異動とは?信用情報機関に記録された異動記録はいつ消える?

[最終更新日]2018/10/08

カードローンを申し込む時にブラック判定になる『異動』とはどんな状態なのか?カードローン審査で落ちると「もしかして自分はブラックリスト入りしているのかな?」と思ってしまいますね。今回は異動に登録されるよくある事例異動があるかの確認方法異動の記録がいつまで残るのか、などについて徹底解説しています。

事故情報,ブラックリスト,債務整理

ローンの審査に落ちた?原因は『異動』かも

生徒
「異動」とはどのような状態をいうのでしょうか?
先生
「異動」とは、信用情報機関に登録されている「個人の信用情報」にキズが付いている状態のことです。
「申込ブラック」や「金融ブラック」もこれに含まれます。
信用情報に「異動」が付いていると、ローン審査に通りにくくなります。

 

信用情報機関に保管されている情報は「信用情報」と呼ばれます。金融機関は審査の際、信用情報を見て、申込者が「返済する能力のある人物かどうか」を判断します。
 

信用情報機関と審査の関係性については「信用情報機関とは?カードローン審査との関係性を徹底解説!」の記事で詳しく解説しています。

申込ブラック・金融ブラック

「異動」情報は「申込ブラック」「金融ブラック」とも表現されます。

金融ブラックとは、ローン支払いの長期滞納債務整理の実施、強制解約などによって、信用情報にキズがついている状態です。

申込ブラックは、短期間複数のクレジットカードや各種ローンを申込している状態のことです。申込ブラックの場合も、信用度が低い利用者と判断されてしまいます。

JICC・CIC・全国銀行協会の違いとは?
2017.08.11

「異動」記載例

自分の信用情報に「異動」の記載があるかどうかを確認する方法はありますか?
各信用情報機関の「開示報告書」を見ることで確認できます。

異動,信用情報,CIC

上の画像は、個人信用情報機関の1つである「CIC」の開示報告書の表示例です。

赤で囲んだ部分に「異動」の文字が記載されているのが分かります。この場合、ローン返済において「事故情報」が発生したことを表しています。

「異動」に登録されている可能性がある事例

こんな場合は「異動」に登録されているかも

  • ローンの審査に落ちた
  • キャッシングの増枠を拒否された
  • クレジットカードが自動更新されなかった
  • クレジットカードの申込みができなかった
  • 携帯端末の割賦払いができなかった
先生
上記のようなことが実際にあったという方は、信用情報に「異動」が登録されている可能性があります。開示報告書でチェックしてみましょう。

異動になる事例とは

事故情報,ブラックリスト,債務整理

信用情報に「異動」が登録される事例
  1. 長期滞納…借金の滞納・携帯電話の割賦契約の滞納・奨学金の返済滞納など
  2. 債務整理…任意整理・個人再生・自己破産など
  3. 強制解約

上記の事例を起こしてしまうと、信用情報に「異動」が登録されます。それぞれ解説していきます。

1. 長期滞納

長期滞納とは

「返済期日から61日以上」借金を滞納している状態のこと。

「長期滞納」を起こしてしまうと、「金融事故」として信用情報機関に登録されます。長期滞納と判断される基準は、借金を返済しない状態で「返済期日から61日以上」経過することです。

注意したい長期滞納の事例

  • 携帯電話本体の割賦契約を含む月額料金の滞納
  • 奨学金の返済滞納
  • 使っていないクレジットカードの更新料金

携帯電話本体の割賦契約を含む月額料金の滞納

携帯電話本体の「分割払い」を滞納することも、金融事故として登録されてしまいます。

auやソフトバンクなどの各携帯キャリアは、個人信用情報機関の「CIC」に加盟することが法律で義務付けられているからです。

奨学金の返済滞納

奨学金の返済を滞納してしまった場合も、金融事故として登録されます。

日本学生支援機構のような奨学金を実施している団体は、個人信用情報機関に加盟しています。
そのため、支払い状況等の信用情報が登録されているのです。

長期滞納とされるのは、その他の借金と同じで「返済期間から61日以上」経過した場合です。

使っていないクレジットカードの更新料金

普段から使っているカードなら問題ないですが、普段あまり利用する機会がないクレジットカードを持っている場合には注意が必要です。

年会費ありのクレジットカードの場合、毎年「更新料」を支払う必要があるからです。

うっかり更新料のことを忘れていて、いつの間にか異動情報が登録されてしまうという可能性もあります。

2. 債務整理

債務整理とは

借金の減額や、支払いに対して猶予を持たせることで、債務者を借金のプレッシャーから解放させる制度のこと。

債務整理は、「任意整理」「個人再生」「自己破産」などの手続きの総称のことです。

以前に債務整理を受けたことがある場合、信用情報機関に事故情報として登録されます。

債務整理の手続き

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

任意整理とは

任意整理とは、借金の減額将来の利息や支払いが遅れた際に発生する「遅延損害金」のカットなどを交渉することで、債務者が毎日の生活に支障をきたさない程度で、返済を続けられるようにする手続きのことです。

個人再生とは

個人再生は、現在持っている借金の返済が困難であることを裁判所に認めてもらい、借金を減額することを目的とした債務整理の手続きの一つです。減額した借金を3~5年かけて返済していくことになります。

個人再生は、家や車などの財産を維持しながら借金の整理ができるという特徴があります。

自己破産とは

自己破産とは、財産が無いために借金返済が不可能であることを裁判所に認めてもらうことで、借金の返済が免除されるという、債務整理の手続きの一つとなります。

個人再生とは異なり、家や車などの財産は手放す必要がありますが、今後の収入を生活費に充てることで、生活を立て直すことができます。

3. 強制解約

強制解約とは

利用していたカードローンが、なんの前触れもなく強制的に解約させられてしまうこと。
3ヶ月以上の滞納や、返済催促電話の無視などが原因となる。

カードローンの支払いを3ヶ月間以上滞納した場合、強制解約になる可能性があります。

また、クレジットカード会社からの支払い催促の電話を無視していると、支払いの意志がないと見なされ、強制解約となる可能性が高まります。

カードローンの強制解約も、金融事故として信用情報機関に登録されます。

カードローンの強制解約とは?原因と解決方法を解説!
2018.03.28

カードローンが強制解約された場合、残っている借金はどうなりますか?
消えるわけではありません。銀行カードローンの場合、代位弁済として保証会社に返済することになります

カードローンが強制解約されたとしても、借金の一括返還が求められます。それでも返済しないままでいると、債務整理することになります。

また、強制解約されたカードローンが銀行カードローンの場合は、注意しなければなりません。

銀行カードローンは保証会社と契約しており、債務者が一括返済をしないままでいる場合、「代位弁済」が行われます。

代位弁済とは?

一般的に3ヶ月以上滞納が続いた場合に、借金を返済しない債務者に代わって、第三者がその借金を弁済すること。その際、求償権は債務を弁済した第三者に移行する。

代位弁済が行われると、第三者である保証会社が、債務者に代わって借金を弁済します。代位弁済が行われても借金が消えるわけではありません。

これまでの債権者に代わって、保証会社が立替した借金分の返済を請求できる求償権を持ちます。そのため、債務者は求償権を持つ保証会社に対し、返済を行う義務があります。

カードローンの代位弁済とは?請求通知や保証会社への対処方法
2018.03.27

数日の延滞でも異動になる?

生徒
数日の延滞でも異動になるのでしょうか?
先生
異動の登録は61日以上の延滞からです。
数日だけ返済日を過ぎてしまっても、心配する必要はありません。異動となるのは、返済日から61日以上経過してからになります。

金融事故となるのは、支払期日から61日以上経過したにもかかわらず滞納を続けている場合です。
数日の延滞くらいでは、返済事故とは見なされないので安心してください。

カードローンの延滞や滞納の対処方法を知りたい方は、「カードローン返済の延滞・遅延・滞納の違いとは?」のページをご覧ください。

異動はいつまで残る?

事故情報,ブラックリスト,債務整理

ここでは、「異動」がいつまで信用情報機関に登録されるのか、そして自分の信用情報に「異動」が登録されているかを確認する方法について解説していきます。

異動情報について
  1. 異動は自分で消すことができない
  2. 自分が異動になっているのか確認する方法
  3. 開示報告書の見方

1. 異動情報は自分で消すことができない

信用情報機関に登録されている異動情報は、登録内容に誤りがない限り、自分で消すことはできません。
登録情報は、5年または10年間保管され続けます。

ブラックリストの状態から脱するには、登録された事故情報が消えるまで待つしかありません。事故情報は、「5年で消えるキズ」と「10年で消えるキズ」の二つに分けられます。

カードローン会社のブラックリストとは?原因や審査への影響、対処方法を解説!
2018.04.23

5年で消える信用情報のキズ

5年で消えるキズとは?

ほとんどの事故情報は、5年が経過すると信用情報機関から削除されます!

信用情報機関に登録される事故情報のほとんどが、その登録期間が「5年」とされています。

CIC JICC KSC
登録内容 【お支払い状況に関する情報】
異動延滞、保証履行、破産等)の有無、異動発生日
【取引事実に関する情報】
債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、破産申し立て、債権譲渡
【取引情報】
ローンやクレジットカード等の返済状況(延滞、代位弁済、強制回収手続、解約、完済等)
登録期間 契約期間中及び契約終了後、5年以内 当該事実の発生日から、5年を超えない期間
債権譲渡については、発生日から1年を超えない期間
契約期間中及び契約終了日(または完済日)から、5年を超えない期間

10年で消える信用情報のキズ

10年間消えない信用情報のキズとは?

「KSC(全国銀行協会)」に登録される「官報情報」は、10年間保管されるので注意が必要です。

各個人信用情報機関に登録される事故情報のほとんどが「5年」で消えるのに対し、「KSC(全国銀行協会)」に登録される「官報情報」だけは「10年」経過しないと削除されません。

官報とは?

法令・政令等の制定・改定の情報や、破産・相続などの裁判内容が記載された、国が発行する新聞のようなもの。

国が発行する官報には、破産の開始手続きのような、自己破産に関する情報が掲載されています。

この官報に掲載された事故情報は、個人信用情報機関である「KSC」に登録され、10年間保管されることになります。

2. 自分が異動になっているのか確認する方法

事故情報,ブラックリスト,債務整理

情報開示方法
  1. パソコンで開示
  2. スマホから開示
  3. 郵送で開示
  4. 窓口で開示

自分の信用情報に「異動」があるのか知りたいとき、信用情報機関に「開示手続き」をすることで、信用情報を確認することができます。

開示方法には、「パソコンで開示」「スマホで開示」「郵送で開示」「窓口で開示」の4種類があります。

KSC(全国銀行協会)の情報開示方法は「郵送で開示」のみなので注意しましょう。

2-1. パソコンで開示

インターネット開示のポイント

  • インターネット開示ができるのは「JICC」と「CIC」
  • 「JICC」では、「スマホ環境」を推奨
  • 「CIC」では、「パソコン開示」がおすすめ

ここでは「CIC」でパソコン開示する方法を解説します。

  1. CICのホームページより、「お手続き前の確認事項」を確認する
  2. クレジット契約時に利用した電話番号から、クレジット会社に電話をし、受付番号を取得する
  3. 受付番号取得後、1時間以内に操作!
  4. CICの開示ページに、取得した受付番号を入力する
  5. PDFをダウンロードする
生徒
CICでパソコン開示する際の注意点はなんでしょうか?
先生
インターネットの利用環境や、PDFがダウンロードできるか等を事前に確認しておきましょう。また、手数料支払いには、CICが指定するクレジットカードが必要です。事前に確認しましょう。

パソコン開示の手数料は、1000円かかります。(クレジットカード一括払い)

2-2. スマホから開示

JICCスマホ開示する方法を解説します。

  1. JICCのホームページより、「モバイル受付サービス専用サイト」へアクセスする
  2. トップページのリンクから、専用アプリをダウンロードする
  3. 「開示申込ページ」の案内に従い、空メールの送付や申込内容の入力をする
  4. 本人確認書類の画像を送信する
  5. 決済手続きを行う

スマホ開示の手数料は、1000円です。支払い方法は、クレジットカードの他、コンビニ支払いやATM支払いにも対応しています。

生徒
JICCでスマホ開示する際の注意点はなんでしょうか?
先生
申し込み手続きの中で、本人確認書類の提出が求められます。事前に、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどを用意しておきましょう。

2-3. 郵送で開示

郵送での開示は、CIC・JICC・KSCすべての機関で利用できます。

  1. 開示報告書を申し込む機関のホームページより、「開示申込書」を入力・ダウンロードする
  2. 必要書類と手数料を、各機関のお届け住所に送付する

郵送開示の手数料は、1000円です。支払い方法は、ゆうちょ銀行の定額小為替証書と指定されています。JICCのみ、クレジットカードの支払いも可能です。

生徒
郵送で開示する際の注意点はなんでしょうか?
先生
郵送での開示方法は、どの機関でも利用できるので便利です。
各機関とも、本人確認書類と手数料を申込書とともに提出する必要があります。

2-4. 窓口で開示

窓口での開示方法は、CICとJICCの二つの機関で利用できます。KSCでは窓口開示は受け付けていないので気を付けましょう。

  1. 本人確認書類手数料を持ち、CIC及びJICCの窓口へ行く
  2. 窓口の案内に従い、開示申込をする

窓口で開示する際に必要な手数料は、500円です。

3. 開示報告書の見方

ここでは、「CIC」「JICC」「KSC」それぞれの開示報告書の見方を解説していきます。
どのような記載がある場合に、「異動」が登録されているのかをしっかり確認しましょう。

「CIC」の開示報告書の見方

異動,信用情報,CIC

CICの開示報告書で「異動」を確認する見方は、前半部分で解説したとおりです。

報告書の「返済状況」「異動」と記載があれば支払い事故などによって「異動」になっていることが確認できます。

「JICC」の開示報告書の見方

JICCの開示報告書で「異動」になっているかどうかを判断するために、「ファイルD」を確認しましょう。

異動,信用情報,JICC

上の画像が、JICCの開示報告書「ファイルD」の見本になります。

異動,信用情報,JICC

ファイルDの右側を見てください。赤く囲んだ「異参サ内容・異参サ発生日」という欄に「延滞」のように記載がある場合、「異動」になっていると判断できます。

「KSC」の開示報告書の見方

最後に、KSCの開示報告書で、異動情報が登録されているかを判断する見方を解説します。

異動,信用情報,KSC

上の画像が、KSCの開示報告書の見本です。
赤で囲んだ欄を見てください。ここに「延滞」や「代位弁済」等の記載がある場合、異動となっています。

異動じゃないのに審査に落ちた時の原因

事故情報,ブラックリスト,債務整理

開示報告書を確認したら「異動」ではなかったのに、審査に落ちてしまいました。なぜでしょうか?
「異動」以外の原因が考えられます。
「異動」以外に審査落ちする原因
  1. 成約残し
  2. 社内ブラック
  3. 現在の属性
  4. 総量規制
  5. スーパーホワイト

1. 成約残し

成約残しとは?

自己破産による債務整理の後5年が経過したにもかかわらず、「異動」情報が削除されていない状況のこと。

借金の返済が苦しくなり、裁判所での手続きを通じて「自己破産」をした場合、残りの残高は免責されます。通常、自己破産後5年が経過すると、信用情報機関から「異動」情報が削除されます。

しかし、5年が経過しても、「異動」が消えず、残高が残ったままの状態と見なされてしまうことを「成約残し」と呼びます。

成約残しが発生していると、いまだにブラックリストの状態なので、審査に通るはずがありません。

生徒
成約残しの対処にはどのような方法がありますか?
先生
成約残しが発生していると気づいた場合は、個人信用情報機関に訂正申請をしましょう。
自己破産手続きの書類などを信用情報機関に提出すれば、「異動」情報を訂正してもらうことができます。

 

2. 社内ブラック

社内ブラックとは?

信用情報機関に登録されている情報とは別に、各金融機関が保有している事故情報のこと。

各金融機関は、信用情報機関に登録される情報とは別に、自社のデータベースに独自の情報を保管しています。ここに登録されている事故情報のことを「社内ブラック」と呼びます。

審査の際は、信用情報機関からの情報とは別に、この独自のデータベースに登録された情報も参考にします。さらに、社内ブラック登録期間などは無く、半永久的に保管されてしまいます。

生徒
社内ブラックの解決方法はあるのでしょうか?
先生
社内ブラックを消す方法はありません。
もし信用情報機関に「異動」情報は無くて社内ブラックが原因で審査に落ちてしまった場合は、「他の金融機関」なら社内ブラックの状態でないため審査に通る可能性があります。

 

3. 現在の属性

属性とは?

金融機関は審査の際、申込者の「年収」「職業」「勤続年数」「家族構成」といった属性を点数化しています。
異動ではないのに審査に落ちた場合、現在の属性スコアが低い可能性があります。

属性スコア例
「職業」 大企業
「勤続年数」 10年
「雇用形態」 正社員
属性スコア例
「職業」 アルバイト
「勤続年数」 3ヶ月
「雇用形態」 アルバイト

4. 総量規制

総量規制とは?

貸金業法によって、借入額の総額に制限が設けられている規制を「総量規制」と呼ぶ。借入全高が年収の3分の1を超える場合、新規の借入ができない。

異動情報が無いのに審査落ちした場合、「総量規制」によって、借入可能額がすでに限度額に達している可能性があります。

5. スーパーホワイト

スーパーホワイトとは?

これまで1度もクレジットカードやカードローンを利用したことがなく、信用情報機関に履歴が一つも無い状態のこと。

これまでクレジットカードやカードローンを利用してこなかったために、スーパーホワイトの方は、審査に通りにくい仕組みになっています。

スーパーホワイトが審査落ちする理由とは?

信用情報機関に登録された事故情報は、そのほとんどが5年を経過すると消えます。事故情報が消えた後、信用情報の履歴は「真っ白」になります。

この「事故情報が消えた後の履歴」と「スーパーホワイトの人の履歴」区別することができません。そのため、スーパーホワイトの信用度が低く判断されてしまうのです。

ここまで、「異動」情報について詳しく解説してきました。「異動」は、借金の返済の遅れや、滞納などが主な原因です。返済についてお悩みの方は、「 カードローンの返済遅延・延滞に関する解決方法をFPが徹底解説! 」の記事も参考にしてみてください。



この記事の編集者

エルモ
エルモ
編集者
芸術系の大学を卒業したものの、現在は子育て+在宅ワーク+FXでマイペースに生活中。『自由は作れる!』をモットーに、色々な人のお悩み解決・役に立つのが生き甲斐です。

コメントを残す