イオン銀行カードローンの審査に落ちる理由と通るための条件とは?

[最終更新日]2018/10/14

『イオン銀行カードローンって審査甘いの?』この記事では審査基準や審査に落ちる理由、対策方法をご紹介します。実際に審査申し込みした方の口コミ評判も必見です。

これまで親しまれてきたイオン銀行カードローンBIGは2017年12月より「イオン銀行カードローン」にリニューアルしました。
多くの人が利用しやすくなった印象があるイオン銀行カードローンですが、具体的にどんな点が変わったのか詳しく解説していきます。

この記事の目次

イオン銀行カードローンとは?

イオン銀行 カードローン 審査

イオン銀行カードローン ってどんなローン?

イオン銀行カードローンは、イオングループの一員であるイオン銀行の商品です。
自社グループの顧客層をターゲットにしており、主婦をはじめ幅広い層に利用しやすく、買い物ついでに気軽に利用できる点が好評です。

イオン銀行カードローンの申し込み条件

イオン銀行カードローンに申し込みできるのは、

 満20歳~64歳の人

 継続して安定した収入の見込める人

 保証会社の保証を受けられる人

です。
パートやアルバイト、自営業者の方も申し込みできるうえ、職業を持たない専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば申し込みが可能な点には注目です。

ただし、たとえ安定した収入があっても、学生はイオン銀行カードローンに申し込みできません
また、銀行カードローンでは口座開設が申し込み条件となるケースが多いのですが、イオン銀行カードローンは口座を開設しなくても申し込みできるようになりました。

即日融資が廃止に!総量規制はどうなる?

銀行 カードローン 総量規制 

2018年1月より、銀行カードローン審査では反社会勢力への融資防止策として警察庁のデータベース照会を行うことになりました。
照会には時間がかかるため、今後は全ての銀行で事実上即日融資停止となります。

銀行カードローンは過剰融資問題を受けて2017年から自主的に総量規制なども導入していますので、できるだけ早くお金を借りたい人は消費者金融を利用する方がいいでしょう。

イオン銀行カードローンはこんな方におすすめ!

イオン銀行カードローンはこんな方にぜひおすすめしたい商品です。

できるだけ低い金利でカードローンを利用したい人

上限金利の13.8%は消費者金融の金利と比較すればもちろん、平均的な銀行カードローンの金利(14.5%程度)と比較しても大変魅力的です。

借入限度額が小さい場合でも有利な金利で利用できるのはうれしいですね。

カードローンのために口座開設をしたくない人

銀行カードローンは低い金利がメリットですが、口座開設が必要というケースが多いです。
イオン銀行カードローンなら口座開設不要で申し込みができ口座の管理は面倒だという方にももってこいです。

イオン銀行カードローンに向いてないのはこんな方

では逆にイオン銀行カードローンを利用するのに適していないのはどんな人でしょう?

即日融資を希望する人

イオン銀行カードローンを利用するには1週間ほど時間がかかります

どうしてもすぐにお金が必要という人は、即日融資に対応できる消費者金融のカードローンの利用をおすすめします。

どんな人がイオン銀行カードローンの審査に通っているのか利用者データをみてみよう!

カードローン 通る人  特徴

アンケートや口コミをもとにイオン銀行カードローンの審査通過者を分類してみました!

平均年収は400万円~600万円の層が最も多く、次いで200万円~400万円、いずれも会社員公務員の割合が高いですが、年収200万円未満のパートアルバイトの割合も他の銀行カードローンと比べて多いのがイオン銀行カードローンの特徴です。

グループ企業のメイン顧客層をしっかりカバーしているというイメージを受けますね。
また、借入金額は30万円未満の少額融資が7割近くを占めています。
無理のない範囲で便利に賢くカードローンを利用している人が多いといえるでしょう。

イオン銀行カードローンの審査基準は厳しい?甘い?

カードローン 厳しい 甘い

カードローンに申し込みをする際に最も気になるのは『審査に通過できるだろうか』、という点ではないでしょうか?

ただし、審査が甘いカードローンというものは存在しません
どの金融機関のカードローンにもそれぞれの審査基準があり、その基準を満たせなければ審査に通らないと考えてください。

ここでイオン銀行カードローンの審査基準を確認してみましょう。

▶︎銀行カードローンの審査基準まとめ
▶︎銀行カードローンの審査に落ちる理由と対策

保証会社の保証を受けられること

イオン銀行カードローンには、

 イオンクレジットサービス

 オリックスクレジット

の2つの保証会社がありますが、両方の保証会社の審査に通過しなければならないのではなく、どちらか一方の審査に通過できればイオン銀行カードローンを利用できます
つまり、審査のチャンスが2度あるということなのですね。

パートアルバイト、フリーター、専業主婦でも申し込みOK!

イオン銀行カードローンは継続して安定した収入が見込めれば、パートやアルバイト、フリーターでも審査に申し込みできます。

また、収入を持たない専業主婦でも、配偶者に安定した収入があれば申し込み可能です(50万円まで)
しかし、たとえアルバイトなどで安定した収入を得ていても、残念ながら学生は審査に申し込みができません

返済事故歴(ブラック状態)がないこと

過去に金融商品の返済で長期延滞や債務整理などのトラブルを起こしたことがある人は要注意です

金融事故を起こして信用情報機関に事故情報が登録されている(ブラック状態である)間は、金融商品の審査に通過することができません。

金融事故を起こしたことがあるという人は、一定期間経過後、信用情報機関に情報開示請求をして事故情報が削除されたことを確認してから申し込みをすることをおすすめします。

スコアリングシステムによる返済能力の評価

イオン銀行カードローのン審査ではスコアリングシステムを利用して申込者の返済能力を判断しています。
スコアリングとは、コンピューターに申込者の属性を入力して各項目を点数化し、それをもとに融資の可否を判断する方法です。

融資の可否を判断するもとになるスコアリングテーブルの配点の違いが、各金融機関のカードローン審査の基準の違いとなっています。

審査基準は金融機関によって異なりますから、自分の条件がカードローンの審査基準に適合していることが重要だといえますね。

イオン銀行カードローンの特徴と大手銀行カードローンとの違いを比較!

カードローン 違い 比較

  融資までにかかる時間 金利 申し込み方法
イオン銀行カードローン 5日間程度 3.8%~13.8% WEB申し込み

店頭申し込み

三菱UFJ 銀行カードローン

バンクイック

翌日以降 1.8%~14.6% WEB申し込み

テレビ電話申し込み

電話申し込み

みずほ銀行カードローン 翌日以降 2.0%~14.0% WEB申し込み

郵送申し込み

電話申し込み

店頭申し込み

大手銀行カードローンと比較すると、イオン銀行カードローンは申込方法が限定され融資までには時間がかかるが、金利面で有利な商品であることが分かります。

イオン銀行カードローン審査受付・営業時間は?

 

イオン銀行カードローンにはWEBと店頭の2種類の申し込み方法があり、どちらの方法で申し込むかによって審査受付時間が異なります。

申込・審査受付の営業時間

申し込み方法 審査受付時間・営業時間
WEB申し込み 24時間365日受付
店頭申し込み 9:00~21:00(店舗によって異なる)

お問い合わせ窓口の営業時間

イオン銀行カードローンについての質問は

 イオン銀行コールセンター  ローン専用ダイヤル

         0570-000839  (9:00~18:00  年中無休)

まで問い合わせてください。

ATMの利用時間・利用手数料

イオン銀行カードローンで利用できるATMの利用時間、利用手数料は以下の通りです。

金融機関 利用時間・利用手数料
イオン銀行

ローソンATM(コンビニ)

イーネットATM(コンビニ)

24時間365日利用手数料無料
ゆうちょ銀行 平日

8:45~18:00

土曜日(祝日を除く)

9:00~14:00は利用手数料無料

三菱UFJ銀行 平日8:45~18:00は利用手数料無料
みずほ銀行 平日8:45~18:00は利用手数料無料
ろうきん 利用手数料無料
三井住友銀行

りそな銀行

信用金庫

信用組合

所定の利用手数料が必要

(各金融機関によって異なる)

※利用可能時間は各金融機関によって異なります。

イオン銀行カードローンで時間をかけずにお金を借りる方法とは?

即日融資に対応していないイオン銀行カードローンでできるだけ時間をかけずお金を借りるには、

 WEB申し込みを利用する

 提出用の必要書類を事前に準備しておく

この2点を押さえておきましょう。
WEB申し込みなら店舗まで足を運ぶ手間が省けますし、必要書類は取得に手間や時間がかかるものもあります

イオン銀行カードローン審査の流れ・内容

カードローン 審査 内容

イオン銀行カードローンの審査の流れは以下の通りです。

          申し込み
          仮審査
          仮審査結果の連絡
          必要書類の提出
          本審査
          職場への在籍確認
          契約完了

1. 申込

イオン銀行 カードローン 申し込み

 

まずは申し込みをしましょう。

申込方法の種類

イオン銀行カードローンの申し込み方法は

 WEB申し込み

 店頭申し込み

の2通りです。
特徴的なのは、店頭での申し込みでもWEBの場合と同じように自分で端末に申込情報を入力する方式をとっていることです。

申し込み受付時間

先にも触れたように、イオン銀行カードローンの申込受付時間は、

 WEB申し込みなら24時間365日
 来店申し込みなら9:00~21:00(営業時間は店舗によって一部異なります)

土日祝日でも申し込みが可能ですので休日の買い物ついでに気軽に申し込みできます。

※イオン銀行カードローンの申し込み方法は2通りありますが、今回はWEB申し込みの手順・流れを解説します!

申込時の主な入力項目一覧

 

イオン銀行カードローンお申し込み手続きについて
イオン カードローン 申し込み

 運転免許証の有無について
 税法に関する届出事項について

申し込み情報
イオン カードローン 申し込み

申込書について
 氏名
 性別
 生年月日
 住所
 電話番号
 家族状況
 メールアドレス

イオン カードローン 申し込み

現在の住まいについて
 住まいの形態
 居住年数
 毎月の家賃、または住宅ローン返済額

イオン カードローン 申し込み

勤め先について
 職種
 業種
 勤務先名
 勤務先住所
 勤務先電話番号
 所属部署★
 入社年月
 勤続年数
 前年度収入
 給料日

イオン カードローン 申し込み

申込内容について
 希望借入限度額
 毎月の返済方法
 イオン銀行普通預金口座情報★
 自動融資の設定
 利用目的
 申し込みの経緯

イオン カードローン 申し込み

借入状況について
 無担保ローン借入状況
 借入件数
 借入残高
 毎月の返済額
 住宅ローン借入状況

暗証番号について
 ローンカード暗証番号

同意・表明事項

 個人情報・会員規約の同意事項などについて

★は任意入力

 

2. 仮審査

仮審査では、申込フォームに入力された内容をもとにコンピューターが自動スコアリング審査を行います

申込情報は点数化され、スコアリングテーブルという計算表に基づいてコンピューターが計算をし、融資の可否を判断します。
各金融機関によって配点や加点は少しずつ異なり、それが各々のカードローンの審査基準の違いとなっているのです。
例えば、審査項目の「勤務先」を例にとってみましょう。

職業 点数
公務員、医師、弁護士 60点
大企業 50点
中小企業 35点
自営業、個人事業主 20点
パート、アルバイト、フリーター 10点
無職 0点

この配点はあくまで一例ですが、このようにすべての審査項目を点数化し、その合計点が基準に達していれば審査に通過できるというわけです。

3. 仮審査結果の連絡

イオン銀行カードローンの審査結果は、次のように知らされます。

 可決の場合…メールで審査結果の連絡通知あり

 否決の場合…後日ハガキや封書などの郵送物にて連絡あり

口コミを見る限り審査通過の連絡は翌日に来ることが多く審査落ちの連絡は数日~10日後に郵送されるようです。
状況によっては数日の審査時間がかかるケースもあるといいますが、審査結果の連絡が遅い、こないという場合にはコールセンターに問い合わせをしてみましょう。


      イオン銀行コールセンター ローン専用ダイヤル

        0570-000839 (9:00~18:00  年中無休)

4.必要書類の提出

無事仮審査に通過したら、必要書類を提出します。
特に収入証明書は準備するのに時間がかかる場合もありますので、事前に用意しておくと提出時にあわてずにすみます。

本人確認書類

 運転免許証(変更事項がある場合は両面)
 パスポート(公印、写真、現住所のページ)

審査状況によっては、健康保険証など上記以外の書類の提出が必要な場合もあります。
また、外国籍の方は

 在留カード
 特別永住者証明書

いずれか1通が必要です。

収入証明書

 前年度の源泉徴収票
 給与明細2ヶ月分(直近3ヶ月以内のもの)
 直近の住民税決定通知書(個人事業主、法人の場合)

審査通過メールで案内された「お客様マイページ」にログインし、これらの書類をアップロードします。

5. 本審査

本審査では個人信用情報に事故情報が登録されていないかを調査します。
金融商品の返済で長期延滞や債務整理などのトラブルを起こすと、異動情報として一定の間、信用情報機関が管理する個人信用情報に記載されることをご存知でしょうか?

いわゆる「ブラックリスト入り」している状態です。
カードローンの本審査ではどの金融機関も必ず信用情報機関に照会をしますので、ブラック入りしている人が審査に通ることはありません。

通常は3ヶ月以上の長期延滞をすると事故情報として登録されるといいますが、軽微な滞納や遅延でも連絡なしに何度も繰り返していると異動情報として記録されることがあります。
ブラック入りを防ぐには、借りたお金はとにかく支払い日、引き落とし日を厳守して返済することですね。

現在、日本には

 CIC(シー・アイ・シー)
 JICC(日本信用情報機構)
 KSC(全国銀行個人信用情報センター)

の3つの信用情報機関がありますが、イオン銀行はその全ての機関の会員となっています。

6.職場への在籍確認

イオン銀行カードローンの審査では職場への在籍確認は本審査の締めくくりとして行われ、基本的には担当者の個人名で確認電話が入ります。

時間にして1~2分、あなたが確かに勤務先に在籍していることが確認できればそれで終了です。
もちろん、カードローンを利用することがバレるようなやりとりはありませんので心配ありません。
また、専業主婦に関しては勤務先がないわけですから、在籍確認もありません

7. 契約完了

在籍確認が終われば契約へと進みます。

ローンカードが届けばカードローンを利用できますが、イオン銀行に口座を持っている場合にはローンカードが届くまでの間に初回のみ振込融資をしてもらうこともできます(他の金融機関の口座でも可)。

イオン銀行カードローン審査体験談

カードローン 審査 体験談

審査可決

借りられました!

Hさん(20代男性、会社員・手取り240万円)

インターネットで評判がよさそうだったので旅行費用のために希望額50万円で申し込み、審査通過のメールは2日後に届きました。他には借り入れがなかったのが良かったかもしれません。

審査否決

おまとめは無理でした…

Tさん(30代前半男性、会社員・税込500万円)

妻が借りた複数のショッピングローンをおまとめしようと希望金額は150万円で申し込みました。普段からイオンを利用していて身近で信頼があったのが選んだ理由ですが審査には通過できませんでした。
まず、申込みの1週間後にメールで審査結果通知があり、3週間後にハガキが届きました。

イオン銀行カードローンの審査に落ちているのはどんな人?

イオン銀行カードローンの審査に落ちている人には共通点があります。

 他社からの借り入れが多い
 長期延滞をしたことがある
 遅延を何度も繰り返している
 スマホ料金の支払いを長期滞納している
 短期間のうちにいくつものカードローンに申し込みをした(申し込みブラック)

これらはすべて信用情報に事故登録される原因となります
それなら、返済トラブルを起こした金融機関が加盟している信用情報機関とは関係のない金融機関のカードローンを利用すればいいのではないかと思う人もいるかもしれませんが、

 CIC
 JICC
 KSC

では、お互いの異動情報を共有しあっています
ひとたび金融トラブルを起こせば、どの信用情報機関でもその情報を確認できることを知っておきましょう。

イオン銀行カードローンの問い合わせ窓口に『どんな人が審査に落ちやすいのか』審査申し込みの最低条件について電話で聞いてみた!

イオン銀行だけではなくどのカードローンも審査基準は公表されていませんので、審査内容に関することについては教えてもらえませんでした。

しかし、実際にアンケートをとった結果、やはりイオン銀行カードローンの審査に落ちている人に共通しているのは、信用情報にマイナスの情報が登録されているだろうと推測できる点があることでした。

イオンカード銀行ローンの審査に落ちた後はどうする?

カードローン 審査 落ちる

では、イオン銀行カードローンの審査に落ちてしまったらどうすればよいでしょうか?

まずは審査落ちの理由を考える!

審査落ちしてしまうには何か原因があるはずです。
信用情報にキズが付いているのであれば、事故情報の登録期間が過ぎるのを待つしかありません

 他社借入金額が多すぎる
 他社借入件数が多すぎる
 収入に対して借入希望金額が大きすぎる

など、思い当たる点があれば改善する努力をすることです。

審査通過率が高い

消費者金融は審査通過率が銀行カードローンに比べてかなり高いです。
審査通過率の高さは、消費者金融の審査が多様な属性の申込者に細かく対応できていることを示します。

審査の難易度が高い銀行カードローンでは対応しにくい申込者でも、消費者金融なら独自の審査基準で融資の可否を判断するケースが多いです。

最大30日間は無利息で借り入れできる

カードローンを短期間だけ利用するつもりだという場合であれば、消費者金融のカードローンの方が金利負担を低くできる可能性もあります。

例えば、多くの消費者金融では初回利用に限り30日間程度の無利息期間サービスを提供しています
30日以内に完済できれば利息は0円なのですから、あえてわざわざ審査が厳しい銀行カードローンに申し込むこともありません。

編集部おすすめのカードローンはこの3社

アコム

最大30日間金利0円 gif申し込みはコチラ

借入限度額 800万円
金利 3.0%~18.0%
年齢 20歳~69歳
融資までの時間 最短1時間

 おすすめポイント
 会員数ナンバー1で安心利用!
 カードローン付きのクレジットカードを最短即日で発行

 こんな方におすすめ
 クレカもカードローンも利用したい人

SMBCモビット

モビット カードローン おすすめ申し込みはコチラ

借入限度額 800万円
金利 3.0%~18.0%
年齢 20歳~69歳
融資までの時間 即日融資可

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 おすすめポイント
 セブン銀行ならアプリ利用でスマホのみで入出金が可能!
 「WEB完結申込」で郵送物・電話連絡ナシに!

 こんな方におすすめ
 電話連絡を避けたい人

プロミス

プロミス PROMISE申し込みはコチラ

借入限度額 500万円
金利 4.5%~17.8%
年齢 20歳~69歳
融資までの時間 最短1時間

 おすすめポイント
 アプリローン・スマホATM利用で申込から借入・返済までスマホでOK!
 WEB完結の利用で郵送物なし・カードレス!

 こんな方におすすめ
 無利息期間を有効に利用したい人

▶︎消費者金融カードローンの審査基準まとめ

イオン銀行カードローン増額審査について

現在イオン銀行カードローンでは、増額審査の受付を行っていません

イオン銀行カードローンの審査に関するよくあるQ&A

運転免許証がないと借りられないといった記事をよく見かけますが本当ですか?

いいえ、運手免許証がなくても借り入れできます。以前はWEB申し込みをするには運転免許証が必要でしたが、現在は運転免許証以外にパスポートも利用できます。

まとめ

口座不要で低金利、新しくなったイオン銀行カードローンはますます利用しやすくなりました。
とはいえ審査に通過できなければどうしようもありません。
迅速な融資を優先するのであれば、消費者金を選択肢の一つに加えてみてもよいでしょう

▶︎イオン銀行カードローンの特徴やメリット・デメリットはこちら



この記事を執筆した専門家

林田紗季
林田紗季
ファイナンシャルプランナー
自ら多重債務で苦しんだ経験をもとに、FP3級を取得しました。現在は『貸金業務取扱主任者』の国家資格取得試験に向け猛勉強中です。「読む人の立場になって、わかりやすく伝える」ことをモットーに生活に役立つ記事を目指しています!趣味は旅行!船でのんびり世界一周旅行が夢です!

コメントを残す