カードローン申込〜お金の借り方を解説!失敗しない作り方

[最終更新日]2018/10/14

カードローンを初めて利用する際は誰しも不安ですよね。この記事では、カードローンの申込方法〜現金を引き出してお金を借りるまでの流れや手順を解説します。絶対に失敗しない賢いカードローンの申し込み方法(作り方)をマスターしましょう。

借入診断

カードローンは審査に通らないとお金を借りることができません。まずはカードローンで申込して借り入れできそうか、診断ツールでチェックしてみましょう!

この診断を行うことで、あなたがカードローンの審査に通りそうかザックリと確認することができますよ。

借入診断ならアコムがおすすめ!

カードローンの借り方とは?

カードローンはローン会社と契約するだけで、口座やATMからすぐにお金を引き出すことができる便利な商品です。

『お金がどうしても必要だけど、頼れる家族や友人がいない…』

お金が急に必要になったとき、カードローンはあなたの心強い味方となります。身分証明書があれば保証人なしで借りることができる上に、利用目的は原則自由。生活費の足しに使ったり、急な病気や結婚式でもすぐ対応することができます。

ただし金利が高いため利息が高くなりがち。そのため借りるときは、自分に合ったカードローンを選びつつ、利息を抑えることが大切です。

カードローンはすぐに使わなくてもいいの?
カードローンは作るだけでも問題ありません。緊急時に利用できるように先に契約しておくと、いざというときに慌てずにすみます。

万が一に備えて1枚持つだけで、何かあった時に心にゆとりができますよ。

誰にバレずに借入できるおすすめカードローン

カードローンの借り方で注意すべきポイント

カードローンの借り方で最低限知っておくべき注意点をまとめておきます。

 カードローンの返済期間は長いです。返済シュミレーションで事前に返済の計画を立てるようにしましょう。

 最低返済額はカードローン会社により異なります。支払いに無理があると滞納の原因になるので
、事前に返済額のチェックが必要です。

 申込内容間違えや不備があると審査が遅れたり落ちる原因になります。間違いに気づいたら早めにコールセンターに電話してください。

 カードローンの利用明細は親バレや家族バレのもとです。財布にいれておかず、保管場所を決めておくか破棄するようにしてください。

 借入・返済に手数料がかかることがあります。無料で借りられる方法をチェックしておくと余計な出費を防げます。

カードローンの返済方法と利息や返済額を減額するコツ

カードローンの申し込み〜借入の流れを解説

カードローン 申し込み 借り方

①利用したいカードローンを選択する

まずはカードローン会社を選びます。ローン会社により特徴が異なるので、自分の希望条件の近いところを選びましょう。

どこがいいか分からない人は、後ほどご紹介するローン会社を検討してみてください。

②インターネット(WEB)、無人契約機/店舗、電話などの方法で利用申し込み

ローン会社を選んだら申込をします。申込方法は様々ですが、WEB申し込みは24時間いつでも受付しているので便利です。

 申込時準備するもの

 本人確認書類

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード など
 
 収入証明書(融資額50万円超/他社借入総額100万円超)

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書
  • 確定申告書 など
 複数の同時申し込みに注意!

心配だからと複数社に短期間で申込するのは避けましょう。申込ブラックという一時的に審査に通りにくい状態になり、審査落ちする原因になります。

とくに銀行カードローンは多重債務問題の影響で、2社同時申し込みでも審査に影響する可能性があります。申し込みするときは1社に絞ってください。

③審査の実施

審査を行い返済能力があるかチェックをされます。

審査では、

  • 申込内容が基準を満たしているか
  • 信用情報に問題がないか
  • 在籍確認が取れるか
  • 必要書類が揃っているか

などの確認が行われます。

ウソをつくと落ちます!
虚偽の申告は審査落ちの原因になります。申し込みウソを書くのは絶対にやめましょう。

カードローンの審査についてはこちら

④審査結果の連絡が入る

審査結果の連絡が入ります。消費者金融最短当日銀行カードローン早くても2営業日以降連絡となるところが多いです。

 途中申し込みキャンセルできる?影響は?

 申込の途中でコールセンターに電話すればキャンセルも可能です。ただし申し込みだけでも信用情報を照会しているので、申込情報は6ヶ月間登録されます。

また、申込情報があるにも関わらず契約情報がないので、他社から見ると審査落ちしたように見えるリスクがあります。キャンセルしても6ヶ月は他社への申込にも影響があると考えてください。

カードローンの審査結果がこない理由と対処方法はこちら

⑤郵送や無人契約機等の方法でカードの受け取り(カードレスもあり)

契約したらローンカードを受け取ります。基本は郵送ですが、無人契約機があればその場でカードを受け取ることもできます。

プロミスやレイクALSAのようにカードレスを選択できるところもあるので、絶対に周りにバレたくないなら検討してみましょう。

⑥現金を引き出す

契約が完了したら現金を引き出せます。主に以下2つの方法が主流です。

受け取りしたローンカードで提携ATMから現金引き出し

 借入手順

①ローンカードをATMに入れる
②画面の『ご出金・借り入れ』を選択する
③暗証番号を入力する
④希望取引金額を入力する
⑤確認ボタンを押す
⑥現金引き出し

指定した銀行へ口座振込依頼をして銀行やATMで現金引き出し

 借入手順

①電話やネットで必要項目を入力して申し込み
②口座に振込される
※振込口座や時間帯により入金が遅れる場合があります
③ATMで銀行キャッシュカードを使って現金引き出し

申し込み方法について

申し込み方法は主に5種類あり、都合に合わせて選べるようになっています。

 申し込み方法

  • インターネット(WEB申込)
  • 電話
  • 店舗
  • 無人契約機
  • 書面郵送

インターネット(WEB申込)

インターネットを利用して公式サイトから申し込みする方法です。

 メリット

 スキマ時間に申し込みできるので手間がない
 24時間いつでも申し込みできる
 来店不要でWEB契約も可能

 
 デメリット

 ネットがないと利用できない
 機械が苦手な人は申込しにくい

 おすすめな人

 ネット環境が整っている人
 ネットだけで完結したい人
 周りにできるだけバレたくない人

※申し込みだけネットで行い、ローンカードを契約機まで取りに行く方法は比較的早く契約ができます。契約書やカードが自宅に届かないので、家族バレを避けたいときにオススメです。

電話

電話でオペレーターと話して申し込みする方法です。

 メリット

 電話で相談しながら申し込みを進められる
 入力の手間がない

 
 デメリット

 時間が拘束される
 入力ミスが出る可能性もある
 審査落ちの場合は郵送になることが多く、結果を待たされる可能性がある

 おすすめな人

 電話で色々相談したい人
 申込入力をしたくない人

店舗

直接店舗に出向いて来店契約する方法です。

 メリット

 すぐにローンカードが手に入る
 分からないことをすぐ確認できる

 
 デメリット

 店舗に入るを誰かに見られる可能性がある
 申込書を手書きするのが面倒
 営業時間が短い

 おすすめな人

 店舗が近くにある人
 色々確認しながら申し込みしたい人

無人契約機

全国に設置されている無人契約機で申し込みする方法です。

 メリット

 ローンカードをすぐ受け取れる
 対面せずに申し込みができる
 夜遅くまで営業している
 家に契約書やカードが届かない

 
 デメリット

 入るのに勇気がいる
 誰かに見られる可能性がある
 申し込みしてから待ち時間がかかる
 申込書を手書きするのが面倒

 おすすめな人

 ローンカードが早く欲しい人
 家に契約書やカードが届くのを避けたい人
 人目を気にしない人

書面郵送

申込書を郵送して書面で契約のやり取りを行う方法です。

 メリット

 じっくり検討しながら申し込みできる
 ネット環境がいらない

 
 デメリット

 融資まで非常に時間がかかる
 家族にバレやすい
 審査結果の待ち時間が長い

 おすすめの人

 ネット環境がない人

現金の引き出し方法について

現金の引き出し方法は主に3種類あります。利用しやすい方法を使いましょう。

 現金引き出し方法

  • ATM
  • 振込キャッシング
  • 店頭窓口

ATM

自社ATMまたはコンビニ等の提携ATMを使ってお金を引き出す方法です。

 メリット

 ほぼ24時間利用することができる
 銀行口座と同じ感覚で使える

 
 デメリット

 ATM利用手数料がかかる場合がある
 ローンカードを使うと周りにバレる危険がある

 おすすめな人

 手軽にお金を引き出したい人
 コンビニを使うことが多い人

振込キャッシング

電話やインターネットを使って口座にお金を振り込んでもらい、お金を引き出す方法です。

 メリット

 提携口座なら24時間即振込してもらえる
 自分の口座から引き出すのでカードローンだとバレない

 
 デメリット

 土日祝日、時間外はすぐにお金が借りられない場合がある
 振込までに時間がかかることがある

 おすすめな人

 ローンカードを使わずに引き出したい人
 家から出ないでお金を借りたい人

店頭窓口

店舗窓口で直接お金を借りる方法です。

 メリット

 疑問点や心配事を直接相談できる

 
 デメリット

 営業時間が短いことが多い
 直接店舗に出向く必要がある

 おすすめな人

 近くに店舗がある人

限度額について

カードローンには利用限度額が設定されており、限度額の範囲内であれば何度も借入・返済ができる仕組みとなっています。金利利用限度額高くなるほど低くなるので、高額限度額契約できれば非常お得です。

カードローン,利用限度額
参考:楽天銀行スーパーローンの金利と利用限度額

ただし利用限度額高いほど貸し倒れリスク高くなるので、審査厳しくなります。審査に通ることを第一優先にするなら、低めの希望融資額で申し込みをするのが無難です。

申し込み時の注意!
総量規制という貸金業法の規定により、消費者金融は年収の3分の1までしか借り入れできません。また、銀行カードローンも同様に自主規制で融資上限を設けており、年収の3分の1までと取り決めているところが増えています。

希望融資額によっては審査が非常に厳しくなるので、年収とのバランスを考えましょう。

私の属性でもカードローンで借入できるの?FPが診断!

カードローンで借り入れできるか心配な人もいるでしょう。ここでは属性ごとに借り入れ可能か、カードローンを選ぶときのポイントをまとめていきます。

借入可否 借入チェック項目 オススメのカードローン
アルバイト・パート・フリーター 『パート・アルバイトOK』と記載されているか
勤続年数は長いほど有利!
アコム
楽天銀行スーパーローンなど
専業主婦 『専業主婦でもOK』と記載されているか
利用できないカードローンが多いので注意!
楽天銀行スーパーローン
学生 『学生OK』と書いてあるとなお可
アルバイトしていることが条件!
アコム
ジェイスコアなど
自営業・個人事業主 確定申告を用意しておくこと!
事業用なら消費者金融一択。
ビジネスローンも〇
アコム
プロミス
アイフルなど

カードローンで借入できない属性

カードローンは誰でも借入できるわけではありません。残念ながら利用できない人もいます。ここでは借入が難しいのはどんな人か解説していきます。

借入できない人

  • 無職やニート
  • 収入が不安定な人
  • 過去5年間にローンやクレジットカードの支払いを2、3ヶ月延滞したことがある人
  • 過去5~10年間に債務整理を行った人
  • 他社で年収の3分の1以上借りている人

安定収入は必要となるので、そもそも収入を得ていない人は申し込みできません。安定収入が必要となるので、日雇い労働や単発バイトのような収入がいつ入るか分からない人も借入対象外です。

また過去にローンやクレジットカードで長期延滞や債務整理をしていると、返済能力がないと見なされて審査に落ちます。思い当たる方は信用情報を開示して『異動』や『法的手続』といった文字がないか確認してください。

カードローンの審査に落ちる理由と対策

借入できない可能性が高い属性

  • 未成年
  • 専業主婦
  • 年金受給者
  • 反社会的勢力に関わる職業

大手のカードローン会社のほとんどは申込条件を満20歳以上と定めており、未成年は利用できません。ただし働いていて親の同意が得られれば、ろうきんで借り入れできる可能性があるので検討してください。

専業主婦はこれまで銀行カードローンであれば利用可能でしたが、現在は申し込みできないところが増えています。楽天銀行スーパーローンならまだ申し込みできるので、今のうちに申し込みしておくことをオススメします。

主婦が今すぐお金を借りる方法
パート・アルバイトの主婦がカードローンを選ぶポイント
主婦におすすめの即日融資カードローン比較

初めてのカードローン申し込みで失敗しない選び方

初めて,カードローン,失敗しない,選び方

はじめてカードローン選び重要なことは、ズバリ大手選ぶこと』です。

初めてでいきなり名前も知らないような中小を選ぶとはオススメできません。なぜなら安全かどうか初心者では見分けがつきにくいからです。

初心者が知っておきたいカードローンの賢い選び方

 安全なカードローンかチェックする方法

銀行カードローン 名の知れた銀行か?
分からない場合は全国銀行協会の会員かチェック
消費者金融 貸金業登録が行われているか?
マークや登録番号が明記されている

間違いないのは、CMや看板の広告で見たことがあるようなカードローン会社を選ぶこと。有名カードローン会社を一覧でまとめたのでご覧ください。『なんとなく名前を聞いたことがある! 』という人も多いのではないでしょうか。

銀行カードローン 楽天銀行スーパーローン、三菱UFJ銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、三井住友銀行カードローン など
消費者金融 アコム 、プロミス、アイフル、SMBCモビット

カードローン会社よって特色が異なります。大手のローン会社が分かったら、あとは自分の希望条件に近いところに申し込めばまず失敗はありません。

最低限チェックしておくべき条件は以下の通りです。

 金利

 融資までにかかる時間

 ATM手数料の有無

 最低返済額

 返済のしやすさ

 金利

金利を確認するときは、一番大きい方の数字(上限金利)をチェックしましょう。たいてい初回は上限金利が適用される場合がほとんどだからです。

 銀行カードローン⇒15.0%前後
 消費者金融⇒18.0%前後

金利で比較すると銀行カードローンの方が低いです。ただし大手消費者金融は初回に30日間の無利息サービスをつけている場合が多く、一時的な借り入れなら逆にお得に借りられる可能性もあります。

借り入れ期間も考慮して決めるといいでしょう。

 融資までにかかる時間

融資を急いでいて当日に借りたいという人は、迷わず消費者金融を選びましょう。銀行カードローンは、2018年1月以降から即日融資額ができなくなりました。最短で2営業日、ローン会社によっては数週間かかることもあります。

消費者金融であれば審査が最短30分、融資まで最短1時間とスピーディです。

 ATM手数料の有無

ATMの利用率が高いなら手数料無料のカードローン会社を選ぶとムダなお金がかかりません。

銀行カードローンはコンビニATMが無料なとなっているところも多いので、チェックしてみるといいでしょう。

 最低返済額

毎月の返済額はカードローン会社によって異なります。返済額が多いほど支払う総利息が少なく早く完済できますが、負担が大きいと滞納するリスクもあります。

月2,000円からと少額返済ができるカードローンもあるので、無理のない返済額のカードローン会社を選ぶようにしてください。

 返済のしやすさ

カードローンの完済は時間がかかるので、返済のしやすさも重要です。消費者金融の方が返済の自由度が効きやすく、返済日の指定ができたり返済方法が豊富な傾向にあります。

銀行カードローンだと、返済は自社の口座引き落としのみというところも。メインバンク以外で契約するなら返済方法が面倒ではないか確認必須です。

初心者におすすめのカードローン人気ランキング

ここでは初心者さんでも安心して利用しやすいカードローンをご紹介します。

『どこを選んでいいか分からない!』と悩んでいるなら、これからオススメする3社から選んでおけばまず間違いありません。

特徴がそれぞれ違うので、自分に合いそうなカードローンを選んでみてくださいね。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローン申し込みはコチラ

利用限度額 800万円
金利 1.9~14.5%
保証会社 楽天カード、セディナ
融資時間 最短2営業日~
最低返済額 2,000円~
口座開設 不要

 おすすめポイント

 楽天ユーザーは会員ランクに応じて審査優遇あり!
 ポイントプレゼントや定期的な金利キャンペーンなどお得感◎!
 提携コンビニATMはいつでも無料で利用OK!

 

 こんな方におすすめ

  • 毎月の返済額を抑えたい方
  • 専業主婦の方
  • 楽天ユーザーの方
  • コンビニATMの利用率が高い方
 

楽天銀行カードローンは毎月の返済額が少ないので、とくにパートやアルバイトの方にオススメです!専業主婦なら楽天銀行カードローン一択。他社ではすでに申込不可となっているので、利用するなら今のうちですよ。

楽天銀行の口座があれば24時間即振込が可能で、コンビニATMはいつでも無料。ネットでしか申込できませんが、借入・返済時での使い勝手はバツグンです。

楽天銀行カードローンの特徴やメリット・デメリットはこちら

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン申し込みはコチラ

利用限度額 10~800万円
金利 2.0~14.0%
保証会社 オリエントコーポレーション
融資時間
最低返済額 10,000円~
口座開設 必要

 おすすめポイント

 キャッシュカードですぐ借り入れが可能!
 低金利設定で支払う利息を抑えられる!
 口座があればWEB完結申込で郵送物ナシにできる!

 

 こんな方におすすめ

  • 公務員や正社員の方
  • みずほ銀行をメインバンクにしている方
  • 総利息を抑えたい方
  • ローンカードを作りたくない方
 

最低返済額が10,000円からと高めの設定なので、ある程度収入に余裕がある方にオススメです。返済額が多い分だけ、支払う総利息も抑えられます。ムリなくご返済いただける範囲で、計画的にご利用ください。

みずほ銀行は口座開設が必須。口座がない場合は借り入れまで時間がかかるので注意してください。

ローンカード専用型とキャッシュカード兼用型を選べるので、カードを作らなくても済みます。公共料金やクレジットカードの延滞を防ぐことができる便利な自動融資機能もあります。

みずほ銀行カードローンの特徴やメリット・デメリットはこちら

アコム

最大30日間金利0円 gif申し込みはコチラ

利用限度額 800万円
金利 3.0~18.0%
保証会社
融資時間 最短1時間
最低返済額 3,000円※~

※借入残高10万円、利用限度額30万円超の場合

 おすすめポイント

 初回30日間無利息サービスあり!
 最短1時間のスピード融資は可能!
 豊富なノウハウと独自の審査基準で利用者述べ1,000万人を突破!

 

 こんな方におすすめ

  • 借り入れを急いでいる方
  • 審査に不安感をもつ方
  • 一時的な借り入れを考えている方
 

銀行カードローンは融資まで少し時間がかかるので、当日すぐに借りたい方や審査を待ちたくない方にはアコムがオススメです。

独自の審査基準を持っているので、初めての利用や審査が通るか不安な人にも良いでしょう。金利が高めの設定ですが初回無利息サービスがついているので、一時的な借り入れなら銀行カードローンより総利息が抑えられます。

勤務先への在籍確認を電話から書類に変更できる場合もあるので、心配なら相談しましょう。

アコムの特徴やメリット・デメリットはこちら



この記事を執筆した専門家

佐藤
佐藤
ファイナンシャルプランナー
2級FP技能士。心理学系の大学を卒業したのち、IT関連会社に5年勤務。大手企業を顧客にもち、数多くのプロジェクト案件に携わる。保険や資産形成への興味からファイナンシャルプランナーの道へ。「正しい知識でお金を味方につける」をモットーに、WEBライターとしてお金の悩み解決に取り組む。

コメントを残す