消費者金融ビジネスローンがおすすめな人とは?おすすめ借入先も紹介

[最終更新日]2020/04/08

消費者金融ビジネスローンがおすすめな人とは?おすすめ借入先も紹介

「経営しているレストランでお金が必要だけれども、銀行の融資まで待てない!」「すぐに借りられるビジネスローンのおすすめが知りたい!」

事業を営んでいると、想定外にお金が必要になることもありますよね。
急ぎの融資を希望しているときに利用を検討したいのが消費者金融のビジネスローンです。

なぜなら、即日融資に対応しているビジネスローンは消費者金融のみであるためです。
銀行の融資をメインで利用しているけれど銀行の融資のタイミングまで待てないという方は、消費者金融のビジネスローンをつなぎ資金として使うことも可能です。

ここでは、消費者金融のビジネスローンがおすすめなケースを詳しく解説していきます。
また、おすすめ借り入れ先も紹介しますので、「どこで借りるのがいいのだろう」と悩んでいる方は必見です。

読み終えていただければ、消費者金融のビジネスローンを利用してできるだけ早く融資を受ける方法が把握できるはずですよ!
即日融資が可能なビジネスローンを探しているという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

消費者金融のビジネスローンがおすすめなケースとは?

「急にお金を用意しなきゃいけなくなったんだけど、銀行の融資だと間に合わない!」
そんな急ぎで事業資金を用意したいときに利用したいのが、消費者金融のビジネスローンです。
融資までのスピードの速さが大きな特徴である消費者金融のビジネスローンですが、対応の速さを生かすことで、様々な状況で便利に使うことができるんです!
ここでは、急ぎで融資を希望している人はもちろん、そのほかにも消費者金融のビジネスローンがおすすめなケースについてお伝えしていきます。
今まで金利負担の低さから銀行のビジネスローンを利用していた方も、実は消費者金融のビジネスローンを組み合わせることでさらに便利になるかもしれませんので、ぜひ参考にしてくださいね!

①即日融資を希望している人は消費者金融のビジネスローンを利用しよう

即日融資を希望している人は、消費者金融のビジネスローンがおすすめです。

これは、消費者金融のビジネスローンのみが即日融資に対応しているためです。
消費者金融だけでなく、銀行もビジネスローンを展開していますが、即日融資に対応しているものは消費者金融のビジネスローンのみです。
銀行が融資の審査をする際には反社会勢力への資金流入を防ぐために審査の際に警視庁のデータベースとの照合を行っており、この作業には時間がかかってしまうのです。
そのため、銀行のローンを利用する際には、審査結果は最短でも翌日の通知となってしまいます。
今日明日のうちにお金を手に入れたいという方は、消費者金融のビジネスローンへ申し込みしましょう。

消費者金融の中でも、即日融資を希望している方は大手消費者金融のビジネスローンを検討しましょう。
大手消費者金融では、審査の際にコンピューターによるスコアリングを実施しています。
コンピューターによる作業のおかげで、審査のスピードは格段に上がり、即日の審査結果通知が可能になっています。
たとえば、オリックスvipローンカードbusinessでは、審査時間は最短60分です。
これに対して、中小消費者金融では審査は人の目によって行われます。
人の目による審査のおかげで融通が利くというメリットはありますが、やはりコンピューターによる作業と比べると時間がかかってしまいます。

このように、同じビジネスローンでも金融機関によって審査にかかる時間はさまざまです。
即日融資を希望しているという方には、大手消費者金融のビジネスローンがおすすめです。

②消費者金融は忙しい人でも安心!来店不要で契約可能

「わざわざ店舗に出向いて契約している時間がないほど忙しい!」という方にも、消費者金融のビジネスローンはおすすめです。
なぜなら、消費者金融のビジネスローンの多くは来店不要で、webサイト上からの申し込みで契約完了までできるものが多いためです。

通常銀行でローンを組む場合は、何度も銀行に出向き融資を希望している理由や事業計画などを説明する時間が必要になることがほとんどです。
しかし、急いでいる場合や忙しい人にはその時間をとるのは難しいですよね。
これをwebサイト上からの書類提出で代用することができたら、非常に便利ではないでしょうか。
その利便性も兼ね備えているのが、消費者金融のビジネスローンです。

webサイト上でビジネスローンを申し込む際には、免許証などの本人確認書類のほか、収入証明書類、事業証明書類が必要になります。
所得を確認するための確定申告書は、最新年度のものが必要になりますので準備しておきましょう。
また、事業証明書類は申し込み先によっては所定の用紙があることが多いです。
申し込み先を決めた際には、事業証明書類のフォーマットなども確認しておくことをおすすめします。

③希望融資額は低めだけどすぐに返済できる人にもおすすめ

消費者金融のビジネスローンは、希望融資額は低めだけれどもすぐに返済するつもりだという人にもおすすめです。

これは、銀行のビジネスローンに比べて消費者金融のビジネスローンは利用限度額が少額に抑えられていることが多いためです。

★銀行のビジネスローンと消費者金融のビジネスローンの融資限度額の一例
金融機関名

融資限度額
銀行

三井住友銀行

1億円
千葉銀行

3,000万円
横浜銀行

5,000万円

消費者金融

ビジネクスト

1,000万円

オリックスクレジット

500万円

プロミス

300万円

銀行のビジネスローンでは、大きな借り入れができるところでは1億円の借り入れも可能です。
これに対して、消費者金融のビジネスローンでは多くのところが最大融資可能額を数百万円としています。
このため、大口の借り入れを希望している場合は消費者金融のビジネスローンではお金が足りない場合がありますので注意しましょう。

また、銀行と消費者金融のビジネスローンとの間では、金利設定にも大きな違いがあります。
銀行のビジネスローンの金利は、おおよそ年利3%~からで、上限は13%台に設定されていることが多いです。
消費者金融のビジネスローンでは、年利6%~18%に設定しているところが多いです。
利息は、利率が大きければそれだけ支払うべき利息も大きくなってしまいます。
また、返済期間が延びるほど支払う利息もかさみます。
そのため、消費者金融での借り入れはどうしても金利負担率が大きくなってしまうため、できるだけ早く返済することで利息負担を抑えることができます。

しかし、消費者金融の中には、無利息期間を設けているものもあります。
例えば1か月の無利息期間を設けている消費者金融を利用して、その期間内に完済すれば利息がかかりません。
つまり、無利息期間の間に金利の低い銀行のからの融資を受けることができれば、利息の負担は最低限に抑えることが可能になるのです。
このようにつなぎ資金として消費者金融のビジネスローンを利用することで、出費を抑えることもできます。
返済の目途がある程度立っているという方にも、消費者金融のビジネスローンはおすすめです。

④希望融資額が大きい場合や時間に余裕があるなら、銀行または日本政策金融公庫へ

「大がかりな事業拡大をしたいから、もっと大きな金額を借り入れしたい…」「即日じゃなくても、1か月~2か月くらいなら余裕がある」
事業計画は会社によってさまざまですよね。
あなたが数千万円にもなるような大きな融資額を希望している場合や、融資を急いでいるわけではないのであれば、銀行のビジネスローン日本政策金融公庫に申し込むといった選択肢もあります。

消費者金融のビジネスローンは即日融資に対応している点が魅力的ではありますが、銀行などのビジネスローンと比べるとどうしても金利負担が重くなってしまいます
即日融資の利用料だと割り切ることができればよいのですが、消費者金融のビジネスローンでは融資額が足りない方や、急ぎの融資ではない人には、正直おすすめしづらいところです。

先述のように、銀行のビジネスローンでは、消費者金融よりも多額の最大融資額を提示しているところもあります。
各銀行によって最大融資額には違いがありますので、お近くの銀行はどのようなビジネスローンを展開しているのか確認しておきましょう。

また、日本政策金融公庫は国が100%出資している金融機関です。
零細企業やこれから事業を始めようという人に、民間の金融機関よりも積極的に貸し付けを行っています。
適用される金利は人によりますが、おおよそ年利1~2%で借り入れできるなど銀行と比べても圧倒的に低金利です。
ただし、日本政策金融公庫で融資を受ける場合は、審査日数がかかる点と保証人が必要である点に気を付けなければいけません。
日本政策金融公庫の審査は、3週間から1か月ほどかかります。
また、無担保で保証人が要らない消費者金融ローンに対して、日本政策金融公庫では多くの場合保証人が必須です。
ただし、これから事業を始める方や、事業開始後間もないため税務申告2期を終えていないといった方は、保証人が免除される制度があります。
用意するべきものが多く時間もかかりますが、それでも低金利で事業実績があまりなくても借りられるところを探しているという方は、日本政策金融公庫の利用もぜひ検討してみてくださいね。

即日融資が可能なビジネスローン4選

「即日融資が可能なビジネスローンの具体例を知りたい!」「おすすめの消費者金融ビジネスローンってどんなものがあるの?」
消費者金融のビジネスローンにはいろいろなものがありますから、どれを選べばよいのかわからなくなってしまうこともありますよね。
ここでは、即日融資に対応している各ビジネスローンにどのような特徴があるのかも合わせて紹介していきます。
「今すぐお金を借りたいけれど、こういう使い勝手があると便利だな」と考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

①オリックスvipローンカードBUSINESSなら審査時間最短60分

オリックスVIPローンカード BUSINESS

オリックスvipローンカードBUSINESS
種類
消費者金融ローン
金利
利用限度額
融資期間
100万円未満
200~300万円未満
6.0~17.8%
6.0~14.9%円
最大500万円
最短即日融資
  • 審査回答まで最短60分とダントツの早さ
  • 即時振込、即時返済
  • オリックスグループのサービスが会員優待価格で利用可能

オリックスVIPローンカード BUSINESSは、審査回答までが最短60分と明言されているスピード対応が最大の特徴です。
すぐにお金が必要な時は、審査回答が得られるまでそわそわしてしまいますよね。
そんな時に待ち時間の目安があると少し安心材料になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

オリックスVIPローンカード BUSINESSは、即日融資に対応していますが、即日融資を受けるためには平日14:30までに契約手続きを完了させておく必要があります。
審査完了の連絡は9時から19時までに行われます。

また、こちらのローンでは、カードローンなのでローンカードが発行されます。
しかし契約手続きが完了していれば、カードが手元になくても振り込みによる融資依頼をすることができます。
こうした即時振り込みをwebサイト上で簡単にできる点も、非常に利便性が高いです。
ローンカードは後日郵送で届きます。

オリックスVIPローンカード BUSINESS公式HPより

オリックスVIPローンカード BUSINESS公式HPより

さらに、オリックスVIPローンカード BUSINESSでは2020年3月31日まで3ヶ月間金利負担が0.4%になるキャンペーンを開催中です。
銀行よりも低い金利でビジネスローンが利用できるキャンペーンですから見逃せません。

②ビジネクストなら利用限度額が最大1,000万円

ビジネクスト

ビジネクスト
種類
消費者金融ローン
金利
利用限度額
融資期間
100万円未満
200~300万円未満
3.1%~18.0%
3.1%~15.0%
50万円~1,000万円
最短即日
  • 最短即日で融資可能
  • 来店不要で申し込み可能
  • 最大1,000万円とノンバンクのビジネスローンの中では利用限度額が大きい

ビジネクストは、カードローンでも有名な大手消費者金融会社アイフルが展開しているビジネスローンです。
こちらも最短即日での審査回答としていますが、具体的にどのくらい時間がかかるのかは明言されていません。
しかし、銀行振り込みなどの時間を考えると、午前中の申し込みがおすすめです。

こちらのローンの特徴は、最大1,000万円という融資限度額の大きさです。
消費者金融のビジネスローンでは、融資限度額を数百万円としているところも多いですから、500万円以上を必要としている場合は申し込み候補の筆頭になるでしょう。

こちらのローンの注意点は、一度融資を受けた後は返済のみを行っていくローンである点です。
他社のビジネスローンでは、利用限度額内であれば返済した分だけ追加融資ができるものもありますが、ビジネクストは追加融資に対応していません。
追加融資を希望する場合は、再度審査を受ける必要がありますので気をつけてくださいね。

③プロミス自営者カードローンは30日間無利息

プロミス 自営者カードローン

プロミス自営者カードローン
種類
消費者金融ローン
金利
利用限度額
融資期間
100万円未満
200~300万円未満
6.3%~17.8%
6.3%~15.0%
最大300万円
最短即日融資
  • 平日土日問わず最短即日融資が可能
  • プライベート利用も可能
  • 新規入会者限定はじめての利用30日間は無利息期間

プロミス自営者カードローンは、カードローンでも有名なプロミスが展開しているビジネスローンです。
20歳から65歳までの自営者の方が利用できるビジネスローンとなっているため、法人経営の方は利用できません。
自営者向けのビジネスローンであるため、事業費だけでなく生計費としても利用が可能となっています。

こちらのローンの最大の特徴は、30日間の無利息期間が設定されている点です。
この点は、「普段は銀行の融資をメインに利用しているけれども、今回は銀行の融資まで待てない…けれどできるだけ低金利でお金を借りたい!」と考えている方には特におすすめな特徴です。

こちらのローンでは、スピード審査で当日中の融資が可能としていますが、具体的にどれくらい時間がかかるのかは明言されていません。
余裕をもって申し込みすることをおすすめします。

また、特に留意してほしい点として、こちらのローンはwebサイト上からの申し込みに対応していない点があげられます。
自営者カードローンのみ、電話(0120-24-0365)、店頭または郵送申し込みのみの対応です。
提出書類のことなどを考慮すると、自動契約機での申し込みが一番便利だと考えられます。
プロミス自営者カードローンへの申し込みを考えている方は、プロミス公式ホームページで自動契約機の場所を事前に確認しておくことをおすすめします。

④アコムのビジネスサポートカードローンは夜21時でも審査可能

アコム ビジネスサポートカードローン

アコム ビジネスサポートカードローン
種類
消費者金融ローン
金利
利用限度額
融資期間
100万円未満
200~300万円未満
12.0%~18.0%
12.0%~15.0%
最大300万円
最短即日融資
  • 平日土日問わず最短即日融資が可能
  • 最短審査30分
  • 22時まで即日融資が可能

アコムのビジネスサポートカードローンは、最短30分で審査回答ができる非常にスピーディーな対応が魅力です。
また、無人契約機を利用した契約であれば22時まで即日で融資を受けることができます。
これは平日でも土日でも対応しているため、非常にありがたいですね。
アコムの通常のカードローンと同様に、利用限度額内で何度でも繰り返し借り入れができるため、継続的に借り入れを考えている方にもおすすめです。

こちらのカードローンは、はじめてアコムを利用する方と、すでにアコムを利用したことがある方とで申し込み方法が変わります。
はじめてアコムを利用する場合は、webサイト上から申し込み、その後無人契約機に出向いてローンカードを受け取り、無人契約機内で融資額を引き出すのが最短での融資ルートです。
すでにアコムを利用したことがある方は、アコムコールセンター(0120-07-1000)に電話する必要があります。
アコム利用がある場合は、新たにローンカードを発行する手間はありません。
ローンカードがあれば、コンビニATMでも借り入れや返済ができる点は非常に便利ですね!

ビジネスローンを申し込むときの注意点

ここまで消費者金融のビジネスローンを申し込むメリットや、おすすめの消費者金融ビジネスローン申し込み先を紹介してきましたが、あなたに合うものは見つけられましたか?
「ここは自分に合っていそうだな」と感じるものを見つけたらあとは申し込むだけですが、ビジネスローンへ申し込む上でいくつか気をつけておきたいことがあります。
ここでは、ビジネスローンに申し込むときの注意点をあげていきます。
ビジネスローンは大きな金額の借り入れになることが多いですから、審査はより慎重に行われます。
ビジネスローンを早く申し込みして早く融資を受けたいと焦る気持ちを抑えて、注意点を確認してくださいね。

①業歴1年以上が必須であることが多い

消費者金融のビジネスローンの申し込みには、1年以上の業歴が必須であることが多いです。

直接的に「業歴1年以上の方」と書かれていなくても、提出書類に前年度分の確定申告書が必要と書いてあったりするので、実質的に事業を始めたばかりの人では借り入れできないということもあります。

また、消費者金融や銀行のビジネスローンの審査においては、業歴が長いほど事業が安定していると評価され、借り入れがしやすくなります。
業歴が短いと、「すぐに事業が立ち行かなくなって返済できなくなってしまうのではないか?」と懸念されてしまう可能性もあります。
そのため、現在売り上げを好調に伸ばしていても、業歴が短いということで審査に通らない可能性もあります。

もしも審査に落ちてしまって、業歴が短いことが原因ではないかと思ったら、日本政策金融公庫への申し込みがおすすめです。
日本政策金融公庫は、銀行や消費者金融に比べて業歴の短い事業所や開業を考えている人に積極的な融資をしています。
日本政策金融公庫の融資は、消費者金融に比べて日数を要しますが、一度検討してみてもよいかもしれませんね。

②即日融資を希望するなら、午前中までの申し込みが理想

すぐにお金が必要なので即日融資を希望している場合は、午前中までに申し込みを済ませておくことが理想的です。

消費者金融のビジネスローンでは即日融資に対応していることが大きな特徴ではありますが、何時の申し込みでも即日融資ができるわけではありません。
通常ビジネスローンは、一般のカードローンに比べて時間がかかります。
また、大きな金額の借り入れとなることが多いため、お金はATMで引き出すよりも銀行口座に振り込むケースが多いです。
銀行口座への振り込みを行う場合、銀行の営業時間が平日の9時から15時であるため、遅くとも平日の14時までに振り込み作業を終えていないとその日のうちにお金を受け取れなくなってしまいます。

このように、審査に時間がかかる点や振り込みまでのタイムリミットを考えると、即日融資を希望している場合は午前中までに申し込み、もしくは契約完了まで進めておくことが非常に重要です。

たとえば、オリックスVIPローンカード BUSINESSでは、9時から19時まで審査結果を通知していますが、即日融資は14時30分までに契約手続きを完了した場合のみ対応となっています。
このように、金融機関によっては時間が決められていますが、いずれにせよできるだけ早く手続きを完了させておくに越したことはありません。
即日融資の申し込みは午前中が理想である点に気をつけて申し込みをしましょう。

③一度に複数社への申し込みは避けること

一度に複数の金融機関に申し込みをすると、審査に落ちてしまう可能性が高くなりますので、避けましょう。

「A社は審査落ちしても、B社は審査通過できるかもしれない!」「保険をかけて同時に申し込んでおこう」という気持ちはわかりますが、同時に何社へも申し込んでいると審査においてはネガティブな評価となります。
これは、「何社にも申し込んでいるなんて、よほどお金に困っているのではないか?」と疑われてしまうためです。
資金繰りに苦労しているから貸金業者を頼っているとはいえども、返済できない可能性が高い事業者に貸金業者はお金を貸そうとはしません。
ローンに申し込んだ記録はすぐに信用情報機関に記録され、どの金融機関でも照会できるようになっています。

また、審査に落ちたからといって、何度も同じ会社に申し込むことも避けましょう。
審査では、申し込み内容から返済能力を推定し、貸し付け可能かどうかを判断します。
その結果貸し付け見送りという判断を下されていることを真摯に受け止め、返済能力を向上させなければ審査通過することはできません。
返済能力はすぐに向上するものではないので、地道に業績を積み上げていくしかありません。

再申し込みの目安としては、6か月の間を開けることをおすすめします。
これは、信用情報機関に申し込みしたという記録が保管されるのが6か月であるためです。
もしも今回は審査落ちしてしまったという場合は、6か月間良い業績を積み上げて次回審査に備えましょう!

まとめ

  1. 消費者金融のビジネスローンがおすすめなケース
    • 即日融資を希望している
    • webサイト上から簡単に申し込みや契約を済ませたい
    • 希望融資額が少なめ
    • 返済の目途がおおよそ立っている
  2. 希望融資額が大きい場合や時間に余裕があるなら銀行ビジネスローンまたは日本政策金融公庫への申し込みがおすすめ
  3. おすすめビジネスローンの一例
    • オリックスvipローンカードBUSINESS審査は時間最短60分
    • ビジネクストなは利用限度額が最大1,000万円
    • プロミス自営者カードローンは30日間無利息
    • アコムのビジネスサポートカードローンは夜21時でも審査可能
    • ビジネスローンを申し込むときの注意点
      • 業歴1年以上が必須であることが多い
      • 即日融資は午前中の申し込みが理想
      • 一度に複数社への申し込みは避ける

消費者金融のビジネスローンは、即日融資を希望している方やwebサイト上で申し込みから契約までを完了させたい方、すぐに返済できる方に特におすすめです。
大手消費者金融は、即日融資に対応していることがほとんどですが、金融機関によって対応時間は変わるため注意が必要です。
また、即日融資以外にも企業ごとに便利な特徴を持っていますので、ご自身に合ったところを選んでくださいね。
反対に、時間に余裕がある方や融資希望額が大きい方は銀行のビジネスローンや日本政策金融公庫への申し込みがおすすめです。
こちらは消費者金融に比べて金利負担が圧倒的に軽くなりますが、融資までに時間がかかる点は注意しましょう。
あなたが申し込みしたいと思える消費者金融ビジネスローンは見つかりましたか?
この記事を参考に、スムーズに借り入れできるよう応援しています!



この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。
                     

コメントを残す