アコム審査に落ちた原因を解説!社内ブラックは他社申し込みを!

[最終更新日]2019/12/18


「アコムの審査に落ちた…理由がわからなくてもやもやする…」「ブラック情報の記録保管期間は過ぎたはずなのに、何で審査落ちしたんだろう?」

借入審査に落ちた場合、知らされるのは審査結果だけなので、明確な理由はわかりません。
思い当たる節があれば納得できるのですが、審査通過できると思って申し込みをしたのに審査に落ちてしまったらとっても残念ですよね。
審査落ちの原因を知れば、審査通過できる特徴をおさえることにもつながりますので、確認しておきたいところです。

実は、アコムの利用経歴に傷があるあなたはアコムの社内ブラックに登録されてしまっているために審査落ちしてしまった可能性があります。
ブラック情報が信用情報機関に保管される期間は5年ほど。長くても10年です。
しかし、社内ブラック情報は半永久的に保管されてしまうんです!
これではいくら申し込みをしてもブラック状態と一緒です。
したがって社内ブラックリストに入ってしまっていると考えられる場合は、他社への借入申し込みのほうが審査通過できる可能性が高いと考えられます。

ここでは、アコムの審査に落ちてしまった理由について解説していきます!
今回審査に落ちてしまったあなたは、あまり気落ちせずに読んでみてくださいね。
ちなみに、アコムのマンスリーレポートによれば、アコムの新規成約率は2019年10月末時点で44.4%です。
つまり、2人に1人以上の確率で審査に落ちてしまっていることになりますね。

読み終えていただければ、今回のアコムの審査に落ちた理由がわかって納得できるはずですよ。
審査落ちでもやもやしている方だけでなく、審査に備えたいという方も参考にしてくださいね。

アコムの審査に落ちたらまず確認したいこと


「アコムの審査に落ちたけど、理由がわからない!」「ブラック情報の記録期間は終わったはずなのに、アコムの審査に落ちた…」
アコムで借り入れをするのであれば、審査を通過しなくてはいけません。
審査に落ちてしまうとショックですよね。
人によっては、落ちた理由がわからなくてイライラしてしまうこともあるかもしれません。
実際、アコムの審査結果のメールは「申し訳ございませんが、審査の結果ご希望に添うことができません。」と結果を知らされるのみで、はっきりとした審査落ちの理由は一切わかりません。
しかし、審査に落ちてしまったのであれば理由があるはず。
その理由を把握して、次回の借り入れ審査を通過できるように備えていきましょう!

①社内ブラック記録は半永久的に保管されるので、他社申込がおすすめ

社内ブラック記録は半永久的に保管されるため、他社への借り入れ申し込みがおすすめです。
つまり、以前アコムを利用しているときに金融事故を起こした人は、ブラック記録がずっとアコムに残り続けてしまうことになります。

ブラック記録とは、金融事故記録のことです。
金融事故は4つに分類されます。

金融事故の種類

  • 長期延滞…2~3ヶ月にわたって返済期日に支払いが遅れること
  • 代位弁済…保証会社等が肩代わりして返済すること
  • 債務整理…借金を減額したり、支払い猶予を設けて、少しでも生活に余裕を持たせるために行う手続きのこと
    例:自己破産、任意整理、民事整理など
  • 強制解約…督促状などを無視し続けた結果、借入先から強制的に契約を打ち切られること

それぞれの信用情報機関での記録保管期間は、最長5年です。
ただし、自己破産は10年記録保持される場合があります。
この金融事故記録が残っている状態を、ブラック状態なんて言ったりしますね。
ブラック状態では、何度借り入れを申し込んでも、審査通過できる確率はほぼゼロです。
ブラック状態は、利用金額を踏み倒したことの記録ですから、アコムなどのお金を貸す側からすると非常にリスクのある人物だと見なされます。

たとえば、任意整理を行う前に、アコムで借り入れをしていた場合、任意整理後5年が経過すれば、信用情報機関から任意整理を行った記録は消えます
しかし、アコムでは任意整理を行ったという記録が半永久的に残ってしまうんです。

したがって、アコムで金融事故を起こしてしまった場合、アコム内ではずっとブラック状態になります。
この状態を「社内ブラック」と呼びます。
ブラック状態で申し込みをしても、借入審査に通過できることはほとんどありません。
もし、あなたが任意整理前にアコムを利用していたのであれば、他の消費者金融などへ借り入れ申し込みをした方が、審査通過の確率は高くなるでしょう。

<貸付自粛制度利用者であることも審査落ちの要因>

貸付自粛制度利用をしたことがある場合、審査に落ちる要因の一つとして考えられます。

貸付自粛制度とは、ギャンブル等依存対策のひとつとして、日本貸金業協会と一般社団法人全国銀行協会が2019年3月29日より連携して行っている制度です。
貸付自粛制度を利用すると、借り入れを申し込んでも貸金業者が貸付を自粛するため、原則どんなに申し込みをしてもお金を借りることはできません。
言うなれば、業界をも巻き込んだ借り入れ対策ですね。
自分で何度借り入れをやめようとしても、どうしても申し込みをしてしまうような借り入れ依存状態の方には一定の効果がある方法です。
貸付自粛制度を利用すると申告すると、その旨が個人信用情報機関に登録されます。
有効期間は5年間です。
ただし、申請から3ヶ月経つと撤回が可能になります。

協会が貸しつけを自粛しているため、申し込みをしても審査には通過できません。
もし思い当たる点があるのであれば、撤回することで審査に通りやすくなるかもしれませんね。

②3秒診断ではOKでも、本審査で落ちる可能性がある

アコム公式HPの3秒診断では借り入れOKという診断結果が出たとしても、本審査では審査に落ちてしまう可能性があります。


アコム公式HPより

仮の審査結果だとはわかっていても、一度借り入れOKと言われると期待してしまいますよね。
しかし、それでも申し込み内容や信用情報の照会結果によっては、審査落ちという結果になってしまう可能性があるんです。

これは、3秒診断では信用情報の照会ができないということが主な原因です。
3秒診断で入力する情報は、「年齢」「年収」「他社借り入れ状況」です。
信用情報はここには入っていません

したがって、3秒診断では借り入れOKと結果が出たとしても、実際審査をする際、過去の金融事故情報が確認されるため審査に落ちてしまうんです。
それだけ信用情報は重要だということがわかりますね!

考えられる審査落ちの原因


審査通過が出来なければ、借り入れすることはできないため、審査というのは借入先を考える上で非常に重要視されるところです。
一般社団法人全国銀行協会が2019年3月に発表した銀行カードローンに関する消費者意識調査結果報告によれば、貸金業者のみの利用者のうち8.2%が借入先金融業者を選択する際に最も重視するポイントとして借入審査に通りやすいことをあげています。
銀行カードローンのみの利用者のうち、審査の通りやすさを最も重視することとして挙げている人は3.4%ですから、消費者金融の借り入れに対しては審査への不安を感じている人が多くいることがうかがえますね。
審査では、申し込み内容によってはプラスに働く部分もあれば、逆にマイナスに働く部分もあります。
マイナス評価になってしまったところを、プラス部分で補うのは難しいです。
さまざまな特徴をバランスよく兼ね備えることで、信用できる人物として評価され審査通過することができます。
なので、審査通過を目指すときは、悪いところができるだけないようにしましょう。
ここでは、審査に悪い影響を与えたと考えられる点について紹介していきます。
残念ながら今回の審査に落ちてしまった方は、自分に当てはまるものがあるか確認してみてくださいね。

①安定した収入がない

安定した収入がないことは、審査でマイナス評価される特徴の一つです。

安定した収入と、収入の多さは別物です。
確かに収入が少ないよりは、多い方が望ましいです。
しかし、いくら収入が多かったとしても、不安定なようではマイナス評価になってしまいます。
たとえば、年収500万円の人と、年収300万円の人がいたとします。
年収500万円の人は、8月だけで500万円を稼ぎ、残りの11ヶ月は収入がありません。
年収300万円の人は、毎月20万円の月収と年2回のボーナスを得ています。
この場合、金額でみれば年収500万円の人の方が稼いでいますが、安定性を考えると、年収300万円の人のほうがプラスの評価となります。

アコムのカードローンの貸し付け条件は、「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、アコムの規定基準を満たす」ことです。
返済能力については、収入が多い方が有利となります。
しかし、安定性も必要であるため、毎月一定の金額を稼いでいることも満たすべき条件です。
また、安定性という面では、勤続年数も重視されるポイントです。
勤続年数が短いと、すぐに仕事を辞めてしまい、無収入になってしまうのではないかと懸念されてしまいます。
複数のアルバイトを掛け持ちしている場合は、一番勤続年数が長いバイト先を記入しましょう。

加えて、収入は給料である必要があります。
労働の対価として受け取るお金が収入です。
年金は収入には入りませんので、注意してくださいね。
年金で生活している場合でも、借入審査に通過できる可能性はあります。
しかし、もしアコムに年金生活していることが発覚してしまうと、利用停止処分や一括返済を要求される可能性もありますので、年金を主として生活している方は気をつけてくださいね。
年金以外でも、親からの仕送りも同様に収入とはみなされません。

②「年齢」「年収」「他社借り入れ状況」は3大重要チェックポイント

年齢」「年収」「他社借り入れ状況」は、借入審査をする上での3大重要チェックポイントです。

この3項目は、3秒診断の入力項目でもあります。
つまり、アイフルがお金を貸すかどうか判断する際に、最も重視している項目であると考えられます。

年齢は、アコムの申し込み条件を満たしているのか確認するものです。
アコムの申し込み可能年齢は、20歳以上とされています。
たとえ高校を卒業して働いていたとしても、19歳では申し込めません。
これは、民法によって、未成年者が親権者の同意なく交わした契約については、無効とすることができると定められているためです。
つまり、未成年者にお金を貸したとしても、保護者の同意がない場合、貸し倒れになってしまう可能性があるのです。
貸し倒れとは、貸したお金を回収できなくなることです。
貸し倒れは、アコムなどの貸金業側にとっては一番避けたい行為ですから、申し込み可能年齢を20歳以上としていると考えられますね。

年収と他社借り入れ状況は、審査においてセットで考えるべき項目です。
というのも、年収も他社借り入れ状況も、総量規制という法律が関わってくるためです。
年収や他社借り入れ状況も考慮したうえで、お金を貸せるかどうかや利用限度額が審査されます。 

③借入残高が年収の3分の1を超えている

年齢と並んで3秒診断の入力項目になっている年収と他社借り入れ状況は、アコムの審査において最も重視されるポイントの一つです。
借入残高が、年収の3分の1を超えている場合は、審査通過できません

これは、総量規制という貸金業法のひとつで、借入金額は年収の3分の1までと決められているからです。
総量規制は、1社あたりではなく全ての借入金額の合計を3分の1までと定めています。
貸付金額が決められていることで、多重債務者になってしまうのを防ぐことができます。

総量規制の対象は、消費者金融での借り入れや、クレジットカードのキャッシング枠です。
銀行カードローンは、銀行が扱っているものなので、銀行法という法律の対象となります。
そのため、総量規制の対象外です。
また、住宅ローンや車のローンなどの用途が決まっているローンも規制の対象外となっています。

もし、年収の3分の1に迫る金額をすでに他社から借入している場合は、審査通過が非常に困難になると考えられます。
たとえば、年収が150万円の方であれば、借りられる金額は50万円までとなります。
とはいえ、50万円ギリギリまで借り入れするのは難しいでしょう。

もしも、他社からの借り入れを返済するために年収の3分の1を超える金額が必要な場合は、おまとめローンを利用するのはいかがでしょうか。
おまとめローンは、複数の借入先を1本化することで、返済管理を簡単にできるだけでなく、金利負担や毎月の返済金額を減らすことのできるローン商品です。
簡単に言うと、借金の肩代わりをしてもらうような形ですね。
アコムのおまとめローンは、貸金業法に基づく借換え専用ローンと紹介されています。
おまとめローンは、総量規制の対象外であるため、年収の3分の1を超える金額でも借り入れが可能です。
しかし、あくまで返済を目的とした商品なので、一般のカードローンのようにお金を引き出すことができません。
返済の目途を立てたい方や、完済したいと考えている方におすすめな商品です。

④在籍確認がしっかりとれていない

在籍確認がしっかりとれていないと、審査に落ちてしまいます。

在籍確認とは、アコムなどお金を貸す会社側が、申込者の勤務先に電話をかけて、本当に勤務しているのかどうかを確認する審査の一環です。
収入の根拠を確かめるためにも、非常に重要なステップです。

在籍確認では、本人が本当に働いているのか、休職などはしていないかが確認されます。
したがって、本人が電話で受け答えできなくても、電話を取った人が「ただいま席を外しております。」など、働いているんだなとわかる対応をしていただければ、確認が取れたとみなされます。
しかし、「今休職してまして…」では、働いているとみなされません。
産休や育休をとる予定がある方は気をつけてくださいね。
また、近年は、プライバシーや安全面の観点から、従業員個人宛の電話の引き継ぎは行っていないという会社もあります。
その場合も、電話で在籍確認がとれないため、審査通過できない可能性があります。
もちろん、電話に誰も出ない場合も同様です。

もしも、どうしても電話での在籍確認を避けたいと考えている場合は、在籍を証明できる証明書類をアコムに提出をすることで、在籍確認としてくれる可能性があります。
書類での在籍確認を行う場合は、会社名が入った健康保険証や、直近の給与明細書などが必要です。
書類での在籍確認を希望している場合は、webサイト上から借入申し込みをした後、アコムに電話をかけて、書類での在籍確認を希望している旨を伝えましょう。

アコム 電話での連絡先

📞0120-07-1000
営業時間:平日9:00~18:00

⑤提出書類に不備がある

提出書類に不備があると、審査に落ちてしまいます。

確認のために書類を提出しているので、不備があって確認できなければ書類を提出している意味がなくなってしまいますね。
そのため、提出書類は不鮮明になってしまったり、見切れたりすることのないように注意しましょう。

アコムの借入審査時に提出する書類は、本人確認書類と、収入証明書類です。

アコムへの申し込み時に必要な本人確認書類

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(運転免許証の交付を受けていない場合)
  • 健康保険証+住民票(顔写真付きの証明書類がない場合)

上記以外でも、公共料金の領収書なども本人確認書類として提出できる場合があります。
必ず申し込み前にアコム公式HPで確認しましょう。

収入証明書類は、アコムでの借り入れ希望額が50万円以上の場合と、他社を含めた借入合計金額が100万円を超える場合に必要になります。
また、提出済みであっても、最終提出から3年以上経過している場合は、再度収入証明書類の提出を求められます。

収入証明書類として提出できるもの

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 市民税・県民税額決通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書

など

収入証明書類は、それぞれ直近のものが必要です。
また、給与証明書については、直近2ヶ月分を提出する必要があります。
さらに、ボーナスをもらっている場合は、直近1年分の賞与明細書も提出します。

必要書類の提出方法は、5種類あります。

アコムへの必要書類の提出方法

  • アップロードで提出
  • スマートフォンアプリで送信
  • FAXで送信
  • 店頭、無人契約機に持参
  • 専用封筒にて郵送

このうち、スマートフォンアプリでの送信は、お手持ちのスマホで撮影したものを送信するだけで提出できるので、時間や費用などの面から一番手軽な方法と言えるでしょう。
ただし、しっかりと内容を確認できるよう、書類の撮影方法には指定がありますから、アコム公式HPでご確認の上撮影してくださいね。

また、書類の不備だけではなく、申し込み情報の入力ミスについても注意しましょう。
簡単な入力ミスであっても、真偽が確認できない場合は審査に時間がかかる要因にもなります。
申し込みの際には、送信ボタンを押す前に必ず間違いがないか確認してくださいね。
また、虚偽の情報で申し込むことは絶対に避けましょう
運よく審査通過できたとしても、後々アコムに虚偽の申告をしたことがばれてしまえば、最悪詐欺と見なされてしまったり、利用停止措置や一括返済を請求される可能性もあります。
借り入れをする際は、信用されることが何よりも大切です。
虚偽の申告は絶対にやめましょう。

⑥過去に金融事故を起こした

過去に金融事故を起こした場合は、審査通過は非常に難しいものとなります。

金融事故には、長期延滞や、任意整理自己破産などがあります。
これらのブラック情報は、信用情報機関に保管され、全ての金融機関が確認できるようになっています。

金融事故を起こしたということは、過去に借金を踏み倒したことがあるということです。
お金を貸す側からすると、踏み倒しされてしまうことは一番のリスクであるため、金融事故を起こした人はなかなか信用できなくなります。

金融事故記録は、5年の保管期間があります。
自己破産記録だけは、信用情報機関によっては10年間記録が保管がされる場合もあります。
自分の金融事故記録が残っているかどうかは、信用情報機関に情報開示請求を行うことで確認ができます。
全ての金融事故記録が消えていると、今までのローンの支払い記録なども消えているため、スーパーホワイトと呼ばれる状態になります。
20代前半などの若い方がスーパーホワイトであれば、まだクレジットカードなどを持っていなくても無理はありません。
しかし、ある程度の年齢以上でのスーパーホワイトは、金融事故記録が消えた、いわゆる「喪明け」状態ではないかと考えられてしまいます。
30代以上のスーパーホワイトは、喪明けと考えられ、クレジットカードの申し込みをしても審査通過が厳しくなると言われていますので、注意が必要です。

また、信用情報機関での金融事故情報保管期間が終わったとしても、社内では事故記録が残っていて社内ブラックリストに入ってしまっている可能性もあります。
社内ブラック情報は、半永久的に保管されます。
したがって、任意整理を行ったなど、金融事故を起こした経験のある人は、以前借り入れしていた消費者金融会社に申し込みしても、審査通過するのが難しいと考えられます。
社内ブラックリストに載っているかどうかは、自分で確認することができません。
もちろん、そのブラック情報を削除するように要請することもできません。
金融事故を起こしたことがある場合は、今まで借り入れしたことのないところに申し込みをした方が良いでしょう。

⑦複数社に一度に申し込んでいる

複数社に一度に申し込みをしていることも、審査通過の可能性を下げてしまう要因となります。

これは、「何社からも借り入れをしなければいけないほど、お金に困っているのではないか」という印象を与えてしまうためです。
また、今ある借金を別の借金で返済していく、多重債務者であるとも疑われる可能性があります。
多重債務者になってしまうと、返済能力が非常に低いとみなされてしまいます。

申し込み状況も、信用情報機関に記録される情報の一つです。
そのため、アコムと同時に別の会社に申し込みをしたとしたら、アコムへの申込情報も、他社への申込情報も、お互いに確認できてしまうんです。
「アコムには落ちても、別の会社は審査通過できるかも!」と保険をかけたくなる気持ちはわかりますが、複数社へ一度に申し込むのは避けた方が良いでしょう。

具体的に何社申し込むと審査に落ちる可能性が高くなるのか、という点はアコムは公表していません。
しかし、一般的に3社もしくは4社以上に申し込んでいると、審査落ちの可能性が高まると考えられています。
複数社への申し込みは、多重債務者を疑われ、審査通過が難しくなるため、なるべく避けたほうが良いでしょう。

カードローンを申し込んだという記録は、信用情報機関に6か月保管されます。
再申し込みをするのであれば、半年間はあけてから申し込むことをおすすめします。

<審査通過しても希望通りの借入額にならない場合がある>

審査に通過しても、申請した希望金額を借り入れできるとは限りません

審査に通過後、利用限度額が設定されます。
利用限度額は、あなたがアコムから借り入れできる総額のことです。
利用限度額は、申し込み内容に応じて審査で決定されます。
審査の結果、あまりに大きな金額を貸付すると貸し倒れになるかもしれないと判断されれば、希望金額より少ない金額しか借り入れできません。
残念ではありますが、アコムに希望しているほどの返済能力を認められなかったということになりますね。

利用限度額が希望金額に届かないと、たとえば「50万円引き出そうとしたら、30万円しか引き出しできなかった…」という事態になってしまうことも考えられます。
そのため、審査通過後は利用限度額がいくらなのか必ず確認しましょう。

利用限度額の確認は、アコム会員ページにログインすることで確認できます。
そのほか、アコムATMや電話、店頭でも確認が可能です。

アコムで審査落ちしてしまった場合にできること

「アコムの審査に落ちてしまったけれど、どうにかならないかな?」
審査に落ちてしまうと、お金が必要なのに手に入らなくてイライラしてしまいますよね。
しかしそんな時こそ冷静になって、できることをやっていきましょう。
ここでは、アコムの審査に落ちてしまった後にできることを紹介していきます。
アコムへの再申し込みを検討している場合にも、気をつけていただきたいポイントも紹介していきます。
ぜひ参考にしてくださいね!

①他社への申し込みであれば審査通過できるかも

アコムの審査に落ちてしまっても、他社への申し込みであれば、審査通過できる可能性もあります。

これは、会社によってそれぞれの審査基準を設けていると考えられるためです。
審査基準は公表されていませんが、別の会社であれば、別の審査基準があると考えるのが妥当でしょう。

また、社内ブラックリストに載っている可能性のある人は他社への申し込みはすんなり通る可能性もあります。
アコムの社内ブラック状態になっている場合、アコム内では半永久的にブラック状態です。
しかし、他社で確認できるのは、信用情報機関で保管されている情報までです。
金融事故情報が記録されていても、記録保管期間が経過していれば、全ての情報が消えてスーパーホワイトになります。
つまり、アコムではブラックでも、他社ではホワイトなんです!

もちろん30代以上であればスーパーホワイトは懸念材料になる可能性もありますが、ブラックよりは審査通過は難しくはないでしょう。
ただし、決して審査通過が簡単というわけではありません。
審査通過の可能性が高まる特徴を、バランスよく兼ね備えることが大切です。

また、他社への申し込みをする際も、一度に何社にも申し込みをするのは危険です。
また、短期間の複数社への申し込みも審査に落ちる原因となります。
申し込みする会社は、多くても3社までにしておきましょう。

申し込みできる他社の一例をあげるとすれば、アイフルやプロミスはいかがでしょうか?
どちらもアイフルと似た特徴を持つ、大手消費者金融です。
また、アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループに属していますが、プロミスとアイフルは別母体であるため、別の審査基準を設けている可能性が高いです。

②アコムへの再申し込みは6か月後にしよう

アコムへの再申し込みは6か月後にしましょう。

審査に落ちてしまったからと言って、何度も申し込みしても審査結果は変わりません。
審査は返済能力を判断するものです。
返済能力は、そんなに急には上がるものではありませんよね。

また、申し込み記録は、6か月間信用情報機関に記録されます。
審査落ちの記録があると、「この申込者は返済能力に関して何らかのネガティブな情報があったから落ちたんだろうな。」と受け取られてしまいかねません。
このため、再申し込みを行う場合は、6か月以上期間をあけてからすることをおすすめします。

6か月の間に、返済能力を高められる行動ができたら、きっと次回の審査ではいい回答がもらえるはずですよ!
返済能力を示していくには、地道に返済実績を積むことが一番です。
もし喪明けで、スーパーホワイト状態なのであれば、スマホ代金を分割購入するなどの方法が考えられます。
最近は、スマホでも10万円を超えるものも増えていますよね。
10万円を超えると、分割払いに関する審査は審査項目が増えるため、少し厳しくなります。
10万円以下の電化製品の分割払いに関しては、延滞していないことを確認することで、支払い見込み額調査を行わないことになっています。
したがって、審査に不安がある方は、10万円以下の比較的低額な電化製品などを分割購入してみましょう。

③申し込み時の利用限度額は低めにして申し込みをしよう

申し込み時の利用限度額低めに設定して、アコムに申し込むことをおすすめします。

利用限度額が大きくなれば大きくなるほど、アコムにとっては万が一貸し倒れになってしまったときのリスクが大きくなります。
そのため、総量規制の規定である年収の3分の1をクリアしていたとしても、いきなり何百万もの利用限度額で借り入れ審査通過するのは難しいです。
利用限度額は、できるだけ必要最低限の金額で申し込むほうが良いでしょう。

また、利用限度額に余裕があると、借りすぎてしまうこともあります。
借りすぎて返済に追われて首が回らなくなることを防ぐためにも、必要最低限の利用限度額を希望して申し込むことをおすすめします。

まとめ

  1. アコムの社内ブラックリストに載っている可能性があるのであれば、他社申し込みの方が審査通過可能性が高い
  2. 3秒診断で借り入れ可能と診断結果が出ても、実際の審査では落ちる可能性がある
  3. アコムの審査に落ちたときの考えられる審査落ち要因
    • 安定した収入がない
    • 合計借り入れ残高が年収の3分の1を超えてしまう
    • 在籍確認が取れていない
    • 提出書類に不備がある
    • 過去に金融事故を起こしたことがある
    • 複数社に一度に申し込んでいる
  4. アコムの審査に落ちたら、他社への借り入れ申し込みも検討
  5. アコムへの再申し込みをするなら6か月後
  6. 申し込み時は利用限度額をできるだけ低くして申し込む

アコムの審査に落ちた原因を明確に知ることはできません。
しかし、審査落ちしてしまった理由として考えられるものは、いろいろなものがあります。
特に、過去に金融事故を起こしたことがある方は、信用情報機関での記録保管期間が終了しても、アコムには金融事故情報が残り社内ブラックになってしまっている可能性があるため、他社への申し込みがおすすめです。
あなたが今回アコムの審査に落ちてしまった原因はありましたか?
この記事を参考に、次回の審査では良い返事がもらえるように応援しています!



この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。
                     

コメントを残す