【WEB申込みで最短当日受取り!】
acマスターカード,アコム

審査通過率No.1のアコムACマスターカードヘ申込む

病院の入院費用を支払えない人はどうなる?対処方法とは!

[最終更新日]2018/10/05

こんにちは!ライターのmiyamotoです!今回は病院の入院費用が支払えない時の対処方法をご紹介します。

健康な人にはあまり関係ない問題のように感じますが、人間はどんな時に病院にかかるか分かりません。

病気をしなくても、交通事故などでケガをする可能性もあります。

事故の過失も相手が悪いからといって100パーセントの割合で相手の負担になるということが少なくなっています。

つまり、どんなに健康な人でも病院の入院費の捻出の問題は日頃から考えておきたいものなのです。

預貯金や収入に余裕がある人はそこから出すこともできますが、それでも工夫次第で入院費用を削減することができるかも知れません。

病院の入院費が支払えない!治療ができないの?

まずあらかじめ押さえておきたいのは、病気やケガの際には治療費がないからといって通院や入院を躊躇しないで欲しいということです。

自分が働かなければ収入がなくなってしまう自営業者の人でも、まずは体調を整えて再出発することを重視しましょう。

また、病院の入院費の支払い方法にはいろいろなものがあり、公的なサービスを利用することもできます。

そういったことをよく理解しておけば、いざ自分が病気になったり怪我を負った時に躊躇せずに病院へ駆け込めます。

ほとんどの医療機関の支払いは「後払い」です。

いざという時は、お金のことは後回しにして治療を優先させましょう。

病院の入院費用の内訳と支払い方法

病院に入院したことがある人はご存知でしょうが、入院は通院と違って実際の医療費以外のコストも多くなります。

手術や注射、点滴などの費用の他に、家で生活するのと同じように「食事代」や消耗品費などが掛かります。

特に食事は治療の一環であったり、最初から費用が決まっていたりと、家で生活している時のように自分たちで節約することはできません。

また、さらに入院でありがちな費用の内訳を見てみましょう。

  • 差額ベット代
  • 診断書代
  • シーツ、病衣レンタル代
  • オムツ代
  • テレビ視聴代

差額ベット代というのは、4人以下の定員の部屋に入院した時にかかるもので、一日あたりの金額で計算されます。

通常では数千円から一万円程度となっていますが、高いものでは(例外的なものですが)何十万のお部屋というものもあります。

基本的には平均日額が5,000円から6,000円くらいと押さえておきましょう。

さらに、入院するにあたって会社などに提出する必要のある診断書、病院で決められたものを使うためのシーツや病院着など、またトイレで用が足せない場合にはおむつ代がかかることもあります。

テレビはカードを購入して時間性で視聴するようになっていることが多いものです。

入院費用は後払い

上記のテレビカードなどは自分、もしくは家族などが現金で使うたびに購入することが多くなりますが、それ以外のものはほとんどが退院する時の精算で支払いが行われます。

医療費にあたる部分は健康保険で3割負担となり、それ以外は実費がかかります。

それらの費用をまとめた請求書に従って会計窓口で支払います。

基本的には一括払いですが、現在はクレジットカードを利用できる病院も増えています。

入院費が高くて支払えない場合には

一括払いができなければクレジットカードという手もありますが、病院によっては利用不可の場合もありますし、そもそも費用が高すぎて無い袖は触れない、というケースもあるでしょう。

そういった場合には、病院側と相談する方法と公的なサービスを利用する方法があります。

病院と相談してみる

病院には、支払いが困難な人の支払を分割払いにしてくれたり、誓約書を取って後払いにしてくれるところがあります。

後払いの分割払いという方法を取ってくれる場合もあり、この場合には一定期間待ってから支払を始めることができます。

退院してすぐに仕事ができなかったり、療養期間が必要な場合には後払いは非常に助かる方法です。

公的サービスを利用して入院費を捻出

公的なサービスを利用できるのは、、国民健康保険、健康保険組合、協会けんぽ、船員保険、共済組合などに加入している人です。

高額療養費制度

入院費用が不安になったら、「高額療養費制度」を利用しましょう。

健康保険では医療費の自己負担は3割となっていますが、入院したり大きな手術などを行った場合には3割負担でも高額になる恐れがあります。

そんな大きな負担を軽減するのが、高額療養費制度です。

収入などのランクによって、その人の支払うべき医療費の上限を決めて、それ以上の費用がかかった場合には払い戻しをするというシステムになっています。

収入が高い場合では上限も高くなりますが、一定以上の出費はなくなる安心感が得られます。

ただし、この制度は一ヶ月ごとに利用することになるため、月を跨ぐと医療費が二ヶ月に分散されてしまうことがあります。

例えば一ヶ月以内に10万円使う場合と、2ヶ月に渡って1ヶ月あたりの金額が5万円だった場合などです。

上限が9万円だった場合には、前者は上限を越えて払い戻しがありますが、後者では超えないため、払い戻しがないことになります。

高額療養費貸付制度

すぐに払えるお金が手元にない、クレジットカードも使えないという場合には「高額療養費貸付制度」を利用しましょう。

これは高い入院費用を一定額、無利子で貸してくれるサービスで、国民健康保険で医療費の約9割、それ以外で8割の貸付が可能です。

入院費用は心配せずにまずは療養を!

入院費は高くなりがちですが、基本的には公的な補助が出るので負担を抑えることは可能です。

病気をした時はただでさえ弱気になるのに、費用の悩みも上乗せされるようではさらにダメージが大きくなります。

費用の問題は後からでも解決できるので、まずは体を治すことを第一に考えましょう。

私が一時的にお金を工面した方法とは?

実は私も、3年前に原因不明の病にかかり、検査入院した経験があります。

全く預貯金も保険もなかったので、後の請求で冷や汗をかきました。

支払いの滞納や遅延は、あなたの将来だけでなく周りの家族にまで被害が及びます。

あなたが返済できなければ最終的に家族や親族が責任をとることになってしまうのです。

時間が経過すればするほど、状況は悪化していきます。

『そんなこと言われても、手元に現金がないからどうしようもないんだよ!!』

と、返済に苦しむあなたの悲鳴が今にも聞こえてきそうです。

でも実は、私は医療費の請求を『ある方法』で回避することで救われました。

支払い滞納を回避する方法はまだあるので諦めてはいけません!

30日間無利息のキャッシングを上手く活用すれば滞納を回避することが可能なのです。

アコム

30日間無利息なので、返済する際は借りた金額のみをそのまま返済するだけでOKです。

私は30日間の間で仕事を掛け持ちして、足りない分は親族に頭を下げて工面してもらいました。

1度滞納してしまえば、例え完済できても以後5年間は信用情報に傷がつき、カード発行や賃貸契約、住宅ローンも組むことが一切できなくなります。生活が息苦しくなることは容易に想像できるでしょう。

今ならまだ間に合います。

私も利用した三菱UFJフィナンシャルグループ傘下のアコムなら、利用したことが他人にバレることは絶対にありません。

歴史と実績があるので安心して30日間金利0円でキャッシングすることが可能です。

 支払いの関連記事はこちら 



この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。
【WEB申込みで最短当日受取り!】

三菱UFJフィナンシャルグループ
アコムの業界最速クレジットカード


コメントを残す