【WEB申込で最短当日受取り!】



【危険】お金を借りたい!その前に注意すべき7つのポイントとは?

【危険】お金を借りたい!その前に注意すべき7つのポイントとは?

こんにちは!ライターのmiyamotoです!今回はお金を借りる時に注意したいポイントについて考えてみましょう。

ポイント女性

▶︎私が急な出費を回避した裏技はこちら

必要なお金がない、足りない時は焦って思わぬ失敗を起こすことがあります。

そんな失敗をしないために、借りる前に一旦落ち着いて考えてみたい大切な7つのポイントがあります。

お金を借りたいと思ったら、一度自分の胸に手を当てて7つのポイントに自分の借り入れを当てはめてみましょう。

それぞれには間違った選択をするとその後に問題となりうる大きなリスクが潜んでいます。

Sponsored Links

危険はすぐそこ!お金を借りる前に注意したいポイント7つ!

案内・女性

お金を借りる前に1から7のポイントを「順を追って」チェックしてみましょう。

この順序も非常に大切となります。

ポイント① いくらなら返せるか?

お金を借りる時に注意する順番が違うという人、まず最初に「いくら借りられるか?」を考えてはいませんか?

最初に考えるべきことは、自分が返済することができる金額です。

借り入れたお金は、いずれ返済することが必要になります。

自分が返せる金額以上を借りることで、返済のために新しい借り入れをするなど多重債務のリスクが出てきます。

毎月いくらづつ返せるか、返済のための収入源はどこか、なども考えておくと計画的な返済ができるでしょう。

ポイント② 返済計画に無理がないか?

借り入れ金額と借り入れ先が決まったら、返済計画についてしっかりと見直しましょう。

業者借り入れではリボ払いが一般的に用いられやすいものですが、できれば一括返済を目指し、リボ払いの場合でも一回辺りの返済額を増やしたり、繰り上げ返済で早期返済を目指すことが必要です。

少額ずつのリボ払いは、一回辺りの返済額が少なく楽ですが、長期的に見ると利息が増えて返済がきつくなります。

ポイント1と併せて、毎月の返済額やボーナスなどの繰り上げ返済の可能性などを考えておきましょう。

基本的には、収入から生活に必要な月々の費用を引いた金額の範囲内で返済を行います。

生活費を切り詰める予定の計画は頓挫しやすくなりますので、注意が必要です。

ポイント③ 借りる目的は問題ないか?

借りる目的は何ですか?

生活費や遊ぶお金、一時的な出費などいろいろあるでしょう。

ここで問題にしたいのは、「遊ぶ金を借りるなんて良くない!」といった倫理上の話ではありません。

借りる目的としてもっとも良くないのは、今ある借金を返すための利用です。

現在借りているお金を返せないのも不安でしょうが、その返済のために新たに借り入れをすると後でさらに問題が膨らみます。

業者での借入の返済では元金と利息を支払うことになります。

例えば18パーセントの金利で100万円借りた場合の1か月後の利息は15,000円くらいです。

それを新しく借りて返済するためには、101.5万円の借入が必要となります。

古い借金は返せましたが、その後には元金101.5万円の借入が残り、次の月には101.5万円に増えた元金に対して利息がつくことになります。

借入元金は減るどころか増えて、実質的には「複利」で利息が増えていく計算になってしまうのです。

これは多重債務への第一歩であり、もっとも危険な行為です。

ポイント④ いくら借りられるか?

必要な金額がいくらにせよ、その人自身のスペックに応じて借り入れできる金額の上限は決まっています。

総量規制という決まりによって、業者から借りられるのは年収の3分の一までです。

さらに、審査によって総量規制の範囲内で限度額が決められるため、実際に借りられる金額は年収の3分の一の金額ギリギリまでは借りられないことも多いものです。

さらに、収入がなければ借り入れ自体が不可能になります。

ポイント⑤ どこで借りるか?

カードローンやキャッシングでお金を借りる場合には、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠を利用することになります。

それぞれの会社によって、金利やサービス内容なども違い、審査によって決まる限度額も変わります。

基本的にはクレジットカードのキャッシング枠は消費者金融のキャッシングの上限よりも低いものです。

少額であれば既存のクレジットカードのキャッシング枠はすぐに利用できて便利です。

まとまった額が必要な場合には、消費者金融で借り入れることになります。

消費者金融にはさまざまな規模の会社があり、小さな業者の中には悪徳業者もいる可能性があります。

そのため、できれば大手の消費者金融を利用する方が安全です。

ポイント⑥ 利息は?(借りるコストはいくらか?)

返済計画のためには、利息を含めた返済総額を知ることが大切です。

消費者金融のキャッシングやカードローンなどの金利は上限18パーセントです。

銀行でのキャッシングの金利はおよそ15パーセントくらいが標準となります。

数パーセントの金利の差は、長期間になるほど大きくなります。

借り入れ額100万円として、1カ月ならば消費者金融の利息は18,000円、銀行で15,000円ですが、1年間借りた場合には消費者金融18万円、銀行15万円となります。

スピードは消費者金融の方が優れているようですが、金利の差についてもよく検討してみましょう。

▶︎【あなた大丈夫?】クレジットカード延滞金の利子計算方法とは?

ポイント⑦ その後の借入先との契約はどうする?

借り入れを行って、さらに返済も終わりました。

その後のキャッシング用のカードやクレジットカードのキャッシング枠はどうしましょう?

複数のキャッシング用のカードがある場合には、管理がしにくくなるため、解約することが必要です。

適切に借り入れと返済ができる人は、再び借り入れが必要となった時のために1枚くらいなら持っていても問題ありません。

しかし、一度でも返済に苦しんだことのある人は今後は借り入れしないように全て解約してしまうことも考えましょう。

お金を借りる時は慎重に計画的に

案内・女性

借り入れは一度その便利さを味わうとくせになることもあります。

また、返済に新しい借り入れを充てることを覚えると借金癖が付く恐れもあります。

そのため、借りる前の計画を十分に立てて、自分を厳しく律することが必要です。

借りられるだけ借りようという気持ちは捨てて必要最低限の金額に抑え、余計な借り入れをしないように借入先の管理を行いましょう。

支払いが間に合わない時の対処方法とは?

実は筆者は、3年前に某クレジットカードの支払いが間に合わずに放置した結果、滞納してブラックとなってしまいました。

支払いの滞納や遅延は、カードが作れなくなる他、『賃貸契約ができない』『住宅ローン審査に落ちる』『スマホ分割購入ができない』など、将来の生活が息苦しくなってしまいます。

また、あなたの将来だけでなく周りの家族にまで被害が及びます。

あなたが返済できなければ最終的に家族や親族が責任をとることになってしまうのです。

時間が経過すればするほど、状況は悪化していきます。

『そんなこと言われても、手元に現金がないからどうしようもないんだよ!!』

と、返済に苦しむあなたの悲鳴が今にも聞こえてきそうです。

でも、そんな最悪な状況を回避する方法があったのです!

30日間無利息のキャッシングを上手く活用すれば滞納を回避することが可能なのです。

プロミス30日間無利息なので、返済する際は借りた金額のみをそのまま返済するだけでOKです。

1度滞納してしまえば、例え完済できても以後5年間は信用情報に傷がつき、カード発行や賃貸契約、住宅ローンも組むことが一切できなくなります。生活が息苦しくなることは容易に想像できるでしょう。

今ならまだ間に合います。

私もこの手段を早く知っておけば助かったのに・・・と後悔しています。

大手のプロミスなら、職場連絡もなく利用したことが他人にバレることは絶対にありません。(電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。)

歴史と実績があるので安心して30日間金利0円でキャッシングすることが可能です。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

この記事と一緒に良く読まれている記事

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アイフル
  • ☑最短1時間融資!
  • ☑パートアルバイト申込OK!
  • ☑最大30日間無利息!
  • 公式ページ 詳細
    新生銀行カードローンレイク
  • ☑30日間(5万円まで180日間)無利息!
  • ☑平日14:00までの申込で当日融資!
  • ☑来店不要で面倒な書類もスマホ完結!
  • 公式ページ 詳細
    アコム
  • ☑最短1時間融資!
  • ☑審査回答最短30分!
  • ☑1,000万人の利用実績!
  • 公式ページ 詳細
    オリックス銀行カードローン
  • ☑限度額最大800万円!
  • ☑30代〜50代にオススメ!
  • ☑返済額は月々7,000円〜!
  • 公式ページ 詳細
    プロミス
  • ☑最短1時間融資!
  • ☑最大30日間無利息!
  • ☑WEB完結なら郵送物不要!
  • 公式ページ 詳細

    【2017年版】クレジットカードの審査基準と流れ、通すコツを徹底解説!
    銀行系カードローンの審査基準とおすすめランキング!
    オリックス銀行カードローンの審査に落ちる理由と通るための準備方法とは?
    最短1時間で即日融資可能なキャッシングローンの選び方
    パート・アルバイト、主婦がカードローンを選ぶための重要ポイント
    学生がカードローンを選ぶための重要ポイントとは?
    審査が不安な方のカードローン審査対策と選び方
    【2017年最新】プロミスの審査に落ちる原因と対処方法とは?
    【初心者入門】FP歴20年の私が教えるカードローンの選び方と基準とは?
    カードローンとは?今さら聞ける9の基本知識。

    銀行系カードローンの審査基準とおすすめランキング!
    カードローンの支払いを延滞、遅れる場合の対処方法とは?
    【2017年版】クレジットカードの審査基準と流れ、通すコツを徹底解説!
    クレジットカードの支払いが遅れる、できない場合の対処方法とは?
    【即日発行】審査が早いクレジットカードランキング2017年版!

    カードローン
    おまとめ・借り換えローン
    お金を借りる
    カードローンの基礎知識
    カードローンランキング
    カードローン・キャッシングの各社比較・おすすめランキング
    カードローン人気記事
    ブライダルローン
    低金利ローン
    住宅・リフォームローン
    医療ローン
    即日融資・振込
    各社の特徴・口コミ評判
    審査について
    審査通過率が高いローン
    専業主婦・フリーターにオススメのローン
    支払い事故について
    教育ローン
    法人・自営業・個人事業主
    無利息ローン

    カードローン
    絞り込み条件

    借入希望金額
    融資時間
    審査時間
    借入方法
    返済方法
    金融機関
    コンビニ