カードローンの与信枠とは何?増枠審査についてFPが徹底解説!

[最終更新日]2018/08/02

この記事を執筆した専門家

林田紗季
林田紗季
ファイナンシャルプランナー
自ら多重債務で苦しんだ経験をもとに、FP3級を取得しました。現在は『貸金業務取扱主任者』の国家資格取得試験に向け猛勉強中です。「読む人の立場になって、わかりやすく伝える」ことをモットーに生活に役立つ記事を目指しています!趣味は旅行!船でのんびり世界一周旅行が夢です!

与信枠と融資上限は似ていますが意味が違います。カードローンを利用する時には与信枠はキーワードとなるので覚えておきたいですね。今回は与信枠についての基本知識、与信枠が増えるパターンと減るパターン、与信枠を増やすのに失敗した時の対策を紹介します。


カードローン,与信枠,審査

与信とは?

金融機関が顧客の信用を審査し、審査をもとにお金を貸すことです。

詳しく説明すると

与信とは取引先や顧客に対して、財やサービスを提供する際に即時決済せず後日まとめて支払いを受けることを認めることを言う。
(引用:ウィキペディア)

与信枠は人によって違う

与信枠,職業,年齢
与信枠とは借入れることのできる上限金額を指します。
この限度額(=与信枠)は審査の結果ぞれぞれの人の属性によって変わります。

Aさん Bさん
職業 会社員 会社員
年齢 30歳 30歳
年収 500万円 500万円
カードローン利用年月 5年 利用したことがない
与信枠 800万円 100万円

カードローン会社の融資上限が800万円となっていても、 実際に借入れができる金額は個人の信用情報によって審査の結果異なります。
上記のAさんとBさんの与信枠に差があるのは、Aさんはカードローンの利用履歴があるのに対し、Bさんはカードローンの利用が初めてであるからです。
カードローンの利用が初めての場合には過去の返済履歴がありません。
返済履歴がないとカードローン会社はその人がきちんと返済を行うかどうかの判断が難しくなります。
そのため、初めてのカードローン利用の限度額は低めに設定されます。

同じ年収や、年齢でもそれぞれの人の属性によって与信枠に差が出てくるのです。

与信枠は変わる

与信枠(=限度額)はカードローンを契約する際の審査で決定します。
しかし、与信枠はカードローンの利用状況や属性の変化によって変わることがあります。

与信枠は途上与信によって変わる

途上与信とはカードローンの契約後に定期的に利用状況を審査すること<です。 返済が滞りなく行われているかの確認や、他社からの借入状況などを審査します。

各金融機関で行われる途上与信によって定期的に個人の利用状況や返済能力をチェックし、限度額を増やす際や、金利の引き上げ引き下げが可能かどうかの判断をしています。

与信枠が増えるパターン

①毎月の返済をきちんと行なっている
②利用歴が半年以上になった
③属性が保たれている

①毎月の返済をきちんと行なっている

毎月決まった期日までに延滞なく返済が行われている場合は信用度が高くなります。

②利用歴が半年以上になった

カードローン会社が滞らず返済ができる人かどうかの判断をする期間が半年です。
借入れを行ってから延滞や滞納などをしていなければ、信用度が高くなります。

③属性が保たれている

勤務先や年収が変わっておらず勤続年数が増えたことや、他者からの借入れがなくなったことなど信用にマイナスポイントがなければ審査によって与信枠が増え限度額が上がります。

与信枠が減るパターン

①収入が下がった
②金融事故情報が登録された
③ほかのローン契約が増えた

①収入が下がった

給与が下がったことを申告した場合はその分与信枠が減り、限度額が下がります。
給与が下がったからといって今契約している借入れの返済をすぐに求められることはありませんが、増額や新しくカードローンの契約をする時の審査で与信枠(=限度額)が減る可能性があります。

②金融事故情報が登録された

金融事故情報とは返済の延滞や滞納をした時にマイナスの信用情報として残る情報です。
延滞や滞納の情報は5年間残ります。

延滞や滞納を繰り返し、ブラックとして登録された場合に与信枠が減る可能性があります。

③ほかのローン契約が増えた

他社でのローン契約が増えた場合「負債が増えた」と判断され与信枠が減り限度額も減る可能性があります。

総量規制によって他社を含め年収の3分の1を超える金額借入れをした場合も与信枠が減ったり、融資がストップすることもあります。

総量規制?

貸金業法の「総量規制」によって消費者金融では年収の3分の1以上の融資が禁止されています。
銀行自主規制を行っているため、年収の3分の1以上の借入れは困難と言えます。

たて続けにローンの契約をした場合「ブラック状態」となり与信枠(=限度額)が減ったり、強制解約になる可能性もあるので注意しましょう。

与信枠を増やす方法

与信枠,増やす,方法
与信枠を増やして限度額を上げたい場合や増額審査に落ちてしまった。という方も与信枠を増やす方法があります。

①利用実績を確保する
②属性を更新する
③金融事故の記録をなくす
④他ローンを完済&解約する

①利用実績を確保する

延滞や滞納をせず、返済をきちんと行っていれば半年〜1年経つと、利用している金融機関から利用限度額を増やすことができるという内容の案内の電話かかってくることがあります。
この電話で審査を受けて与信枠を増やす方法がベストです。

②属性を更新する

昇進などで収入が上がった場合はカードローン会社に連絡をしましょう。
そこで利用限度額の増額の相談をすれば返済能力が上がったと見なされます。そして与信枠が増え限度額が上がる可能性もあります。

③金融事故の記録をなくす

事故情報は時間が経つと取り消されますが、一定期間は情報が保存されます。

申し込み情報 事故情報
半年 5年
複数のカードローンに立て続けて申し込んだ場合や複数社の審査に落ちている場合は新たな申し込みは半年間避けましょう。 延滞や滞納をしている場合は5年間事故情報として残ります。事故情報があると新たなローンの申し込みにも影響してきます。

もし事故情報として登録されていれば、新しいローンの申し込みまで一定期間あけて審査を受けることをおすすめします。

事故情報が登録されていると与信枠を増やすことは難しくなります。
与信枠を増やしたいと考えている方は、審査を受ける前に事故情報に登録されているか確認することをおすすめします。

◎以下の情報機関で自分が事故情報として登録されているかどうか調べることができます。
・全国銀行個人信用情報センター(JBA)
・日本信用情報機構(JICC)
・CIC

④他ローンを完済&解約する

他のローンの借入残高が残っている場合は、いわゆる「借金がある状態」と判断されるため新たな借入が難しくなります。

もし返済途中のローンがあれば、完済してからの申し込みがベストです。
携帯電話の分割払い契約もローンと同じ扱いになるので早めに完済しましょう。

また、カードローンクレジットカードのキャッシング枠を持っている場合は使っていなかったとしてもそれぞれの上限金額が借入をしている金額と見なされます。

使っていないローンでもキャッシングできる枠を持っていることで与信枠は減り限度額も下がります。
使っていないローンやキャッシング枠があれば解約しましょう。

まとめ

カードローン会社などの金融機関は個人の信用を元にお金を貸しています。
貸したお金を返してくれるという信用が元になる信用取引です。

住宅ローンなどは住宅という担保があります。しかしカードローンは担保がありません。

担保のないローンは返済が終わっていないローンがたくさんある人や、延滞や滞納をしている人にたくさんのお金を貸すことはできません。

与信枠(=限度額)を増やしたい場合滞りなく返済を行うことが最も重要です。
現段階でブラックとして登録されている場合も一定期間が経つと取り消されます。
今後は自分の信用に傷をつけないよう、きちんと返済をして増枠審査を受けましょう。

【WEB申込みで最短当日受取り!】

三菱UFJフィナンシャルグループ
アコムの業界最速クレジットカード


▼クレジットカードおすすめ記事

審査が甘いクレジットカード
おすすめ人気ランキング
2015-10-14_122013 クレジットカードとは?
仕組みやメリット・デメリット
2015-10-14_122013 クレジットカードの審査とは?
通らない理由と対策方法
クレジットカードの正しい使い方
クレジットカードの支払い遅れはどうなる?
できない場合の対処方法

▼カードローンおすすめ記事

審査が甘いカードローン比較
おすすめ人気ランキング
カードローンとは?
特徴やメリット・デメリット
2015-10-14_122013 FPの私が教える
カードローンの賢い選び方
カードローン審査とは?
仕組みや流れを徹底解説
カードローン審査
に落ちる理由と対策とは?

コメントを残す