【WEB申込みで最短当日受取り!】

三菱UFJフィナンシャル・グループ
アコムの業界最速クレジットカード

【原因不明!】カードローン審査に通らない5つの理由と通過するポイントとは?

この記事は約 20 分で読むことができます。

Sponsored Links

え、なんで私が審査に落ちるの?!』個人信用情報は綺麗、年収も800万円ある上場企業、勤続20年・・・なのになぜ。ローン会社は審査に落ちた理由を教えてくれないため、モヤモヤストレスだけが残りますよね。そこで今日はカードローン審査に落ちる理由と通るためのポイントをご紹介します。

審査に落ちる理由を徹底解説!

ダウンロード (1)

カードローンに申し込みをしたのに、審査落ちしてしまう方は下記のいずれかの原因に当てはまります。

 信用情報に問題がある

 ローン会社のブラックホルダーに登録されている

 申し込み属性がローン会社の審査基準を満たしていない

 在籍確認がとれない

 使い道、用途、利用目的が逸脱している

①信用情報に問題がある

53d8ef3efebc8ae129e190f5c8fc61da_s

信用情報とは、信用情報機関に保管されている、個人と企業とのお金の貸し借りを記録した情報です。

現在、日本には下記の信用情報機関があります。

 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

 株式会社シー・アイ・シー(CIC)

 株式会社日本信用情報機構(JICC)

住宅ローンやクレジットカードの分割払いやリボ払いの利用、携帯電話の分割支払い、現在では奨学金などの情報までも記録されています。

基本的に申し込みや返済の履歴などの全ての取引情報が記録されていますが、中にはこの信用情報の記録に問題があって、審査に落ちてしまう場合があります。

カードローン会社がおもにチェックしているのが、下記の3つの情報です。

 個人信用情報機関への異動情報(支払い事故情報)の登録

 申し込みブラック

 総量規制にひっかかる

それではこの信用情報の問題について、それぞれ説明していきます。

個人信用情報機関への異動情報(支払い事故情報)の登録

異動情報とは、個人信用情報に記録されるネガティブな情報のことをいいます。

たとえば、『返済日を過ぎても長期間滞納し続けて借金を踏み倒した。』という情報は、ネガティブな情報ですよね。

このような情報は、異動情報(支払い事故情報)として信用情報機関に記録されてます。ちなみに異動情報には下記のような種類がありますので、過去の自分と企業との取り引きの間で心当たりがないかどうかを、再度確認してみることが大切です。

異動情報 内容 記録年数
延滞・遅延 貸付業者の定めた約定返済日を過ぎても、返済を行なわなかった場合 ・KSC:5年
・CIC:5年
・JICC:1年
代弁返済 利用者本人が何かしらの理由で返済不能な状態に陥り、利用者に代わって保証会社や連帯保証人が返済を行なった場合 ・KSC:5年・CIC -・JICC -
債務整理(任意整理) 任意整理や自己破産、個人再生や特定調停など借金返済が不能な状態に陥ったり、過払い金の請求をした場合 ・KSC:任意整理5年、自己破産10年
・CIC:任意整理5年、自己破産7年
・JICC:任意整理5年、自己破産5年
強制解約 利用者本人に返済能力が認められずに、カード会社が利用者を強制解約した場合 ・KSC、CIC、JICC:5年

ちなみに、異動情報は『信用事故』や『金融事故』とも呼ばれており、この記録がついてしまうと通称『ブラックリスト入り』という状態になり、どのローン会社やクレジットカード会社に申し込みをしても、記録が残っている年数は申し込みをしても瞬殺で、審査通過がほぼ不可能になります。

ちなみに返済が終わっているものに関しての過払い請求に関しては、信用情報に記録が残るようなことはありません。

申込みブラック

信用事故を起こして信用情報にキズがついている状態を通称『ブラックリスト入り』と読んでいますが、実はもう1つ『申込ブラック』と呼ばれる状態があります。

申込みブラックに当てはまるのは下記のような状態です。

審査落ちからの再申し込み

申し込みをしたカードローンから審査落ちの通知が来た後に、一定の間隔をあけずに再度申し込みをすると、申込みブラック入りしてしまう可能性があります。

一度審査落ちしたカードローンに再申し込みをしても、審査落ちの原因が改善されていなければ審査に通過することはありません。また契約に至らない場合でも、個人信用情報には申し込みをした記録がしっかり残りますので注意が必要です。

同時・重複・多重申し込み

審査落ちの不安があるからと、複数のカードローン会社に同時期に申し込みを行なうことを『同時・重複・多重申し込み』といいます。

申し込みをした記録は、個人信用情報から全てカードローン会社側に確認されていますので、同時申し込みなどをした場合、『お金に困っている』と判断されて、審査落ちしてしまう可能性があります。

また、同時・重複・多重申し込みをすることによって、後に説明する総量規制に引っかかる恐れもあるため、審査に落ちてしまうことがあります。

連続申し込み

『A社に申し込みをしたけど審査落ちしたので、B社に申し込み。しかしB社も審査落ちしたのでC社に申し込み…。』というように、およそ半年間のうちに複数のカードローン会社に申し込みをしている状態を連続申し込みといいます。

このような申込回数の履歴も全て信用情報には記録として残っているため『お金に困っている。』と判断されて審査否決となる可能性があります。

総量規制に引っかかる

限度額が制限される総量規制とは?

そもそも消費者金融系のカードローンは、貸金業法という法に基づいて利用者に貸し付けを行なっています。そしてこの貸金業法の中には総量規制という規制が設けられています。

総量規制とは、利用者と貸付業者との間のお金の貸し借りが過剰にならないように防止するための規制で、この規制の対象になっている業者は利用者の年収の3分の1までしか貸し付けを行なうことができません。

総量規制の対象業者でお金を借りるとどうなる?

それでは、実際に例を用いて説明していきます。

たとえば、年収300万円の人は総量規制の対象となる業者では年収の3分の1である100万円までしかお金を借りることができません。そのため、カードローン会社ですでに50万円を借入れている人であれば、他社のカードローンに申し込みをして貰える最高利用限度額は50万円までになります。

このように、総量規制の対象となる業者での借入金が多いほど総量規制に引っ掛かる確率は高くなりますので、カードローン会社によっては与信枠が総量規制の枠を超えてしまうことを恐れて審査に通さないという場合があります。

ただし、銀行カードローンは全国銀行協会の定める銀行法に基づいたカードローンですので、全銀協に加入している金融機関は、総量規制の対象外です。

②ローン会社のブラックホルダーに登録されている

a80f1d6c6827958816c7034215236676_s

信用情報機関が記録している個人信用情報は、信用事故などにより履歴にキズがついたとしても5年〜10年程度経過すると信用情報履歴(クレジットヒストリー)が一度真っ白な状態に戻り『ブラックリスト入り』していたという記録は削除されます。

しかし、新たに申し込みをするカードローン会社で過去に返済トラブルなどを起こしている場合、信用情報機関の情報は消えても、その金融業者独自で管理している個人との取引情報は一定の年数が経過してもしっかりと残っている可能性があります。

③申し込み属性がローン会社の審査基準を満たしていない

851858ae880d82aec71706ddad442ad6_s

過去にトラブルを起こした経験はないのに、なぜか審査落ちしてしまった。』という方は、申込者本人の情報(属性)が、申し込みをしたローン会社の審査基準を満たしていない可能性があります。

カードローン会社それぞれに申込条件や貸し付け条件は設けられていますので、申し込みをする前に、しっかりとカードローン会社の申込条件を確認しておくことも大切です。

年齢

ほぼ100%のカードローン会社で、申込条件の中に年齢を明記しています。

20歳以下は申し込みできない?

基本的には満20歳以上と指定しているカードローン会社が多いのですが、法律で20歳未満への貸し付けを禁止しているわけではありません。

20歳以下の未成年が、配偶者や法定代理人を通さずに行なった契約や法律行為は、配偶者の判断で取り消すことが可能と民法5条にて定められているためです。たとえ、未成年と契約してお金を貸し付けたとしても、契約自体を無効にされて貸付金を回収できないリスクがあるのです。

そのため、多くのカードローン会社では責任能力のある20歳以上を申し込みの条件としています。

年齢に上限があるカードローン会社も

カードローン会社では65歳未満や70歳未満など、年齢に上限を定めている会社も存在します。これは、カードローン会社の多くが定めているもう1つの条件『安定した収入』という点が満たせなくなる可能性があるためです。

本人に働く意志があっても、高齢になると健康状態などが原因となって、安定した収入が得られなくなる可能性が高くなります。このような理由から、年齢に上限を設定しているカードローン会社も存在します。

職業・雇用形態・勤続年数・転職

多くのカードローン会社が申込条件の中で『安定した収入のある方』という内容の記載をしています。このような記載があるカードローン会社の場合、正社員・派遣社員・契約社員・水商売・日雇い労働・個人事業主・会社経営者などの職業に関わらず収入が安定してさえいれば申し込みが可能です。

詳細な基準まで申込条件で明記している業者はほとんどありませんが、この『安定した収入』は、申込者の勤続年数や雇用形態、職業などの情報からカードローン会社が判断しています。

たとえばフリーターよりは会社員(正社員)の方が『安定した収入がある』と判断されやすくなりますし、給料制の公務員の方が毎月の売り上げが変動しやすい自営業者よりも『安定した収入がある』と判断されます。

一方で、アルバイトでも勤務年数が長い方は『安定した収入がある』と判断されやすくなります。

逆に、転職したばかりの方やアルバイトを始めて日が浅い方は、『安定した収入がある』とは判断されないため、審査に通りにくくなります。

専業主婦や年金受給社でも申し込みOKなカードローンもある

消費者金融系のカードローンで申し込みを断られてしまいがちな専業主婦学生(20歳以上)の方も、ご主人やご両親などの配偶者に安定した収入があれば、申し込みOKとしている銀行系カードローンがあります。

また、すでに定年退職などをしている、年金受給社の方でも、年金を安定した収入と判断して申し込みOKとしているカードローンもあります。

それぞれのカードローン会社の申込概要に明記がありますので、チェックしてみましょう。ただし、完全な無職の方は残念ながらカードローンを利用することはできません。

外国籍の方でも申し込みOKなカードローンもある

職業の補足になってしまいますが、カードローンでは外国人の方でも、在留カードなどを持っている、長期滞在社に向けて貸し付けを行なっているカードローンもあります。

ただし、日本国籍の人よりも条件が申込条件が増える可能性があります。

年収

カードローン会社の中には、申込条件に年収に対する条件を明記していないことも多いのですが、実は審査基準にはある程度の年収のラインを設けています。

申し込みをするカードローン商品によっても条件が違うため、一概にはいえませんが、およその目安としては下記の基準を満たしている必要があります。

イラスト

  • 銀行カードローン…年収200万円〜300万円以上
  • 消費者金融カードローン…年収100万円以上

このように銀行の取り扱うカードローン商品の方が高い年収を求められる傾向がありますので、年収に自信のない方は消費者金融のカードローンに申し込みをした方が審査に通過しやすいといえます。

また、アルバイト・パートの方で年収が100万円に満たないという方は、月9万円ほどは収入がある状態にしてから申し込みをすると審査に通過しやすくなります。

④在籍確認がとれない

71df6e4f0e6d17ce6489f1052731be5a_s

多くのカードローン会社では、審査の最後に申込者が申込書類などで申告した勤務先の固定電話に電話連絡をする在籍確認を行なっています。

在籍確認とは、申込者が申告した職場に本当に在籍しているかどうか、虚偽の報告をしていないかを確認するために行なわれます。在籍確認の電話は『〇〇(個人名または銀行名など)と申しますが△△さん(申込者名)はいますか?』というように電話がかかってきます。

これに対して電話を本人に繋いでもらったり、『△△は今、席を外しています。』などと電話にでた人が在籍が確認できる回答をしていれば、在籍確認は完了となります。

しかし、『△△という人は、この会社にはいません。』などと電話にでた人が答えてしまうと、在籍確認がとれずに審査に落ちることがあります。また、何度も電話をかけているのに誰も電話にでない場合にも審査落ちする可能性があります。

⑤使い道、用途、利用目的が逸脱している

cb1fdaa3d4535face0652505c4408ed5_s

カードローンでは、融資を受けたお金を使い道を細かく限定することはなく、基本的にはどんな使い道でもOKということになっています。そのため、家族旅行費、生活費、結婚式のご祝儀、税金や公共料金、携帯料金の支払いなど、利用目的は基本的に自由です。

ただし、申し込み時に下記のような利用目的を記入すると審査落ちすることがあります。

 他社の借金返済のために利用する

 事業資金や会社の運転資金として利用する

使い道は基本的になんでもOKとしているカードローンですが、あくまでも個人的な利用目的に限られています。そのため、事業資金や会社の運転資金などとしての利用はできません。運転資金や事業資金を利用したい方は、専用のビジネスローンへの申し込みをおすすめします。

また、他社の借金返済のためにお金を借りるということは、今現在『お金に困っている』状態のため『返済能力に不安がある』と判断され審査に落ちてしまうことがあります。

まったく原因が見当たらない場合はどうすれば良いの?!

1e12ba7cfa893d2e4e525fa11c9b053e_s

これまで説明してきた審査落ちの理由に該当しないのになぜか審査落ちしてしまったという方は、信用情報(クレジットヒストリー)が真っ白の『クレヒス スーパーホワイト』という状態の方ではないでしょうか?

『これまで現金での取り引きしかしたことがない。』という30歳以上の方の場合、他の条件を満たしていても審査に落ちる可能性があります!

『年収も役職も申し分ないはずなのにナゼ!?』と納得のいかない方もいると思いますが、このクレヒス スーパーホワイトの方には2種類のタイプが存在します。

イラスト

  • 現金でしか支払いをしたことがない現金主義者
  • 過去に信用事故を起こした元ブラック

カードローン会社は『クレヒス スーパーホワイト』の申込者から申し込みが合った場合には、現金主義者か元ブラックかの事実を確認することは、基本的にありません。

30歳を超えて車のローンやクレジットカードを利用したことがないというのは不自然なため、自動的に『元ブラック』と警戒されて審査に落ちる可能性があります。

ただし、消費者金融系の会社では『クレヒス スーパーホワイト』でも審査通過できたという口コミなどもありますので、クレヒスが真っ白な人は、まずは消費者金融系のカードローンに申し込みすることをおすすめします。

審査に通るために抑える3つのポイント

審査

カードローンの審査に通過するためには下記のポイントでカードローン会社を選ぶことが大切です。

①審査を行う保証会社で判断すること

②審査通過率の高いカードローン会社を選ぶこと

③自分の背景に最適な審査基準のカードローン会社を選ぶこと

①審査を行う保証会社で判断する

消費者金融系カードローンの場合、自社に保証会社としての機能がある会社が多いのですが、銀行系カードローンの場合には、保証会社を別の業者に委託していることがほとんどです。

保証会社とは、利用者がもしも返済できない状態に陥った場合に、カードローン会社に対して利用者の代わりに返済を行なう会社のことです。

そしてこの保証会社を大手消費者金融やクレジットカードの発行業務を取り扱う信販会社に委託している銀行も存在します。

銀行カードローンと保証会社
貸付業者名 保証会社 保証会社タイプ
三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)
ソニー銀行カードローン
セブン銀行カードローン
アコム 消費者金融系
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス・モビット)
新生銀行カードローン レイク 新生ファイナンシャル株式会社
オリックス銀行カードローン オリックス・クレジット株式会社新生フィナンシャル株式会社 信販系消費者金融系
みずほ銀行カードローン  オリエントコーポレーション 信販系  
りそな銀行カードローン  オリックス・クレジット株式会社

保証会社を別で立てている銀行カードローンは、実際に審査を行なうのは銀行ではなく保証会社という場合が多いため、保証会社がどのような属性をもった会社なのかを知ることによって、ある程度の審査の特徴を推測することができます。

②審査通過率の高いカードローン会社を選ぶ

より確実に審査通過をするためには、審査通過率の高いカードローンを選ぶことも重要です。

審査通過率が高い=審査通過の可能性が高い』という1つの指標になりますので、IR情報で公開されているデータを一度チェックしてみることもおすすめです。

審査通過率が高い大手消費者金融TOP3社【2017年3月時点のIR情報より抜粋】

 アコム:審査通過率 48.2%

アコム 新規貸付率

 アイフル:審査通過率 46.6%

アイフル 審査通過率

 プロミス:審査通過率 43.5%

プロミス

③自分の背景に最適な審査基準のカードローン会社を選ぶ

提供しているサービスが魅力的なカードローンも沢山ありますが、カードローンを利用するためには、必ず審査が行なわれます。

そのためカードローン選びには、まずは自分の属性(情報)を認識し、審査に通過できるカードローンの中から希望に近い業者を選ぶことが大切です。

自分の年収や現在の借入状況などを改めて確認し、審査通過の可能性があるものの中から、金利が安いものや自分に合ったサービスを提供しているカードローンを選ぶようにしましょう。

【属性別】審査通過率が高いオススメカードローン会社

images

自分の属性を確認して、お得に利用できるカードローン会社を見つけたいけど業者が多すぎて選べない!』という方もいるのではないでしょうか?

そんな方のために今回はカードローン利用で代表的なお悩みである

  • 今すぐお金を借りたいけど審査が不安!
  • 複数社での借入を1つにまとめて負担を軽減したい!

という2つに焦点をあてて、オススメのカードローンを紹介していきます!

今すぐお金を借りたいけど審査が不安!

『できるだけ早くキャッシングしたいけど、自分の属性に自信がなくて審査が不安…』という方のために、審査が優しめで、即日融資が可能なカードローンを3つ紹介ます!

 新生銀行カードローンレイク

新生銀行レイク公式ページはこちら

金利(年)4.5%〜18.0%/最高借入限度額500万円

消費者金融のカードローンだと思っている方も多い新生銀行カードローンレイクは、2011年に新生銀行に株式会社レイクの事業が譲渡された銀行系カードローンです。

しかし、消費者金融だった頃の流れもしっかりと受け継いでいるため、銀行カードローンの中でもかなり消費者金融よりの審査を行なってくれるカードローンで、即日融資にも対応可能です。

メリット
  • 消費者金融時代の流れを継いでいるため審査が優しめ
  • 銀行系カードローンのため安心して利用できる
  • 新規契約社を対象に無利息期間サービスあり!(2種類から選べる!)
デメリット
  • 銀行系カードローンの中では金利が高め!
こんな人にオススメ!

審査が不安だけど、銀行系カードローンを利用したい人!
お金を借りても短期間ですぐ完済予定の人!

 アコム

アコム公式ページはこちら

金利(年)3.0%〜18.0%/最高借入限度額800万円

審査が優しいといわれている消費者金融系カードローンの中でも、審査通過率が一番高いのがアコムです。電話やインターネット、店頭・無人契約機などさまざまな申込方法が選べる上に、その申込方法でも最短1時間以内に審査完了しますので、とにかくスピード重視で審査通過したい!という方にオススメのカードローンです。

無人契約機(むじんくん)でのローンカード受け取りにて最短即日融資が可能です。

メリット
  • 審査通過率NO1!とにかく審査に通過しやすい!
  • ローンカードの受け取りで最短即日融資も可能!
  • 新規契約社を対象に最大30日間の無利息期間サービスあり!
デメリット
  • 一般的な銀行系カードローンよりも金利が高め
こんな人にオススメ!

クレヒス0のスーパーホワイトでも、すぐにお金を借りたい方!

 千葉銀行カードローン

千葉銀行カードローン公式ページはこちら

金利(年)1.7%〜14.8%/最高借入限度額800万円

日本三大地銀といわれている、大手地方銀行の千葉銀行が取り扱うカードローンです。地方銀行のカードローンと聞くと『対応が遅い』というイメージのある方もいるかもしれませんが、千葉銀行カードローンは最短即日融資可能となっています。

金利も銀行系カードローン特有の良心的な金利になっていますので、スピーディーに大手銀行でお金を借りたい!という方にはおすすめのカードローンです。

メリット
  • 銀行特有の良心的金利で利息の負担が少ない!
  • 地銀のカードローンなのに最短即日融資も対応可能!
  • アルバイト・パート・専業主婦(旦那さんなど配偶者に安定収入のある方)も申し込みOK!
デメリット
  • 千葉銀行に口座がないと即日融資に対応してもらえない
こんな人にオススメ!

千葉銀行に口座がある専業主婦の方!

複数社での借入を1つにまとめて負担を軽減したい!

『複数のカードローン会社で借入があり、返済日が月に何回もやってくる。』という他社借入がある方は、『借り換え』や『おまとめ』を利用して、借入残高を1つにまとめてスッキリさせることをおすすめします。

今回は、借り換えやおまとめにもオススメのカードローンをご紹介します!

 銀行系なら三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン公式ページはこちら

金利(年)4.0%〜14.5%/最高借入限度額800万円

『おまとめや借り換えで高額融資を受けるなら、安心感が欲しい!』という方におすすめなのが、メガバンクの三井住友銀行が取り扱っているカードローンです。

大手ならではの安心感がある三井住友銀行では、おまとめや借り換えも積極的に行なっており、借入額が大きくなるほど金利も下がります。最短即日審査結果も分かるので、お急ぎの人にもおすすめのカードローンです。

メリット
  • 大手都市銀でおまとめ借り換えができるので高額融資でも安心!
  • 総量規制の対象外で高額融資が期待できる!
  • 最短即日融資可能でスピーディーな審査も魅力!
デメリット
  • 消費者金融系カードローンに比べて審査が厳しめ
こんな人にオススメ!

大手都市銀でおまとめして安心を手に入れたい方!

いま最も審査通過率が伸びているカードローンはプロミス!

プロミス公式ページはこちら

金利(年)4.5%〜17.5%/最高借入限度額500万円

これまでさまざまなカードローンを紹介してきましたが、審査通過しやすいカードローンとしてオススメなのが大手消費者金融のプロミスです。

プロミスでは、2017年現在でも着実に新規顧客数を増やしており『審査通過率が高い=審査に通過しやすい』カードローンといえるためです。新規利用者でメールアドレスの登録をすれば30日間の無利息サービスも利用可能ですので、自分の属性に自信がない方は、プロミスへの申し込みもおすすめです!

どのカードローンに申し込みをするにしても、まずは自分の属性をしっかり確認して、申し込みのシュミレーションをしながら自分に合ったカードローンに申し込みをしましょう。

--PR--


初めてのご利用は 安心の千葉銀行カードローンで!月々2,000円の返済から!24時間365日お申し込みOK

Sponsored Links

▼注目のクレカ情報

2015-10-14_121852 ルミネカードがお得!
審査に落ちる3つの理由とは?
2015-10-14_122013 知られざる金融業界の裏側!
年収が高い企業別ランキングTOP3とは?
2015-10-14_122013 意外と知らない仕組み!
加盟店が支払う手数料の裏側とは?
2015-10-14_122013 どっちがお得?
交通系クレジットカードTOP3を徹底比較
世界中が驚愕!
年会費が世界一高いクレジットカードとは?
【大人気のTo Me CARD】
定期券購入移行時の4つの注意点とは?!
知らないと恥!
クレジットカード利用時のサインと暗証番号の違いとは?
【3分でマスター!】
クレジットカードIDの使い方を徹底解説!
2015-10-14_122013 【まだ助かる!】
クレジットカードの支払いができない時に試す3つの相談方法とは?
2015-10-14_122013 クレカの豆知識
支払いを1、2ヶ月遅延滞納した結果・・・

▼クレカ審査系ランキング

クレカ営業マンに学ぶ!
審査基準と人気クレジットカードランキング2017年版
2015-10-14_122013 審査が早い!
即日発行カードランキング
2015-10-14_122013 学生向け!
審査基準と人気クレジットカードランキング2017年版
2015-10-14_122013 主婦申し込みOK!
主婦向けクレジットカードランキング2017年版
自営業者OK!
審査基準と人気クレジットカードランキング2017年版

▼当サイトおすすめ記事

2015-10-14_121852 最強デビットカード!
おすすめ人気ランキング
お洒落過ぎる!
クレジットカードの人気ブランドケースTOP5
2015-10-14_122013 激レア話題殺到!
アニメコラボカードランキングTOP5
2015-10-14_122013 鉄壁のクレカ?!
紛失・盗難・悪用保証が強いカードランキング
2015-10-14_122013 富裕層向け!
ステータスカード人気ランキング2017年版
2015-10-14_122013 便利でお得!
アメリカで使えるクレジットカードランキング2017年版

コメントを残す