あなたはどの項目重視?おすすめの消費者金融特集

[最終更新日]2020/01/30

あなたはどの項目重視?おすすめの消費者金融特集
「消費者金融に借り入れ申し込みしようと思っているけれど、どこに申し込みすればいいのかな?」「はじめて消費者金融に申し込むからおすすめのところが知りたい!」

「消費者金融といえば?」と聞かれて、ぱっと思いつくだけでも数社の社名をあげられますよね。
どの消費者金融を選んだらよいのか迷ってしまいます。
実は、「ここがおすすめの消費者金融だ!」と言い切るのは非常に難しいのです。

なぜなら、消費者金融によってさまざまな特徴があり、申し込む人の事情もさまざまであるためです。
即日融資を希望しているのか」「利息負担が少ないものを選びたいのか」「周りへの借り入れのばれにくさ」など、その人その人が重視するポイントによって、選ぶべき消費者金融は大きく変わります。

ここでは、いくつかの項目ごとに分けて、おすすめの消費者金融をランキング形式で紹介します!
また、実は中小消費者金融や銀行カードローンを選んだ方がおすすめなケースなどもお伝えします。

読み終えていただければ、自分におすすめな消費者金融がきっとわかるはずですよ!
消費者金融の利用がはじめてでどう申し込み先を決めたらいいのかわからないという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

おすすめできる消費者金融は何を重視するかによって違う!

おすすめできる消費者金融は何を重視するかによって違う!
「消費者金融ってどう選んだらいいの?」「とりあえずおすすめの消費者金融が知りたい!」
はじめて消費者金融を利用する時には、まずおすすめが知りたいと考える人も多いのではないでしょうか。
また、どの消費者金融に申し込むかを考える上では、審査への通りやすさなども考慮したいところですよね。

実は、審査への通りやすさは「今までとくに問題視されるような料金支払いの延滞をしていない」「安定した収入がある」といったポイントをクリアしていれば、どの消費者金融への申し込みでも審査通過の可能性は高いです。
したがってどの消費者金融がおすすめなのかは、消費者金融にどんな使い勝手を求めているのかによって大きく変わってしまうんです。

審査への通りやすさを期待して、中小消費者金融を選ぶ方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、対応サービスの幅広さからもまずは大手消費者金融への申し込みをおすすめします。

るあなたも、大手消費者金融の審査をあきらめるのはまだ早いですよ!

ここでは、まず大手消費者金融の特徴と大手消費者金融の基本的な性質についてお伝えします。
借り入れ申し込み先に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

①大手消費者金融はどこも基本的に即日借り入れに対応している

大手消費者金融は、基本的にどこでも即日借り入れに対応しています。

しかし、即日借り入れに対応できる申し込み受付時間は各社違いますので注意しましょう。

★大手消費者金融各社の即日借り入れ対応時間
即日借り入れ対応時間 最終契約締め切り時間
アイフル 9:00~21:00 22:00
アコム 9:00~21:00 22:00
SMBCモビットカードローン 9:00~21:00
プロミス 9:00~21:00 22:00
レイクALSA 8:10~21:00 21:00

できるだけ早い時間に即日借り入れをしたいのであれば、朝8:10から即日借り入れに対応しているレイクALSAの利用がおすすめです。
他社が9:00以降にwebサイト上で即日申し込みの受付を開始する中、1時間近くも早い時間から対応可能となっています。

即日借り入れを行うためには、web申し込みのタイミングも重要です。
webサイト上からの申し込み受付時間は、各社21:00までとしていますが、これはあくまで営業時間だととらえてください。
つまり、21:00までに申し込みや審査を終える必要があります。
したがって、審査には最短30分かかりますから、余裕をもって20時までの申し込みをおすすめします。

もしも、21時以降に申し込みをした場合は、翌朝の審査回答になります。
朝いちばんの借り入れでも間に合いそうなのであれば、夜のうちに申し込みや必要書類などの準備をしておきましょう。

ただし、即日振り込みを希望する場合は、もっと早い時間に契約を結ぶ必要があります。
即日振り込みの場合、借り入れ金額を銀行口座に振り込んでもらう必要があるため、銀行の営業時間を考慮しなければいけません。
銀行の営業時間は、平日の9:00~15:00です。
余裕をもって14時までには振り込み依頼をしておきましょう。
ちなみにプロミスでは、13時までに申し込みを終える必要があります。

その一方で、指定の銀行口座を持っていれば24時間振込に対応しているところもあります。
アコムでは、楽天銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行の口座を持っていれば、ほぼ24時間受付完了から1分後に振り込みされます。
ただし、はじめてアコムを利用する場合は21時までに審査通過をして、22時までに契約を結ぶ必要があります。

即日振込に対応しているところは多いです。
しかし、その対応の中身や時間はさまざまなので申し込み前に確認しておきましょう。

また、詳しくは後述しますが、大手消費者金融の金利設定はどこもあまり変わりがありません。
プロミスが上限年率17.8%で貸し付けをしている以外は、どこも上限金利は年率18.0%です。
金利は、はじめての利用の場合はほとんど借り入れ金額に応じた上限金利が適用されます。
今までにクレジットカードの支払いを延滞したことがない、現在ある程度の安定した収入を得ているということであれば、どこを選んだとしても審査通過の可能性は大いにあります。
違いがあるとすれば、無利息期間の設定やweb完結申込への対応などです。
このようなこだわりがある場合は、その特徴を持っている消費者金融かどうかをしっかりチェックして申し込みしましょう。

②どうしても決められないならアイフルやアコムが利便性とのバランスが良い消費者金融

もしも、「何を重視していいのかまるで分らないので、どうしてもどこが一番自分に合っているか決められない!でもすぐに申し込まないと、お金が必要なタイミングに間に合わない!」ということならば、アイフルやアコムへの申し込みはいかがでしょうか。
アイフルアコムは両社ともに利便性とのバランスが良い消費者金融です。

審査即日受付時間 金利 web完結
(書類で在籍OK)
土日 無利息期間
アイフル 9:00~21:00 3.0~18.0% 〇(電話申し出) 契約翌日から30日
アコム 9:00~21:00 3.0~18.0% 〇(電話申し出) 契約翌日から30日
SMBCモビットカードローン 9:00~21:00 3.0~18.0% 即日対応は平日 ×
プロミス 9:00~21:00 4.5~17.8% 〇(電話申し出) 利用翌日から30日
レイクALSA 8:10~21:00 4.5~18.0% 〇(電話申し出) 契約翌日から60日、5万までは180日無利息

アイフルやアコムは、どこかが非常に抜きんでている特徴を持っているというわけではありません。
しかし、消費者金融での借り入れ先を選ぶ際に無視できない即日借り入れ、金利、web申し込み、土日対応、無利息期間、全ての項目において平均的な特徴を持っています。
また、両社は即日借り入れやweb申し込みに対して、特に銀行口座の指定がないことや、申し込み後ローンカードを無人契約機に取りに行くことができる点も変わりません。

強いて違いを挙げるとすれば、無人契約機内にATMがあるかないかでしょうか。
アイフルの無人契約機は、ATMが併設されていません。
対して、アコムは無人契約機の隣にATMがあります。
したがって、アコムはローンカードを受け取ったらすぐに隣のATMで借り入れ金額を引き出すことが可能です。
1分1秒でも早く現金がほしいという方は、アコムの方がおすすめですね。

どうしても決められないときの申し込み先例
アコム

アイフル

項目別に選ぶおすすめ消費者金融を紹介!

項目別に選ぶおすすめ消費者金融を紹介!
消費者金融を選ぶときは、自分が求めている特徴を持っている消費者金融かどうかを確認することが大切です。
たとえば、今すぐにお金を借りたいと考えていたのに、即日振込に対応していない消費者金融を選んでしまったら、「こんなはずじゃなかった!」と後悔してしまいますよね。
ここでは、消費者金融を選ぶときに重視されやすい項目である、web完結申し込みが可能かどうかや、金利、土日対応、無利息期間の有無などの4項目ごとにおすすめの消費者金融をまとめました。
借り入れ先に迷っている方はぜひ参考にしてくださいね。

①完全web完結で選ぶなら、SMBCモビットカードローン

完全web完結の申し込みを希望している方は、SMBCモビットカードローンがおすすめです。

★web完結申し込みができる消費者金融
web完結
(書類で在籍確認OK)
SMBCモビットカードローン
アコム 〇(電話申し出)
アイフル 〇(電話申し出)
プロミス 〇(電話申し出)
レイクALSA 〇(電話申し出)

SMBCモビットカードローン

SMBCモビットカードローン
種類
消費者金融ローン
金利
利用限度額
融資期間
100万円未満
200~300万円未満
3.0%~18.0%
3.0%~15.0%
最大800万円
最短即日
  • web完結申し込みで電話での在籍確認なし
  • 郵送物一切なし
  • 即日借り入れにも対応している

完全web完結申し込みに対応していることで、申し込み先から電話がかかってくることがありません
そのため、職場に電話をかける在籍確認は行われず、周囲への消費者金融の利用が非常にばれにくくなります。

また、多くの消費者金融ではwebサイト上から申し込みした後に本人確認の電話が携帯電話等にかかってきます。
ですが、SMBCモビットカードローンは本人確認の電話すらもありません。
「自宅で申し込みしたら、電話で家族にばれてしまうのではないか?」と心配する方にも安心の対応ですね。

さらに、SMBCモビットカードローンはローンカードを発行しないで契約や利用が可能です。
そのため、申し込み時だけでなく、借り入れ開始後に財布の中身を誰かにちらっと見られて消費者金融の利用がばれることを防げます。

したがって、完全web完結申し込みは、「職場だけでなく家族にも、借り入れがばれてしまう危険を可能な限り低くしたい」という場合におすすめです。

ただし、SMBCモビットカードローンの完全web完結申し込みを利用するためには、以下の条件を満たしておく必要があります。

SMBCモビットカードローンweb完結利用条件

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの銀行口座を持っている方
  • 全国健康保険協会が発行する社会保険証、もしくは組合健康保険証を持っている方

SMBCモビットカードローンのweb完結申し込みを利用するためには、所定の銀行口座社名の入った健康保険証を持っていることが条件です。

SMBCモビットカードローン以外でも、在籍確認に対して不安がある場合は、書類による提出確認を申し出ることができます。
近年では、プライバシー保護のために個人宛の電話を引き継ぎできなくなっている会社も多いですよね。
在籍確認の電話が行われる場合、各社のオペレーターは電話の要件が在籍確認であることや社名を名乗ることはしません。
そのため、勤務先に電話をかけられても申し込み者の在籍が確認できないことがあります。
電話での在籍確認に対応できない場合は、本人確認の電話がかかってきたタイミングで書類での在籍確認を申し出しましょう。
ただし、審査状況によって電話をかける必要があると判断された場合は、勤務先に電話がかかってきます。
100%電話確認なしにしたいのであれば、SMBCモビットカードローンの利用が安心でしょう。

②金利の低さで選ぶなら、プロミス

出来る限り金利負担を低くしたいと考えているなら、プロミスの利用がおすすめです。

プロミス カードローン

プロミスカードローン
種類
消費者金融ローン
金利
利用限度額
融資期間
100万円未満
200~300万円未満
4.5%~17.8%
4.5%~15.0%
最大500万円
最短即日
  • 30日間無利息サービス!
  • 最短1時間で即日振込!
  • WEB完結なら郵送物不要でカードレス!
★各消費者金融の金利
金利
プロミス 年4.5~17.8%
アコム 年3.0~18.0%
アイフル 年3.0~18.0%
SMBCモビットカードローン 年3.0~18.0%
レイクALSA 年4.5~18.0%

プロミスは上限金利が17.8%です。
対して、他社の上限金利は18.0%に設定されています。

多くの場合、金利は上限値が適用されます。
金利の負担率は、利用者と利用会社との信用や、利用限度額によって決められます。

★利息制限法による貸付金額別の上限金利
貸付金額 上限金利
10万円未満 年利20.0%まで
10万円から100万円未満 年利18.0%まで
100万円以上 年利15.0%まで

はじめての借り入れでは、利用限度額は多くても50万円程度になることが多いです。
また、信用という観点からも、上限金利である18.0%が適用されるでしょう。
このため、上限金利が17.8%と一番低く設定されているプロミスの利用が一番金利負担を抑えられます。

0.2%の違いがどれくらいなのか確かめてみましょう。
たとえば、アイフルで50万円を金利18.0%で借りた場合と、プロミスで50万円を金利17.8%で比べてみます。
両社の毎月最低返済金額は13,000円であり、毎月返済金額が元金分と利息分に分けられる元利方式であることが共通しています。

アイフルで借りた場合、返済には58ヶ月かかり、利息負担は合計251,006円です。
プロミスで借りた場合は、返済にかかる月数は同様に58ヶ月で、246,610円です。
同じ返済額と返済日数ですが、金利負担率が違うと約4,000円も違うんですね。

③土日でも即日借り入れしたい!そんな時はアイフルかアコム

土日祝日だけれども即日借り入れしたいという方は、アイフルかアコムの利用がおすすめです。

★土日でも即日借り入れに対応している消費者金融
土日
プロミス
アコム
アイフル
SMBCモビットカードローン 即日対応は平日
レイクALSA
モビットHPより

SMBCモビットカードローンでは、即日審査回答に対応しているのは月曜から金曜の19:00までに申し込みが完了した場合ですので気をつけましょう。
また、レイクALSAも即日借り入れには対応しているものの、日曜日は18:00までに契約手続きを完了させる必要があります。

④無利息期間の長さで選ぶなら、レイクALSA

無利息期間が長い方が安心だというあなたは、レイクALSAがおすすめです。

レイクALSA

レイクALSA
種類
消費者金融ローン
金利
利用限度額
融資期間
100万円未満
200~300万円未満
4.5%~18.0%
4.5%~15.0%
最大500万円
最短即日
  • 無利息期間が長い
  • 郵送物なしが選べる
  • 即日借り入れにも対応している

まずは、大手消費者金融の無利息期間の違いについて確認してみましょう。

★各消費者金融の無利息期間
無利息期間
アイフル 契約翌日から30日
アコム 契約翌日から30日
SMBCモビットカードローン ×
プロミス 利用翌日から30日
レイクALSA 契約翌日から60日、または5万円までは180日無利息

SMBCモビットカードローン以外の4社では、無利息期間が設けられています。
無利息期間内に全額返済することで、利息を支払う必要がなくなります
20万円借りたとしたら、20万円を返済すれば良いため、非常にわかりやすいですね。
次回給料日が近いなど、収入と返済の目途がひと月以内に立っている方におすすめです。

中でも、レイクALSAは、webからの申し込みで契約翌日から60日、または5万円までは180日無利息のどちらかの特典を選ぶことができます。
契約翌日から60日無利息の特典を選ぶ場合は、webサイト上からの申し込みの方限定になっているため、注意してくださいね。
レイクALSAは、アイフルやアコムの無利息期間と比べると2倍もの長期間ですので見逃せないですね。

そんな中、プロミスは利用翌日から30日間の無利息期間を設けている点は、他社と一線を画しています。
つまり、契約当日に即日借り入れをしなくても、無利息期間が無駄に過ぎてしまうことはありません。
この点は、「たぶんお金を借りる事になるだろうけど、どもしかしたら借りずに済むかもしれない…」と決心がつかない場合、とりあえず契約しておきたいという方におすすめです。
また、プロミスの無利息期間は、追加融資分も無利息特典が適用されるというメリットもあります。

ただし、プロミスの無利息期間特典を受けるには、初回借り入れよりも前のタイミングでweb明細に登録しておくことが必要です。
プロミスで借り入れする方は、契約したらすぐにweb明細に登録しましょう。

消費者金融カードローンは年収の3分の1までしか借りられない!

消費者金融カードローンは、総量規制という法律の対象です。
このため、借り入れ金額は年収の3分の1までと決められています。
これは、1社あたりではなく、消費者金融からの借り入れ全てを合計したときに、年収の3分の1を超えてはいけないという決まりになっています。
したがって、すでに年収の3分の1に迫る金額の借り入れ額に達してしまっている場合は、審査通過は非常に難しくなります。

また、総量規制は消費者金融での借り入れ額やクレジットカードのキャッシング枠が対象となります。
銀行のカードローンは対象外です。
しかし、銀行も自主規制という形で年収の3分の1を超える金額の貸し付けを控えています。
住宅ローンや車のローン、教育ローンなど支出用途が決まっていて大きな借り入れ額となるローンは対象外ですが、用途が細かく決められていないフリーカードローンは年収の3分の1以内の金額までしか借りられないことは、頭の片隅に入れておきましょう。

こんな人は大手消費者金融よりもおすすめの申し込み先がある

こんな人は大手消費者金融よりもおすすめの申し込み先がある
ここまでは、利便性の高い大手消費者金融を主に紹介してきました。
大手消費者金融は、借り入れ方法や申し込み方法が選べる点や、店舗数が多いことから便利な面が多いです。
しかし、大手消費者金融の審査対象から漏れてしまう属性の方もいますよね。
ここからは、大手消費者金融よりも中小消費者金融や銀行カードローンがおすすめなケースも紹介します。

①ブラック情報がある人は中小消費者金融の方が審査通過できるかも

ブラック情報がある人は、中小消費者金融への申し込みの方が審査通過できる可能性があります。

中小消費者金融は、大手消費者金融に比べると審査が甘いと言われています。
これは、大手消費者金融で審査落ちしてしまったけれども、中小消費者金融では借り入れできたというケースを耳にすることもあるためです。
しかし、実はちょっと違うんです。
中小消費者金融は、審査が甘いのではなく、大手消費者金融に比べて返済能力を証明できるチャンスが多いのです。
中小消費者金融は大手消費者金融とは違った審査基準を設けていて、大手消費者金融は今までの記録なども加味するのに対して、中小消費者金融は現在の返済能力をより重視する傾向があります。

大手消費者金融の審査では、まず申し込み内容をコンピューターが振り分けします。
申し込み内容にブラック情報があれば、コンピューターは即審査落ちの判断を下すため、審査通過するのは非常に難しいです。
これに対して中小消費者金融は、最初から人の目での審査が行われます。
そのため、ブラック情報があったとしても提出書類などで返済能力を詳細に証明できれば、お金を貸しても大丈夫だろうと審査通過の判断が下されるのです。
ブラック情報のあるなしによって、自動的に審査落ちとするか、そのほかの情報も踏まえて総合的に判断するのかという審査基準の違いがあるんですね。

ただし、基本的には、中小消費者金融よりも大手消費者金融のほうが利便性や金利の面でのメリットが大きいです。
したがって、まずは大手消費者金融への申し込みをおすすめします。

ブラック情報があって大手消費者金融の審査にはとても通過できそうにないけれど現在の返済能力に問題がないことを証明できるという場合は、中小消費者金融の利用を考えてみても良いかもしれません。

中小消費者金融のユーザーサービスは大手消費者金融に劣る

中小消費者金融と大手消費者金融を比べると、利便性は大手消費者金融の方が何倍も高いです。
また、中小消費者金融は、大手消費者金融に比べると金利負担が高くなります。
大手消費者金融が実施しているような、即日借り入れやwebサイト上からの申し込み、コンビニATMを利用したいという利便性を求める場合、選べる借り入れ先はかなり絞られてしまいます。

中小消費者金融で即日借り入れに対応しているのは、フタバ・アルコシステム・キャネット・フクホーです。
このうち、来店不要としているのは、フタバとアルコシステムです。
また、中小消費者金融でコンビニATMに対応しているところいうとセントラルという会社です。

大手消費者金融ではどこでも対応していたサービスが、中小消費者金融では受けられないことは十分に考えられます。
そのため、中小消費者金融への申し込みは大手消費者金融で審査に落ちてしまってから検討することをおすすめします。

②専業主婦の人はフタバか銀行カードローンの検討がおすすめ

専業主婦の方は、中小消費者金融ならばフタバ、あるいは銀行カードローンへの申し込みがおすすめです。

専業主婦の方は働いて得る収入がないため、大手消費者金融では申し込みすらできません。
大手消費者金融の申し込み条件には、「安定した収入がある方」と書いてあるからです。
これは、消費者金融での借り入れは総量規制の対象になっているため、年収をもとに利用限度額を設定するためです。
総量規制では、借り入れ金額は年収の3分の1までと決められています。
年収が0円だと、3分の1は存在しなくなってしまうのです。

しかし、専業主婦の方でもカードローンの利用に迫られることもありますよね。
その場合は、専業主婦でも利用可能なところに申し込みをしましょう。
消費者金融の中ではフタバ、銀行カードローンでは千葉銀行のカードローンは専業主婦からの申し込みも受け付けています。

専業主婦の方の場合、勤務先を持たないため在籍確認は自宅への電話を在籍確認とします。
旦那さんの職場に在籍確認の電話がかけられるということはないので、安心してくださいね。

身分証明書なしでの借り入れはできない!

消費者金融でお金を借りるときは、身分証なしでの借り入れはできません。
もし「身分証なしでもOK」という金融機関があったとすれば、闇金である可能性が高いので申し込みを避けましょう。

申し込みの際に使える身分証明書として代表的なものは、運転免許証です。

運転免許証以外にも、パスポートや個人番号カードでも身分証明書として認めてもらえる場合があります。
各社によって身分証明書として使えるものはさまざまなので、あらかじめ公式HP等で確認しておきましょう。

運転免許証、パスポート、個人番号カードは、いずれも取得に申請が必要だったり、お金がかかりますよね。
誰でも持っている身分証明書として一番に思いつくのは、健康保険証ではないでしょうか。

健康保険証を身分証明書として利用する場合、健康保険証には写真がないため、追加で提出書類が必要になります。
例えばアコムでは、健康保険証を身分証明書として使う場合は、住民票・公共料金領収書・納税証明書などを合わせて提出しなければいけません。

レイクALSAは、大手消費者金融では唯一健康保険証のみでの借り入れが可能になっています。

レイクHPより

「ここに申し込みをしようかな」と思ったところが、どの書類の提出を求めているのか確認しておきましょう!

まとめ

  1. おすすめできる消費者金融は何を重視するかによって変わる
  2. アイフル、アコムは利便性バランスが良い
  3. SMBCモビットカードローンは、電話確認なし
  4. プロミスは、他社と比べて金利が低い
  5. アイフル、アコムは土日も変わらず対応
  6. レイクALSAは、無利息期間が60日間と最長
  7. ブラック情報がある人は中小消費者金融の方が審査通過の可能性がある
  8. 専業主婦は、フタバか銀行カードローンへの申し込みを
  9. 身分証明書なしでの借り入れは不可能

ひとことにおすすめだといえる消費者金融はありません。
消費者金融は各社によってさまざまな特徴を持っていて、その特徴が申し込み者の求める特徴とマッチングしていなければ意味がないからです。
各社によって、電話連絡なし、金利、土日対応、無利息期間などさまざまな違いがあります。
申し込み前に今一度ご自身が求めている条件は何なのか、整理しておきましょう。
また、ブラック情報がある人や専業主婦の人は大手消費者金融への申し込みよりも中小消費者金融や銀行カードローンへの申し込みの方がおすすめできる場合があります。
あなたの求めるものにぴったりな消費者金融は見つけられましたか?
スムーズに審査通過できるように祈っています。



この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。
                     

コメントを残す