アコムACマスターカード締め日と支払日はいつ?

[最終更新日]2018/10/05

支払日は覚えていても、忘れがちになってしまうクレジットカードの締め日。少し複雑なアコムACマスターカードの支払いは、締日と支払日の関係をきちんと把握しておくことで、支払額を減らすことができるのです!お得になる使い方も分かりやすく解説します。

アコムACマスターカード,支払い,締め日

アコムACマスターカードの締め日と支払日はいつ?

アコムACマスターカードの締め日は 毎月20日
支払日は3パターン
  1. 毎月6日
  2. 35日ごと
  3. 毎月指定した日にち

アコムACマスターカードの締め日毎月20日です。

支払日は3種類から選べるという特徴があります。

支払日変更も可能となっているため、都合に合わせて支払いが可能です。

締め日と支払日の違いは?

締め日

利用した金額を計算し、支払い料金が決定する日

支払日

利用した料金を支払う日(=支払い期日)

支払い方式・支払い方法についてはこちら

締め日と支払い日の例

締め日:毎月20日
支払日:毎月6日
1月17日 18日

5,000円

19日

5,000円

20日

締め日

21日 22日 23日
24日 25日 26日 27日

10,000円

28日 29日 30日
31日 2月1日

2,000円

2日 3日 4日 5日

10,000円

6日

支払日

7日 8日 9日

7,000円

10日 11日 12日 13日
14日 15日 16日

10,000円

17日 18日 19日 20日

締め日

5,000円

上記の場合、1月の締め日である1月20日支払い金額が決定します。(締め日)

支払い金額が計算されるのは、前月の締め日の翌日から当月の締め日までの利用金額となります。

すなわち、前月21日〜今月20日までの利用額が1月分の支払い金額です。

1月の利用分

1月18日 5,000円
1月19日 5,000円
合計 10,000円

1月の利用金額である10,000円は次の支払日、2月6日までに支払いとなります。

締め日である20日以降に利用した金額は次の月の利用金額として計算されます。

2月の利用分

1月27日 10,000円
2月1日 2,000円
2月5日 5,000円
2月9日 7,000円
2月16日 10,000円
2月20日 5,000円
合計 39,000円

2月の利用分は1月21日〜2月20日の利用金額の合計となります。

2月の利用分の39,000円は次の支払日である、3月6日までに支払います。

アコムACマスターカード利用金額の確認方法

クレジットカードの延滞信用にキズをつけてしまいます。

信用を守るために毎月、利用金額を確認し、次の支払日までに準備をしましょう。

利用金額の確認方法
  1. 郵送
  2. インターネットの会員ページ
  3. 電話

利用金額確認の電話番号

0120-134-567

24時間年中無休

申し込み時に「明細の受け取り方法」を郵送か、インターネットどちらかを選択します。

郵送を選択している場合は毎月、利用金額を郵送物で確認ができます。

郵送を選択していても、会員ページ・電話で利用金額を確認することも可能です。

インターネットを選択している方は、利用金額の確認を会員ページか、電話で確認となります。

返済が遅れるとどうなる?

アコムACマスターカード,支払い,締め日

支払いが遅れた時に起こること
  1. 遅延損害金が発生する
  2. カードが使えなくなる
  3. 督促の電話がくる
  4. 強制解約

遅延損害金が発生する

遅延損害金とは延滞金のようなもので、支払い金額とで発生します。

アコムACマスターカードの遅延損害金額は年利14.6%です。

支払い残高に応じて日割りで計算されます。

遅延損害金の計算方法

支払い残高 × 14.6% ÷ 365日 × 延滞日数

毎月の支払い金額 5000円
支払い残高 5万円
延滞日数 10日
————————————-
5万円×14.6%÷365日×10日
=200円

遅延損害金は200円です。

延滞している5000円遅延損害金200円5200円の支払いとなります。

カードが使えなくなる

支払いが期日までにできなかった場合は、カードの利用ができなくなります。

遅延損害金と合わせて支払い、てアコムが支払いを確認後利用再開となります。

支払いが確認されるまで、2〜3日かかる場合があります。

督促の電話がくる

本人の携帯に電話がかかってきます。
電話で支払い期限を再度設定します。

支払い期日までに、支払いが完了すれば利用再開となります。

電話は決して脅しや、威圧的ではありません。

安心してきちんと対応をしましょう。

強制解約

60日以上支払いがない、督促を無視している場合は強制解約となる可能性があります。

強制解約はアコムACマスターカードが使えなくなるだけではありません。

金融機関が共有している個人の信用情報キズがつきます。

信用情報にキズがつくと5年間事故情報として残り、他のクレジットカードの審査にも通らなくなります。

支払いが遅れる時はすぐに連絡!

支払いが遅れる時はすぐにアコム連絡をしましょう。

電話をしても、支払い金額は変わりませんが、連絡をするのとしないのでは、アコムからの信用度が大きく変わります。

電話をすることによって、支払い期日を再度設定できたり、支払いに関する相談ができます。

支払いができないと分かった時点で、アコムに相談をしましょう。

支払いできない時の相談窓口

アコム総合カードローンデスク

0120-629-215

月曜〜金曜 9:00〜18:00

アコムACマスターカードお得な使い方

アコムACマスターカードは通常リボ払いです。

リボ払いには、リボ手数料がかかります。

実質的に一括支払いにすることで、リボ手数料をかけずに利用することができるのです!

そこで、リボ払いを実質一括支払いにする方法を紹介します。

リボ手数料をなしにする方法

リボ手数料なしにする方法
  1. 締め日から翌月6日の間に支払いをする
  2. 毎月の支払い金額を高く設定しておく

締め日から翌月6日の間に支払いをする

リボ手数料は毎月7日から支払い残高(リボ残高)に応じて日割りで発生します。

締め日である20日から6日の間一括で支払いをすると支払い残高は0円となり、リボ手数料がかかりません。

リボ払いではない、一般的なクレジットカードと同じ使い方ができます。

毎月の支払い金額を高く設定しておく

リボ払いは毎月の利用金額に関係なく、事前に設定している金額を毎月支払っていきます。

リボ手数料は支払い残高(リボ残高)に応じて手数料がかかります。

支払い残高(リボ残高)=利用金額-毎月の支払い額

利用金額 < リボ設定金額の状態になれば、支払い残高が残らないので、リボ手数料はかかりません。

この方法は、毎月の利用金額が一定の方におすすめの使い方です。

まとめ

アコムACマスターカードは支払いパターンが多く、少しややこしいかもしれません。

そのため、締め日での利用金額の確認は必須であると考えてください。

大きな延滞などが発生すると、信用にキズをつけてしまいます。

アコムACマスターカードの締め日毎月20日です。

確認する習慣をつけ、計画的に利用するようにしましょう。

アコムACマスターカードはやばい?メリット・デメリット
2018.09.04

クレジットカード適正診断



この記事を執筆した専門家

林田紗季
林田紗季
ファイナンシャルプランナー
自ら多重債務で苦しんだ経験をもとに、FP3級を取得しました。現在は『貸金業務取扱主任者』の国家資格取得試験に向け猛勉強中です。「読む人の立場になって、わかりやすく伝える」ことをモットーに生活に役立つ記事を目指しています!趣味は旅行!船でのんびり世界一周旅行が夢です!
【WEB申込みで最短当日受取り!】

三菱UFJフィナンシャルグループ
アコムの業界最速クレジットカード


▼クレジットカードおすすめ記事

審査が甘いクレジットカード
おすすめ人気ランキング
2015-10-14_122013 クレジットカードとは?
仕組みやメリット・デメリット
2015-10-14_122013 クレジットカードの審査とは?
通らない理由と対策方法
クレジットカードの正しい使い方
クレジットカードの支払い遅れはどうなる?
できない場合の対処方法

コメントを残す