ジャパンネット銀行カードローンの特徴とメリット・デメリット

[最終更新日]2019/02/27

ジャパンネット銀行カードローンの特徴・メリット・デメリット

『ジャパンネット銀行カードローン(ネットキャッシング)ってどうなの?』と申込みを迷っていませんか?特徴やメリット・デメリット、他社と比較した違いやおすすめできるポイントを徹底解説していきます。また審査内容や借入れ、返済方法から増額方法まで紹介。

ジャパンネット銀行カードローン(ネットキャッシング)基本スペック

ジャパンネット銀行カードローン

  • 限度額は最大1,000万円!
  • ネット完結だから書類郵送なし!
  • 自動融資がピンチの時に頼りになる!
ジャパンネット銀行カードローン
融資限度額 金利 審査時間
10万円~1,000万円 年2.5%~18%
融資時間 総量規制 収入証明書
  • 審査
    スピード
  • 即日融資
  • 無利息期間
  • 事業ローン
  • フリーター
    OK
  • 学生
  • 専業主婦
  • 低金利
  • おまとめ
    ローン
  • 来店不要
こんな人にオススメ

ネットキャッシングは申込から契約まで、ほぼ全てをウェブ完結!面倒な手続きを減らしたい方や、バレたくない方にはピッタリのカードローンです。ジャパンネットの銀行口座をお持ちなら、手続きがよりスムーズになりますよ♪ また借入れや返済はもちろん、約定日や返済プランもスマホアプリで簡単操作。スマートフォン・パソコンを使う機会の多い方にオススメです!

面倒な書類郵送やカード管理が煩わしい方には、ジャパンネット銀行のネット完結型カードローン「ネットキャッシング」をオススメします。

ホームページやスマホアプリなどウェブサービスを通じてキャッシングできるので、審査通過後すぐに利用可能。残高不足の際に役立つ「自動融資」のおかげで、万が一の際も安心です。

更にネットキャッシングは、初回利用者限定30日間の無利息期間など、消費者金融並みのサービスも付帯しています。上手に使いこなせれば、他社よりもずっと便利なキャッシングサービスですよ。

申込み条件

ジャパンネット銀行に申込みをするためには、以下の条件を満たしていることが必要です。

申込に必要な条件

  1. 安定的な収入があること
  2. 働いていること
  3. 20歳以上70歳未満であること
  4. 連絡が取れること

どれも基本的ではありますが、働いていて安定的な収入を得ていれば、アルバイトの方や60歳を過ぎの方も問題ナシ!

専業主婦の方も配偶者に収入があればネットキャッシングの審査対象となるなど、比較的幅広い属性の方を受け入れている点が特徴です。

ただし収入が年金のみの方や、未成年の方はなかなか審査が難しいでしょう。電話による在籍確認で勤務実態が取れない方も、審査の対象から外れてしまいます。

ジャパンネット銀行カードローン(ネットキャッシング)のメリット

ジャパンネット銀行カードローンの特徴・メリット・デメリット

①30日間無利息期間がある

銀行系カードローンとしては珍しい、30日間無利息期間がついています。

対象は条件を満たした初回申込の方に限られますが、返済時の負担を軽くできるとてもお得なサービスです。

少額の借入れなら繰り上げ返済と組み合わせることで、利息ゼロも不可能ではありません。

②郵送物がなくバレにくい

ネットキャッシングは文字通り、ネット完結&ペーパーレスのカードローンです。

申込書や審査結果はウェブ上でやりとりできる上に、煩わしい明細書・受取証書や変更・更新通知書などの郵送もありません。

借りているところを見られたくない方や、ご家族など同居している方に秘密にしたい方にもピッタリ! ほとんど全ての郵送物を省略できるから驚きです。

③借入れと返済もWEB完結

ネットキャッシングは申込・審査・返済など、ほとんどのスキームをウェブ上で完結できるサービスです。

残債や返済プランの確認も、スマートフォンやパソコン上でいつでも可能。サイト上には返済シミュレーションもついているので、自宅にいながらプランの見直しができちゃいます。

借入れも返済もワンタッチ。便利な時代になりました。

④返済日前のお知らせ機能あり

カードローンやキャッシングは、返済期限を過ぎ滞納すると遅延損害金がかかります。

人間は自分に都合の悪いことは、忘れてしまいやすい生き物です。そのためうっかり返済日や金額を失念し、「いつが返済日だったかなぁ…」と焦ってしまうことも。

ネットキャッシングのお知らせ機能は、こうした心配を解消してくれるサービスです。返済日が近付くと都度教えてくれるので、滞納リスクを軽減できます。

⑤自動融資機能で残高不足を回避できる

自動融資機能は、ネットキャッシングの代表的なサービスです。

引き落としなどでが残高不足となった際に、お金を貸し付けてくれます。デビットカードで買い物した時などに便利です。

また引き落とし日を忘れやすい公共料金の支払いや、携帯電話の引き落としなど、ジャパンネット銀行を普段用の口座にしている方にもおすすめ。これ1コあるだけで、「残高不足が不安だなぁ」がなくなります。

⑥ジャパンネット銀行口座があれば融資が早い

ネットキャッシングは、ジャパンネット銀行の口座と連動したサービスです。

すでにジャパンネット銀行の口座をお持ちの方は、口座開設の手続きを省略することができます。ただしジャパンネット銀行の口座をお持ちでない方は、申込時に口座開設との同時申請が必要です。

口座をお持ちの方は契約完了までの時間を短縮するので、よりスムーズに融資の審査や手続きが進みます。

⑦専業主婦も借入れ可能

ネットキャッシングは、専業主婦の方でも申込みが可能です。

配偶者が働いていて、安定的な収入があることを証明する書類が必要ですが、それ以外の部分で特別なハードルが課されることはありません。

⑧最高利用限度が1000万円

ネットキャッシングの利用限度額は、最大1,000万円です。

もちろん多くの方は、1度に1,000万円も借り入れることはありません。しかしネットキャッシングは借入限度額が高いほど金利が下がるので、最大融資額が高いほど、少ない金額を借り入れる場合も有利です。

参照商品要項/ジャパンネット銀行ネットキャッシング

年収が上がった時や限度額増枠の申込時などで、とても有利に働きます。

ジャパンネット銀行カードローン(ネットキャッシング)のデメリット

ジャパンネット銀行カードローンの特徴・メリット・デメリット

ネットキャッシングは便利な機能と豊富なサービスを備える一方で、即日融資非対応だったり金利の高かったりと、いくつかのデメリットを有しています。まずは順番に確認してみましょう。

①口座を持っていないと時間がかかる

口座をお持ちでない方は、ジャパンネット銀行の口座開設との同時申込が必要です。

この場合「銀行口座開設+融資審査」を行うことになるので、手続きや審査に多少時間を要します。

資金をお急ぎの方は、消費者金融系のカードローンを視野に入れるのも良さそうです。

②銀行カードローンなのに金利が高い

ネットキャッシングはジャパンネット銀行が運営する「銀行系カードローン」です。

しかしネットキャッシングの金利は高く、他の大手消費者金融と同水準。金利面で検討すると他のカードローンと比べ特別なお得感はありません。

ネットキャッシングは、最大融資額が1,000万円と高額です。
融資枠が増えるほど金利が低くなるので、増枠審査を組み合わせることで、借入時の金利を下げることができます。

ジャパンネット銀行カードローン(ネットキャッシング)はこんな人にオススメ

ジャパンネット銀行のネットキャッシングは、自由度の高いサービスや30日間無利息期間など、銀行系でありながら消費者金融系とそん色のないサービスを展開しているローン商品です。

またジャパンネット銀行の口座をお持ちの方の場合、必要なステップを短縮できるため、お急ぎの状況にも適しています。

更に融資上限額は最大1,000万と高額な上に、自動融資など便利で面白い機能も満載! 普段からネットバンクを利用している方には、特にオススメしたい商品です。

ジャパンネット銀行の口座を持っている人

ネットキャッシングは、ジャパンネット銀行の銀行口座とセットで運用する商品です。

既に銀行口座をお持ちの方は、融資実行までのステップ短縮され、契約完了後はすぐにキャッシュカードで借入できます。

その他の各種サービスもジャパンネット銀行と連動したものが多く、使い慣れている人ほど便利に感じる作りです。

短期間(30日間)に完済できる人

金利の高さが欠点のネットキャッシングですが、初回利用者の方は30日間の無利息期間が適用されるため、短期での利用には向いています。

繰り上げ返済に係る追加料金も必要なく、返済しやすいところがメリット。期間中なら利息も手数料も負担ナシで借りれるので、お得感満載です。

友達との旅行代や結婚式のご祝儀代など、ちょっとした出費にも向いています。

返済日と返済方法を自分で決めたい人

返済日や返済方法のを自由度の高さも、ネットキャッシングの魅力です。

特に返済日は1日~28日または月末を指定できるので、都合に合わせて決められます。

上手に使えば、お給料日の前を指定したり、他の引き落とし日と合わせたりと、ライフスタイルに合わせた運用が可能です。

借入限度額と金利・利息

ネットキャッシングの最大融資額は1,000万円。銀行系カードローンらしく高額です。

金利は全体的に高めですが、限度額が上がるほど減額する仕組みと取っています。増枠審査を受け続けると、いずれ安く借り入れることができますよ。

限度額 金利(%)
1,000万円 2.5%
900万円以上1,000万円未満 3%
800万円以上900万円未満 3.5%
700万円以上800万円未満 4%
600万円以上700万円未満 5%
500万円以上600万円未満 5.5%
400万円以上500万円未満 6%
300万円以上400万円未満 6.5%
250万円以上300万円未満 8%
200万円以上250万円未満 10%
150万円以上200万円未満 12%
100万円以上150万円未満 15%
100万円未満 18%

ジャパンネット銀行カードローンの必要書類

提出書類は、大きく分けて本人確認書類と収入証明書の2種類です。

ネット完結契約なので、書類確認は基本的にスマホアプリやウェブへのアップロードで提出します。アプリ認証対象外の書類を提出する場合や、郵送での手続きを希望する方は、別途書類の郵送が必要です。

手続きにかかる時間はジャパンネット銀行の口座をお持ちの方と、新規開設の方で大きく異なります。

該当する方をチェックしていただければと思います。

本人確認事項

ネットアプリやウェブへのアップロードで確認できる書類は、下記の3点に限られます。それ以外の身分証は、郵送による確認が必要です。

ウェブ確認が可能な書類

  • 運転免許証
  • 顔写真付きのマイナンバーカード
  • カードタイプの健康保険証
郵送確認が必要な書類

  • パスポート
  • カードタイプ以外の健康保険証
  • 住民基本台帳カード(顔写真とQRコードがあるもの)
  • 印鑑証明書の写し
  • 住民票の写し

収入証明書

希望融資枠が50万円以上の場合、収入を証明する書類が必要です。会社員と個人事業主で、求められる書類が違うので、注意してくださいね。

会社員の方が提出する書類

  • 源泉徴収票
  • 住民税課税決定通知書
  • 住民税課税証明書
  • 給与明細
    ※最新2ヶ月分+あれば最新1年以内の賞与明細
個人事業者の方が提出する書類

  • 確定申告書(税務署の受付印もしくは受信通知、電子申請等証明データシートがあるもの)
  • 納税証明書(その1、その2)
  • 住民税納税通知書
  • 住民税課税証明書

申し込みから借入れまでの流れ

ジャパンネット銀行カードローンの特徴・メリット・デメリット

ネットキャッシングの手続きは、申込から借入れまで「ネット完結」で進みます。

口座をお持ちの方とそうでない方で多少手続きが異なりますが、どちらの場合もネット環境と書類が揃えば来店不要。24時間取引できるので、ご自身のタイミングに合わせ、気軽に申し込めるところが魅力です。

口座保有者

申込の流れ

  1. 申込
  2. 本人確認資料の提出
  3. 審査
  4. 借入れ

ジャパンネット銀行の口座をお持ちの方は、必要書類を提出するだけで審査を受けることが可能です。

予め書類が揃っていれば、入力作業は約5分程度の超スピードで完了します。手間も時間も最小限。とってもスマートです♪

ただしネットキャッシングを含め銀行系カードローンは、即日融資は不可能です。

銀行カードローンの審査は現在、暴力団関係者への融資を排除するため、警察庁への確認が必要です。また銀行業界は全体として、過剰融資に対する自主規制の流れにあります。

こうした観点から即日融資は難しく、2日~3日のガマンが必要です。

とはいえ、審査をパスしたらこっちのもの。すぐに借入が可能です。パソコンやスマートフォンを駆使すれば、自宅にいながら出金できます。

口座を持っていない場合

申込の流れ

  1. 申込
  2. 本人確認資料の提出
  3. 審査
  4. 初期設定
  5. 借入れ

口座をお持ちでない方の場合、ジャパンネット銀行の口座開設と同時にネットキャッシングを申込みます。

基本的な流れは、口座をお持ちの方と大きく変わりません。

必要書類をアプリやウェブを通じてアップロードすれば、3日程度での融資も可能です。(初回利用の場合、他行への融資に対応しています)

ただしネットキャッシングは、ジャパンネット銀行の口座にアクセスできなければ、さほどメリットはありません。

ジャパンネット銀行のキャッシュカードや、セキュリティ維持に欠かせないトークン(ワンタイムパスワード入力機)は、簡易書留により後日届きます。便利さを体感するには、少し時間が必要です。

借入方法

ネットキャッシングの基本的な使い方は、ホームページやスマホアプリで借入して、対応ATMで引き出します。

もちろんウェブなので24時間対応可。自宅でネットショッピングする時や、深夜のちょっとしたお買い物時にも大変便利に使えます。

スマホアプリで借入れ

ジャパンネット銀行が提供する「残高確認アプリ」をダウンロードします。

使い方はとっても簡単。ログインメニューを通じて借入れボタンをタップするだけで完了です。はじめて使う方でもすぐに使いこなせます。

ちなみに振込や外貨預金など、借入れ以外の銀行サービスも利用可能です。

ホームページから借入れ

ホームページの場合は、口座番号やパスワードを入力してログインします。

ログイン後は借入れメニューを選択し、希望の金額を入力するだけ。こちらもほとんど即座に、お持ちの口座に入金されます。

最近はPCユーザーが減少していますが、携帯端末より画面が大きく見やすいので便利です。

コンビニでも引き出し可能

ネットキャッシングに入金されたお金は、キャッシュカード対応ATMで引き出せます。
ジャパンネット銀行対応ATMは下記の5点です。

いずれも月の初回は手数料無料なため、計画的に入出金するとお得ですよ。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの対応ATM
  1. セブン銀行ATM
  2. E-net
  3. ローソンATM
  4. 三井住友銀行
  5. ゆうちょ銀行

注:いずれも3万円以上なら無料。3万円未満はゆうちょ銀行が324円。それ以外のATMはいずれも162円。

返済方法

ジャパンネット銀行カードローンの特徴・メリット・デメリット

ネットキャッシングは返済の自由度が極めて高く、わかりやすい返済方式が特徴です。

返済プランも少しずつ返したい方向けのものと、一気に返したい方向けのものの2種類が用意されており、毎月の返済日も借りた人が好きに選べます。

どちらもスマホアプリから簡単操作できるので、とっても手軽で親切です。

最低返済額は3000円から

ジャパンネット銀行の返済方式は、2種類の残高スライド元利定額返済方式でまとめられています。

Aプラン … 最低返済額は3000円(借入額が10万円以下)
Bプラン … 最低返済額は10000円(借入額が50万円以下)

残高スライド元利定額返済方式(A)

約定返済日前日の最終借入残高 約定返済額(元本+利息合計)
10万円以下 3,000円
10万円超30万円以下 6,000円
30万円超50万円以下 10,000円
50万円超80万円以下 15,000円
80万円超100万円以下 20,000円
100万円超150万円以下 25,000円
150万円超200万円以下 30,000円
200万円超250万円以下 35,000円
250万円超300万円以下 40,000円
300万円超400万円以下 45,000円
400万円超500万円以下 50,000円
500万円超600万円以下 55,000円
600万円超700万円以下 60,000円
700万円超800万円以下 70,000円
800万円超900万円以下 75,000円
900万円超1,000万円以下 80,000円

ゆったり返済のAプラン

Aプランは、毎月の返済額を抑えて負担感を軽減した、ゆったり返済プランです。

最低返済額が3000円と非常に少なく、ゆとりのある返済スタイルをお求めの方に向いています。

スピード返済のBプラン

BプランはAプランと比べて、返済ペースを重視したスタイルです。

最低返済額が毎月1万円とAプランに比べて高額ですが、その分だけ元本の減りも早いので、利息負担を少なく抑えることができます。

AプランとBプランはどっちを選ぶべき?

基本的にはご自身の返済スタイルに合わせて、選択していただくのが正解かと考えます。

カードローンの返済は複数月をまたぐため、無理をして返済不能に陥ったり日常生活に支障が出てしまうことを最も警戒すべきです。

万が一延滞や滞納が発生すると、遅延損害金が発生したり信用情報に傷がつくことも考えられます。

ただしネットキャッシングの場合、(返済ペースに無理があるなど特段の事情がない限り)筆者はBプランの選択をおすすめします。

ネットキャッシングは使いやすく自由度が高い反面、金利面はそこまで優れているとは言えません。Aプランでは返済ペースがあまりに遅く、支払総額が高すぎです。

例として、ネットキャッシングで10万円借入れた場合を計算します。(金利18%)

この場合、Aプランでは合計支払い利息は39,611円。支払い期間は3年11ヶ月にも及びます。
しかしBプランの場合、支払い利息はたったの9,155円。支払い期間もわずか11ヶ月です。

Bプランの返済金額も、安定的に働いていれば大きな無理があるものではありません。

素早く返済できれば次の借入れも楽なので、基本的にはBプランで返済し、苦しい時だけAプランを活用すると良いでしょう。(ネットキャッシングの返済方式は、両プランを好きなタイミングで変更できます)

例:10万円借りた場合の両プランの差

Aプラン Bプラン
支払い期間 3年11ヶ月 11ヶ月
支払総額 139,611円 109,155円
うち利息 39,611円 9,155円

返済日は選択可能

返済日は毎月1日~28日・もしくは月末引き落としと、借りた人が任意で選ぶことが可能です。

自由に選ぶことができるので、他の引き落とし日と合わせたり、給料日の翌日に設定するなど自由自在。この自由度の高さはネットキャッシングの魅力の1つです。

一括返済もできる

ネットキャッシングは、繰り上げ返済・一括返済にも対応しています。

繰り上げ返済もインターネット上で行えるので、手続き面も親切です。返済はどうしても足が向かず、腰が重いもの。ネットキャッシングの便利さは返済時にこそ身に沁みます。

また返済にあたって、特別な手数料はかかりません。そのため無利息期間中の返済や、余裕のあるの繰り上げなど、こまめに返済するのも有効な活用方法の1つです。

全額返済には至らずとも、一部返済すると元本を減らすことができるので、金利負担を軽減し、最終的に支払う利息の抑制につながります。

ただしネットキャッシングは、繰り上げ返済月も約定返済は別途必要です。繰り上げ返済したは良いが、「残高不足で本来の返済額が足りない!」なんてことにならないように、注意して下さいね。

ジャパンネット銀行カードローンの審査は甘い?

ネットキャッシングの審査は、申込者に対してリスクと返済能力の均衡が取れた、標準的な審査を行うものと考えられます。

ネットキャッシングの保証会社は、三井住友銀行子会社の消費者金融系保証会社「SMBCコンシューマーファイナンス」です。同社は消費者金融ブランド「プロミス」を展開しており、その実績から融資審査について多くのノウハウを有しています。

一般的に消費者金融系の保証会社は、銀行系や信販系と比べて、審査傾向は緩やかです。金利の高さなども合わせて考慮すると、さほど厳しい審査とは考えにくいと言えます。

なおカードローンの審査については、下記のページで詳しく解説しています。興味のある方や不安な方は、ご参考にしていただければと思います。

ジャパンネット銀行カードローンの審査7項目を徹底解説!
2018.11.02

ジャパンネット銀行カードローンの口コミ評判

  • 36歳/男性/会社員
  • 年収:400〜450万円未満
  • 使用カード:ネットキャッシング
  • 月の使用額:5万円~10万円

◎ 主に利用する場面

主にゴルフやサーフィンなどの娯楽用です。またピンチの時は、電気代やガス代などを自動融資で支払いに充てています。

◎ 気に入ってる点

手軽なところ。スマホアプリで借入れ→デビット決済ができるんで、「あっカネ足りね」ってシーンで大助かり。対応ATMを探したり、人に見られる心配もありません。わざわざATMに駆け込んでいた頃には戻れませんね。

◎ おしい点

ログイントークン。いちいちトークンを見るのが面倒なんで、指紋とか顔認証とかにできたらいいのにって思います。
  • 29歳/女性/アルバイト
  • 年収:200〜300万円未満
  • 使用カード:ネットキャッシング
  • 月の使用額:5万円~15万円

◎ 主に利用する場面

旅行や外出が好きなので、足りなさそうな時に使っています。現金があると精神的にゆとりが出るので、思い切り楽しめるようになりました。

◎ 気に入ってる点

気軽に返済できるから便利。余ったお金を口座に戻して、スマホアプリで返済ボタンを押すだけで完了です。返済額も最低3,000円からと良心的

◎ おしい点

金利が高いところ。10万円以上借入したときはチョット高いな~と感じます…。

ジャパンネット銀行カードローンの解約方法

ネットキャッシングの解約画面は、契約者専用ページでしか閲覧することができません。

専用ページにログインすると解約手続きができるので、そちらを利用して続きを進めます。

よくある質問

最後にネットキャッシングの利息や金利・保証会社の審査など、よくある質問についてお答えしようと思います。

在籍確認はありますか?

ネットキャッシングでは、審査結果の通知前に必ず勤務先への在籍確認が行われます。勤務先がお休みの場合は、審査を通過することができません。

なお電話の際は、「JNB(ジェイ・エヌ・ビー)」と名乗り、バレにくくなるよう配慮しているとのことです。

在籍確認は別の方法で代替できますか?

ネットキャッシングは在籍確認が済まなければ審査を通過することができません。別の方法での代替も対応しておらず、勤務先への連絡がつくことが条件です。

専業主婦でも申込できますか?

配偶者の方に安定的な収入があれば、専業主婦の方でも申込可能です。

口座開設の郵送対応はどれくらいかかりますか?

郵送の場合、申込受付日より3日後(土日祝・年末年始は除く)に発送となります。

複数回借入れしたときの返済額はいつ決まりますか?

ネットキャッシングの返済金額は、指定返済日の前日の借入残高で決まります。

限度額の増額は可能ですか?

可能です。

初回契約時、ほとんどのカードローンは融資限度額を控えめに設定します。継続的な取引により信頼関係が構築されれば、限度額の増額にも快く応じてくれるはずです。

ただし昨今は銀行系カードローンも「過剰融資」に敏感です。返済能力を大きく超える融資限度額を設定することは少なく、限度額の増額審査の可否は収入状況の影響を強く受けます。

初回キャシング30日間無利息っていつから適用?

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの場合、初回キャシング30日間無利息の発動タイミングは「初回借入れ時」です。

つまり銀行口座を3月1日に開設し、その後審査を受け5月1日に借入れしたケースでは、初回借入れしたのは5月1日になるため、無利息期間も5月1日からスタートします。

初回キャシング30日間無利息の対象外の人って?

過去に「初回キャッシング30日間無利息」サービスを利用した人は対象外です。

ネットキャッシングを一度契約して無利息サービスを利用したのち、再度契約しても無利息サービスの適用は受けることができません。

保証会社の審査って?

ジャパンネット銀行は申込した人にお金を貸しますが、貸したお金を保証してくれる人がいないので、返済が滞った時に損失が生じてしまいます。
そのため多くの銀行は保証会社と呼ばれる会社を契約を結び、返済が滞った時にお金が回収できるように対策します。

ただし保証会社も、全ての人がお金を返してくれなければ破綻してしまうので、保証する人が「返済できるのだろうか…」と審査します。
つまりネットキャッシングでお金を借りる場合、保証会社の審査を通過できないと、契約そのものが難しいというワケですね。

まとめ

ネットキャッシングはその名の通り、ネット環境の長所を存分に活かしたカードローンです。

ネット環境があれば申込の郵送物を省略できるので、バレたくない方スムーズに借りたい方にはピッタリのサービスです。契約後もアプリやサイトを通じて、借入れから返済まで、すべてウェブ上で完結します。

またジャパンネット銀行ならではの自動融資機能も、特筆すべき機能の1つです。公共料金の支払いやショッピング残高不足時に自動で融資してくれるため、ピンチの時の心強い存在として活躍します。

金利・利息面での魅力に欠ける部分はありますが、サービスの充実度はトップクラス。スマートフォンやパソコンをお持ちの方には、検討の価値アリです。

こんな人にオススメ!
  1. 少額の借入れが多い人
  2. 専業主婦で借入れしたい人
  3. デビットカードを多用する人
  4. 公共料金などの残高管理が煩わしい人
  5. 取引をネット完結で済ませたい人
  6. 返済プランや返済日を自由に設定したい人
  7. ジャパンネット銀行の口座をお持ちの人

ジャパンネット銀行カードローン

  • 限度額は最大1,000万円!
  • ネット完結だから書類郵送なし!
  • 自動融資がピンチの時に頼りになる!
ジャパンネット銀行カードローン
融資限度額 金利 審査時間
10万円~1,000万円 年2.5%~18%
融資時間 総量規制 収入証明書
  • 審査
    スピード
  • 即日融資
  • 無利息期間
  • 事業ローン
  • フリーター
    OK
  • 学生
  • 専業主婦
  • 低金利
  • おまとめ
    ローン
  • 来店不要
こんな人にオススメ

申込から契約まで、ほぼ全てをウェブ完結! 面倒な手続きを減らしたい方や、バレたくない方にはピッタリのカードローンです。ジャパンネットの銀行口座をお持ちなら、手続きがよりスムーズになりますよ♪ また借入れや返済はもちろん、約定日や返済プランもスマホアプリで簡単操作。スマートフォンやパソコンを使える方にもオススメです!



この記事を執筆した専門家

たぬたぬこ
たぬたぬこ
貸金業務取扱主任者
貸金業務取扱主任者として、記事制作を担当しております。未熟者ですがわかりやすい記事作りを目指しているので、ドンドンご意見いただければと思います。趣味はeスポーツ。オリンピックが楽しみです!

コメントを残す