに影響する?

アコムをはじめとする消費者金融各社はどこも詳しい審査基準を公表していません。
だからこそ、「どんなことが審査落ちに影響するのか」というポイントはとても気になりますよね。
これってどうなの?審査落ちに影響するの?という疑問にお答えします! 

転職したばかりで勤続年数が短いと審査に落ちる?

アコムは勤続年数が短いからといって審査に落ちるようなことはありません。

一般的にはカードローンの審査を受けるには1年以上の勤続年数が必要といわれますが、それよりも勤続年数が短くてもアコムの審査に通過することは可能です。

ただし、勤続年数が極端に短い場合は利用限度額が低く設定される場合があります。

家賃の支払いを滞納していると審査に落ちる?

基本的に家賃の滞納はアコムの審査に影響しません。 金融機関と不動産会社は信用情報を共有していないからです。
しかし、家賃保証会社を利用している賃貸物件で家賃を滞納してしまうとアコムの審査にも影響が出る可能性があります。

例えば、信販会社が家賃保証会社となっている賃貸物件の家賃を滞納すると、その情報は個人信用情報に登録されます。
長期にわたる家賃滞納によって家賃保証会社が貸主に対して代位弁済を行えば、その事実は事故情報として報告されます。

そうなればアコムの審査には通過しにくくなります。

申し込み方法は審査へ影響する?

アコムの申し込み方法には、

 WEB申し込み
 無人契約機
 店頭窓口
 電話
 郵送

があります。

申し込み方法によっては融資までに多少時間がかかることもありますが、申し込み方法の違いが審査自体に影響を与えるということはありません。

税金や公共料金の滞納は審査に落ちる?

税金や公共料金の支払いは信用取引ではありませんので、たとえ滞納したとしてもアコムの審査に落ちることはありません。

ただし、公共料金をクレジットカード払いにしている場合は注意が必要です。

もし、そのクレジットカードの支払いを数ヶ月延滞してしまうと信用情報機関に事故情報として登録されて、結果としてアコムの審査に影響が及ぶ、という可能性はあります。

税金や公共料金の支払いに、

 口座振替
 金融機関の窓口収納
 コンビニ支払い
 ペイジー

などの直接的な支払い方式を利用している場合には、滞納をしてもアコムの審査に影響が出ることはありません。

また、携帯電話やスマホの端末料金を分割払いにしている場合は支払いを延滞してしまうとやはりアコムの審査に落ちてしまいます。

端末料金の分割払いは信販会社が取り扱っており、割賦販売法の対象の取引に該当するからです。

本体端末を一括購入しているか、またはすでに分割払いが終わっていれば通信料を延滞したとしてもアコムの審査には影響がありません。

申込時の入力で限度額を高く設定している場合はどう?

申込時の入力で限度額を高く設定していても、それだけが原因で審査落ちに影響するようなことはありませんが、希望通りの限度額が認められるとは限りません。
アコムを初めて利用する人の場合、借り入れできる金額は最大でも50万円程度です。

あまりに高い限度額を設定するよりはそれより低い金額を限度額として入力する方が審査には通過しやすくなるでしょう。

ちなみに、IR 情報によればアコムに初めて申し込みをした人の初回平均借入金額は14万9,000円だとのことです。

年収別にみてみると、

年収 初回平均借入金額
200万円以下 約11万9,000円
200万円超~500万円以下 約15万3,000円
500万円超~700万円以下 約19万2,000円
700万円超~1,000万円以下 約22万円
1,000万円超~ 約31万5,000円

となっています。(2017年9月時点でのデータ)

年収は審査に影響する?

年収が低いとアコムの審査に影響すると考えている人もいますが、アコムの審査に年収が影響を及ぼすのは、借入限度額を決定する場面においてです。

審査通過に必要なのは「安定した収入」であって、年収がアコムの審査の可否に直接影響することはありません。
アコムは、年収が高くない申込者に対しても個々の返済能力に応じた金額での融資を行っています。

配偶者や家族がブラックリストの場合はどうなる?

配偶者や家族がブラックリスト入りしていても、アコムの審査を受けるのがあなたなら、原則として審査への影響はないと考えてください。

なぜなら、カードローンの審査で金融機関が調べることができるのは申込者本人の信用情報だけだからです。

アコムの審査担当者が、勝手に申込者の配偶者や家族の信用情報を勝手にチェックすることはできませんので、家族のブラック情報は知られようがないのです。

ただし、過去に家族がアコムで金融事故を起こして社内ブラックになっているような場合、家族の住所や電話番号などの情報が申込者であるあなたの情報と一致すれば、あなたの審査にも影響が出てしまう可能性があります。

そのような場合は、別の金融機関のカードローンに申し込むのが無難でしょう。

アコムの審査に落ちた後の対応について

残念ながら、お金を借りたいと希望する人すべてがアコムの審査に通過できるわけではありません。
審査基準を満たせない場合は審査に落ちてしまうことだってもちろんあるわけですが、審査の否決の理由は非公開です。

審査に落ちた人は今後どう対応すればよいのでしょうか?

審査に落ちた後は何度も申し込みをするのはダメ!

もしアコムの審査に落ちてしまったら、その後2回目の審査にはすぐ申し込みをしないことです。
アコムの審査に落ちてしたとしても、もちろん再チャレンジすることはできます。
しかし、2回目の審査に通過するためにはクリアしなければならないポイントがあります。

 最初の審査から6ヶ月以上たってから再び審査に申し込む
 最初の審査が否決された理由を考え、改善する

審査の申し込みに関する情報は半年たてばすべて削除されますので、2回目の審査は半年以上たってから申し込みをしましょう。

審査落ちに関する情報が残っている状態で2回目の審査に申し込みをするよりは、何も情報が残っていない状態で審査を受ける方が審査担当者に与える印象はずっとよくなります。

また審査に落ちてしまったのは、アコムの審査基準を満たしていない点があったということです。

同じ理由で審査落ちしてしまわないよう、問題点を分析して改善するべきです。

 結婚して名義変更をした場合でも2回目は申し込みしない方が良い?

結婚して苗字が変われば半年以内に2回目の申し込みをしても大丈夫なのでは?と思うかもしれません

しかし、審査の申込時に提出する免許証健康保険証などの本人確認書類には記号番号が記載されていますし、申込時の確認事項には旧姓を記入する欄もあります。

これらの情報が前回の審査時に記録された情報と一致すれば、結婚して名前が変わっていたとしても容易に同一人物だと確認できますので、続けて何度もアコムの審査を受けるのは控えておきましょう。

1度審査に落ちた人は2回目は他社カードローンに申し込みしている

一度審査に落ちてしまった場合は、他社のカードローンの審査に申し込んでみるのも一つの方法です。

カードローンの審査は各社審査基準が細かい部分で異なるので、アコムの審査では引っ掛かってしまった項目でも、他社の審査基準では特に問題はないという場合もあるからです。

信用情報に明らかに問題がある場合ならともかく、審査に落ちてしまった理由を明確に把握して改善することは、カードローンの審査基準や審査の否決の理由が非公開である以上なかなか難しいですよね。

実際に、1度アコムの審査に落ちた人が次は他社のカードローンに申し込んで審査に通過するというケースも多くありますので試してみるとよいでしょう。

ただし、申し込みブラックになるのを防ぐためにも、最初の審査からできれば1ヶ月以上期間をあけることです。

1度アコムの審査に落ちた人が申し込みしているおすすめカードローン

プロミス

金利 4.5%~17.8%
借入限度額 1万円~500万円
即日融資

 WEB完結を利用すれば申し込みから借り入れ、返済までネットやスマホで対応可能!
カードレス契約で自宅への郵送物もナシ三井住友銀行の口座があれば、遅い時間や土日祝日でも即日融資に対応可能です。

アイフル

金利 4.5%~18.0%
借入限度額 最大500万円
即日融資

 メガバンクの傘下に属さない独立系大手消費者金融のアイフル。自由な発想から生まれた消費者目線のきめ細かいサービスが魅力。品揃えの多さは業界随一です。

J.score( ジェイ スコア)

金利 0.9%~12.0%
借入限度額 10万円~1,000万円
即日融資

 AIが審査を行う?みずほ銀行とソフトバンクの共同出資によって2017年秋よりサービスを開始したJ.score( ジェイ スコア)。消費者金融の常識を打ち破る低金利でカードローン業界に参入です!

審査結果の連絡がこない!アコムの審査状況を確認する方法

アコムの審査結果はメールか電話で連絡がきます。

審査結果によって連絡手段が異なるという情報もあるようですが(例えば審査通過なら電話連絡、審査落ちならメールなど)、必ずその連絡手段で結果が伝えられるとは限りません。

どちらの方法で連絡をもらっても対応できるようにしておきましょう。

「アコムの審査は最短30分」というイメージが強く、1時間以上も審査結果の連絡がこないと審査に落ちたのではないか、それとも何か問題点が見つかったのかと不安になってしまいますよね。

でも、よく考えてみれば曜日や時間帯によっては審査の申し込みが集中するということもあるでしょうし、申込書の勤務先への在籍確認などもしなくてはいけないわけですから、もっと時間がかかることだって当然あるでしょう。

ちなみに、アコムの審査の申し込み経験者に結果連絡がくるまでにどれくらいの時間がかかったかを尋ねてみたところ、1時間前後で返事がきたという人が最多でした。

 アコムの審査は土日祝関係なく24時間365日申し込みが可能なため審査結果も同じようにいつでも回答が得られるものと錯覚してしまいがちですが、 アコムの審査回答時間内に間に合うように申し込みをしなければ審査結果が得られるのが翌日になることもあります。

そのような事情を考慮してもあまりにも審査時間が長い場合には、送られてきた連絡メールが迷惑メールフォルダーに振り分けられていないかを確認してみたうえで、最終的にアコムのフリーコールに問い合わせをしてみましょう。

                    アコムフリーコール:0120-07-1000

申し込みに関する質問や相談を受け付けています。

アコムでお金を借りる流れ

アコムでお金を借りる流れは、大まかに以下のようになります。

 申し込み  審査  審査結果連絡  現金引き出し

アコムの申し込み方法・手順

アコムでは、誰もが手軽に利用できるように豊富な申し込み方法が用意されています。
自分に一番合った方法で申し込みをしましょう。

アコムの申し込み方法・手順

アコムのホームページでは以下の5つの申し込み方法が紹介されています。

 スマホ・ケータイ
 パソコン
 店頭窓口・むじんくん
 電話
 郵送

これらの申し込み方法のうち、特に利用者数が多い

 WEB申し込み(スマホ・ケータイ・パソコン)
 無人契約機(むじんくん)・店頭窓口での申し込み

について説明します。

WEB申し込みの流れ

いつどこにいても手軽に申し込みできるのが魅力のWEB申し込みの手順は次の通りです。

  • アコムホームページの「お申込みボタン」から個人情報の入力をする
  • 申し込み確認メールが届いた後、本人確認の電話連絡が入る
  • 本人確認書類の提出(アップロードまたはアプリ、FAX、郵送、店頭窓口または無人契約機)
  • 審査結果の回答

無事審査に通過すれば、契約へ!

無人契約機(むじんくん)・店頭窓口契約の流れ

むじんくんや店頭窓口での申し込みなら、申し込みからカード発行まですべての手続きがその場で完結!わからないことがあればその場で直接尋ねられるのも心強いですね。

  • 無人契約機(むじんくん)・店頭窓口に行く 本人確認書類を持っていくのを忘れずに
  • むじんくんの場合ならガイダンスに従ってタッチパネルで入力、店頭窓口なら担当者に相談しながら申し込み手続きを行う

むじんくんで申し込みを行う場合、ガイダンスと並行してオペレーターともやり取りができるようになっています。
わからないことがあれば尋ねることができますし、オペレーターから書類についての確認や指示を受けることもあります。

アコムの即日審査を受ける方法・手順

 アコムの審査時間は最短で30分と非常にスピーディなのが特徴なのですから、できることなら即日で審査を終えてしまいたいですよね。

アコムでは、郵送以外の申し込み方法を利用すれば即日審査に対応できます

ただ、郵送以外の方法を利用すれば必ず即日審査が可能だというわけではありませんので、即日審査を希望する人はあらかじめ必要書類を揃えたり手順を確認したりしてシミュレーションしておくと良いでしょう。

アコムの即日審査に対応可能な申し込み方法

 WEB申し込み
 無人契約機・店頭窓口での申し込み
 電話による申し込み

です。

そして、即日で審査結果を得るために最も重要なのが、「いつ申し込みをするか」ですが、ここで一つ気をつけたいことがあります。

例えばWEB申し込みの営業時間は24時間ですから、午前中でも夜遅い時間帯でも好きな時に審査に申し込みをすることができ、大変便利ですね。

ところが、審査をしてくれる時間帯(審査営業時間)というのは必ずしも営業時間とは一致しません。もし、審査営業時間を過ぎてから申し込みをした場合は、その審査は翌日に持ち越されることを知っておきましょう。

即日申し込みに対応している申し込み方法でも、審査営業時間内に申し込みをしなければ即日審査は行えませんので注意してください。

ちなみに、申し込みの営業時間と審査営業時間が同じなのは、店頭窓口での申し込みの場合のみです。

この後「アコムの審査営業時間について」で詳しく取り上げますので、ぜひ参考にしてください。

アコムの申し込み条件

 アコムの審査にはどのような人が申し込むことができるのでしょうか?

申し込み資格

アコムのホームページによれば、申し込み資格を有するのは
20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」とされています。

ここまでの説明をよく整理して、
申し込みができる人→審査に通過する見込みが高い人
申し込みできない人→審査に通過する見込みが低い人
にはそれぞれどのような人が該当するかもう一度考えてみましょう。

申し込みできる人

年齢条件を満たす人
 年齢が20歳以上69歳以下の人

安定した収入を得られる職業についている人
 公務員、会社員
 契約社員
 派遣社員
 フリーター
 主婦(アルバイトやパートなどをしている場合)
 学生(20歳以上でアルバイトやパートをしている場合)
 自営業・個人事業主

他社から借り入れをしていない、他社からの借り入れ件数や借入総額が少ない

過去に金融事故を起こしていない人

 アコムホームページの「貸付条件」を見ると「20歳以上」としか書かれていませんが、3秒診断に70歳以上の年齢を入力すると「申し訳ございませんが、70歳以上のお客様はお申し込みができません。」と表示されます。

 

申し込みできない人

年齢条件を満たしていない人
 年齢が20歳未満の未成年または70歳以上の人

安定した収入を得られる職業についていない人
 無職の人
 専業主婦
 水商売関係・芸能人など
 年金受給者(収入が年金のみの場合。年金以外に収入があれば申し込みできる)
 生活保護受給者(生活保護費は扶助という名目で支給されており、収入とはみなされないため)
 暴力団などの反社会勢力組織に所属している人

他社からの借り入れ件数や借入総額が大きい人

過去に金融事故を起こして信用情報に事故情報が登録されている人(ブラックリスト入りしている人)
 長期延滞(2~3ヶ月以上の延滞)
 債務整理
 強制解約
 代位弁済
 協会停止

アコムの審査に落ちて半年以内に2回目の申し込みをしようとしている人

 学生時代に奨学金を借りていた人は、注意が必要です。

奨学金は「他社からの借り入れに含まれない」借金ですが、日本学生支援機構は返済開始と6ヶ月目以降、返還が3ヶ月以上延滞するとKSC(全国銀行個人信用センター)に延滞情報を報告します。つまり、ブラックリスト入りしてしまいます。

また、カードローンの利用目的をギャンブルなど投機的活動のためとするのは非常に印象が悪くなり、審査に悪影響を及ぼします。

申し込み時の主な入力項目

入力項目は多いですが、どのように入力すればいいかは入力画面に表示されている「詳しい入力方法」で確認できます。
メールアドレスや電話番号はじめ、各情報とも間違いのないように入力しましょう。

STEP1(情報入力1)

 お客様情報の入力

 名前(旧姓の有無)
 生年月日
 性別、独身・既婚
 メールアドレス

 ご自宅情報

 郵便番号
 住所
 電話番号
 住居種類
 入居年月
 家賃、住宅ローン
 ご本人を含む家族人数(同一家計の人数)

STEP2(情報入力2)

 お勤め先情報

 会社名
 所属部署(任意)
 勤務先郵便番号(任意)
 勤務先住所
 勤務先電話番号
 社員数
 事業内容
 入社年月
 勤務形態
 職種
 収入形態
 年収(税込)
 収支等について
 給料日
 保険証について(種類・区分)
 休日(任意)

 その他の情報

 他社お借入状況について(借り入れ件数、借入総額)
 希望極度額について(1万円~800万円の範囲で)
 審査結果通知、お申込内容確認の連絡先について(携帯、自宅、勤務先)
 暗証番号について

 アンケート

 お申し込みのきっかけとなった広告

アコムの審査で必要な書類

アコムの審査に申し込みをする際にまず必要なものが、本人確認書類です。
また、契約する金額によっては収入証明書の提出も必要になります。
それぞれ具体的にどのような書類を準備すればよいか見ていきましょう。

本人確認書類

運転免許証パスポートなど、顔写真付きの身分証明書がベストです。

顔写真付きの身分証明書がない場合は、健康保険証個人番号カード(マイナンバーカード)などを用意しましょう。

ただし、個人番号カードを提出するときには表面だけをコピーしてください。
法令によって個人番号カードの裏面はコピーしてはいけないことになっているからです。

また、住民基本台帳カード(住基カード)も本人確認書類として有効ですが、顔写真が付いているものでなければいけません。
一方、顔写真のない健康保険証を利用するときは、次のいずれかの書類をあわせて提出します。

 住民票
 公共料金の領収書(電気、ガス、水道、固定電話、 NHKのいずれか一つ)
 納税証明書

携帯電話の領収証は利用できませんので注意してください。
また、発行日や払込日から6ヶ月以内のものを用意しましょう。

外国籍の人がアコムを利用する場合には、本人確認書類の他に次のいずれかの書類を併せて提出してください。

 在留カード
 特別永住者証明書
 外国人登録証明書

収入証明書

 アコムの利用で50万円を超える契約を行う場合
 他社を含めた借入総額が100万円を超える場合

には、本人確認書類の他に収入証明書が必要です。

 源泉徴収票
 給与明細書(直近1ヶ月分)
 市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの)
 所得証明書 (最新年度のもの)

給与明細書を提出する場合は、明細に住民税の記載がなければ直近2ヶ月分必要です。
賞与明細がある場合は直近1年分の提出も求められます。

自分がアコムの審査に申し込みをするためにはどのような持ち物が必要か、その時になって慌てることがないように事前にしっかり確認しておきましょう。

アコムの審査営業時間について

アコムの審査に申し込みをする前には、各申し込み方法の受付時間や営業時間、また審査営業時間が何時までかを調べておきたいものです。

そうしないと、審査結果の連絡がいつまでもこなくて心配したり、せっかく申し込みをしようと来店したのに営業時間に間に合わなかったりするかもしれません。

WEB申し込みなどは土日でも深夜でも24時間申し込みが可能なため、同じように24時間審査もしてもらえるものだと錯覚してしまいがちですが、そうではありませんので気をつけましょう。

申し込み方法ごとの営業時間と審査営業時間は次の通りです(郵便による申し込みは除く)。

申し込み方法 営業時間 審査時間
店頭窓口 平日9:30~18:00 平日9:30~18:00
むじんくん 8:00~22:00 9:00~21:00
WEB申し込み 24時間受付 9:00~21:00
電話申し込み 24時間受付 18:00以降は翌日回答

※年末年始期間はこの限りではありません。

どの申し込み方法で申し込むかまだ決めていないけれども、審査結果は申し込みをしたその日のうちに知りたいというなら17:00ごろまでにはいずれかの方法で申し込みをしなければなりません。

店頭窓口と電話申し込みは審査時間が18:00までですから、審査時間を考慮に入れると17:00に申し込みをして何とか間に合うかどうか、といったところでしょう。

無人契約機かWEB申し込みを利用する場合の審査時間は9:00~21:00までですが、審査時間を考えればやはりその1時間前には申し込みを済ませたいです。

 実際どれくらい審査に時間がかかるかはその時の状況によって異なります。
また、審査には申込者の会社に電話を入れる在籍確認の手続きも含まれることも考慮しなければなりません。

夕方になると申し込みが集中して審査が込み合いますので、できれば審査がスムーズに進みやすい午前中に申し込みをすることをおすすめします。

遅い時間の申し込みは在籍確認にも支障が出がちです。
職場連絡がスムーズにいく時間帯を確認して、それに間に合うように申し込みをしましょう。

もし、審査営業時間を過ぎてしまうと審査結果の連絡は翌日以降になります。

店頭窓口は、土曜・日曜・祝日は休業です。金曜日の遅い時間に申し込みをすると審査結果の連絡が入るのが週明けの月曜日になる可能性もあります。

アコムの審査基準・流れ

申込者にとって審査は最も緊張する手続きです。審査の流れや手順についてよく理解を深めておきましょう。

アコムの審査は大きく
 仮審査  本審査  審査結果の連絡  融資

の順に進んでいきます。

 仮審査

仮審査では申込者の属性審査が行われますが、審査自体が機械化されているため結果が出るのが非常に早いのが特徴です

申し込み内容をもとにコンピューターがスコアリング評価を行う

アコムの仮審査で、まずはじめに行われるのが申込者の属性審査です。

 氏名
 年齢
 職業
 勤務先
 年収

など、申込者の具体的な個人情報を「属性」といい、金融機関が融資の可否を判断する際にはこの属性を必ず審査します。

仮審査においては、属性に関する情報はコンピューターによって細かい項目ごとに点数換算され、自動的に評価が下されます。

スコアリング(得点化、点数化)審査と呼ばれるこの属性審査の大きな特徴は、機械による自動審査のため瞬時に融資の可否を判断でき、審査時間が非常に短い点でしょう。

審査時間の短縮は、申込者、金融機関の双方にとって大きなメリットです。

しかし、スコアリング審査では項目ごとに最低点が設定されており、一つでもそれに達しない項目があれば審査に落ちてしまう可能性もあるといいます。

では申込者の属性はどのように点数化され、どのように評価されるのでしょうか?

申込者の職業を例にとって考えてみましょう。

細い基準は金融機関によって異なりますし、また職業だけで融資に関する評価が下されるわけではないため「この職業が最も有利」と断定することはできませんが、審査において高く評価される職業の傾向はあります。

評価レベル 職業
有利 公務員・大企業の従業員・医師・弁護士など
どちらでもない 中小企業社員
やや不利 自営業・個人事業主・契約社員・派遣社員パート・アルバイトなど
不利 無職・専業主婦

職業の評価レベルで不利とされる無職の人や専業主婦は、アコムをはじめとする消費者金融ではお金を借りることができません。

逆に、倒産の恐れがないうえ、業績に関係なくボーナスが支給されるなど手厚く保証されている公務員は最も安定した職業だと判断されます。

年収400万円の公務員と年収800万円の自営業者とを比較した場合なら、職業の安定性を評価されて年収400万円の公務員の方が融資に有利になる可能性が高いのです。

そして、こうした傾向に沿って各審査項目には点数がつけられています。例えば職業の項目なら次の表なイメージです。

職業 点数
公務員・大企業の従業員・医師・弁護士など 10点
中小企業社員 7点
自営業・個人事業主・契約社員・派遣社員・パート・アルバイトなど 5点
無職・専業主婦 2点

※スコアリングの概念を説明するものであり、項目や配点は実際に利用されているものではありません。

1例として職業を挙げてみましたが、実際のスコアリング審査の審査項目や配点基準はもっと多く、非常に細かくスコアリングが行われます。

はじめからお話ししているように、アコムの審査に通過するには「安定した収入」が必要でした。

しかし、審査に通過するだけではなく、より有利な条件でお金を借りたい場合には「属性の高さ」も重要だということが分かりますね。

仮審査で重要視される主な申込内容

アコムが仮審査で特に重要視しているのは、

 返済能力があるかどうか→確実な返済のための安定した収入を今後も維持できるかどうか
 契約を守れるかどうか→過去にローン商品の利用でトラブルを起こしたことがないかどうか

の2点です。

ただ審査に通過するだけではなく、好条件でお金を借りたいのであれば

 年収
 雇用形態
 勤続年数
 他社借入件数

に関わる項目で高い評価を得ることです。

 年収は高くなるほど借入限度額も高くなりやすい
 雇用形態は正社員>契約社員・派遣社員>パート・アルバイト・自営業者の順に有利
 勤続年数は5年以上>3年以上>1年以上>1年未満だが、3年以上あればかなりポイントは高くなる
 他社借入件数は0件>1件>2件>3件>4件以上だが、4件以上の借り入れがあると審査の通貨が困難になる

また、

 居住区分
 居住年数
 家族構成

なども、先にあげた項目についで重要なポイントとなりますので覚えておくとよいでしょう。

 居住区分は、持ち家>賃貸住宅>公営住宅の順に有利。持ち家の場合は住宅ローンの利用実績があると判断されるので評価が高くなる
 居住年数は5年以上>3年以上>1年以上>1年未満の順に有利です。居住年数はそのままローンや家賃を支払ってきた年数になりますので、長い方が断然有利。
 収入のある家族と同居しているとポイントが高くなります。家族と同居>配偶者と同居>ひとり暮らし>扶養家族と同居の順です。

 本審査

アコムの仮審査は機械による自動審査でしたが、本審査では申込内容に加えて、信用情報の調査や在籍確認などが審査担当者によって行われます。

個人信用情報機関の調査

個人信用情報機関は、個人の金融サービスの取引履歴に関わる様々な情報を管理しています。

登録されている情報はカードローンの利用履歴だけでなく、

 クレジットカードでショッピングをした
 住宅ローンの返済をした
 自動車ローンに申し込みをした

など、ありとあらゆる金融サービスの利用に関する履歴が登録されているのです。
しかも、単に金融サービスを利用した記録が残るだけではありません。

 いつ、どのような金融サービスに申し込みをしたのか
 借入限度額はいくらか
 毎月の返済日や返済金額、借入残高がどのくらいあるのか
 延滞の有無や延滞の発生日
 長期延滞の発生日や債務整理などの記録

など、金融サービスを提供している金融機関とのやり取りのほぼすべては情報として個人信用情報に登録されています。

アコムの本審査では信用情報機関に照会をかけ、申込者の信用情報に金融事故などのマイナスの情報が登録されていないか確認されます。

事故情報の登録がなければ、個人情報機関の調査は特に問題がないということです。

また同時に、本審査では申込者が申請した申込内容と信用情報に登録されている情報との間に相違がないかの確認を行います。

双方の内容に相違点がなく、記載漏れや間違いなどがなければ信用情報調査は終了です。

職場への在籍確認

アコムの本審査の締めくくりとして、最後に申込者の勤務先への在籍確認が行われます。

在籍確認とは、申込者が申告した勤務先に本当に在籍しているかを実際に会社に電話することによって確認する手続きです。

在籍確認はいつ、どんなタイミングでいつ行われるのかと心配する人も多いようですが、基本的には仮審査に通過し、信用情報にも問題がないと判断されるなど、審査のほとんどが終了したタイミングで行われます。

そのため、遅い時間に審査に申し込みをしたような場合だと、申込者の勤務先の終業時間を過ぎていて在籍確認が当日中に行えない、ということも起こります。

緊張しながら審査結果の連絡が来るのを待っている、また、即日融資を希望しているのに「審査結果の連絡こない状態」に陥ってしまわないためには、スムーズな職場連絡が可能な昼間の時間帯に審査を終えられるよう、ゆとりをもって申し込みをしましょう。

また、どうしても勤務先に在籍確認の連絡が来るのが困る、という方はこちらの「職場の在籍確認電話がなしのカードローンはある?」をぜひ参考にしてみてください。

 審査結果の連絡・審査時間について

「アコムの申し込みは24時間365日受付中で、最短30分で審査が可能です。」

アコムは即日融資に対応していますので、いつ申し込みをしても審査結果が出るまでに30分程度の時間しかかからないように思ってしまいそうですが、それは間違いです。

WEB申し込みや電話申し込みなら確かに24時間365日申し込みの受付はしてもらえますし、審査時間は30分もあれば結果を出すには充分でしょう。

無人契約機など、申込方法によってはもっと審査が早いケースもあるようです。

ただ、実際にアコムを利用したことがある人達にアンケートをとってみましたが、30分程度で審査結果の返事がきた人はごく少数で、多くはもっと時間がかかっています。

審査にどのくらいの時間がかかるかはその時の状況によって異なるといえるでしょう。

審査結果の連絡がこない、審査時間が長い理由としては、

 申し込みをした時間帯が平日の夕方など、審査への申し込みが集中しやすい時間だった
 審査営業時間の終了間際、または審査営業時間外に申し込みをした
 アコムからの審査結果の連絡のメールや電話を見逃していた

などが考えられます。

審査時間を不必要に長引かせないためには、申し込みをする時間帯を慎重にえらび、審査期間中はスマホや携帯への着信や迷惑メールのチェックをまめにするとよいでしょう。

 カード発行・融資

審査に通過し、契約を終えたらいよいよ融資です。
ローンカードは

 店頭窓口
 無人契約機
 郵送による発送

で受け取ることができます。
ただし、店頭窓口と無人契約機の営業時間は以下のようになっていますので受け取り時間には注意してください。

営業時間
店頭窓口 9:30~18:00
むじんくん 8:00~22:00

店頭窓口や無人契約機で申し込みをした場合はその場でローンカードが発行されます。

また、WEB申し込みを利用した場合も、契約に続いて店頭窓口か無人契約機にてローンカードの発行が可能です。

WEB申し込みの場合、振込融資を利用するという方法もあるのですが、

 振り込み先の金融機関によって大きく利用条件が異なる
 振込依頼当日に入金してもらうには時間的な制約がある
 事前の登録手続きが必要

など、お金が必要な時にときにすぐ借り入れができない場合もあるので、ローンカードを利用して借り入れをすることをおすすめします。

店頭窓口や無人契約機の営業時間内にローンカードを発行できれば、ATMの利用で24時間いつでも借り入れができます。

利用可能時間 利用手数料
アコムATM 24時間 無料
コンビニATM(セブン銀行・ローソンATM・イーネットATM) 24時間(各々のメンテナンス時間あり) 取引金額が

1万円以下…108円

1万円超…216円

提携先金融機関ATM 提携先による 取引金額が

1万円以下…108円

1万円超…216円

※月曜日の1:00~5:00はアコムのメンテナンス時間のため自社ATM、提携ATMとも利用不可

アコムATMは無人契約機に併設されています。無人契約機の営業時間は8:00~22:00ですが、アコムATMは24時間営業です。利用手数料が無料ですからかなりお得です。

アコムのおまとめローン・借り換えローン審査について

 

他社借入が複数あって返済が大変になってきたという場合には、アコムのおまとめローンで借金を1本にまとめることを検討してみてはいかがでしょうか?

正式名称は「貸金業法に基づく借り換え専用ローン」といいますが、以下「おまとめローン」で説明をしていきます。

金利 7.7%~18.0%(借入額が100万円以上の場合なら上限金利が15.0%になります)
借入限度額 1万円~300万円
審査時間 最短30分
融資時間 即日融資可(最短で1時間程度)

アコムのおまとめローンは、総量規制の対象外なので年収の3分の1を超える金額の借り入れが可能になる点が一番の特徴だといえるでしょう。

ただし、おまとめローンで借り入れをしたのち他社への返済が済めば、おまとめローンで借り入れた分は再び総量規制の対象になります。

おまとめローンを利用する際の注意点
 申し込み方法は電話のみ、その後契約手続きのため店頭窓口か無人契約機に出向く必要がある
 まとめられるのは貸金業者(消費者金融・信販会社など)からの借り入れのみ
 返済専用ローンであるため、貸金業者からは新たに借り入れができなくなり、返済のみに集中することになる
 他社借入の返済手続き一切はアコムが行う

 申し込み条件
「20歳以上で安定した収入と返済能力があり、アコムの基準を満たす人」
カードローンの申込条件と同じです。

 審査基準
基本的にはアコムのカードローンと同じですが、その他に
 他社からの借り入れが5件以上あると審査落ちする可能性が高い
 アコムを利用したことがないと審査落ちする可能性が高い

多すぎる借り入れ件数を1件でも減らすことがアコムのおまとめローンに通るコツといえるかもしれません。

審査内容や審査の流れはアコムの一般のカードローンとほとんど変わりはありません。

 審査に必要な書類
 本人確認書類
 収入証明書
 返済は原則として口座振替によって行われるため、引き落とし口座番号とその届出印

 おまとめローンのメリットとして、
 複数の借り入れがひとつにまとまることで返済が月に1度になる
 これまでよりも金利が下がり、毎月の返済金額も少なくなる可能性がある
 返済専用のローンで新たな借り入れはできなくなるため、これ以上借金が増えにくくなる
などが挙げられます。

おまとめローンを利用する第一の目的は、返済の負担を今までよりも減らすことです。
返済の負担を確実に軽減するには、まず自分の借り入れ状況の詳細をしっかり把握しておかなければなりません。

せっかく面倒な手続きを経ておまとめローンの審査に通過したのに、逆に総返済金額が増えてしまったのでは、厳しい審査を受けた意味がありませんよね。

おまとめすることによってどのくらい返済の負担が軽減されるのか、何度もシミュレーションをして、確実に負担が減ることを確認したうえでおまとめローンを利用しましょう。

アコムの増額審査(追加融資)と限度額について

アコムのカードローンを利用しいて、「利用限度額がもう少し多くなればまとまった出費に備えられるのに…」なんて思ったことはありませんか?

アコムでは、利用限度額の引き上げ(増額融資)を希望する利用者の増額申請に応じて審査を行っています。

融資可能金額(限度額)は何を基準に決まるの?

消費者金融であるアコムには総量規制が適用されており、利用者が借りられる金額は年収の3分の1までに制限されています。

とはいっても、誰もが年収の3分の1の金額を借りられるわけではありません。

利用限度額は利用者の収入だけではなく、その他の様々な属性条件や信用情報を考慮して決定されています。

限度額が少額融資になってしまう理由とは?

限度額が少額になる理由としては以下のような理由が考えられます。

 属性が高くない
 すでに他社からの借り入れがあり、総量規制の制限に近づいている

利用限度額を設定する際には属性が大きく関係します。

返済能力は申込者の属性の高さに比例する傾向にありますので、属性が高ければ限度額は大きめに設定されますし、属性が高くない場合には返済能力に合わせて限度額も少額に設定されます

年収が低い人よりは年収が高い人の方が利用限度額は高くなるでしょうし、アルバイトよりも正社員の方が利用限度額は高くなるのが普通です。

また、他社から借り入れがある場合には利用限度額が低く設定される場合もあります。

たとえば、年収300万円の人がアコムから借り入れできる金額は年収の3分の1の100万円までです。
しかし、すでにA社から70万円の借り入れがあるとしたら、アコムからは最大でも30万円しか借り入れできません。

審査の段階で、「総量規制の制限いっぱいまで融資しても大丈夫だろう」と判断してもらえれば30万円を借りることができますが、返済能力に不安があると判断されれば審査に落ちてしまうこともあります。

契約時も少額融資でもあとから増額審査が可能!

アコムを初めて利用する場合は最大でも50万円程度の借り入れしかできないと思っておきましょう。
収入や属性が高い人でも同様です。

アコムが公表しているIR情報によれば、初めてアコムを利用した人のうち年収1,000万円以上の人でも借入金額の平均は30万円程度です。

それだけしか借りられないのかとがっかりする人もいるかもしれませんが、これは逆の立場に立ってみればよく分かるでしょう。

初めてお金を貸す場合には、確実に返済をしてもらえるかどうかを判断する材料がありません。

最初は少額の融資から始まったとしても、確実に返済してもらえるという信用実績が積み上がれば限度額も上がっていくはずです。

また利用限度額の増額審査を自分から希望することも可能ですよ。

増額融資(追加融資)とは?

増額融資とは、今現在利用できる限度額の枠を大きくすることです。

通常、カードローンは利用限度枠内であれば自由に追加で融資を受けることができます。

例えば今、カードローンで10万円借り入れているとしましょう。

あなたの利用限度額が50万円だとすれば、あと40万円は審査を受けることなくいつでも自由に追加で借り入れや返済ができますよね。

増額融資はこの50万円の利用限度額の枠自体を60万円、70万円など大きな金額に変更することを指します。
融資枠そのものを変更するので、再度審査を受ける必要があります。

 増額審査のメリット・デメリット

借りられる金額が増える点では確かにメリットが大きいですが、増額審査にはもちろんデメリットもあります。増額審査のメリット・デメリットの双方をよく理解して増額審査に申し込むかどうかを判断しましょう。

増額審査のメリット 増額審査のデメリット
借りられる金額が増える

金利が下がる可能性がある

増額審査に落ちれば増額はできない

状況によっては利用限度額の減額・利用停止になってしまうこともある

増額審査を受ける最大のメリットは借りられる金額が増えることです。

また、増額審査に通過するとこれまでの利用実績などを考慮してもらえるなど、場合によっては金利が下がる可能性も出てきます。

特に利用限度額が100万円を超えた場合には、利息制限法によって上限金利が15%に下げられますので、利息負担が小さくなります。
ただし、増額審査はこれまでの利用限度額の設定をいったん外して契約内容を見直す審査として位置づけられています。
そのため、転職などで以前の契約時よりも経済状況が悪化していたり、信用面に問題が発生していたりすれば、審査落ちしてしまうかもしれません。

増額できず、これまでの利用限度額のままで済むくらいならよいのですが、場合によっては利用限度額の減額利用停止といった結果が出てしまうこともあります。

増額審査を受けるには自分の状況の変化を客観的に振り返って慎重に判断することが重要です。

 増額審査申し込みについて

それでは増額審査の申し込みについてみていきたいと思います。

申し込み~増額までの流れ

 申し込みから増額までの流れとしては大まかに以下のようになります。

 増額審査への申し込みをする  増額審査  審査に通過すれば増額

申し込み方法

 アコムの増額審査に申し込む方法には次の3つの方法があります。

申し込み方法 営業時間(受付時間)
電話による申し込み 平日9:00~18:00(土日祝日は休み)
WEBの会員ページからの申し込み 24時間
店頭窓口・無人契約機・アコムATMからの申し込み 店頭窓口…9:30~18:00(土日祝日は休み)

むじんくん…8:00~22:00

アコムATM…24時間

 電話による申し込みの場合
はじめに、「アコム総合カードローンデスク」に電話をし、音声案内に従って増額希望額や他社借入金額など、必要事項を入力します。

入力内容や契約内容に関する事項への確認を終えるとオペレーターにつながりますので、そこで最終確認を済ませれば申し込みは完了です。

            アコム総合カードローンデスク:0120-629-215

 WEBの会員ページからの申し込み
実はアコムでは、半年に一度すべての利用者に対して増額できるかどうかのチェックをシステム上で行っており、このチェックで合格と認められた人にはアコムから増額案内のメールが届くしくみになっています。

アコムの会員ページにログインし、「極度額等の変更のお申し込み」の案内メールが届いている人に限り会員ページから増額審査の申し込みが可能です。

「極度額変更等のお申し込みを」クリックすれば申込画面に切り替わりますので、そこから申し込みをしましょう。

 店頭窓口・無人契約機・アコムATMからの申し込み
担当者と相談しながら増額審査の申し込みをしたいという人には店頭窓口での申し込みがおすすめです。

また、無人契約機(むじんくん)・アコムATMからも増額審査の申し込みが可能です。
ガイダンスに従って画面操作をしてください。

増額審査の主な申し込み資格

アコムの増額審査に申し込みができるのは、どのような人でしょうか?

 申し込みできる人

基本的にはアコムの通常のカードローンと同じです。

 満20歳から69歳までの人
ただし、
    利用限度額が50万円以下の増額審査の場合は満20歳から69歳まで
    50万円を超える利用限度額の増額審査の場合は満20歳から64歳まで
の人が申し込みできます

 安定した収入がある人

 申し込みできない人
 未成年、70歳以上の人
 安定した収入がない人、無職の人

アコムに入会後、退職して無職になってしまったような場合にはアコムの増額審査には申し込みできません。

 増額審査に必要な書類

次の条件に当てはまる場合は収入証明書の提出が必要です。

 アコムでの利用限度額が50万円を超える場合
 アコムの利用限度額と他の貸金業者からの借入の合計が100万円を超える場合
 提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合

条件に該当する場合は以下の証明書からどれか1点を提出してください。

 源泉徴収票
 給与明細書(直近1ヶ月分)
 市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの)
 所得証明書(最新年度のもの)

なお、基本的には本人確認書類は不要ですが、店頭窓口で増額審査の申し込みをする場合には、本人確認のため運転免許証などの本人確認書類を持参しましょう。

 増額審査の基準・流れ

増額審査の基準や流れについてみていきましょう。

増額審査の流れ

アコムの増額審査では

 個人情報の確認
 利用実績の確認
 信用情報の確認

を機械による自動審査で行なっています

個人情報の確認では特に年収や勤務先が変わっていないか、属性が下がったりしていないかがチェックされます。
利用実績については、現在設定されている利用限度額に対してどのぐらいの借入が行われているか、また、遅延することなく返済が行われているかなどが確認されます。
また、
信用情報の確認では、事故情報の有無、他社借入件数・他社借入金額などをチェックします。

 増額審査の基準

増額審査の基準は一般のカードローン基準とは異なりますので注意が必要です。

通常のカードローンの場合は収入の安定性を重視しますが、増額審査では、アコムの入会時とくらべ、利用者の属性の状況がどのくらい好転しているかを重視します。

借り入れや返済の実績や信用情報などが考慮されることも覚えておきましょう。

また、増額審査では基本的に在籍確認は行われませんが、勤務先が変わった場合や収入状況に大きな変化があったような場合には再度在籍確認が行われることもあります。 

こんな人は増額審査に落ちる

アコムの増額審査では、返済能力や信用度が以前よりも高まっているかを確認されますから、

 遅延などを繰り返している
 アコム以外の金融機関で滞納などをしている
 他社借入状況や経済的状況が悪化した
 個人情報の変更届を提出していない
 アコムを利用してから半年以内

の場合には増額審査に通過する可能性が低いといえるでしょう。

遅延や滞納があればもちろんですが、個人情報の変更届を出していない場合も信用度は低下してしまいます。
引っ越し転職をした場合には、アコムに届け出をしておきましょう。

また、アコムを利用してから半年たっていないのなら、今ははまだ信用を築いている途中だと考えましょう。
もう少し実績をあげてから増額審査に申し込むことをおすすめします。

こんな人は増額審査に通りやすい

逆に返済能力や信用度が以前よりも高くなっている人は、増額審査に通過する可能性も高まっているといえます。

 毎月きちんと返済している
 借り入れや返済の実績を重ねている
 アコムに入会した時より収入が多くなった
 アコムを利用してから6ヶ月以上たっている

などの条件に多く該当している人は増額審査にも通過しやすいといえます。

増額審査に通るコツ

アコムの増額審査に通過するコツは、審査で重視されているポイントを知り、基準をクリアしておくことです。

 返済に遅延がない状態が半年以上あること
 アコムを利用して半年以上経過しており、借り入れ・返済の実績があること
 他社での借り入れがないこと、借入件数が少ないこと
 個人情報の変更はきちんと届け出ること

などは是非守っておきたいです。

規模の大きい会社に転職したり、年収を多くしたりするのは確かに難しいですが、毎月遅れずに返済をして取引実績を積み重ねる他社からの借り入れを減らしておくといったことは意識していればクリアできる条件ではないでしょうか?

増額審査に落ちた後の対応とは?

増額審査は利用限度額が大きくなるわけですから通常の審査よりも厳しくなります。
そのため必ず増額審査に通過できるとは限りませんし、もし審査に落ちてもその理由も教えてはもらえません。

再度増額審査にチャレンジするのであれば、少なくとも半年後に申し込みをするようにしましょう。
半年たてば増額審査に申し込んだ履歴もクリアになります。

時間的余裕がない場合や、他社借入金額や件数に問題がない場合ならアコムの増額審査にこだわらず、新規で他社に申し込みをする方が借りやすいかもしれません。

アコムの審査に落ちた人・通った人の口コミ体験談

業界最大手のアコムは、審査の柔軟さや融資スピードに関して非常に評判がよいです。

消費者金融は少額の融資がメインですから、利用目的が自動車ローンだというような人はまずおらず、最初に設定される利用限度額は多くても30万円~50万円程度。

借り入れ・返済方法も多彩で高評価のアコムの審査に落ちた人・通った人の体験談を集めてみました!

アコムの審査に落ちた人

破産の経験が…

【ケース1】J.Kさん(30代男性、会社員、勤続年数:1年、借り入れ件数:なし、過去に破産経験あり)
まとまったお金が必要になったため、アコムの店頭審査に申し込みをしました。
借入希望金額は20万円でしたが、審査には通過できませんでした。
審査結果のメール連絡が来るまでの時間は20分程度だったと思います。
落ちた理由としては、やはり破産の経験が大きかったと思います。

過去の事故案件が理由かな
【ケース2】Hさん(20代半ば男性、会社員、勤続年数:4年、借り入れ件数:なし、過去に支払い未納(金融事故)1件あり)
生活費を借りようとWEB申し込みを利用して10万円の借り入れを希望しましたが、審査落ちしました。
定かではありませんが、連絡が来るまでに3時間くらいかかったのではないでしょうか?
勤続年数が少ないことと、過去の事故案件がクリアになっていなかったのが審査に通らない理由だと思います。
誰でも借りられるんじゃ…?
【ケース3】S.Nさん( 30代女性 、パート 、勤続年数:8年位、借り入れ件数:なし、事故歴:なし)
先月、どうしても生活費が必要になったので、銀行の横に設置してある無人契約機で申し込みしました。
借入希望金額は10万円です。
審査結果の連絡は1時間後くらいに受けました。
収入はまあまあ普通だったのですが、アコムの方に返す見込みがないといわれました。
誰でも借りられると思っていたので、大変ショックでした。
支払い能力に不安を感じたのでは?
【ケース4】M.Kさん(30代後半男性、会社員、勤続年数13年、他社からの借り入れ:1件あり、事故歴:なし)
2013年、生活費を借りようとインターネット申し込みを利用して借入希望金額50万円で申し込みをしましたが、審査に落ちました。
当時の年収が500万円ほどだったので、返済の支払い能力に不安を感じたため審査に落ちたのではないか、と思います。
審査結果の連絡が来るまでには30分ほどかかりました。

 おまとめローン審査、増額審査(追加融資審査)は除く
 今回は申込条件に当てはまる方(会社員、派遣社員、パート、アルバイト、フリーター、個人事業主、自営業など)の方を対象にアンケートをとっています。申込条件に当てはまらない方(専業主婦、未成年の学生、無職、水商売、年金受給者)は対象にしていません。

ケース1ケース2の方は、いずれも過去に金融事故を起こしているとのことで、ブラックリスト入りしているものと思われます。

アコムはCICJICCに加盟していますので、以前に金融事故を起こした経験がある人は、アコムの審査に申し込みをする前に信用情報機関に情報開示請求をして、異動情報が残っていないかを調べてみましょう。

ケース3ケース4の方は、文面を見る限りでは転職をしているわけでも年収が特に低いわけでもなさそうですし、また事故歴があるわけでもありません。

ケース4の方ついては年収が500万円もあるとのことですので、属性面の問題ではなく信用面に問題があったと考えられます。
もしかしたら、金融事故として登録されてしまう携帯代や家賃をそれと知らずに延滞してしまっていたのかもしれません。

アコムの審査に通った人

即決でした!
【ケース1】Y.Uさん(30代女性、会社員、勤続年数13年、他社からの借り入れ:なし、事故歴:なし)
生活費を借りようと店頭審査に申し込みをしました。
借入希望金額は50万円でした。
審査結果が出るまでにかかった時間は3分くらいです。
教育費に充てました!
【ケース2】Tさん(40代女性、パート(勤務時間週20時間以内)、勤続年数:8年目、他社からの借り入れ:1件あり、事故歴:なし)
借入希望額は50万円、店頭申し込みしました。生活費でまかなえない教育費や塾代などに充てるためです。結果の連絡は1時間30分後くらいにきました。
まったく問題なく借りられました
【ケース3】T.Kさん(20代男性、会社員、勤続年数:3年、他社からの借り入れ:なし、事故歴:なし)
買い物をする目的で借入希望金額30万円を、無人契約機で申し込みしました。
審査結果が来るまでにかかった時間は1時間でした。
遊興費です
【ケース4】Kさん(30代後半男性、派遣社員、勤続年数:3年、他社からの借り入れ:なし、事故歴:なし)
借入希望金額は20万円、遊興費の目的でWEB申し込みをしました。
1時間前後で審査結果のメール通知がありました。

 おまとめローン審査、増額審査(追加融資審査)は除く
 今回は申込条件に当てはまる方(会社員、派遣社員、パート、アルバイト、フリーター、個人事業主、自営業など)の方を対象にアンケートをとっています。申込条件に当てはまらない方(専業主婦、未成年の学生、無職、水商売、年金受給者)は対象にしていません。

全てのケースに共通しているのは事故歴がないこと、また数年以内に転職をしていないという点です。
派遣社員、パートの方もそれなりの金額を希望して審査に通過していることが分かります。

【まとめ】アコムの審査に通るコツをおさらい

 毎月安定した収入を得ている(雇用形態は問わない)
 反社会勢力(暴力団・詐欺会社など)に関わっていない
 水商売で働いていない
 他社から借り入れがない、借り入れがある場合も2件以内が望ましい
 他社からの借り入れが年収の3分の1以内におさまっている
 信用情報に事故情報が登録されていない
 過去にアコムで金融事故を起こしていない
 在籍確認がきちんととれること

実際の審査は属性と信用情報を調査して総合的に判断されますが、安定した収入があり、これまで金融サービスを利用する際に約束をきちんと守ってきた人であればアコムの審査に通過することは決して困難ではありません。

過去に金融事故を起こした経験のある人は、信用情報から事故情報が削除されるのを待つしかありません。
すぐにお金を借りることはできませんが、金融機関との信頼関係の大切さを再認識する期間だと考えましょう。

アコムの審査に落ちたけどお金が必要な場合の解決策

残念ながらアコムの審査に落ちてしまったという場合は、上記の「アコムの審査に通るコツ」のいずれかの条件のうち、当てはまらないものがなかったか確認してみてください。

思い当たる点があれば改善するチャンスです。

ただ、問題点を改善したからといって何度も続けてアコムに申し込むのはおすすめできません。
アコムに申し込んだ記録は半年間残り続けるからです。

そこで、改善できる問題点を克服した後は、他社のカードローンに申し込んでみてはいかがでしょうか?
ただし、短期間に何社にも申し込みをするのは避けてくださいね。

 「プロミス」公式ページ

 「アイフル」公式ページ

 「J.score( ジェイ スコア)」公式ページ

アコムの審査に関する質問・Q&A

ACマスターカードの利用実績は審査に反映されますか

ACマスターカードはクレジットカードですからその取引履歴は信用情報に登録されます
期日に遅れることなくきちんと返済して実績を積み重ねれば、どの金融サービスの審査を受ける場合にも評価してもらえるはずです。

同じアコムが発行するACマスターカードを利用しているからアコムの審査に有利に反映されるというわけではありませんが、データが社内にあるので状況を把握しやすいという利点はあるでしょう。

ただし、アコムカードは2枚重複して持つことができません
申し込みを希望する場合はまず総合カードローンデスク(0120-629-215)に連絡をしてください。

ACマスターカードとアコムキャッシング審査は何が違いますか?どっちがどんな人におすすめですか?

クレジットカードはカードローンとは異なり、貸金業法の他に割賦販売法という法律の適用も受けています
その点だけ見れば、貸金業法のみが適用されているカードローンの方が審査に通過しやすいといえるでしょう。

また、ACマスターカードはクレジットカードですからショッピング機能とキャッシング機能の双方を持ち合わせていますが、アコムキャッシングは現金のみを借り入れるカードです。

現金の持ち合わせがないときでも気軽にショッピングも楽しみたい、という人にはACマスターカードがおすすめですし、現金だけ借り入れられればよいという人にはアコムカードがおすすめです。

再発行時は審査などありますか?

アコムカードの再発行には審査は不要です。
アコムのフリーコールに連絡をすれば、再審査なしで最短で当日中にアコムカードを再発行してもらえます

アコムに連絡を入れておけば、店頭窓口無人契約機郵送などでアコムカードを再発行できます。
再発行の手続き時には運転免許証などの本人確認書類が必要です。

また、発行手数料324円が次回返済時に差し引かれます

結婚していると審査に不利ですか?離婚や結婚で名字が変わると過去の債務整理等は信用機関にバレないの?

既婚者と未婚者とを比べれば、既婚者の方が審査に有利です。
結婚して家庭を持っていると、家計を維持するために転職をせず同じ会社に長く勤める可能性が高くなります。
家族がいれば勝手に引っ越しをして音信不通になってしまうリスクも低いと判断されます。

また、離婚や結婚で名字が変わったとしても、申し込みの際には旧姓を記入する欄があります。
運転免許証や健康保険証を提出しますから、記号番号などを確認すれば以前の取引状況はすぐに判明します

アコムの審査をキャンセルしたいときはどうすればよいですか?またデメリットはありますか?

アコムの審査をキャンセルしたい場合は、フリーコール(0120-07-1000へ連絡してください。店頭窓口や無人契約機にいる間ならその場でキャンセルしたいと伝えればOKです。

ただし、アコムの審査に申し込みをしたという事実は信用情報に登録されます。

申し込みをしたという情報が記録されているのに契約した情報がなければ、他の金融機関が信用情報を照会した際に「審査落ちした」とマイナスに判断する可能性はあります

 

【WEB申込みで最短当日受取り!】

三菱UFJフィナンシャルグループ
アコムの業界最速クレジットカード


Sponsored Links

▼注目のクレカ情報

2015-10-14_121852 ルミネカードがお得!
審査に落ちる3つの理由とは?
2015-10-14_122013 知られざる金融業界の裏側!
年収が高い企業別ランキングTOP3とは?
2015-10-14_122013 意外と知らない仕組み!
加盟店が支払う手数料の裏側とは?
2015-10-14_122013 どっちがお得?
交通系クレジットカードTOP3を徹底比較
世界中が驚愕!
年会費が世界一高いクレジットカードとは?
【大人気のTo Me CARD】
定期券購入移行時の4つの注意点とは?!
知らないと恥!
クレジットカード利用時のサインと暗証番号の違いとは?
【3分でマスター!】
クレジットカードIDの使い方を徹底解説!
2015-10-14_122013 【まだ助かる!】
クレジットカードの支払いができない時に試す3つの相談方法とは?
2015-10-14_122013 クレカの豆知識
支払いを1、2ヶ月遅延滞納した結果・・・

▼クレカ審査系ランキング

クレカ営業マンに学ぶ!
審査基準と人気クレジットカードランキング2017年版
2015-10-14_122013 審査が早い!
即日発行カードランキング
2015-10-14_122013 学生向け!
審査基準と人気クレジットカードランキング2017年版
2015-10-14_122013 主婦申し込みOK!
主婦向けクレジットカードランキング2017年版
自営業者OK!
審査基準と人気クレジットカードランキング2017年版

▼当サイトおすすめ記事

2015-10-14_121852 最強デビットカード!
おすすめ人気ランキング
お洒落過ぎる!
クレジットカードの人気ブランドケースTOP5
2015-10-14_122013 激レア話題殺到!
アニメコラボカードランキングTOP5
2015-10-14_122013 鉄壁のクレカ?!
紛失・盗難・悪用保証が強いカードランキング
2015-10-14_122013 富裕層向け!
ステータスカード人気ランキング2017年版
2015-10-14_122013 便利でお得!
アメリカで使えるクレジットカードランキング2017年版

コメントを残す