カードローンは在籍確認なしでも借りられる?書類提出でOKな場合も

[最終更新日]2020/01/30


「カードローンの在籍確認が不安…」「職場のプライバシー保護の方針から電話がかかってきても対応できないかも…。」

近年では、会社にかかってきた個人宛の電話は取り次ぐことができないことになっている会社もありますよね。
普段は安心ですが、カードローンで借り入れしたい方の場合にはちょっと困ってしまうかもしれません。
実は、大手消費者金融のカードローンでは書類提出での在籍確認に対応しているところもあります。

しかし、全てのケースで書類での在籍確認が認められるわけではありません
また、書類での在籍確認では不十分だと判断された場合は職場に電話での在籍確認が行われる可能性もあります。
在籍確認を全くなしにすることはできないので、申し込みをしたら電話がかかってくることに気をつけておきましょう。

ここでは、カードローンの在籍確認について、できるだけ電話連絡をなしにする方法を紹介します。
さらに、在籍確認でどのような対応をすればいいのかなどもお伝えしていきます。

読み終えていただければ、カードローンの在籍確認についてしっかり把握できますよ!

書類での在籍確認に対応しているカードローンを選ぶなら大手消費者金融へ

「カードローンを申し込みたいけれど在籍確認に不安がある…」
勤務先に電話がかかってくる在籍確認は、カードローンの申し込みを考えている方にとってはちょっと気にかかるところですよね。
特に最近では、個人情報管理の面から個人宛の電話に関しては警戒しているという会社もあります。

こうした世間の流れに合わせて、大手消費者金融のカードローンでは書類での在籍確認に対応しているところもあります。
従来では電話でのみ行われていた在籍確認が、書類提出で可能になったということで、少しほっとした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、全ての大手消費者金融が書類での在籍確認に対応しているわけではありません
ここでは、カードローンを申し込む際に在籍確認がない借り入れ先を中心に紹介します!
在籍確認を不安に思って借り入れ先を迷っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

①SMBCモビットカードローンなら完全web完結

SMBCモビットカードローンは、完全web完結のため書類での在籍確認に対応していると明言しています。

SMBCモビットカードローン

SMBCモビットカードローン
種類
消費者金融ローン
金利
利用限度額
融資期間
100万円未満
200~300万円未満
3.0%~18.0%
3.0%~15.0%円
最大800万円
最短即日
  • web完結申し込みで電話での在籍確認なし
  • 郵送物一切なし
  • 即日借り入れにも対応している

多くのカードローンでは、申し込み後に本人確認のために携帯電話などに電話がかかってきます。
それに対して、SMBCモビットのカードローンであれば本人確認の電話もなしと明言されています。
SMBCモビット公式

SMBCモビット公式より
ただし、審査に際して電話連絡が必要と判断された場合は電話がかかってきますが、ほとんど電話がかかってくることはありません。

SMBCモビットのカードローンを完全web完結で申し込む際には、2つの条件があります。

SMBCモビットカードローンweb完結利用条件

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの銀行口座を持っている方
  • 全国健康保険協会が発行する社会保険証、もしくは組合健康保険証を持っている方

SMBCモビットカードローンのweb完結申し込みを利用するためには、所定の銀行口座社名の入った健康保険証を持っている必要があります。
社名の入った健康保険証は入職後しばらくしてから付与され、退職時には会社に返すものです。
そのため、その勤務先で働いていることを一番証明しやすい書類であると言えます。

SMBCモビットカードローンは、即日借り入れにも対応していて、最短30分で審査が完了します。
ただし、月曜日から金曜日の19:00までの申し込みが対象です。

SMBCモビットカードローンのweb完結申し込みの流れ

webサイト上から申し込み
審査
審査結果通知
契約

SMBCモビットカードローンのweb完結申し込みであれば、電話による在籍確認がないだけでなく、カードレスでの利用が可能です。
お持ちの銀行口座のキャッシュカードで借り入れができますので、周りにカードローンの利用がばれる可能性もぐっと抑えることができます。

②その他大手消費者金融は、電話口で在籍確認について相談できる場合もある

在籍確認に対して柔軟に対応しているのは、SMBCモビットカードローンだけではありません。
その他の大手消費者金融企業でも、電話口で在籍確認について相談できる場合もあります。

アイフル、アコム、プロミスではそれぞれ借り入れ申し込み後に本人確認の電話がかかってきます。
この電話は、自宅電話番号や入力した携帯電話番号にかかってきます。
この本人確認の電話のときこそ、在籍確認についての相談をするタイミングです。

電話口で職場への在籍確認について質問するときには、書類での在籍確認に切り替えざるを得ない理由をしっかり説明しましょう。
電話での在籍確認を回避する方法を考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

書類提出による在籍確認を申し出る理由の一例

  • 即日借り入れをしたいけど、職場は既に営業終了時刻を過ぎている
  • 勤務先のプライバシー保護方針のため、個人宛の電話が取り次ぎ不可になっている
  • 営業時間中は現場に出向いており、事務所に誰もいない
  • 夜勤が主の職場のため、借り入れ先の営業時間と勤務先の営業時間が合わない
    など

電話が職場にかかってきたとしても在籍確認が取れない理由をしっかり説明することで、書類提出による在籍確認に対応してもらえる可能性があります。
ただし、審査状況によっては電話での在籍確認が必要であると判断されることもありますから、絶対に避けられるとは限らないということは頭に入れておきましょう。

また、書類による在籍確認が認められた場合に提出を求められるものは、各大手消費者金融企業によって違います。
どの書類が在籍確認として認められるのか、書類での在籍確認を申し出たタイミングで一緒に確認しておきましょう。

書類で在籍確認する場合の提出物の一例

  • 社名の入った健康保険証
  • 給与明細書(直近2ヶ月分)
  • 源泉徴収票
  • など

社名入りの健康保険証のほか、収入証明書類としても提出するものが在籍確認書類になる事が多いです。
特に借り入れを急いでいる方は、あらかじめ書類を用意しておくことをおすすめします。

もし書類での在籍確認が認められなかった場合は、在籍確認の電話が後日行われる場合もあります。
その場合は、在籍確認ができるまでは少額の融資のみとなることもありますので注意しましょう。

さらに電話での在籍確認の場合は、「何日に電話をかけてほしい」などの日時指定に対応してもらえる場合もあります。
これは、シフト制で働いている方にはありがたいですね。
いずれも借り入れ先との相談が必要です。
本人確認の電話がかかってきた際には、こうした懸念点を伝えてみると配慮してくれるかもしれませんよ。

③銀行カードローンはほぼ確実に電話での在籍確認になる

銀行カードローンは、ほぼ確実に電話での在籍確認となります。

しかし、銀行カードローンでも在籍確認が省略される場合があります。
銀行カードローンで在籍確認が省略される可能性がある人は、信用情報から勤務先の確認が可能である人と、借入限度額が50万円以下の人です。

審査においては、まず信用情報機関に記録されている信用情報と申し込み内容との照合が行われます。
そこで、1ヶ月から2ヶ月以内に在籍確認されたという記録があれば、その確認だけで在籍確認が終了する可能性もあります。

また、借入限度額が50万円以下と比較的少額である場合は、返済に関しての負担がそれほど重くならないため在籍確認が行われないこともあります。

消費者金融の利用と比べて、銀行カードローンは比較的金利が低いため利用したいと考える人も多いです。
もし、在籍確認の電話に抵抗があるけれど、金利負担をできるだけ減らしたいという場合は、セブン銀行カードローンの利用はいかがでしょうか。

セブン銀行カードローンは、原則として職場への電話連絡なしで借り入れができるカードローンです。
利用限度額は50万円となっています。
気になる金利は、年15.0%です。
消費者金融の多くは、50万円の利用限度額の場合年利18.0%程度を設定していますので、3.0%分の金利負担が抑えられます。
金利負担を抑えるために銀行カードローンにしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

在籍確認は完全になしにすることはできない

在籍確認は、審査のうえで必要不可欠な工程であるため、完全になしにすることはできません
電話をかけての在籍確認は、金融機関によっては書類提出でも認められる場合があります。
しかし、それでも在籍確認自体をなくすことはできません。
「在籍確認は電話か書類かのどちらかで必ず行われる」ということを覚えておきましょう。

ここからは、在籍確認についての基本的内容や、電話での在籍確認を受ける上での注意点を紹介します。
電話での在籍確認の中身さえ分かれば、あなたの職場でも対応できるかもしれません。
ぜひ読んでみてくださいね。

①在籍確認を行う理由は返済能力を確認するため

そもそも在籍確認はなぜ行われるのでしょうか。
在籍確認を行う理由は、申込者の返済能力を確認するためです。

貸金業法第13条では、「貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。」としています。
つまり返済能力を確認することは、法律で義務付けられてるんです。

返済能力は、収入の多さや職業の安定性などから多角的に判断されます。
ちゃんと収入を得ているのかどうかを確認するための方法の一つが、在籍確認なのです。

仕事を辞めたばかりの方などはタイミングや方法次第では、在籍確認なしで借り入れ審査に通過することもできるかもしれません。
ですが、もし退職済みであることが借り入れ先にばれてしまったら、虚偽の申告をしたと見なされます。
この場合は、利用停止措置を取られたりや一括返済を求められることも考えられます。
最悪の場合は、詐欺だと判断されて刑事処分を下されることもあり得ますので、嘘をついて申し込むのは絶対にやめましょう。

もしも、「在籍確認完全なしで借り入れOK!」などとうたっている金融機関があれば、その金融機関は闇金であると考えられます。
闇金からの借り入れは、後々大きなトラブルになってしまうことも考えられます。
闇金であると考えられるところへの借り入れ申し込みは絶対にやめましょう。

②在籍確認は基本的に電話で行われる

在籍確認は基本的に電話で行われるものです。
そのため、自分宛の電話がかかってきてもつながりやすいと考えられる電話番号を申告しましょう。

大きな会社に勤めている方は、代表番号や部署ごとの電話番号など、社内に複数の電話番号があるという方もいるかもしれません。
思い当たる方は、申し込みの際にご自身が在籍する部署につながる電話番号を記入してくださいね。

また、在籍確認の電話は担当者の個人名でかかってきます。
「○○と申しますが、××様(申込者)はいらっしゃいますか?」といった具合です。
あなたの勤務先に、あなたと苗字が同じ人が複数人いる場合他の人につながってしまう可能性もあります。
申し込みの際には、どこの会社のどの部署に勤めているのかまで伝えられるといいですね。

さらに、電話をかけた要件が在籍確認であることは絶対に伝えられません。
もしも電話をとった人が「どういったご用件でしょうか?」と尋ねた場合は、「いらっしゃらないのであれば、またこちらからかけなおします。」などと言われると考えられます。
何の要件かわからないことから怪しまれるという場合もありますので、勤務先で不審な電話がかかってきたと言われることもあるかもしれません。

③在籍していると認められる応対と認められない応対の例

在籍確認の電話がかかってきたときに、在籍が認められない場合は審査落ちとなる可能性が高いです。

在籍確認の電話がかかってきたときに、自分で電話を取れればベストなのですが、毎回自分が電話に応対できるとも限りません。

★在籍確認が出来る例と出来ない例
認められる応対 認められない応対
  • 「○○はただいま席を外しております。」
  • 「○○は外出しております。」
  • 「そのような質問にはお答えできかねます。」
  • 「○○は休職中です。」
  • 「○○という者はいません。」
  • 電話に誰も出ない

何らかの形で申込者が勤務していることが確認できる受け答えがあれば大丈夫です。
しかし、勤務していないと受け取れる応対や、勤務しているかどうか判断がつかない受け答えをしてしまった場合、在籍確認ができなかったという判断になってしまいます。
また、現場と事務所が離れているため勤務時間中の電話対応が難しいという場合もあるかもしれません。
上記の表のような「認められない応対」になってしまうと考えられる場合は、借り入れ先に在籍確認についての不安を伝えてみましょう。
何らかの解決策を提示してもらえる可能性があります。

在籍確認の電話がかかってくるうえでの注意点

「ここまで読んだけれど、正社員じゃない場合は在籍確認の電話ってどうなるのかな?」
「電話がかかってきたときに周りにカードローンの借り入れだってばれないか不安…」
そんな方は、ここを読んでみてくださいね。
ここからは、カードローンの在籍確認についての注意点を紹介します。
働いていない場合やアルバイト・派遣社員として働いている方は、正社員の方の在籍確認とは少し勝手が違う点があるので特に注意してくださいね。

①働いていない場合は本人確認の電話がかかってくる

もしあなたが専業主婦などの場合は、勤務先がありませんよね。
このような場合は、申し込み先から本人確認の電話がかかってきます。

千葉銀行のカードローンなどは、専業主婦の方でも申し込みが可能です。
銀行カードローンなので、ほとんどの場合で勤務先に電話をかけての在籍確認が行われますが、専業主婦の方は電話をかける先がありませんので在籍確認がありません。
また、旦那さんの職場に在籍確認の電話が行くこともないので、安心してください。

②電話がかかってくるのは当日~3日後程度

在籍確認の電話がかかってくるのは、最短当日です。
遅くとも申し込み後から3日程度のうちにかかってきます。

もしもこの期間の間に電話がかかってこなければ、審査落ちしてしまったか、電話が来たけれど対応できなかったことなどが考えられます。
留守電が入ってないかどうかを確認してみましょう。
電話を折り返す際は、申込先が営業時間内であるかをよく確認して折り返してくださいね。

③個人事業主や自営業者がカードローンの在籍確認を突破するには、各金融機関の在籍確認方法をチェック

個人事業主自営業者なので在籍確認が不安という方は、借り入れ先の在籍確認方法を確認しておくことが大切です。

個人事業主や自営業で収入を得ている人は、勤務先を持たないということもありますよね。
その場合は、在籍確認の電話をかける先がないため、働いていることの確認がとりづらいです。
個人事業主や自営業の方は働いているのに、無職の方と同じような扱いとなり、申し込みすらできないとあってはとっても理不尽な印象をうけますよね。

もしあなたが自宅と職場を兼ねている場合は、固定電話があればその電話番号を申告しましょう。
申告した電話番号に在籍確認の電話がかかってくるでしょう。
しかし、最近では固定電話を持っていないという方も増えていますよね。
レイクALSA申し込みの際に固定電話番号の入力が必須となっていますので、固定電話を持っていない場合は申し込みできません。

また、大手消費者金融では、先述のように書類提出による在籍確認が認められるケースがあるため、相談してみましょう。
その場合、確定申告書などの収入を証明できる書類の提出を求められますので、あらかじめ準備しておくとスムーズです。

ここで注意してほしいのは、自営業者に対応しているカードローンを選ばなければいけないことです。
自営業者は、借りたお金が事業に使われるのか、それともプライベートの旅行や生活費の補填に使われるのかなど、お金の使途がわかりづらいです。
事業性の資金としての貸し付けは行っていないというところもありますから、必ず確認しましょう。

以上のことから、固定電話番号の有るなしや、書類提出による在籍確認に対応しているか、そもそも自営業者でも申し込み可能かどうかはしっかり確認しておきましょう。

④アルバイトは勤務先店舗電話番号、派遣社員は派遣元電話番号を記入

アルバイトとして働いている方は、申し込み時に勤務先の店舗の電話番号を申告しましょう。
派遣社員として働いている方は、派遣元の電話番号を記入しましょう。

アルバイト先が大規模な企業であるほど、各店舗の人員ひとりひとりまで名前を把握しているとは考えづらいです。
そのため、本社の電話番号ではなく、働いている店舗の電話番号を記入しましょう。
社員として働いている場合でも、現場と本社とで大きく体制が違うなどの場合は、働いているところの電話番号の方がよりスムーズな在籍確認ができると考えられます。

その一方で、派遣社員として働いている場合は、派遣元を申告します。
これは、あなたを雇用しているのは派遣元であるためです。

⑤同僚などにばれない自然な言い訳は「クレジットカードの在籍確認」

在籍確認の電話がかかってきたとき、上司や同僚などにカードローンの利用がばれない自然な言い訳は「クレジットカードの在籍確認だった。」です。

クレジットカードの在籍確認は、新しいクレジットカードを作る際に必要な工程の一つです。
また、クレジットカードとカードローンの在籍確認の目的はともに「返済能力の根拠である収入や勤務状況が確かなものであるか調べる」ためなので、もし電話での会話を聞かれていたとしても不審に思われることはありません。

在籍確認の電話が怪しまれてしまう一番の理由は、個人名でかかってくる点ではないでしょうか。
会社にかかってくる電話で、所属を名乗らない電話はほとんどありません。
会社同士の付き合いがあるところであれば、まずは社名を名乗る事が多いですよね。
たとえば夫の勤務先に電話をかけることになったとしても、「○○の妻ですが…」と名乗ることが多いですよね。
それに対して、在籍確認の電話は「わたくし××と申しますが…」といきなり個人名を名乗ります。
ここが他の電話と比べて違和感を大きく感じるポイントです。
だからといって、在籍確認のスタッフに嘘の社名を名乗ることをお願いするわけにもいきません。

もしも在籍確認の電話がかかってきたときに「何の電話だったの?」と尋ねられることがあれば、「クレジットカードの在籍確認の電話がかかってきた」と答えるのがベストでしょう。

まとめ

  1. 在籍確認を避けることはできない
  2. 在籍確認は電話書類提出
  3. SMBCモビットカードローン完全web完結なので、書類による在籍確認が可能
  4. 大手消費者金融では、書類提出での在籍確認が認められる場合があるので相談してみる
  5. 銀行カードローンは、電話での在籍確認がほとんど
  6. 働いていない場合は本人確認の電話がかかってくる
  7. アルバイトは勤務先店舗の電話番号を申告
  8. 派遣社員は派遣元の電話番号を申告
  9. 同僚などにばれない自然な言い訳は「クレジットカードの在籍確認」
  10. 在籍確認なし」は闇金の可能性が高いので避ける

カードローンを申し込む際には、在籍確認をなくすことはできません。
しかし、相談すれば電話での在籍確認ではなく書類提出による在籍確認が認められる場合もあります。
在籍確認に不安がある方は、申し込みの前にその申込先がどういった在籍確認に対応しているのかをよく確認しておきましょう。
またカードローン申し込みの際に申告する電話番号は、自分につながりやすい番号を申告することが大切です。
ただし、派遣社員として働いている方は派遣元の電話番号を申告するという例外もありますので注意してくださいね。
カードローンの在籍確認についての疑問は解決できましたか?
スムーズにカードローンの在籍確認が済ませられるように応援しています!



この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。
                     

コメントを残す