パート・アルバイトを始めたばかりにおすすめのカードローン

[最終更新日]2018/10/15

パート・アルバイトは正社員に比べて審査に落ちやすいと言われています。しかし、銀行・消費者金融の多くがアルバイト申込み可能としており、収入が低い場合でも勤続年数や安定収入があれば借入可能です。今回はおすすめのカードローンをランキングしました。

パート・アルバイトにおすすめのカードローンランキング

第1位:楽天カードローン

楽天銀行スーパーローン
楽天銀行カードローンを利用するメリット
  1. 金利1.9%~14.5%と業界でもトップクラスの低金利
  2. スマホアプリ利用で申し込みが楽
  3. 楽天会員ランクに応じて審査優遇がある

楽天銀行カードローンにはこのような特徴があります。
申し込みが簡単でなおかつ低金利というとても優れたカードローンです。
金利が安いので、長期間利用したい人にもおすすめです。

第2位:アコム

アコムを利用するメリット
  1. 30日間無利息期間がある
  2. 2人に1人審査通過している実績がある
  3. 審査スピードが早い

審査通過実績があり、スピードも早いので、審査が不安な人にぴったり。
利便性も高いので、おすすめのカードローンですね。

第3位:プロミス

プロミス
プロミスを利用するメリット
  1. WEB完結で申し込みができ郵送物がない
  2. 在籍確認についての相談ができる
  3. 30日間無利息期間がある

周りの人にカードローン利用を知られたくない人におすすめなのが、プロミスです。
プロミスは申込後在籍確認の相談ができ、郵送物なしで融資を受けることが可能。
これによって周りの人に、カードローン利用が知られるリスクを低くしています。
カードローン利用を知られたくない人には、嬉しいサービスが多いですね。

第4位:アイフル

アイフル
アイフルを利用するメリット
  1. 1000円単位で借入可能
  2. 最大30日間無利息期間がある
  3. おまとめローンが低金利

少額融資を希望している人におすすめなのが、アイフルです。
アイフルは1000円単位で借り入れができるので、自分が必要な金額だけ借入可能。
少額融資にも対応しており、無利息期間もあるおすすめのカードローンです。

第5位:みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローンを利用するメリット
  1. メガバンクの中で最も低金利なカードローン
  2. コンビニATM時間外手数料無料
  3. 24時間WEB完結で申込可能

メガバンクであるみずほ銀行ですが、カードローンはメガバンクの中で最も低金利。
さらに自社ATMだけでなく、コンビニATMでも時間外手数料無料なので、ATMを利用して返済する人におすすめです。
24時間WEB完結で申込可能な点も、嬉しいポイントですね。

アルバイトやパートでもカードローンは借りられる

まず結論から話すと、アルバイトやパートの人でも、カードローンは借りられます。

家事手伝いや無職のように、収入がない場合は難しいのですが、アルバイトやパートで働いているのであれば、ある程度の収入はあるはずです。

会社によってはアルバイトやパートの人はお断りしている会社もありますが、収入が低い人をターゲットにしている会社もあります。

正社員や公務員ほど有利なわけではありませんが、アルバイトやパートで収入があるのであれば、カードローンは利用できます。

パート・アルバイトでも借りられるカードローンの選び方

それでは具体的に、アルバイトやパートでも借りられるカードローン会社はどこなのでしょうか。

ここからは、パート・アルバイトでも借りられるカードローンの選び方を解説していきます。

パート・アルバイトでも申し込み可能なカードローンを選ぶ

パート・アルバイトでも申し込み可能なカードローンとは、申込事項に
「20歳以上で安定した収入のある方」
という記載があることです。

安定した収入とは毎月収入があればOKということなので、年収の低いパート・アルバイトの人でも要件を満たしているということになります。

この記載があるのであれば、パート・アルバイトでも申し込み可能なので、審査に申し込むことはできます。

アルバイト・パートの人がカードローンを選ぶポイント
  1. 無利息期間がある
  2. ATM手数料が無料
  3. 借入・返済が便利
  4. 在籍確認電話の相談ができる

無利息期間がある

選ぶ際にポイントになる1つ目が、無利息期間があること。
「30日間利息無料」
といった広告をみなさんも見たことがあると思いますが、この無利息期間はカードローンを利用するうえではとても大切です。

カードローンはお金を借りる期間が長ければ長いほど、利息の支払いが多くなります。

逆に言えばすぐに返してしまえば、利息はあまりとられない。
無利息期間があるカードローンであれば、無利息期間中に返済して利息を一切とられないということもできます。

無利息期間のあるカードローンを選んで、少しでも利息を安く抑えましょう。

無利息期間のあるおすすめカードローンはこちら

ATM手数料が無料

2つ目のポイントは、ATM手数料が無料という条件です。

カードローンの中には、ATMで借入・返済をする際、毎回手数料を支払わなければならない会社があります。

1回の手数料は100円~200円でも、毎月返済しなければならないので、手数料はバカになりません。
ATM手数料がかかるということは、その分利息が増えているのと同じなので、ATM手数料は必ずチェックしましょう。

借入・返済が便利

3つ目のポイントは、借入・返済が楽にできて、便利なカードローンを選ぶという点です。

近年のスマートフォン普及により、カードローン会社の中にはスマホアプリが利用できる会社もあります。

スマホアプリでは

  • 本人確認書類などの書類確認
  • スマホアプリを通じての借入・返済

などができますので、とても楽に取引が可能。

このように借入・返済が便利になっている会社は、使いやすくておすすめです。

在籍確認電話の相談ができる

4つ目のポイントとしては、職場への在籍確認電話の相談ができることです。

カードローンの審査では、申込時に記入した会社で、その人が本当に働いているか確認する在籍確認というものがあります。

在籍確認は会社に電話がかかってくるのですが、カードローンの利用を会社の人や家族に知られたくないという人も多いでしょう。

カードローン会社の中には、在籍確認の電話を

  • 自分が電話に出られるタイミングで電話してくれる
  • 在籍確認で名乗る名前を指定できる

など在籍確認電話の相談ができる会社があります。

在籍確認はカードローン審査をする上では大切なポイントなので、カードローン会社選ぶポイントに入れておきました。

また在籍確認の電話は、職場にのみ行われます。
つまり家族にバレることはありません。
「〇〇さんはいらっしゃいますか?」
と電話がくるだけなので、アルバイトでも職場は対応してくれますよ。

在籍確認なし・電話連絡なしのカードローン会社おすすめ比較!
2018.06.21

消費者金融と銀行カードローンどちらを選ぶべき?

ここからは消費者金融と銀行カードローンのどちらを選ぶべきか、それぞれのメリット・デメリットを比較していきます。

消費者金融でカードローンを利用するメリット・デメリット

消費者金融を利用するメリット
  1. 無利息期間がある
  2. 融資スピードが早い
  3. スマホアプリでの借入・返済が可能
消費者金融を利用するデメリット
  1. 金利が高い
  2. コンビニATMを利用する場合手数料がかかる会社が多い
  3. 借入限度額が低い

銀行カードローンのメリット・デメリット

銀行カードローンを利用するメリット
  1. 金利が安い
  2. コンビニATMでも手数料がかからない会社が多い
  3. 借入限度額が高い
銀行カードローンを利用するデメリット
  1. 無利息期間がない
  2. 融資スピードが遅い

消費者金融の方が利便性では勝る

消費者金融・銀行カードローンのメリット・デメリットを紹介しましたが、利便性の面では消費者金融の方が上回っています。

特に少額融資の場合は、金利の差があまり影響しないので、無利息期間のある消費者金融の方が、返済額が安くなることも。

例えば10万円借りた場合、1%は1,000円。
つまり年利で1%差があっても、1年間で1,000円の差しか生まれません。

消費者金融は一般消費者に向けてのサービスがメインなので、利便性の面に力を入れています。
金利だけを見ると銀行カードローンの方が安いですが、消費者金融のいい面もしっかり確認しましょう。

パート・アルバイトに一番おすすめのカードローンはこれ

それではここまでの情報を踏まえた上で、パート・アルバイトに一番おすすめのカードローンを紹介していきます。

消費者金融ならアコム

融資スピードが早いなど利便性に優れた消費者金融の中でおすすめなのは、CMでもおなじみのアコムです。

アコムを選ぶ理由
  1. 30日間無利息期間がある
  2. 2人に1人ほど審査通過している実績がある
  3. 審査スピードが早い

といった点が挙げられます。

出典元:https://www.acom.co.jp/corp/ir/individual_investor/business/loan/”>アコムIR情報

三菱UFJフィナンシャルグループの一員ということで、経営面の安定感も抜群。
審査が不安だという人にも、おすすめのカードローンです。

銀行なら楽天スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

金利の低い銀行カードローンの中では、楽天カードローンがおすすめ。

楽天カードローンの特徴
  1. 金利1.9%~14.5%と業界でもトップクラスの低金利
  2. スマホアプリ利用で申し込みが楽
  3. 楽天会員ランクに応じて審査優遇がある

といった点が特徴です。

出典元:楽天スーパーローン公式サイト

申し込みから借り入れまでスマホのみで完了するので、簡単に利用できる点もポイント。
低金利で申し込みが簡単な楽天カードローンは、パート・アルバイトの人におすすめのカードローンです。

カードローン審査が不安ならお試し診断を受ける

カードローン審査に不安があるのであれば、お試し診断を受けてみることをおすすめします。
お試し診断を受ければ、大まかな審査結果がわかるので、今後の計画が立てやすくなります。

例えばアコムには3秒診断といって、年齢・年収・他社の借入状況を入力するだけで、借入可能かどうかの診断をしてくれます。

試しに20歳・年収100万円・他社借入なしと入力すると
「お借入できる可能性が高いです。」
という回答がありました。

先ほどおすすめで紹介した楽天カードローンにもお試し診断があります。
カードローン審査が不安な人は、まずお試し診断をしてみてはいかがでしょうか。

パート・アルバイトがカードローンで借りられる金額はどれくらい?

ここからはパート・アルバイトが利用限度額がいくらくらいになるか解説していきます。

初めてカードローンを利用する場合

先ほども少し紹介しましたが、カードローンを借りる時には総量規制というものがあります。

総量規制によって、年収の3分の1以上借りられませんので、借りられる金額は最大でも年収の3分の1になりますね。
ただし初めてカードローンを利用する人が、いきなり年収の3分の1ギリギリまで借りられるケースは少ないです。

初めてカードローンを利用する人は、今までの返済実績がないため、カードローン会社からの信用が低い状態です。
私がはじめてカードローンを利用した時は、年収400万円で借りられた金額は60万円でした。
年収の5分の1から6分の1くらいが、目安になりそうですね。

他社のカードを持っている場合

すでにカードローン利用経験があり、他社のカードを持っている場合、一度返済を終わらせて解約してから申し込みをしましょう。

他社に借り入れが残っている状態だと、審査に通る可能性はかなり低くなります。
一度返済が完了しているのであれば、返済実績がありますので、より高い金額を借りられます。

私が実際に利用した経験では、60万円完済後再度申し込みをしたら、借入限度額は100万円になりました。
年収の4分の1ほど借りられたので、信用が積み重なるとさらに借りられる金額は増えていくでしょう。

まとめ

ここまでパート・アルバイトの人に向けて、カードローンについて解説をしてきました。

まとめると

  • パート・アルバイトでもカードローンは利用できる
  • 審査に通るためのポイントがある
  • 在籍確認は行われるので、不安な人は事前に相談しておく

といった内容をお伝えさせていただきました。

初めてカードローンを利用する人は、不安なことも多いと思いますが、その時はこの記事を読み返して不安な点を解消してください。
カードローンは上手く使えばとても便利なので、みなさんも自分に合ったカードローンを選びましょう。

審査が甘いカードローンはこちら

この記事の監修専門家

株式会社BFP
株式会社BFP
ファイナンシャルプランナー
「金融商品を売らない、完全中立の投資・財務アドバイザー」として京都府にて営業中。運用や財務のプロの視点から、個人・法人の投資やローン戦略などを企画・提案し、関連記事の執筆・監修やセミナー講師なども請け負っています 会社概要ページ:https://fp-butterfly.co.jp
【WEB申込みで最短当日受取り!】

三菱UFJフィナンシャルグループ
アコムの業界最速クレジットカード


▼クレジットカードおすすめ記事

審査が甘いクレジットカード
おすすめ人気ランキング
2015-10-14_122013 クレジットカードとは?
仕組みやメリット・デメリット
2015-10-14_122013 クレジットカードの審査とは?
通らない理由と対策方法
クレジットカードの正しい使い方
クレジットカードの支払い遅れはどうなる?
できない場合の対処方法

▼カードローンおすすめ記事

審査が甘いカードローン比較
おすすめ人気ランキング
カードローンとは?
特徴やメリット・デメリット
2015-10-14_122013 FPの私が教える
カードローンの賢い選び方
カードローン審査とは?
仕組みや流れを徹底解説
カードローン審査
に落ちる理由と対策とは?

コメントを残す