消費者金融のビジネスローン比較おすすめ人気ランキング

[最終更新日]2018/09/20

この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。

事業を運営していく上で、急な出費はつきもの。会社単位の出費となるので個人のカードローンとは異なり、必要な額も大きくなります。今回はビジネスローンの選び方のポイントと、安心して利用できる消費者金融ビジネスローンをランキングで紹介していきます。

消費者金融のビジネスローンとは?

ビジネスローンは、事業資金融資に特化したローン。提供しているのは、消費者金融や銀行などの金融機関で、利用できるのは中小企業の経営者や、個人事業主の方など、事業の運転資金を用意したい「事業者」です。

その中で消費者金融が提供しているビジネスローンの特徴には、以下のようなものがあります。

消費者金融ビジネスローンの特徴
 銀行・公的機関の事業融資と比べて、審査時間が短い
 保証人・担保が必要ない
 審査方法はスコアリングを採用している
 個人事業主でも申し込みできる

 ビジネスローンとは何?審査やメリット・デメリットを徹底解説!

消費者金融ビジネスローンと銀行・公的機関の「事業融資」との違いは?

中小企業の経営者や個人事業主などは、自分たちの事業に使用する資金を用意することが、非常に大変です。
通常、「事業の運転資金」や「新規事業立ち上げの資金」などの事業資金は、銀行や公的機関からの融資を受けるのが一般的です。

しかし、銀行や公的機関は、その審査基準が非常に厳しく設定されており、実績がまだない中小企業や零細企業、個人事業主などは、審査に通りにくくなっています

一方の「ビジネスローン」は、一般的なカードローンと同様の『スコアリング審査』を採用しており、審査時間が短いことが特徴で、これによって中小企業の事業主でも融資が受けやすいよう設定されています。

消費者金融ビジネスローンと銀行・公的機関の「事業融資」の審査基準

銀行や公的機関の「事業融資」と消費者金融「ビジネスローン」の審査基準には、以下のような違いがあります。

審査基準の違い

 銀行や公的機関の「事業融資」審査

銀行や公的機関から融資を受ける際には、膨大な量の資料を用意しなければいけません。
その後、銀行などは、事業者から提出された膨大な資料をもとに、その会社の経営状況や財務状態などを判断し、審査を行います。

そのため、審査時間が非常に長くなる傾向にあり、また、会社の業績や財務の状態によっては、融資を断られてしまう可能性もあります。

 

 消費者金融「ビジネスローン」審査

消費者金融のビジネスローンも、「確定申告書」決算書」などの書類を提出する必要があります。
ただしビジネスローンの審査は公的融資より簡易なもので、一般的なカードローン審査でも用いられる「スコアリング審査」が実施されます。

「スコアリング審査」は申込者の「属性」を機械にかけて、自動的に点数化し、これによって融資の可否・融資上限などを決定する審査方法です。

属性のスコアリング審査の他に、信用情報にも注意が必要です。ブラックリスト状態の場合、ビジネスローンに申し込みをしても、審査に通過できない可能性が高いです。

ブラックリスト入りが心配な場合は、申し込みをする前に自分の信用情報を確認する方法があります。

 カードローン会社のブラックリストとは?原因や審査への影響、対処方法を解説!

 信用情報機関とは?カードローン審査との関係性を徹底解説!

さらに、会社の経営状況が悪かったり税金の滞納・未納がある場合にも、ビジネスローンの審査通過は厳しくなります。

消費者金融ビジネスローンと一般的なカードローンとの違いは?

「消費者金融を使うなら一般的なカードローンと同じでは?」と思われるかもしれませんが、同じ消費者金融が提供しているカードローンでも、事業目的に特化したビジネスローンでは融資の条件や内容が異なります

「消費者金融ビジネスローン」と「消費者金融カードローン」の違い

 融資資金の「利用目的」が異なる。

 金利が異なる。

 「総量規制の対象」となるかが異なる。

 融資資金の「利用目的」が異なる

  • 「事業性用途」で融資を受けたい場合は「ビジネスローン」
  • 「事業性用途以外」の目的で資金を借り入れたい場合は「カードローン」

ビジネスローンとカードローンの大きな違いとして、「利用目的の違い」が挙げられます。

ビジネスローンは、すでに説明しているように、融資される資金が「事業性用途」の利用者が対象となっています。

一方で、各カードローンは、資金の利用目的が「事業性用途以外」である必要があります。
各カードローンの「商品詳細」を確認してみましょう。
「資金使途」に「事業性資金はご利用いただけません」のように記載されています。

 金利が異なる

ビジネスローンと通常のカードローンは、金利が異なります。

ビジネスローンは、カードローンよりも、金利が高い水準で設定されています。
具体的には、以下のような違いがあります。

金利
アコム
【消費者金融カードローン】
3.0%~18.0%
プロミス
【消費者金融カードローン】
4.5%~17.8%
みずほ銀行カードローン
【銀行カードローン】
2.0%~14.0%
ビジネクスト
【消費者金融ビジネスローン】
8.0%~15.0%(利用限度額100万円以上)
13.0%~18.0%(利用限度額100万円未満)
オリックスVIPローンカード
BUSINESS
【消費者金融ビジネスローン】
6.0%~17.8%
アイフル 事業サポートプラン
「消費者金融ビジネスローン)」
3.0%~18.0%

各種ローンの金利を比較してみると、ビジネスローン「最低金利がやや高く設定されている」ことが分かります。

 「総量規制の対象」となるかが異なる

ビジネスローンとカードローンの間には、「総量規制の対象となるかどうか」という違いがあります。

消費者金融カードローンは、基本的に総量規制の対象となっています。一方ビジネスローン総量規制の対象外です。

 ビジネスローンでも総量規制の対象になる事はある?[/colored_bg]

消費者金融(貸金業者)は総量規制の対象となっているため、基本的に年収の1/3以上の融資を申し込むことはできません。しかし、事業資金の融資を受けるビジネスローンでは、たとえ申込先が消費者金融であっても総量規制の対象にはなりません。ただし個人名義+「生活費」の使途で借り入れをする場合は、ビジネスローンであっても総量規制の対象となるので、注意が必要です。

消費者金融ビジネスローンを利用するための条件はあるのか?

「消費者金融ビジネスローン」について「自分の場合は申し込みすることができるのか???」と疑問に感じている方もいるでしょう。

ビジネスローンの申し込み条件は次のようなものが一般的なので、用意すること可能かどうか確認してみてください。

消費者金融ビジネスローンの主な「申し込み条件」

ここでは、消費者金融ビジネスローンの中から「Crest for Biz(オリコ)」「ビジネクスト」「アイフル 事業サポートプラン(無担保ローン)」の3社が提示している申し込み条件について、それぞれまとめていきます。

CREST for Biz(オリコ)
楽天銀行ビジネスローン
ご利用いただける方 ・個人事業主の方
必要書類 ・本人確認資料

・所得証明書類(確定申告書Bまたは青色申告決算書もしくは収支内訳書

・「事業状況のご確認」書面または借入計画書

 

ビジネクスト
ビジネクスト
ご利用いただける方 法人または個人事業主の方
申し込み時年齢:満20歳~69歳まで
必要書類 【法人の方】
・代表者ご本人を確認する書類
決算書
※その他必要に応じた書類
【個人事業主の方】
・代表者ご本人を確認する書類
確定申告書
・当社所定の事業内容確認書
※その他必要に応じた書類

 

アイフル 事業サポートプラン(無担保ローン)
アイフル 事業サポートプラン(無担保ローン)
ご利用いただける方 個人事業主 法人事業主
プラン名 事業サポートプラン<個人プラン> 事業サポートプラン<法人プラン>
必要書類 ・本人確認書類
確定申告書(青、白)
事業内容確認書(当社所定)
・代表者の本人確認書類
決算書2期分商業登記簿謄本

提出が必要な書類に注意!

上記の内容を確認してみると、各ビジネスローンすべてで、個人事業主「確定申告書」を、法人「決算書」を提出することが求められています。

特に、法人の申込者が提出しなければいけない「決算書」に関しては、「2期分・3期分」のように、必要な決算期分が指定されているケースもあります。
つまり、設立したばかりの会社の場合、2・3期分の決算書を用意できないので、申し込み不可能となっているので注意が必要です。

また、個人事業主の方は「確定申告書」の提出が必要な上に、他社からの借入を延滞していないことや、税金を滞納せずに支払っていることなども求められています。

消費者金融 ビジネスローンを選ぶポイント

消費者金融ビジネスローンにも、複数の種類が存在しています。
実際に利用するビジネスローンを、どのような観点で探せば良いのか、分からない方が多いでしょう。
ここでは、自分にあった消費者金融ビジネスローンを選ぶポイントについて、まとめていきます。

ビジネスローン選びで注意してみてほしいのが、以下のポイントです。

 必要な融資金額

 借り入れできる期間

 会社の形態

 利便性

 融資のスピーディさ

 書類の種類や数

 必要な融資金額

消費者金融ビジネスローンは基本的に、保証人・担保が不要です。
ただしこの場合、通常のカードローンよりも利用限度額の上限が低く設定されていることが多くあります。
例えばアイフルの場合、通常のカードローンでは利用限度額が「800万円」なのに対し、無担保のビジネスローンは「500万円」が上限となっています

もし、受けたい融資の額が多めの場合は、利用限度額が他社より高く設定されているビジネスローンを選びましょう。

 借り入れできる期間

借り入れできる最長期間が、どのくらいに設定されているか確認することも大切です。
借り入れ期間が長いほど、返済に余裕を持つことができます

ただし、借り入れ期間を長くしすぎてしまうのは危険です。
その分、支払わなければいけない利息も増えるため、返済総額が大きくなってしまいま

自分の借入したい金額と、返済期間をよく考えて選ぶ必要があります。

 会社の形態

個人で申し込むのか法人で申し込むのかで、必要書類申込条件が異なってきます。
一つのビジネスローンの中にも、「個人事業主向けのビジネスローン」「法人向けのビジネスローン」に分けられているケースもあります。

また、法人向けプランには、経営者本人の名義で申し込みする必要がある」場合と、法人名義で申し込みが可能」な場合がある点にも注意が必要です。
しっかり確認しておかないと、「法人名義で契約できないビジネスローンだった」ということが起こるかもしれません。

自分が対象となるプランがあるかどうか、そして、提出に必要な書類や条件を満たしているか、確認するようにしましょう。

 利便性

消費者金融ビジネスローンの利便性を測るポイントには、以下のものが挙げられます。

消費者金融ビジネスローンの利便性

 契約時に来店する必要があるか
 ATMを利用できるか
 振込融資には対応しているか など

審査に通過して契約手続きをするときに、WEBFAXを使った契約が可能であれば、非常に便利です。
契約手続きを、来店不要で済ませることができるかどうかは、重要なポイントです。

また、借入・返済の際に、提携ATMを利用できるかどうかも、利便性を確かめるポイントといえます。
ATMを利用できれば、近くのATMから気軽に借入・返済が可能なので、便利です。

さらに、「指定口座への振込融資」に対応してくれるビジネスローンであれば、わざわざATMに行かなくても、融資を受けることができるので、さらに便利です。

 融資のスピーディさ

審査期間を含めた、融資までのスピードを重要視する方も多いはずです。
融資がスピーディな消費者金融ビジネスローンを選べば、申し込みをしてからすぐに資金を調達できます

ビジネスローンによっては、「即日融資」に対応してくれるところもあります。
急遽事業資金を調達しなければいけなくなった場合には、確認するべきポイントです。

 書類の種類や数

消費者金融ビジネスローンの中でも業者によって提出が求められる書類書類数は、若干異なってきます。

個人事業主がビジネスローンを申し込む場合には、基本的に「確定申告書」の提出が必須です。
法人が申込する際には、必要な期数分の「決算書」は必ず用意しなければいけません。

しかし、その他の「事業内容確認書」「商業登記簿謄本」などの書類に関しては、提出を求められない消費者金融ビジネスローンもあります

このことからも、すぐに用意できる書類のみで申し込みが可能かどうかを、まず確かめてみるのも良いです。
提出すべき書類数や種類が少なく、すでに用意できている書類のみで申し込みができれば、便利に・素早く融資を受けることが可能になるからです。

消費者金融 ビジネスローンランキング

ここでは、おすすめのビジネスローンをランキング形式でご紹介していきます。
それぞれの特徴や、おすすめのポイントなどを確認してみてください。

 CREST for Biz

 

CREST for Biz(オリコ)
金利 6.0%~18.0%
借入金額 最高300万円
借入期間 1ヵ月~13年
審査時間
Web完結 申し込みまで
融資時間 およそ1週間~2週間
保証人・担保 不要

 CREST for Bizの特徴

楽天銀行ビジネスローンの最大の特徴は、返済期間が最長13.2年まで設定できること。

追加返済にはほとんどのメジャーなコンビニや郵便局・都市銀行のATMを利用することが可能なので完済までの道のりもスムーズ。

利用残高に応じて自動的に毎月の返済金額が調整される『残高スライド返済』・一定の金額で返済をできる『定額返済』自分で選べることもメリットの1つです。

 おすすめポイント

・信販系オリコならではの利便性

・返済期間は最大13.2年で無理なく返済

・残高スライド返済 / 定額返済から選択できる

 ビジネクスト「ビジネスローン」

ビジネスローン,ビジネクスト

ビジネクスト「ビジネスローン」
金利 8.0%~15.0%(利用限度額100万円以上)
13.0%~18.0%(利用限度額100万円未満)
借入金額 50万円~1,000万円
借入期間 5年以内
審査時間
Web完結 申し込みまで
融資時間 申し込みから3日以内
保証人・担保 不要

 ビジネクスト「ビジネスローン」の特徴

ビジネクスト「ビジネスローン」は、事業資金としての利用範囲内であれば、利用用途は指定されていないので、「事業拡大への資金」や「一時的なつなぎ資金」「決済時などのまとまった資金」など、多岐にわたった使途で利用可能です。

また、「元利均等返済」「元金一括返済」のどちらかを選択することができるので、計画的な返済が可能になります。
「銀行口座からの引き落とし返済」にも対応しています。

 おすすめポイント

WEBで申し込み手続きが可能で、来店不要

・カードの発行手数料や年会費などが無料!

融資までのスピードが他のビジネスローンよりも早い!

 オリックスVIPローンカード BUSINESS

ビジネスローン,オリックスVIPローンカード BUSINESS

オリックスVIPローンカード BUSINESS
金利 6.0%~17.8%
借入金額 50万円~500万円
借入期間 最長10年2カ月
審査時間 最短60分
Web完結 融資まで
融資時間 最短即日融資
保証人・担保 不要

 オリックスVIPローンカード BUSINESSの特徴

オリックスVIPローンカード BUSINESSは、保証人・担保が不要で利用できるビジネスローンです。
金利が、他のビジネスローンと比べて低い水準で設定されているので、初めてローンを利用する方でも安心です。

また、大きな特徴として、融資までWEB完結で、審査回答時間が最短60分即日融資も可能となっています。
急いで事業資金を用意したい方にとって、非常に便利なビジネスローンといえます。

 おすすめポイント

・審査時間が最短60分、最短即日融資が可能!

即時振込、即時返済に対応!いつでも必要な時に資金調達ができる!

・金利が「6.0%~17.8%」と低水準!

 アイフル「事業サポートプラン(無担保ローン)」

ビジネスローン,アイフル「事業サポートプラン(無担保ローン)」

アイフル「事業サポートプラン(無担保ローン)」
金利 3.0%~18.0%
借入金額 1万円~500万円
借入期間 最長10年
審査時間
Web完結 申し込みまで
融資時間 最短即日融資
保証人・担保 原則不要

 アイフル「事業サポートプラン(無担保ローン)」の特徴

カードローン・キャッシングで有名な消費者金融である「アイフル」は、ビジネスローンも提供しています。
アイフルのビジネスローンは、最低金利が3.0%と非常に低いです。
また、通常のカードローンと同様に、最短即日融資が可能となっています。

カードローン・キャッシングの実績があるので、初心者の方でも安心して利用できます。

 おすすめポイント

金利が3.0%~18.0%なので、融資金額の希望額が大きい人向き

実績のある消費者金融「アイフル」が提供している!

最短で即日融資が可能!

まとめ

今回は、「消費者金融ビジネスローン」について解説してきました。

通常のカードローンや、銀行・公的機関からの「事業融資」とは、異なる特徴を持つことが分かっていただけたと思います。

事業資金のためにローンを利用したくても、通常のカードローンでは事業性用途での申し込みが禁止されています。
法人の代表や個人事業主の方は、ビジネスローンの利用を検討してみましょう。

自営業・個人事業主におすすめの消費者金融人気ランキング
2016.10.13

審査が甘いカードローンはこちら

【WEB申込みで最短当日受取り!】

三菱UFJフィナンシャルグループ
アコムの業界最速クレジットカード


▼クレジットカードおすすめ記事

審査が甘いクレジットカード
おすすめ人気ランキング
2015-10-14_122013 クレジットカードとは?
仕組みやメリット・デメリット
2015-10-14_122013 クレジットカードの審査とは?
通らない理由と対策方法
クレジットカードの正しい使い方
クレジットカードの支払い遅れはどうなる?
できない場合の対処方法

▼カードローンおすすめ記事

審査が甘いカードローン比較
おすすめ人気ランキング
カードローンとは?
特徴やメリット・デメリット
2015-10-14_122013 FPの私が教える
カードローンの賢い選び方
カードローン審査とは?
仕組みや流れを徹底解説
カードローン審査
に落ちる理由と対策とは?

コメントを残す