【WEB申込で最短当日受取り!】



To Me CARD PASMOプライムの評判と5つのメリット!

To Me CARD PASMOプライムの評判と5つのメリット!

こんにちは、Credit Geekです!今回はTo Me CARD PASMO プライムの評判と5つのメリットをご紹介します。

To Me card

ここ数年で一気に交通系電子マネーとクレジットカードが提携したポイントカードへ主流が切り替わってきています。

駅構内でも良くデスクを出してカードの勧誘キャンペーンをやっていますよね。

中でも東京メトロが発行するTo Me CARD PASMOは他社カードと比較しても別格です。

でも実際のところTo Me CARDって何が普通のPASMOと違うのか、ポイントに疎い場合だとワケワカメ状態です。

そこで今回はお得なメリットや評判、使うべきユーザー層についてご紹介していきます。

▲目次へ戻る
▼JCBは損する理由へ移動する
▼ランキングへ移動する

Sponsored Links

 To Me Card プライム
tomecardnicos

 ここに注目! 東京メトロ週2~3回利用で年間3,000~4,000円貯まる!
 貯まったポイントはチャージ金に変換して再利用できる!
 定期購入額に対しても1%還元!
 デメリット 2区間定期券は裏面に搭載できない
 東京メトロを週に2回以上利用しないと元をとれない
 評判が悪いJCB券種もある点(二コスを選べばOK!)
 ANA VISA View Suica
ana view

 ここに注目! JR利用ユーザーでANAマイルを貯めた方にオススメ!
 貯まったポイントはANAマイルまたはチャージ金に変換!
 オートチャージ毎に0.5%還元!
 デメリット 裏面に定期券を搭載できない
 年会費2,000円
 京急プレミアポイントPASMO
京急プレミアpasmo

 ここに注目! 京急系列店利用ユーザーにオススメ!
 乗車して貯めたポイントを京急系列店で利用できる!
 オートチャージ利用毎に0.5%還元!
 デメリット 年会費1,905円
 京急系列店を利用しない人は意味がない

Sponsored Links

▲目次へ戻る
▼JCBよりUFJ二コスが得な理由へ移動する
▼ランキングへ移動する

あなたのPASMOやSuicaはちゃんと貯まっていますか?

point

私たち通勤で電車を利用する会社員にとって、毎月の出費で大部分を占める項目が『交通費』ではないでしょうか?

もしかして、未だに昔の古いPASMOやSuicaを利用してはいませんか?

古いグレーのPASMOと緑のSuicaじゃ、お金だけ支払って一切何も貯まりません。

東京メトロさんやJRさんのポケットにお金をチャリンチャリン入れているだけで、あなたは何も潤わないのです。

でも、もしあなたが新しいTo Me CARD PASMOを利用した場合、

週に2〜3回東京メトロを利用しているとしたら、年間約3,000円〜4,000円も交通費を節約できるのです。

毎日通勤で利用している場合は最大で年間約6,000円の節約も可能です。

▲目次へ戻る
▼JCBよりUFJ二コスが得な理由へ移動する
▼ランキングへ移動する

To Me CARD Primeの仕組みとは?

To Me CARD

通常のPASMOだとお金を現金でチャージするだけでポイントは一切貯まりません。

でも東京メトロとJCB/Visa/Masterの3社が提携しているTo Me CARD Prime PASMOでは、ご乗車毎にポイントを貯めることができて自動でチャージしてくれるんです。

このTo Me CARDが普及することで、

  • 東京メトロはもっと自社の電車を利用して頂きたい
  • カード会社は加盟店手数料で潤う
  • メトロユーザーは交通費を節約できる

というWinWinの関係が成り立っています。

▲目次へ戻る
▼JCBよりUFJ二コスが得な理由へ移動する
▼ランキングへ移動する

To Me CARD Primeを使うメリットとは?

to me card prime1

1.ポイント還元率は交通系最高クラス?

東京メトロをご乗車するごとに定期区間内を除いて平日は片道で10円、往復20円、土日祝日は片道20円、往復40円相当のポイントが貯まります。

値段距離一切関係なしに「1乗車するごとに」なので何回乗っても、乗り換えでも貯まります。

ちなみに僕の場合だと、定期区間外で1週間に2,3回以上はメトロを使うので単純計算すると・・・

  • 平日往復20円×3日=60円
  • 60円×4週(1ヶ月)=240円
  • 240円×12ヶ月=2,880円

定期区間外だけでも年間2,880円相当のポイントが貯まることになります。

2.定期に対してもポイントが貯まるって本当?

to me card prime teiki

更に、定期券に対しても購入時に1%のポイントが貯まります。

ちなみに東京メトロが発行する定期券に限ります。

僕の場合だと、入り口は東武だけど出口がメトロなのでメトロで購入すればポイントが貯まります。

半年で約6万円購入しているので1年に換算すると12万円、1%なので定期だけでも年間1,200円相当のポイントが貯まることになりますね。

ただし、一体型とクレジットカード単体で定期券を掲載できるか、路線によっては掲載できずポイントも貯まらない場合があります。

定期券に関する詳しい内容はこちらの記事をご参考ください。

⇒ To Me CARDで定期購入移行時の3つの注意点とは?!

3.オートチャージに対してもポイントが貯まる!

更になんとオートチャージを使えば1,000チャージするごとにJCBの1Okidokiポイントが貯まります。

この1okidokiポイントは200ポイント貯めると使える仕組みですが、1okidoki=5メトロポイントに相当します。

つまり、20万円クレジットカードを利用するごとに1,000円相当のメトロポイントが貯まって使えるというわけですね。

オートチャージとは何か?詳しい解説はこちらの記事をご参考ください。

⇒PASMOのオートチャージとは?仕組みや設定・変更方法を解説!

4.貯まったポイントは何に使えるの?

tokyo metoro ciket

ここが1番の肝ですよね!

貯まったメトロポイントは何とすべてチャージ金に変えて使うことができます。

電車に乗って貯めたポイントで電車にまた乗れるんです。

⇒To Me CARDでポイント貯める初期設定と移行方法とは?

貯めたポイントはメトロのピンク色券売機にカードを差し込めばガラス張りでどのくらい貯まっているのか見ることができ、簡単なタップ操作でわずか数分でチャージ金に変換することができます。

1ヶ月乗った分が翌月11日に毎回入ってきて最長2年間有効なので、定期的に変換するだけで大丈夫です。

5. 今なら二コスで2,800円相当のチャージ金をゲットできる!

今なら期間限定で、2,800円相当のチャージ金をゲットすることができます。

下記をご覧頂くと分かりますが、定期券を購入しないユーザーでも最低でも必ず1,300円は全員もらえてしまうのです!

ゲットしたポイントは翌々月To Me CARDに付与されるので、東京メトロのピンク色券売機にカードを差し込み、全額PASMOのチャージ金へ変換することができます。

つまり、1年間無料で使い放題かつ最大2,800円分も電車に乗ったりコンビニ等で使う』こともでちゃうんですね!!

これはもう申込みしないと逆に勿体無いのです。

スクリーンショット 2016-03-09 16.04.23

デメリットは?

このTo Me CARD Primeは初年度年会費無料2年目から2,000の年会費が発生します。

デメリットがあるとすれば、2年目からの2,000円だけでしょう。

ちなみに、退会は特に縛りもなく電話1本で可能ですが『辞めたからプレゼントしたポイントを返せ!』なんてこともないのでご安心を。

でも、メトロを1週間に1,2回乗れば2,000円分は元をとるので帳消しですね。

さらに年間50万円以上、月換算すると約4万円をクレジットカード利用するとその年の年会費が無料になります。

定期代+公共料金・光熱費・携帯料金を設定してしまえば、あっという間に年間50万円くらいはいきますね。

年会費が無料になって、イントも貯まって交通費にあてがうことができる。

浮いたお金で毎月美味しいレストランで食事をしたり、大切な人にプレゼントを送ることだって出来るのです!

まさに至れり尽くせりの1枚だと思います。

UFJ二コスとJCBはどっちがオススメ?

jCB二コス

券種は、JCBブランドとUFJ二コスから選ぶことが可能です。

結論は、UFJ二コスの選択がベストです!

なぜUFJ二コスがオススメなの?

JCBよりUFJ二コスの方が世界で使える!

両者の違いは、主に使える幅の広さにあります。

結論から言うと、国内やアジア圏内に特化したJCBは海外諸国から見ると “使えないカード” です。

UFJ二コスのVISA・Masterは世界共通なので『交通費』『国内外旅行』『ショッピング』『公共/携帯料金』などで支払った金額に対するポイント還元を1枚に集約できる魅力に対し、

JCBは国内に特化しているので、世界視点で見るとやはり利便性という面でVISAやMasterには劣ります。

実際に、僕は海外へ渡航するのですが決まってJCBブランドのカードは使えないお店が多いです。

稀に日本でも使用できないこともあります。

JCBの窓口対応は最悪!絶対に入会はオススメできない

これは実際に利用した人にしか分からないのですが、お問い合わせ窓口のお客様に対する対応がJCBは酷いです。

昔のダークな評判と比較すれば少しは緩和されましたが、圧倒的にUFJ二コスの方が親切丁寧な口調のお姉様で素晴らしいのです。

こちら側のミスや少し理不尽なお願いにも、機転を効かせて優しく対応してくれます。

結論、これらの理由から一般ポイント還元率やメトロポイント還元率やスペックに関して両者に違いはなく、カード会社のポイント交換先も変わらないので、どうせ使うなら対応が良くて世界で通用するUFJ二コスのVISAかMasterが1番ベストな選択なのです。

ちなみにもう辞めたので暴露できますが・・・

僕は元J●Bカードの営業マンでTo Me CARDを扱っておりまして、その僕でさえJCBではなくUFJ二コスを利用しています。

それは、お客様の扱い方を始め考え方もお客を人として見ておらず、酷すぎるという実態を知っているからです。

どうせ使うなら絶対的にUFJ二コスをオススメします。

tomecardnicosbottan

▲目次へ戻る
▼JCBよりUFJ二コスが得な理由へ移動する
▼ランキングへ移動する

一体型と親子型の違いとおすすめユーザー層

To Me card

ブランド券種に加えて、一体型か親子型かの2タイプから選択します。

  1. クレジットカードとPASMOが1枚になったタイプ
  2. クレジットカードとPASMOを別々に持つタイプ

選ぶ基準とは?

両者の違いは、クレカとPASMOを1枚で持ち歩くか、別々で持ち歩くかになります。

どっちがどんなユーザー層にオススメなのかは、以下の表をご覧ください。

一体型(1枚)
  • 定期券をクレカ裏面に搭載してショッピングも交通機関利用も全部1枚に整理したい。
  • オートチャージを最初から使いたい
親子型(別々)
  • 紛失が怖いのでクレカは家に置いておきたい
  • 今まで通りPASMOで現金をチャージして使いたい
  • オートチャージは後で検討したい
  • 複雑な路線の定期券で裏面に搭載できるか分からない

一体型と親子型についてイマイチ理解できない方はこちらの記事を見て再度どっちにするか決めましょう!

To Me CARD PASMOの一体型と親子型の違いを比較!

▲目次へ戻る
▼JCBよりUFJ二コスが得な理由へ移動する
▼ランキングへ移動する

まとめ

評判としては、

通勤でメトロを含む定期券を購入しているユーザー、

週に2、3回は東京メトロを使うサラリーマン・OL・主婦・学生、

平日土日に良く出かける年配層、

などなど、とにかく東京メトロを少しでも使う幅広い世代で人気を得ています。

年会費を気にしているのであれば、まずは初年度無料で使ってみてはいかがでしょうか?

解約するのは電話1本で、しかも今なら入会特典で2800円分のメトロポイントが貰えて電車にタダで2,800円分乗ったり、コンビニや電子マネーOKの店舗で2,800円分お買い物できます!

to mecar

bottan

▲目次へ戻る
▼JCBよりUFJ二コスが得な理由へ移動する
▼ランキングへ移動する

To Me CARDは業界でトップクラス!

 To Me Card プライム
tomecardnicos

 ここに注目! 東京メトロ週2~3回利用で年間3,000~4,000円貯まる!
 貯まったポイントはチャージ金に変換して再利用できる!
 定期購入額に対しても1%還元!
 デメリット 2区間定期券は裏面に搭載できない
 東京メトロを週に2回以上利用しないと元をとれない
 ANA VISA View Suica
ana view

 ここに注目! JR利用ユーザーでANAマイルを貯めた方にオススメ!
 貯まったポイントはANAマイルまたはチャージ金に変換!
 オートチャージ毎に0.5%還元!
 デメリット 裏面に定期券を搭載できない
 年会費2,000円
 京急プレミアポイントPASMO
京急プレミアpasmo

 ここに注目! 京急系列店利用ユーザーにオススメ!
 乗車して貯めたポイントを京急系列店で利用できる!
 オートチャージ利用毎に0.5%還元!
 デメリット 年会費1,905円
 京急系列店を利用しない人は意味がない
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アイフル
  • ☑最短1時間融資!
  • ☑パートアルバイト申込OK!
  • ☑最大30日間無利息!
  • 公式ページ 詳細
    新生銀行カードローンレイク
  • ☑30日間(5万円まで180日間)無利息!
  • ☑平日14:00までの申込で当日融資!
  • ☑来店不要で面倒な書類もスマホ完結!
  • 公式ページ 詳細
    アコム
  • ☑最短1時間融資!
  • ☑審査回答最短30分!
  • ☑1,000万人の利用実績!
  • 公式ページ 詳細
    オリックス銀行カードローン
  • ☑限度額最大800万円!
  • ☑30代〜50代にオススメ!
  • ☑返済額は月々7,000円〜!
  • 公式ページ 詳細
    プロミス
  • ☑最短1時間融資!
  • ☑最大30日間無利息!
  • ☑WEB完結なら郵送物不要!
  • 公式ページ 詳細

    【2017年版】クレジットカードの審査基準と流れ、通すコツを徹底解説!
    銀行系カードローンの審査基準とおすすめランキング!
    オリックス銀行カードローンの審査に落ちる理由と通るための準備方法とは?
    最短1時間で即日融資可能なキャッシングローンの選び方
    パート・アルバイト、主婦がカードローンを選ぶための重要ポイント
    学生がカードローンを選ぶための重要ポイントとは?
    審査が不安な方のカードローン審査対策と選び方
    【2017年最新】プロミスの審査に落ちる原因と対処方法とは?
    【初心者入門】FP歴20年の私が教えるカードローンの選び方と基準とは?
    カードローンとは?今さら聞ける9の基本知識。

    銀行系カードローンの審査基準とおすすめランキング!
    カードローンの支払いを延滞、遅れる場合の対処方法とは?
    【2017年版】クレジットカードの審査基準と流れ、通すコツを徹底解説!
    クレジットカードの支払いが遅れる、できない場合の対処方法とは?
    【即日発行】審査が早いクレジットカードランキング2017年版!

    カードローン
    おまとめ・借り換えローン
    お金を借りる
    カードローンの基礎知識
    カードローンランキング
    カードローン・キャッシングの各社比較・おすすめランキング
    カードローン人気記事
    ブライダルローン
    低金利ローン
    住宅・リフォームローン
    医療ローン
    即日融資・振込
    各社の特徴・口コミ評判
    審査について
    審査通過率が高いローン
    専業主婦・フリーターにオススメのローン
    支払い事故について
    教育ローン
    法人・自営業・個人事業主
    無利息ローン

    カードローン
    絞り込み条件

    借入希望金額
    融資時間
    審査時間
    借入方法
    返済方法
    金融機関
    コンビニ