【WEB申込で最短当日受取り!】



クレジットカード支払いを延滞納して放置した結果がヤバイ!

クレジットカード支払いを延滞納して放置した結果がヤバイ!

こんにちは、Credit Geekです!今回はクレジットカード支払いを滞納して放置するとどんな結果になるのか調べてみました。

otikomu1

▶︎私が支払い滞納を回避した裏技はこちら

前回記事でクレジットカードの支払いを滞納すると裁判になるという記事をご紹介しました。

そこで今日は裁判沙汰になるまでの流れについて詳しく解説していきたいと思います。

Sponsored Links

支払いを滞納すると最終段階は最悪!

otikomu3

支払いを滞納し続けると、最終的に一体どんな結末をむかえるのか気になったことはありませんか?

個人的に興味があったので調査した結果、驚くべき結末でした。

結論から言うと、口座凍結&資産差押えという処置をとられます。

住む家もなければ口座も使用できないため、全うな職につくことさえ不可能です。

できる仕事は手渡しの日雇い派遣くらいになります。

つまり、最終的に行き着く先は「ホームレスかあの世」というわけです。

口座凍結と資産差押えまでの流れ

otikomu45

それでは一体どんな過程を経て口座凍結・資産差押えまでいくのか解説していきます。

1.再引き落としの通知が届く

支払い期日を過ぎても入金確認がとれない場合、「再度引き落としをするので○月○日までに○円を口座へご用意ください」という内容の通知書面が届きます。

2.白色の催告書が届く

1を無視すると、白色の催告書が届きます。

これは次の支払期日までに入金確認ができなかった場合、債権管理に部署が移動するという内容です。

3.催促電話

2と同時期に、カード会社から1日に3,4回は催促の電話がかかってきます。

無視すれば、電話番号を変えて一般人になりすまして電話してくることもあります。

4.ピンク色の催告書が届く

ピンク色の催告書が届いた時には、既にカードは強制解約されているはずです。

さらに他社カードも利用停止されている可能性が高いです。

5.裁判所出廷命令の通知書面が届く

4も無視すれば、家に訪問という形でカード会社の人が取り立てにきます。

そして居留守をすると最終的に裁判所出廷命令が届きます。

カード会社が「拉致があかないので裁判所に告訴します」という内容の通知です。

告訴が受理されると、裁判所から出廷命令通知が届きあなたは強制的に裁判所へ出向くはめになります。

そこで、裁判所が間に介入することでカード会社とあなたとの話し合いの場が設けられ、返済能力を考慮した上で「毎月いくらずつ支払いし1度でも約束を破れば一括で支払います。」という内容の契約書に同意のサインを請求されます。

いわゆる「和解」というものです。

6.口座凍結・資産差押え

裁判所への出廷命令さえも無視すれば、口座凍結・差し押さえという処置がなされます。

まだ諦めないで!私が滞納を回避した最終手段とは?

実は私も、3年前に5社でカードの支払いを滞納し、多重債務者となってしまいました。

支払いの滞納や遅延は、あなたの将来だけでなく周りの家族にまで被害が及びます。

あなたが返済できなければ最終的に家族や親族が責任をとることになってしまうのです。

時間が経過すればするほど、状況は悪化していきます。

『そんなこと言われても、手元に現金がないからどうしようもないんだよ!!』

と、返済に苦しむあなたの悲鳴が今にも聞こえてきそうです。

でも実は、私は5社で借りた代金の滞納を『ある方法』で回避することで救われました。

支払い滞納を回避する方法はまだあるので諦めてはいけません!

30日間無利息のキャッシングを上手く活用すれば滞納を回避することが可能なのです。

acom banner

30日間無利息なので、返済する際は借りた金額のみをそのまま返済するだけでOKです。

私は30日間の間で仕事を掛け持ちして、足りない分は親族に頭を下げて工面してもらいました。

1度滞納してしまえば、例え完済できても以後5年間は信用情報に傷がつき、カード発行や賃貸契約、住宅ローンも組むことが一切できなくなります。生活が息苦しくなることは容易に想像できるでしょう。

今ならまだ間に合います。

私も利用した三菱UFJフィナンシャルグループ傘下のアコムなら、利用したことが他人にバレることは絶対にありません。

歴史と実績があるので安心して30日間金利0円でキャッシングすることが可能です。

30日間手を尽くしても解決できない場合は?

30日間無利息キャッシングでも解決できなかった場合、それはもうあなたの手に負える金額ではないということでしょう。

対応策として、支払いきれないと思ったら合法的に債務整理や自己破産申告をすることもおススメします。

1番最悪なのは無視することです。

債務整理や自己破産をしても完済から5年が経過すれば信用情報はリセットされることを考えれば、究極の救済処置といえます。

まずは1人で抱え込まずに借金の専門家に無料相談することをおススメします!

▼債務整理の専門!

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アイフル
  • ☑最短1時間融資!
  • ☑パートアルバイト申込OK!
  • ☑最大30日間無利息!
  • 公式ページ 詳細
    新生銀行カードローンレイク
  • ☑30日間(5万円まで180日間)無利息!
  • ☑平日14:00までの申込で当日融資!
  • ☑来店不要で面倒な書類もスマホ完結!
  • 公式ページ 詳細
    アコム
  • ☑最短1時間融資!
  • ☑審査回答最短30分!
  • ☑1,000万人の利用実績!
  • 公式ページ 詳細
    オリックス銀行カードローン
  • ☑限度額最大800万円!
  • ☑30代〜50代にオススメ!
  • ☑返済額は月々7,000円〜!
  • 公式ページ 詳細
    プロミス
  • ☑最短1時間融資!
  • ☑最大30日間無利息!
  • ☑WEB完結なら郵送物不要!
  • 公式ページ 詳細

    【2017年版】クレジットカードの審査基準と流れ、通すコツを徹底解説!
    銀行系カードローンの審査基準とおすすめランキング!
    オリックス銀行カードローンの審査に落ちる理由と通るための準備方法とは?
    最短1時間で即日融資可能なキャッシングローンの選び方
    パート・アルバイト、主婦がカードローンを選ぶための重要ポイント
    学生がカードローンを選ぶための重要ポイントとは?
    審査が不安な方のカードローン審査対策と選び方
    【2017年最新】プロミスの審査に落ちる原因と対処方法とは?
    【初心者入門】FP歴20年の私が教えるカードローンの選び方と基準とは?
    カードローンとは?今さら聞ける9の基本知識。

    銀行系カードローンの審査基準とおすすめランキング!
    カードローンの支払いを延滞、遅れる場合の対処方法とは?
    【2017年版】クレジットカードの審査基準と流れ、通すコツを徹底解説!
    クレジットカードの支払いが遅れる、できない場合の対処方法とは?
    【即日発行】審査が早いクレジットカードランキング2017年版!

    カードローン
    おまとめ・借り換えローン
    お金を借りる
    カードローンの基礎知識
    カードローンランキング
    カードローン・キャッシングの各社比較・おすすめランキング
    カードローン人気記事
    ブライダルローン
    低金利ローン
    住宅・リフォームローン
    医療ローン
    即日融資・振込
    各社の特徴・口コミ評判
    審査について
    審査通過率が高いローン
    専業主婦・フリーターにオススメのローン
    支払い事故について
    教育ローン
    法人・自営業・個人事業主
    無利息ローン

    カードローン
    絞り込み条件

    借入希望金額
    融資時間
    審査時間
    借入方法
    返済方法
    金融機関
    コンビニ