【即日発行】イオンカードvs楽天カードはどっちのスピードが早い?

[最終更新日]2018/09/04

この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。

こんにちは!ライターのmiyamotoです!今回は、2枚のカードを徹底比較!イオンカードvs楽天カードで発行スピードを競い合わせてみたいと思います。

楽天

イオンカードも楽天カードも、比較的発行スピードが早いクレジットカードと言われています。

実際具体的にはどれくらいで利用できるようになるかを解明して、急いで作りたい時の選択に生かしましょう。

もちろん、サービスや機能もおざなりにはできないので、そちらも合わせてご紹介いたします。

イオンカードvs楽天カード!基本スペックの良さはどっち?

イオンカードと楽天カードのサービスや機能の良さを比較してみました。

どちらもショッピング系のクレジットカードですが、カードを持つ人の買い物スタイルによって便利さが違います。

券名 イオンカード 楽天カード
券面

イオンカード▶︎公式サイトはコチラ

Rakuten 楽天 VISA▶︎公式サイトはコチラ

年会費 永年無料 永年無料
審査基準 18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方 18歳以上で日本在住の方
ポイントプログラム ときめきポイント 楽天スーパーポイント
還元率 0.4~0.5% 1.0~2.0%
マイル還元レート 1,000ポイント=500マイル(JALのみ) 50ポイント=25マイル(期限付きポイントは対象外・ANAのみ)
海外旅行保険 なし 最大2,000万円
国内旅行保険 なし なし
ショッピング保険 50万円 なし
家族カード 年会費無料 年会費無料
優待サービス イオン・ビブレ・マックスバリュ・イオンスーパーセンターなどで優待映画鑑賞割引カード紛失盗難補償あり 楽天市場にて商品未着あんしん制度ありネット不正あんしん制度カード利用おしらせメール月に2回開催されるポイント最大10倍優待キャンペーンあり

イオンカードを持っていると、毎月20日・30日の「お客さま感謝デー」には買物代金が5%オフに、55歳以上なら毎月15日も5%オフになります。

さらに5日・15日・25日の「お客さまわくわくデー」や毎月10日の「Wポイントデー」など、ときめきポイントが有利に貯まるサービスデーもあります。

楽天カードでは、ポイントが貯まりやすい日はありますが、割引優待系のサービスは期待できません。

その代わり、年会費無料にしては保険やセキュリティなどが比較的強固です。

イオンカードvs楽天カード!発行スピードとすぐに手に入る条件とは?

イオンカードと楽天カードの発行スピードについて見ていきましょう。

実は、どちらも発行スピードは「約1週間程度」(楽天カード)や「1,2週間程度」(イオンカード)となっています。

「どちらも遅いなあ」と感じるでしょうが、実は状況によっては早く手に入ることもあったり、申し込み方法を変えることで即日発行も可能となることがあります。

楽天カードは審査が早く終われば早めに発行されるかも?

Rakuten 楽天 VISA

楽天カードの場合には、社会人で年収が安定しており、クレヒスも順調・・・という高評価な属性の人にとってはスピーディなカードと言えるかも知れません。

学生や収入が不安定な人、様々な「事情」がある人などの場合には、審査が入念に行われるため、発行時間も伸びる傾向と言われています。

楽天カードの場合には、はじめに機械で審査が行われ、その後人による審査が行われます。

そのため、はじめの審査で問題がないとそのまま発行という流れも不可能ではないらしく、実際には1週間かからずに手元に届いたという例もあります。

イオンカードはお店で受け取ればスピーディ!

イオンカード

イオンカードの場合には、審査に通ったことを前提とすれば、店頭受け取りが可能です。

あらかじめオンラインで申し込みをすれば、メールで審査結果を受け取ることができ、審査に通過すれば店頭でカードを受け取ることができます。

受け取りは営業時間内が条件で、受取場所はイオンクレジットサービスカウンターまたはイオン銀行です。

ただし、当日もらえるカードは仮カードとなり、イオン加盟店のみの利用になります。

イオンカードvs楽天カード!周りの人たちの反応は?

実際にイオンカード、もしくは楽天カードを作った人の反応を見てみましょう。

本当に早く作れたり、当日から使えることがあるのでしょうか?

楽天カードは最短3日で受け取れることも?

Rakuten 楽天 VISA

楽天カードの審査は短い人では申込後30秒で審査通過のメールが来ると言われています。

審査が通れば発行準備に入るので、最短3日で受け取ったという人もいるようです。

これは自宅のエリアによっても若干差があり、関東にお住まいの方は早く北海道や沖縄、離島などは遅くなる傾向があります。

しかし、これはあくまでもその人のタイミングであり、確実とは言えないので注意が必要です。

イオンカードの即日発行はイオンで使うなら便利だけど・・・

イオンカード

イオンカードは実際にインターネットでの審査後、店頭で受取るというパターンを選択する人が増えています。

ただし、発行は即日ですが使い勝手には若干の不満が残るという人もいるようです。

仮カードには国際ブランドがついておらず、イオン以外のお店で使うことができません。

本カードが届くまでには約2週間程度かかるので、正式なカードをスピーディに受け取りたいという場合には少し不便です。

イオンカードvs楽天カード!最終的にどちらがいい?

イオンカードも楽天カードも条件次第で早く受け取ることができますが、イオンでは仮カード、楽天では確実ではない受け取り日と、少々心配な点もあります。

イオンのサービスデーなどを当日見つけてすぐに買い物をしたいというのであれば、仮カードで十分なのでイオンカードの即日発行は便利です。

また、本カードをより早く受け取りたいというときは、楽天カードの審査にかけてみるという手も見逃せません。

ただし、どちらも審査状況によって発行できなかったり、時間がかかることもあるので注意が必要です。

この記事と一緒によく読まれる記事はコチラ

【WEB申込みで最短当日受取り!】

三菱UFJフィナンシャルグループ
アコムの業界最速クレジットカード


▼クレジットカードおすすめ記事

審査が甘いクレジットカード
おすすめ人気ランキング
2015-10-14_122013 クレジットカードとは?
仕組みやメリット・デメリット
2015-10-14_122013 クレジットカードの審査とは?
通らない理由と対策方法
クレジットカードの正しい使い方
クレジットカードの支払い遅れはどうなる?
できない場合の対処方法

▼カードローンおすすめ記事

審査が甘いカードローン比較
おすすめ人気ランキング
カードローンとは?
特徴やメリット・デメリット
2015-10-14_122013 FPの私が教える
カードローンの賢い選び方
カードローン審査とは?
仕組みや流れを徹底解説
カードローン審査
に落ちる理由と対策とは?

コメントを残す