ビジネスローンとは何?審査やメリット・デメリットを徹底解説!

[最終更新日]2018/10/15

急な設備投資や社員への一時金の支給、運営資金など、事業の一環で資金繰りに頭を悩ませる事業者は多くいます。そんな時にスピーディに利用できるのがビジネスローン。今回はビジネスローンを利用する時に必要な条件や必要書類、安心して利用できるビジネスローンを紹介していきます。

ビジネスローンとは,比較,審査

ビジネスローンとは?

ビジネスローンとは事業主が事業資金調達をするために利用するローンです。

ビジネスローンが使われる主な用途は設備投資事業の運転資金社員のボーナスなどです。

事業資金の主な調達方法

ビジネスローンとは,比較,審査

事業主が資金を調達する方法はビジネスローン以外にもあります。

事業資金の主な調達方法は、大きく分けると2種類あります。

公的な機関が貸し出す「公的融資」と民間の機関が貸し出しす「民間融資」に分けられます。

公的融資

  • 日本政策金融公庫
  • 中小企業金融公庫
  • 新規開業ローン

公的融資のメリットは金利の低さです。

無担保保証人不要で2.5%ほどの金利で融資を受けることができます。

開業資金の融資にも対応しています。

その反面、公的融資は審査が厳しく、零細企業は融資の条件を満たすことが難しいことも多くあります。

審査に多くの書類が必要となり、融資までに時間がかかります。

民間融資

  • 銀行のビジネスローン
  • 消費者金融のビジネスローン
  • ノンバンクのビジネスローン

民間の融資については上記の3つが挙げられます。

それぞれの特徴を説明していきます。

銀行のビジネスローン

銀行、信用金庫でもビジネスローンを扱っています。

銀行のビジネスローンの金利・限度額

銀行 金利 融資限度額
りそな銀行 6.0〜14.0% 10万円〜500万円
横浜銀行 固定金利:年2.75%~
変動金利:年2.95%~
100万円〜5000万円
武蔵野銀行 12.0%〜14.0% 10万円〜300万円

銀行のビジネスローンは、金利は低めに設定されているように見えます。

しかし、最低借入金額高めであることや、審査に必要となる書類が多いこと、返済期間が5年と設定されてあり制限が厳しくなっています。

制限がほとんどない銀行のビジネスローンもありますが、金利が高くカードローンとほとんど変わりません。

消費者金融のビジネスローン

消費者金融でもビジネス専用のローンを扱っています。

主な消費者金融のビジネスローン比較

消費者金融 金利 上限金額
アコム 12.0〜18.0% 300万円
アイフル 3.0〜18.0% 500万円
プロミス 6.3〜17.8% 300万円

消費者金融のビジネスローンは、一般のカードローンとほとんど変わりません。

一般のカードローンとの違いは総量規制対象となるかどうかということです。

カードローン ビジネスローン
総量規制 対象 対象外
限度額 年収の3分の1まで 限度額は年収の3分の1超でも可能

ノンバンクのビジネスローン

主なノンバンクのビジネスローン比較

ノンバンク 金利 上限金額
オリックス 6.0〜17.8% 500万円
オリコ 6.0〜12.0% 1000万円
ビジネクスト 8.0〜18.0% 1000万円

ノンバンクのビジネスローンもカードローンとあまり変わりがありません。

銀行カードローンと消費者金融の違いを比較!【審査・金利・利息・返済方法・借入方法など】
2018.07.31

事業者ローンを選ぶポイント

ビジネスローンとは,比較,審査

ここで事業者ローンを選ぶポイントをまとめていきます。

ローン会社ごとに条件が異なりますので、ローン会社を選ぶ時の参考にしてください。

事業者ローンを選ぶポイント
  1. 必要な融資金額
  2. 借り入れできる期間
  3. 会社の形態
  4. 利便性
  5. 融資のスピード

①必要な融資金額

事業資金としてお金を借りたい場合、特に設備投資などが目的の場合は多額のお金が必要となります。

その際は上限金額の確認が必要です。

ローン会社によって融資上限金額には差があります。

融資上限金額が高く設定されている場合は担保保証人が必要となることが多くなっています。

借入額担保保証人の有無も合わせて確認しましょう。

②借り入れできる期間

ビジネスローンは返済期間が設けられています。

銀行であれば5年前後、消費者金融であれば7年〜10年と設定されています。

借り入れ金額と照らし合わせ、期間内に完済ができるよう計画を立てて返済可能な範囲で借り入れをしましょう。

③会社の形態

会社の形態が「法人」なのか「個人事業主」どちらかによって借り入れ条件が変わってきます。

必要となる書類も異なる場合があるので注意が必要です。

④利便性

実際に借りるとなると、利便性が大切になってきます。

事業者ローンの利便性チェック

  • 来店の必要があるかどうか
  • ATMの利用ができるか(利用できるATMも要チェック)
  • 振込融資に対応しているかどうか

特に返済は複数回行うことも多いと思うので、返済のしやすさ利便性は重要なポイントです。

⑤融資のスピード

銀行のビジネスローンは審査、融資まで時間がかかることがほとんどです。

今すぐお金が必要!という時は消費者金融信販系ビジネスローンであれば即日融資に対応している会社もあります。

状況をみてどのビジネスローンを利用するかを選びましょう。

下記の記事では、より詳しく自営業の方が審査に通りやすいカードローン選び方や借り方を解説しました!

自営業・個人事業主でも借りれるおすすめカードローン比較
2018.07.09

ビジネスローンの必要条件

ビジネスローンとは,比較,審査

ビジネスローンはカードローンやフリーローンとは異なり、融資を受けるため必要となる条件がいくつかあります。

ビジネスローンの融資が受けられる会社とは?

ビジネスローンの申し込み条件はローン会社によって異なりますが、ビジネスローンを受けられる会社の一般的な条件は以下の通りです。

ビジネスローンの申し込み条件
  1. 2年以上の業績がある
  2. 税金の未納・滞納がない
  3. 債務超過の状況ではない

ビジネスローンの契約に必要な書類

必要となる書類は法人と個人事業主で異なる場合が多いですが、ビジネスローンを受ける上で必要となる書類は以下のとおりとなります。

必要書類

  • 決算書
  • 本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)
  • 収入証明書(確定申告書など)
  • 事業計画書
  • 商業登記簿謄本
決算書

2期〜3期分が必要になります。

決算書を提出する理由は今の経営状態をみて将来的に返済能力があるかを測るためです。赤字だと審査に落ちるということではありません。

ここで粉飾するとバレて信用を失うことになります。

決して行わないようにしましょう。

ビジネスローンを利用する時の注意

ビジネスローンとは,比較,審査

正規の業者であることを金融庁のページで確認!

カードローンにも多いですが、ビジネスローン業者にも法外な金利の設定や不法な取立てを行う悪徳業者が存在します。

「書類がほとんど必要ない」、「金利が高すぎる」といった場合は違法な業者の可能性が高いです。

反対に、金利が低く設定されている場合は貸付を行う前に手数料などを請求されて実際には融資が行われないといったケースもあります。

ビジネスローンを借りるときは違法な業者ではないかどうか、確認することをおすすめします。

貸金業者の確認方法

違法業者に関する情報(金融庁)
http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/ihou.pdf

違法業者に関する注意情報(金融庁)
http://www.fsa.go.jp/ordinary/chuui/ihou_zaimu.html

悪質業者の検索(貸金業協会)
http://www.j-fsa.or.jp/personal/malicious/index.php

ビジネスローンは借り換えNG

ビジネスローンは総量規制対象外となっています。

そのため、「借り換えやおまとめとして利用できないのか?」と考えるかもしれません。

しかし、ほとんどのビジネスローンは借り換え禁止されています。

利用条件に「事業資金」と明記されてあれば事業資金以外の目的で使うことはできません。

仮に別の用途で使った場合、使途違反としてペナルティが課せられることもあります。

ビジネスローン事業資金として使いましょう。

おすすめのビジネスローン

ビジネスローンの商品ページの案内

各金融機関のカードローンページへ

TOPページへ

商品の案内

ビジネスローン

楽天銀行ビジネスローン

楽天銀行ビジネスローン
金利 3.0〜15.0%
限度額 50万円〜3,000万円
融資スピード 最短2日
特徴 ・来店不要
・担保が必要
・保証人が必要

プロミス(自営者カードローン )

プロミス(自営者カードローン)
金利 6.3〜17.8%
限度額 300万円
融資スピード 最短即日
特徴 ・来店不要
・初回30日間利息無料サービスあり
・事業資金以外にも利用可能

ビジネクスト

ビジネクスト
金利 8,0〜18%
限度額 1,000万円
融資スピード 最短2〜3日
特徴 ・来店不要
・24時間Web申し込み
・返済方法が「元利均等返済」「元金一括返済」から選択できる

オリックスVIPローンカード BUSINESS

オリックスVIPローンカード BUSINESS
金利 6.0〜17.8%
限度額 500万円
融資スピード 最短即日
特徴 ・来店不要
・利用可能ATMが多い
・即日融資可能

アイフル(ビジネスアイフルカードローン )

アイフル(ビジネスアイフルカードローン )
金利 3.0〜18%
限度額 500万円
融資スピード 最短即日
特徴 ・来店不要
・即日融資可能
・返済方法が「元利均等返済」「元金一括返済」から選択できる

まとめ

ビジネスローンを比較すると、公的融資銀行の融資は審査や利用条件が厳しくなるため、少しハードルが高くなってしまいます。

消費者金融信販会社のビジネスローンは金利が高く、一般のカードローンとほとんど変わりませんが、融資を急いでいる場合にはとても使いやすいビジネスローンといえます。

時間に余裕があり、書類等が準備できるのであれば公的融資や銀行のビジネスローンをおすすめします。

急にお金が必要になった場合や利便性を重視するならば、サービスも多い消費者金融、ノンバンクのビジネスローンがおすすめです。

自営業者に一時的な資金繰り改善に便利でおすすめな無利息期間ありのカードローンを下記の記事でまとめました!

消費者金融のビジネスローン比較おすすめ人気ランキング
2018.06.26

自営業・個人事業主におすすめの消費者金融ランキング
2018.10.02

この記事を執筆した専門家

林田紗季
林田紗季
ファイナンシャルプランナー
自ら多重債務で苦しんだ経験をもとに、FP3級を取得しました。現在は『貸金業務取扱主任者』の国家資格取得試験に向け猛勉強中です。「読む人の立場になって、わかりやすく伝える」ことをモットーに生活に役立つ記事を目指しています!趣味は旅行!船でのんびり世界一周旅行が夢です!
【WEB申込みで最短当日受取り!】

三菱UFJフィナンシャルグループ
アコムの業界最速クレジットカード


▼クレジットカードおすすめ記事

審査が甘いクレジットカード
おすすめ人気ランキング
2015-10-14_122013 クレジットカードとは?
仕組みやメリット・デメリット
2015-10-14_122013 クレジットカードの審査とは?
通らない理由と対策方法
クレジットカードの正しい使い方
クレジットカードの支払い遅れはどうなる?
できない場合の対処方法

▼カードローンおすすめ記事

審査が甘いカードローン比較
おすすめ人気ランキング
カードローンとは?
特徴やメリット・デメリット
2015-10-14_122013 FPの私が教える
カードローンの賢い選び方
カードローン審査とは?
仕組みや流れを徹底解説
カードローン審査
に落ちる理由と対策とは?

コメントを残す