【WEB申込みで最短当日受取り!】
acマスターカード,アコム

公式サイトはこちら

借り換えローンおすすめ人気ランキング!失敗しない選び方

この記事の執筆者

林田紗季
林田紗季
ローン研究家
お金で失敗しないために、正しいカードローンやクレジットカードの使い方を発信しています。現在は『貸金業務取扱主任者』の国家資格取得試験に向け猛勉強中です。「読む人の立場になって、わかりやすく伝える」ことをモットーに生活に役立つ記事を目指しています!趣味は旅行!船でのんびり世界一周旅行が夢です!

借り換えローン,おすすめ,ランキング,選び方

借り換えローンで高金利から低金利に変更したい!住宅ローンを借り換えて今より有利にしたい!でも、どんな基準で選べばいいのかわからない。そんなあなたのために、借り換えローンの損をしない選び方、大手各社の比較、おすすめランキングをまとめました!

この記事では、カードローンの借り換え、住宅ローンの借り換えについて解説しています。

住宅ローンの借り換えを検討している方は後半からになります。

目次クリックすると住宅ローンについて書かれている部分(目次の8番目以降です)をすぐに見ることができます。

カードローンの借り換えローンの選び方

借り換えローン,おすすめ,ランキング,選び方

借り換えローンは、多くの商品があります。

借り換えローンで借金返済を楽にしたくても、商品が多いとどれがいいのか迷ってしまいますよね。

実は、自分の状態にあった借り換えローンを選ばないと、借金返済期間が長くなり、返済総額が増えてしまうといった事態をまねくことがあるのです。

ですので、借り換えローンを選ぶ際は自分の借入状況(金利・借入総額)に合っていて、自分でも使いやすいローンを選ぶことが重要になります。

そこで、使いやすいローンを探すための選び方、おすすめの借り換えローンを紹介します。

消費者金融と銀行の借り換えローンどっちがいい?

借り換えローンは、消費者金融と銀行が提供しています。どちらがいいかというと、銀行の借り換えローンがおすすめです。

というのも、銀行の方が金利が低いから

借り換えローンは金利の低いローンに借り換えをして、返済総額減らすことを目的として利用します。

そのため、消費者金融に比べ、金利の低い銀行カードローンへの借り換えがおすすめです。

条件がいいカードローンへ乗り換えたい

借り換えローンは、返済に困っている人だけでなく、金利などの条件を有利なものに変えたいと思っている方も利用することができます。

借り換えを検討している例

  • 金利をもう少し下げたい
  • 月の返済額を下げたい
  • 返済方法が不便だからローン会社を変えたい
  • 返済先を1社にして管理をしやすくしたい

このような場合の借り換えローン選びのポイントはこちらです。

良い条件の借り換えローンを探すポイント
  1. 金利を確認
  2. 毎月の返済額を確認する
  3. 返済期間を確認する
  4. 総返済額を比較する

特に返済期間が長くなりすぎると、支払う利息が多くなり、結果的に借り換え前よりも総支払金額が大きくなることがあります。

カードローンの金利・利息を計算する方法とは?
2018.08.16

返済がつらいからカードローンを借り換えたい

最低返済額が低いローンへの借り換え

毎月の返済を楽にするために借り換えローンを利用できます。
この場は金利よりも、月々の返済額低いローンを選びましょう。

ただし、毎月の返済額を低くするとほとんどの場合で返済総額高くなります。

◎毎月の返済額を低くすると同時にできるだけ金利の低いローンを選びましょう。

カードローンを返済額で徹底比較!おすすめ人気ランキング
2018.08.04

どうしても返済ができないなら債務整理を!

債務整理がおすすめの方

  • 借り換えをしても返済できない
  • 生活が追い込まれている
  • 滞納経験などから信用情報にキズがある

最低返済額が低いローンに借り換えをしても、返済ができない、生活が追い込まれているという場合は債務整理を検討しましょう。

借り換えローンは信用情報キズがあると審査に通過することが難しくなります。

返済に困っていて、信用情報にキズがある場合も債務整理を検討しましょう。

カードローンの返済を債務整理する方法とメリット・デメリット
2018.07.17

おすすめ借り換えローンランキング

  • 限度額は最大1,000万円まで!
  • 月々の返済は最小2,000円から
  • おまとめ、借り換えローンにおすすめ!
横浜銀行カードローン
融資限度額 金利 審査時間
1,000万円 1.9%~14.6%
融資時間 総量規制 収入証明書
最短翌日 対象外 希望借入額50万円〜
利用可能なコンビニ
  • 審査
    スピード
  • 即日融資
  • 無利息期間
  • 事業ローン
  • フリーター
    OK
  • 学生
  • 専業主婦
  • 低金利
  • おまとめ
    ローン
  • 来店不要
おすすめポイント

低金利でおまとめローンの利用も可能なローンのため、毎月の返済額利息軽減効果が大きいローンです。
融資限度額は最大1,000万円まで借入可能です。
Webから申し込みが可能です。
しかし、利用できる方の自宅・勤務先の地域に制限があるため確認が必要です。

じぶん銀行カードローン

  • auユーザーなら金利の優遇あり!
  • 毎月の返済額は1,000円から
  • ATM手数料無料!
じぶん銀行カードローン
融資限度額 金利 審査時間
800万円 2.2%~17.5%
融資時間 総量規制 収入証明書
対象外 希望借入額50万円〜
利用可能なコンビニ
  • 審査
    スピード
  • 即日融資
  • 無利息期間
  • 事業ローン
  • フリーター
    OK
  • 学生
  • 専業主婦
  • 低金利
  • おまとめ
    ローン
  • 来店不要
おすすめポイント

auユーザーであれば借り換えをすることで金利の0.5%引き下げの優遇を受けることができます。
申し込みから契約まで全てスマホで完結し、郵送物もありません。
最小返済額は1,000円〜と毎月の返済額の負担を軽減することもできます。
金利の優遇を受けやすい、スマホ完結で来店の必要がない点が大きなポイントです。

  • 限度額は最大1,200万円まで!
  • 低金利nカードローン!
  • 最低返済額は2,000円〜!
住信SBIネット銀行,MRカードローン
融資限度額 金利 審査時間
1,200万円 0.99%~14.79% 最短60分
融資時間 総量規制 収入証明書
最短3営業日 対象外 希望借入額50万円〜
利用可能なコンビニ
  • 審査
    スピード
  • 即日融資
  • 無利息期間
  • 事業ローン
  • フリーター
    OK
  • 学生
  • 専業主婦
  • 低金利
  • おまとめ
    ローン
  • 来店不要
おすすめポイント

プレミアムコースであれば最大1,200万円までの借入が可能となり、金利は0.99%〜7.99%と低金利な点が特徴です。
審査によってプレミアムコースとスタンダードコースのどちらになるかが決まります。
さらに、ミライノカードを所有しており、引き落とし口座として利用している方は-0.1%
住宅ローンを利用している方には-0.5%の金利の引き下げがあります。

消費者金融の返済専用借り換えローンのおすすめ

消費者金融の借り換えは返済専用のローンとなります。
新たに追加で融資を受けることはできません。

借り換え・返済専用のローンであるため、他社への返済も消費者金融で行ってもらえるというメリットがあります。

  • 返済専用借り換えローン
  • 審査結果はその場で回答!
  • フリーダイヤルから申し込み!
アコム
融資限度額 金利 審査時間
300万円 7.7%~18.0%
融資時間 総量規制 収入証明書
対象外 希望借入額50万円〜
利用可能なコンビニ
  • 審査
    スピード
  • 即日融資
  • 無利息期間
  • 事業ローン
  • フリーター
    OK
  • 学生
  • 専業主婦
  • 低金利
  • おまとめ
    ローン
  • 来店不要
おすすめポイント

限度額は300万円までですが、最長返済期間が13年7ヵ月で長く設けられている点がポイントです。
総返済額を減らすよりも、毎月の返済額負担軽減したい方に向いているローンといえます。
フリーダイヤルから申し込みをした上で、無人契約機、または店頭で契約をします。

  • ネットで申し込み可能!
  • 最大800万円まで融資可能!
  • 返済専用で管理が楽に
アイフル
融資限度額 金利 審査時間
800万円 3.0%~17.5%
融資時間 総量規制 収入証明書
対象外 希望借入額50万円〜
利用可能なコンビニ
  • 審査
    スピード
  • 即日融資
  • 無利息期間
  • 事業ローン
  • フリーター
    OK
  • 学生
  • 専業主婦
  • 低金利
  • おまとめ
    ローン
  • 来店不要
おすすめポイント

限度額は最大800万円で最長10年のおまとめローンです。
早く借金を完済したい方におすすめです。
申し込みはインターネットからできますが、質問や不安な点などがあればフリーダイヤルで相談することもできます。

借り換えローンのメリット・デメリット

借り換えローンのメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 総返済額を抑えることができる
  • 毎月の返済額を抑えることができる
  • 返済先を1社にまとめることができる
  • 利息増えることがある
  • 返済期間長期化する場合がある
  • 返済総額上がる可能性がある
  • 追加融資できない場合がある

借り換えローンでも選び方を間違えると、返済総額増えしまったり利息上がる可能性もあります。

そこで、デメリット回避の方法を紹介します。

メリットとデメリットを比べ、借り換えをするべきかどうかを検討してください。

借り換えローンとは?正しい選び方と減額方法について
2018.01.16

借り換えローンのメリット

借り換えローンのメリット

  • 総返済額抑えることができる
  • 毎月返済額抑えることができる
  • 返済先1社にまとめることができる
  • 利便性をあげることができる

低金利のローンに借り換えをすることによって、支払う利息減らすことができます。

毎月の返済が苦しい場合には、毎月の返済の負担を減らすことができます。

また、返済先を1社になるため返済の管理がしやすくなる点も大きなメリットといえます。

返済にかかる手数料がある場合には、手数料無料のローンを探しましょう。

手数料は少額ですが、返済期間全体で考えると大きく費用を下げることができます。

借り換えローンのデメリット

借り換えローンのデメリット

  • 利息増えることがある
  • 返済期間長期化する場合がある
  • 返済総額上がる可能性がある
  • 追加融資できない場合がある

借り換えローンは審査が必要です。

審査の結果によって利息が決まるため、審査結果によっては今よりも利息が高くなってしまう場合もあります。

月々の最低返済金額を減らした場合は、返済金額が少なくなる分、返済期間が長くなってしまい、利息分だけ返済総額が高くなってしまうことが考えられます。

また、借り換えローンの中でも、追加融資ができない返済専用の商品を利用した場合、追加でお金が必要となった時には新しくローンを契約する必要があるので注意が必要です。

デメリットを回避するためには

デメリット 回避方法
利息が増える
  • シミュレーションをしてから申し込みをする
  • 限度額別に金利が設定されているローンを選ぶ
  • 融資を受ける前に辞退する
返済期間が長期化
  • 最小返済額が高いローンを選ぶ
  • 繰上げ返済をしていく
総返済額が上がる
  • 返済シミュレーションをして総返済額を確認する
  • 最小返済額が高いローンを選ぶ
  • 繰り上げ返済をしていく
追加融資ができない
  • 返済専用ではないローンを契約する

毎月の返済額の負担を減らす目的で借り換えをする場合は、返済期間が長期化する・返済総額が上がる傾向にあります。

毎月の返済額か、総返済額のどちらを下げるべきか、状況に応じて決めてください。

カードローンの借り換えがおすすめなのはこんな人

カードローンの借り換えがおすすめな場合と、反対に借り換えをすることでデメリットの方が大きくなる場合があります。

借り換えが向いている人

  • 現在の金利が15%以上
  • 50万円以上の借入がある
  • 年収の3分の1以上、それに近い金額を借り入れている
  • 返済に手数料がかかっている
  • 毎月の返済額が高く、生活に影響が出ている
  • 信用情報にキズがない

上記に当てはまる方は借り換えをすることによって得られるメリットが大きくなります。

借り換えが向いていない人

  • 現在の金利は15%以下
  • 借入金額は50万円以下
  • 借入方法・返済方法に不便を感じていない
  • 毎月返済をしていても生活に影響するほどではない
  • 信用情報にキズがある

金利が下がるかどうかの目安は15%と考えてください。

また、借入金額が低い(50万円以下)の場合は借り換えで金銭的にお得になりにくいです。

50万円以下の借入で、利便性に不満がない場合は借り換えをおすすめしません。

また、信用情報にキズがあると、審査通過は難しくなります。

借り換えローンとおまとめローンの違いとは

借り換えローン,おまとめローン,違い

借り換えローンとおまとめローンの違いは借入先の数です。

借り換えローン おまとめローン
借入件数 1社または1社以上 2社以上
主な利用目的 金利を下げるため 返済先を1社にまとめるため

借り換えローン金利を下げるために利用されるローンです。

カードローンだけでなく、住宅ローンなどでも利用されます。

おまとめローンは名前の通り、借入先まとめるためのローンです。

借入先をまとめると同時に金利の低いローンへまとめることで金利を下げることもできます。

借り換えローンとおまとめローンの違いとは?メリット・デメリットを比較
2018.02.13

借り換えローンの審査基準・審査方法はカードローンと違う?

借り換えローンにも審査があります。

借り換えローンの審査とカードローンの審査はどのように違うのか、解説します。

借り換えローンの審査内容と審査基準

借り換えローンの審査の流れ

申し込み

審査

書類・在籍確認の審査

融資実行

審査の流れは上記の通り、カードローンの審査と変わりません。

審査の甘い借り換えローンはなく、むしろ審査の基準はカードローンの審査より厳しくなります。

◎高額融資ができるローンは、貸し倒れリスクが高まるので審査は厳しくなります。

審査が甘い銀行カードローンとは?難易度ランキング2018
2018.08.06

申し込み時の注意

申し込み書には利用目的を記入する箇所があります。

ここで、借り換えが目的と明記しましょう。

借り換え目的ではない場合、高額な融資は審査に落ちやすくなります。

借り換え目的であれば、審査に通過できる訳ではありませんが、審査に通過する確率を上げるためにきちんと記入をしましょう。

審査完了までにかかる時間

審査にかかる時間は金融機関により異なります。

ほとんどは各社のカードローンの審査時間と変わらないと考えて問題ありません。

しかし、他社からの借入があると新規のカードローンの審査よりも時間がかかる傾向にあります。

審査に必要な書類

申し込み時に必要となる書類

  • 本人確認書類
  • 収入証明書※

申し込み時に必要となる書類は本人確認書類と収入証明書です。

※収入証明書が必要となるケース

①希望借入額が50万円以上

②利用限度額と他社借入金額を合わせた金額が100万円以上になる

上記に当てはまる場合は収入証明書が必要です。

審査が甘い借り換えローンはない!落ちる理由と通る条件とは
2018.06.26

借り換えローンは横浜銀行カードローンがおすすめ

借り換えローン,おすすめ,横浜銀行

横浜銀行カードローンは借り換えにぴったりのローンです。

理由を他社と比較しながら、説明していきます。

限度額比較表:限度額が高い

三井住友銀行カードローン 800万円
三菱UFJ銀行 バンクイック 500万円
みずほ銀行カードローン 800万円
横浜銀行カードローン 1,000万円

横浜銀行はメガバンク3社に対して限度額高く設定されています。

金利比較表:最低金利の設定が低い

三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行 バンクイック 1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
横浜銀行カードローン 1.9%~14.6%

横浜銀行カードローンは最低金利も最高金利も設定が低くなっています。

借入金額別の金利比較表

銀行/借入金額 50万円 100万円 500万円 800万円 1,000万円
三井住友銀行カードローン 12.0%~14.5% 10.0%~12.0% 5.0%~6.0% 4.0%~4.5%
三菱UFJ銀行 バンクイック 13.6%~14.6% 10.6% ~13.6% 1.8%~6.1%
みずほ銀行カードローン 14.0% 12.0% 5.0% 2.0%
横浜銀行カードローン 14.6% 11.8% 4.8% 3.5% 1.9%

横浜銀行カードローン限度額が高く、金利が低いカードローンです。

他社から借り入れているカードローンをおまとめするには、どうしても借入金額が高くなってしまいます。ですので、借り換えローンには、限度額が高く、金利の低いカードローンがおすすめ。

横浜銀行カードローンは、借り換えローンに向いているカードローンなんですね。

横浜銀行カードローンってどうなの?審査や返済方法、増額や口コミなど徹底調査!
2018.05.18

横浜銀行カードローンを借り換えに利用するメリット

横浜銀行カードローンを借り換えに利用するメリットは以下のようなものがあります。

  • 限度額が高い
  • 金利低く抑えることができる
  • Webで完結するので、来店する必要がない
  • ATMの返済手数料が無料
  • 最低返済額は2,000円〜と低めの設定で毎月の負担が少ない

限度額が高く、金利が低いことは先ほど紹介しましたが、Webで申し込みが完結し、返済手数料がかからないのも大きいですね。

横浜銀行カードローンを借り換えを利用するデメリット

借り換えローン向きな横浜銀行カードローンですが、残念なことに、利用できる方の住所、勤務先に制限があります。

横浜銀行カードローンを利用できる方

  • 神奈川県全域
  • 東京都内全域
  • 群馬県(前橋市、高崎市、桐生市)

上記の地域に居住・お勤めの方

◎横浜銀行カードローンはエリアの限定はありますが、申し込み条件をクリアしていれば、低金利で利便性も良いカードローンです。

私なら、50万円以上の借入がある場合に横浜銀行カードローンに借り換えを検討します。

ATMの手数料も無料なので、ATMを利用して繰上げ返済も合わせて返済することも可能だからです。。

横浜銀行カードローンが借り換えにおすすめ!

  • 限度額は最大1,200万円まで!
  • 低金利のカードローン
  • ATMの手数料が無料!
横浜銀行カードローン
融資限度額 金利 審査時間
1,000万円 1.9%~14.6%
融資時間 口座開設 Web完結
最短翌日 必要 対応
利用可能なコンビニ
  • 審査
    スピード
  • 即日融資
  • 無利息期間
  • 事業ローン
  • フリーター
    OK
  • 学生
  • 専業主婦
  • 低金利
  • おまとめ
    ローン
  • 来店不要
利用者の口コミ

他社と比較しても遜色ない商品だったのでここにしました。ネットで申し込み本当にその日に審査結果わかりました。
金利は記載されてる通りの金利だったので納得です。電話での応対やきちんと時間を提示してくれるし親切だと思います。
プロミスが保障会社なので借りやすいと思います。返済ですが利便性は高いと思います。
限度額も普通に50万以上貸してくれるしいいです。

住宅ローンの借り換えに潜むデメリットは?

住宅ローンの借り換えを検討している方も多いと思います。

住宅ローン大きな金額の借り換えとなるのできちんと選ぶことはもちろん、返済の計画も細かく立てておく必要があります。

金額が大きいだけに、住宅ローンの借り換えには絶対に失敗したくないですよね。住宅ローンの借り換えで「やってしまった!失敗した!」を防ぐための注意点・ポイントを紹介します。

住宅ローンの借り換えの注意点と選び方

住宅ローン借り換えのチェックポイント
  1. 金利の種類(固定金利か変動金利か)
  2. 保険の内容(団信)
  3. 繰り上げ返済の手数料
  4. 全ての諸費用を合算したうえでの総返済金額

カードローンの借入や延滞は住宅ローン審査に落ちる?
2018.05.31

金利の種類

住宅ローンは固定金利変動金利を選択します。

今までの金利の種類を変える時には注意が必要です。

特に変動金利に変えると、これから金利が上がる可能性が大いにあります。

変動金利の方が金利が低いため、一見お得に見えますが将来的に固定金利で支払い続ける方がお得である可能性もあります。

現在の金利だけでなく、将来の金利変動も考慮して切り替えるようにしましょう。

保険の内容(団信)

住宅ローンを組むときは団体信用保険(団信)に加入します。

住宅ローンの借り換えを行うときは同時に団信も切り替わるため、借り換え先団信の保険内容をきちんと確認することが必要です。

金利が低くなりお得と感じても団信の内容に納得がいかない場合は借り換えをおすすめしません。

借り換えにかかる事務手数料

住宅ローンの借り換えには手数料がかかります。

価格は会社によってことなりますが、10万円〜数十万円です。

その他、抵当権設定料、行政書士費用、保証料などそれぞれ数万円ずつかかります。

借り換えにかかる費用差し引いても借り換えをした方が得になるのか、じっくり比較が必要となります。

繰り上げ返済の手数料

借り換えをした場合、借り換え前のローン会社に一括で返済をします。

繰上げ返済手数料がかかるかどうかも、事前に確認をしましょう。

繰上げ返済手数料が無料の場合もありますが、数万円必要となることがあります。

全ての諸費用を合算したうえでの総返済金額

住宅ローンの借り換えには、借り換え手数料や行政書士費用、繰り上げ返済費用など、多くの費用が絡んできます。金利だけ見て「こちらの方が有利だ」と考えても、借り換えにかかる費用全体をみると借り換え前の方が有利だったということもあるのです。

借り換えにかかる総額費用を考慮しても借り換えた方がお得なのか、慎重に比較しましょう。

住宅ローンの借り換えにおすすめの銀行

住信SBI銀行ネット専用住宅ローン

  • 団信・全疾病保証無料!
  • Web申し込み可能!
  • 一部繰上げ返済手数料無料!
往信SBIネット銀行
借入金額 金利タイプ 対応地域
500万円以上1億円以下 固定/変動 全国
固定金利 変動金利/td> 来店
1.26% 0.428% 不要
  • 固定金利
  • 変動金利
  • 団信保険料
    無料
  • 保証料無料
  • 保証会社
    手数料無料
  • 土日・祝日
    対応
  • 一部繰上げ
    返済可能
  • 全額繰上げ
    返済
  • 収入印紙
    無料
  • 来店不要

りそな銀行住宅ローン

  • 一部繰上げ返済手数料無料
  • 団体信用生命保険料0円
  • 休日も相談可能!
りそな銀行,借り換えローン
借入金額 金利タイプ 対応地域
50万円以上1億円以下 固定/変動 全国
固定金利 変動金利/td> 来店
2.475% 3.0%~4.4% 必要
  • 固定金利
  • 変動金利
  • 団信保険料
    無料
  • 保証料無料
  • 保証会社
    手数料無料
  • 土日・祝日
    対応
  • 一部繰上げ
    返済可能
  • 全額繰上げ
    返済
  • 収入印紙
    無料
  • 来店不要

じぶん銀行住宅ローン

  • パソコン・スマホで完結!書類不要!
  • 保証料無料!
  • 収入印紙、一般団信の保険料が無料!
じぶん銀行,住宅ローン
借入金額 金利タイプ 対応地域
500万円以上1億円以下 固定/変動 全国
固定金利 変動金利/td> 来店
0.65% 0.457% 不要
  • 固定金利
  • 変動金利
  • 団信保険料
    無料
  • 保証料無料
  • 保証会社
    手数料無料
  • 土日・祝日
    対応
  • 一部繰上げ
    返済可能
  • 全額繰上げ
    返済
  • 収入印紙
    無料
  • 来店不要

住宅ローンを借り換えた人の口コミ・評判

住信SBI銀行ネット専用住宅ローン

  • Webから申し込みが可能
  • 金利がとても低い
  • 手続きは慣れないと手間

ネット銀行であることから、手続きを全て自分でネット上で行う必要があります。

そのため、ネットに慣れていないと少し大変かもしれません。

また、手数料はかかるものの、金利の低さでカバーされるという口コミが多いです。

りそな銀行住宅ローン

  • 金利が低い
  • 保険が充実している
  • 窓口もネットからも申し込みができて便利

保険のオプションも充実しています。必要なものをオプションとして選べます。

また、ネットからの申し込みも可能ですが、窓口で相談することができるので不安な方は窓口で相談しながら決めたという口コミが多いです。

じぶん銀行住宅ローン

  • 金利が低く、かかる手数料も少ない
  • ネット上での手続きがしやすい
  • 保険も充実している

がん特約が無料でついていて、かかる手数料が少ないです。

ネット銀行でありながらサポートも充実しています。

ネット上の操作がしやすいという口コミが多いです。

住宅ローン借り換え相談は利用すべき?

住宅ローンの借り換え相談は活用するべきです。

しかし、数ある住宅ローンの選択自分行いましょう。

住宅ローン借り換え相談のメリット・デメリット

借り換えローン相談のメリット

  • 実際に削減できる金額がわかる
  • 不明点などの質問ができる
  • 他の金融機関と比べることで現在の状況を把握できる

住宅ローンの相談をすることで、他社と現在のローンとの比較ができます。

また、借り換えをしようか迷っている方は借り換えに関する疑問点を解消することができます。(必要書類・必要な期間・費用など)

借り換えローン相談のデメリット

  • 自社商品の説明しか受けることができない
  • 相談先の商品を勧められる

借り換えローンの相談は銀行の顧客獲得のために行われています。

相談にいくと、自社の商品を勧められ、他社のローンについては説明を受けないことがほとんどです。

そのため、説明を受けた勢いで、他社との比較をせずに契約してしまう可能性があります。すでに十分に比較しており、相談先で借り換えることを決めている場合以外は、必ず持ち帰って検討するようにしましょう。

住宅ローン借り換え相談を有効に活用するには?

住宅ローンの借り換え相談は複数社で行いましょう。

まず、最初に相談する先の銀行を3社ほどピックアップします。

そして、ピックアップした全ての銀行の相談に行った後に借り換え先を決めて契約を進めましょう。

また、相談先の3社を選ぶときは口コミや、各社ホームページのシミュレーションを利用してお得な住宅ローンを探しましょう。

住宅ローンの借り換え相談で聞くべきこと・用意すること

住宅ローンの借り換え相談で質問すること

  • かかる費用
  • 契約までにかかる期間
  • 金利の種類

住宅ローンの借り換えには費用がかかります。

団信保険料、保証料、収入印紙の費用などがトータルで50万円〜70万円ほどかかります。

銀行によってかかる費用変わるので、いくらかかるのか聞いておきましょう。

住宅ローンの審査契約までにかかる時間は混雑状況によって異なります。

契約したとしたら、どれぐらいの期間がかかるのかを確認しましょう。

金利の種類が変わるときは要注意です!

金利の種類が変わることでいくら軽減できるのか、金利の仕組みも理解する必要があります。

相談に行った際に聞いておきましょう。

住宅ローン相談に用意するといいもの

  • 返済計画書
  • 土地売買の契約書
  • 金利に関する契約書
  • 金銭消費賃貸証書
  • 収入証明書

相談をするにあたり、全ての書類を準備する必要はありません。

しかし、返済計画書収入がわかるもの土地の購入時期と価格に関するメモがあれば、相談先でより深く返済の計画を相談することができます。

準備は少し面倒かもしれませんが、できるだけ準備して行くほうが満足のいく相談をすることができます。

住宅ローンの借り換えは往信SBIネット銀行がおすすめ

住信SBIネット銀行 ネット専用住宅ローンをおすすめする理由
  1. 各手数料が無料!
  2. 固定金利が低めの設定
  3. WEB申込可能
  4. 繰り上げ返済手数料が無料
  5. シミュレーターがある
住信SBIネット銀行はかかる費用が少ない点が特徴です。
金利は低金利で、申し込み方法も手軽にできます。
まずシミュレーションを行ってから、仮審査の申し込みをすることをおすすめします。
  • 団信・全疾病保証無料!
  • Web申し込み可能!
  • 一部繰上げ返済手数料無料!
住信SBIネット銀行,ネット専用住宅ローン
借入金額 金利タイプ 対応地域
500万円以上1億円以下 固定/変動 全国
固定金利 変動金利/td> 来店
1.26% 0.428% 不要
  • 固定金利
  • 変動金利
  • 団信保険料
    無料
  • 保証料無料
  • 保証会社
    手数料無料
  • 土日・祝日
    対応
  • 一部繰上げ
    返済可能
  • 全額繰上げ
    返済
  • 収入印紙
    無料
  • 来店不要

まとめ

低金利のローンに借り換えをすることで支払う利息安くことができます。

ローンを組んでいる方は一度、借り換えを検討することをおすすめします。

しかし、全ての人が借り換えお得になるとは限りません。

借り換えることによって、をしてしまうこともあります。

じっくり考えながら、メリットが大きくなるタイミングでの借り換えをするようにしましょう。

【WEB申込みで最短当日受取り!】

三菱UFJフィナンシャルグループ
アコムの業界最速クレジットカード


▼注目のクレカ情報

2015-10-14_121852 ルミネカードがお得!
審査に落ちる3つの理由とは?
2015-10-14_122013 知られざる金融業界の裏側!
年収が高い企業別ランキングTOP3とは?
2015-10-14_122013 意外と知らない仕組み!
加盟店が支払う手数料の裏側とは?
2015-10-14_122013 どっちがお得?
交通系クレジットカードTOP3を徹底比較
世界中が驚愕!
年会費が世界一高いクレジットカードとは?
【大人気のTo Me CARD】
定期券購入移行時の4つの注意点とは?!
知らないと恥!
クレジットカード利用時のサインと暗証番号の違いとは?
【3分でマスター!】
クレジットカードIDの使い方を徹底解説!
2015-10-14_122013 【まだ助かる!】
クレジットカードの支払いができない時に試す3つの相談方法とは?
2015-10-14_122013 クレカの豆知識
支払いを1、2ヶ月遅延滞納した結果・・・

▼クレカ審査系ランキング

クレカ営業マンに学ぶ!
審査基準と人気クレジットカードランキング2017年版
2015-10-14_122013 審査が早い!
即日発行カードランキング
2015-10-14_122013 学生向け!
審査基準と人気クレジットカードランキング2017年版
2015-10-14_122013 主婦申し込みOK!
主婦向けクレジットカードランキング2017年版
自営業者OK!
審査基準と人気クレジットカードランキング2017年版

▼当サイトおすすめ記事

2015-10-14_121852 最強デビットカード!
おすすめ人気ランキング
お洒落過ぎる!
クレジットカードの人気ブランドケースTOP5
2015-10-14_122013 激レア話題殺到!
アニメコラボカードランキングTOP5
2015-10-14_122013 鉄壁のクレカ?!
紛失・盗難・悪用保証が強いカードランキング
2015-10-14_122013 富裕層向け!
ステータスカード人気ランキング2017年版
2015-10-14_122013 便利でお得!
アメリカで使えるクレジットカードランキング2017年版

コメントを残す