カードローン仮審査と本審査の違いを徹底比較!

[最終更新日]2018/09/18

この記事を執筆した専門家

林田紗季
林田紗季
ファイナンシャルプランナー
自ら多重債務で苦しんだ経験をもとに、FP3級を取得しました。現在は『貸金業務取扱主任者』の国家資格取得試験に向け猛勉強中です。「読む人の立場になって、わかりやすく伝える」ことをモットーに生活に役立つ記事を目指しています!趣味は旅行!船でのんびり世界一周旅行が夢です!

カードローンの審査は主に仮審査と本審査で構成されています。銀行カードローンと消費者金融でもこの2段階審査は行われ、申込者の返済能力を調べます。審査内容の違いと審査落ち原因と対策を解説しました。

この記事の目次

カードローンの審査は何のためにあるの?

カードローン,仮審査,本審査,違い,比較,銀行,消費者金融,在籍確認,信用情報

カードローンの審査は返済能力があるかを判断するために行われます。

カードローンは個人の信用を元にお金を貸します。
貸したお金が返ってこないと、カードローンの会社は倒産してしまいます。

そのため、お金を貸す前に『お金を貸してもきちんと期日までに返済できる人物か』判別するために審査を行なっています。

どのようにお金を貸してもいいか判別するの?

お金を貸すかどうかを判別する方法は主に2種類の調査を行います。

返済能力の調査
個人の信用情報の調査

それぞれ、コンピューターのスコアリングシステムと判断する2つの方法で調査を行います。

返済能力の調査

申し込み情報をもとに本人の状況(属性)から返済能力があるのか、まずコンピュータによって評価をします。

コンピューターで判別後、申し込み情報が正しいかどうかの判断を人の目で行います。

返済能力の調査項目

調査項目 調査内容・評価のしかた
年収 年収
勤続年数 勤続年数から評価
職業・勤務先 正社員、派遣、アルバイトなどの評価・大手中小企業などの評価
他社からの借入件数、借入残高 他社の借入状況から評価
住居の種類 持ち家、賃貸、借家、公営住宅などから評価
居住年数 居住年数から評価
家族構成 独身か既婚者か子供がいるのかなどから評

信用情報の調査

金融機関が共有している個人の信用情報機関から金融事故情報、他社の借入状況を調べます。

申込情報にある「他社からの借入件数」はコンピューターのスコアリングシステムで評価します。

その他の項目は信用情報機関から個人信用情報を開示して、目視によって評価されます。

信用情報の調査項目

調査項目 調査内容・審査のしかた
カードローンの申し込み情報 過去6ヶ月以内の申し込み履歴
延滞・滞納回数 過去5年間に延滞・滞納を何回しているのか
他社からの借入件数 他社からの借入が何件あるのか
債務整理状況 過去10年に債務整理を行なっているのか

信用情報機関とは?カードローン審査との関係
2018.02.28

仮審査と本審査の内容は消費者金融と銀行カードローンで違うの?

カードローン,仮審査,本審査,違い,比較,銀行,消費者金融,在籍確認,信用情報

銀行カードローンと消費者金融の審査の流れ、審査の内容はほとんど変わりません。

しかし、銀行と消費者金融では従う法律が違うため、審査に通過する条件が異なります。

銀行カードローン 消費者金融
法律 銀行法 貸金業法
総量規制 なし あり
貸付金額 銀行が決める上限金額まで 年収の3分の1の金額まで
審査 保証会社に委託 自社で行う

銀行カードローンと消費者金融の大きな違いは総量規制の有無です。

総量規制は貸金業法によって定められた貸付上限です。

消費者金融は貸金業法に従って運営をしているため、貸付上限は年収の3分の1までの金額となります。
銀行が従う法律は銀行法であるため、総量規制の対象とはなりません。

また、銀行カードローンと消費者金融では審査を行う会社が違います。

銀行カードローンは保証会社を置いて審査を保証会社委託しています。
最終的に審査に通過するかどうかの判断を銀行が下します。

消費者金融は審査も全て自社で行なっています。
そのため、審査スピードが速いことが特徴です。

消費者金融と銀行系カードローン審査の違いを徹底比較!どっちがおすすめ?
2018.06.11

仮審査と本審査の違いを比較表でチェック

仮審査と本審査の違い比較表

仮審査 本審査
審査担当 コンピューター
審査時間 最短30分 最短1時間
審査内容 本人の属性 書類提出
信用情報の開示
入力情報と書類の整合性チェック
決定内容 金利、限度額 融資の可否

仮審査と本審査では審査の内容が変わります。
仮審査の段階で融資限度額金利が決定し連絡があります。

仮審査に内容の申し込み者が同意をすると、本審査にすすみます。

仮審査とは?

カードローン,仮審査,本審査,違い,比較,銀行,消費者金融,在籍確認,信用情報

1. 仮審査の流れ
2. 仮審査に通過するまでの時間はどれくらい?
3. 仮審査で調査される重要項目は?

1. 仮審査の流れ

申し込み情報をコンピューターのスコアリングシステムで解析

金利と貸付限度額を決定

審査の結果を申込者に連絡

決定した金利と貸付限度額に同意があれば本審査に進む

以上が仮審査の流れです。

仮審査が終了した時に決定した金利と限度額についての連絡があります。
もし、仮審査での決定内容に不都合などがあれば辞退することもできます。

2. 仮審査に通過するまでの時間はどれくらい?

仮審査はコンピューターで審査を行うため審査自体は5分程度で終了します。
審査の混雑状況によりますが、仮審査通過の可否の連絡まで最短で30分ほどです。

3. 仮審査で調査される重要項目は?

仮審査で調査される内容は本人の属性から判断する返済能力です。

仮審査で審査される項目

・年収
・勤続年数
・他社の借入状況
・家族構成
・住居の種類
・住んでいる年数
・職業・勤務先

上記の内容がコンピューターで審査されます。

重要視する項目はカードローン会社によって異なりますが、審査に大きく影響するのは「他社の借入状況」「年収」「勤続年数」です。

特に他社の借入件数は審査に大きく影響します。

使っていないカードローンの借入枠も他社の借入件数としてカウントされるため、早めに解約することをおすすめします。

仮審査で落ちる理由と対策

仮審査で審査に落ちる理由、仮審査に落ちないための対策を紹介します。

仮審査で落ちたのか判別する方法

仮審査に落ちた場合でもほとんどのカードローン会社では審査に落ちたというの結果を連絡をします。

審査の連絡がこない時に考えられる状況

・申込者が多く審査を待っている人が多い
・土日・祝日に申し込みをした
・融資希望額が高額

仮審査の結果の連絡がこないときは上記のような状況が考えられます。

融資を急いでいる場合や審査状況に不安な場合は、カードローン会社に審査状況を問い合わせをすると教えてもらうことができます。

審査に落ちる理由として考えられること

□年収が低すぎる(※1)
□希望借入額が高すぎる
□勤続年数が短すぎる
□他社の借入件数が多い
□他社からの借入残高が多い
□延滞・滞納をしていたことがある
□借入をしたことがない
□強制解約を受けたことがある
□債務整理をしたことがある
□同時期に複数社のカードローンの申し込みをした
□申し込み時の情報入力ミス

(※1)年収の目安は年収100万円です。年収が100万円あれば限度額30万円の審査には通過できる確率が高くなります。

仮審査に落ちる原因は、上記のような理由が考えられます。

そこで、仮審査に落ちる原因をもとに審査に通過するための対策を紹介していきます。

仮審査に通過するための対策

審査に落ちる原因 審査に通過するための対策
年収が低すぎる アルバイトやパートを掛け持ちしているかたは合算した金額を登録しましょう。※嘘の登録は絶対にダメです。
希望借入額が高すぎる 借入ができる金額は他社も含め年収の3分の1の金額までです。できるだけ必要最低限の金額で申し込みをしましょう。
勤続年数が短すぎる 勤続年数が半年に満たない場合は最低でも半年が経つまで申し込みを待ちましょう。
他社の借入件数が多い 4社以上契約している場合は借入先をできるだけ少なくまとめましょう。使っていないカードローンは解約しましょう。
他社からの借入残高が多い 借入ができるのは他社借入を含め、年収の3分の1の金額までです。早く返済をしましょう。
延滞・滞納をしていたことがある 過去5年間の延滞・滞納は信用情報に記録されています。記録が消えるまで待ちましょう。
借入をしたことがない 借入履歴がないスーパーホワイトと言われる状態です。商品を分割払いで購入したり、クレジットカードを利用して利用履歴を作りましょう。
強制解約を受けたことがある 強制解約の情報も残ります。強制解約を受けた場合は審査に通過することが難しくなります。
債務整理をしたことがある 任意整理は5年間、自己破産に関しては10年間記録が残ります。債務整理の記録が消えるまで待ちましょう。
同時期に複数社のカードローンの申し込みをした 目安として6ヶ月以内に3社以上申し込みをした場合、申し込みブラックとなります。申し込み履歴が消える6ヶ月を待ちましょう。
申し込み時の情報入力ミス 申し込み時に入力ミスが起きていることがあります。申し込み時に十分に確認しましょう

一定期間残る個人信用情報が原因で審査に落ちている場合は記録が消えるまで待つことをおすすめします。

借入希望額はできるだけ低く申し込みをしましょう。
返済を繰り返し、信用を得た時点で増額の申請ができます。

最初は必要最低限での借入をおすすめします。

他社からの借入件数や借入残高が多い場合も注意が必要です。

借入ができる金額は年収の3分の1までの金額です。

使っていないカードローンの融資枠借入金額としてカウントされます。
解約をしてからカードローンに申し込みをするようにしましょう。

携帯電話の割賦払い、クレジットカードのキャッシング枠も借入金額にカウントされます。できるだけ早く支払いを終わらせましょう。

申し込み時の入力ミスも多く発生しています。審査に落ちる原因が他に考えられない場合は入力ミスの可能性があります。
次の申し込みの入力は慎重に行うようにしましょう。

銀行カードローンの限度額増額・上限引き上げ審査に通るコツ
2018.05.04

本審査とは?

1. 本審査の流れ
2. 本審査に通過するまでの時間はどれくらい?
3. 仮審査で調査される重要項目は?

1. 本審査の流れ

申告内容に嘘がないかを確認

書類の提出

在籍確認

融資決定の連絡

以上が本審査の流れです。

提出が必要となる書類は身分証明書、必要がある場合は収入証明書となります。
提出方法は写真を送る、自動契約機、郵送、窓口から選択して提出をします。

職場への在籍確認が終了後、融資決定の連絡があります。

2. 本審査に通過するまでの時間はどれくらい?

本審査は仮審査終了から最短1時間ほどで終わる場合もあります。
カードローン会社によって審査の時間が変わりますが、1週間以内に連絡がくることがほとんどです。

3. 仮審査で調査される重要項目は?

仮審査では、入力情報や本人の申告との整合性が重視されます。

書類や申告した情報に偽りがあれば審査に落ちてしまいます。

きちんと申告をしていて在籍確認や書類提出をきちんと行うことができれば、本審査に落ちる確率は非常に低いです。

仮審査に通ったのに本審査で落ちる理由と対策

カードローン,仮審査,本審査,違い,比較,銀行,消費者金融,在籍確認,信用情報

本審査で審査に落ちる理由、本審査に落ちないための対策を紹介します。

本審査で落ちたのか判別する方法

仮審査と同様、審査に落ちた場合でも審査に落ちたという旨の連絡があります。

連絡が遅い場合はカードローン会社に問い合わせをしてみましょう。

融資を急いでいる場合や審査結果を早く知りたい時は申し込み時に「早く審査をしてほしい」ことを伝えてみましょう。
優先的に審査をしてくれる場合もあります。

本審査で落ちる理由と対策

本審査に落ちる理由として考えられること
  1. 虚偽の名前で申し込みをした
  2. 年収を偽って申し込みをした
  3. 勤務先を偽って申し込みをした
  4. 他社の借入状況を偽って申し込みをした

本審査に落ちる原因は、上記のような理由が考えられます。

そこで、本審査に通過するための対策を紹介していきます。

1. 正確な情報を申告する
2. 在籍確認ができない場合

1. 正確な情報を申告する

提出した書類と本人の属性に相違があれば審査に落ちます。
下記のような行動はしないようにしましょう。

・他人の名前を使う
・職場を偽る
・年収を偽る
・他社の借入を偽る

提出した書類で自分の属性を証明できない虚偽の申し込みは絶対にしないようにしましょう。

カードローン申し込み審査で嘘を付くと落ちる?実際に検証!
2018.05.31

2. 在籍確認ができない場合

営業時間内に事務所に誰もいない職場で在籍確認の電話に対応できないというような、どうしても在籍確認の対応が不可能な場合もあると思います。

在籍確認ができない状況だとわかっている場合は事前に相談をしましょう。

在籍確認を電話ではなく、書類での在籍確認へ変更となるなど状況に応じてカードローン会社が対応してくれます。

職場に電話をかけても、いつも応答がない場合は怪しまれてしまいます。

在籍確認ができない場合は事前に相談をしましょう。

どんな人が審査に通りやすくて落ちやすい?

カードローン,仮審査,本審査,違い,比較,銀行,消費者金融,在籍確認,信用情報

カードローンの審査に通りやすい人と通りにくい人の比較をしました。
審査を受ける前に一度チェックをしてみてください。

カードローンの審査に通過する人の比較表

通りやすい人 通りにくい人
信用情報 金融事故を起こしていない 金融事故情報が残っている
他社借入件数 少ない 多い
雇用形態 正社員 非正規社員
勤続年数 長い 短い
年収 年収100万円以上 年収100万円以下
年齢 25歳以上50歳以下 25歳以下、60歳以上
家族構成 扶養家族なし 扶養家族あり
居住 持ち家 公営住宅
居住年数 長い 短い

以前に金融事故を起こしたことがある方は信用情報から消えるまでカードローン の申し込みは控えましょう。

他社の借入件数の目安は3件以上の借入をしている場合です。
新しくカードローンの契約をする前に、おまとめローンを検討してできるだけ借入件数を減らしましょう。

雇用形態は正社員の方が有利にはなりますが、雇用形態よりも重視されるのが勤続年数です。

勤続年数1年の正社員<勤続年数5年の非正規社員と評価するカードローン会社が多いです。

最低でも勤続年数が半年を超えるまでカードローンの申し込みを待ちましょう。

年齢では若い方借りやすいと言われていますが、25歳以下だと勤続年数が少なく離職する可能性が高いと考えられます。

あくまでも1番借りやすい年齢が25歳以上ということです。25歳以下でも収入があれば十分に審査に通過することはできます。

家族構成を重要視されることはあまりありませんが、扶養家族がいる方より扶養家族のいない方の方が借入をしやいと評価されます。

これから引っ越しを控えている方は、できるだけ引っ越し前にカードローンの契約をしておくことをおすすめします。

年齢にもよりますが、居住年数が短いと…

引っ越しを頻繁にする人

夜逃げの可能性が高い

連絡がつかなくなる可能性が高い

踏み倒しが発生

カードローン会社にとって連絡がつかず、踏み倒しが発生して貸し倒れになることが1番のリスクです。
そのため、安定して自宅に住居している、居住年数の長い方を高く評価します。

カードローンの審査では家族構成や居住年数も評価しますが、そこまで大きく審査に影響する項目ではありません。

特に重要視するのは「年収」「勤続年数」「他社借入件数」です。
上記3点の見直しをして審査に進みましょう。

カードローンの審査に落ちる理由と対策方法をFPが徹底解説しました!
特に銀行カードローンの審査に落ちる理由を知りたい方はこちら

カードローンの仮審査と本審査の違いまとめ

仮審査と本審査の違いのまとめ表

仮審査 本審査
審査の仕方 コンピューター
審査内容 申し込み情報をもとにきちんと返済ができる人かどうかを判断 申告した申し込み情報を偽っていないかを調べる
審査難易度 通りにくい 通りやすい

カードローン の審査では、仮審査を通過すれば本審査の通過はそれほど難しいものではありません。

仮審査と本審査を通過するためには
  1. 評価を下げないようにする
  2. 評価をあげることのできる項目の評価をあげておく
  3. 申し込み時に絶対に嘘をつかない

3点に注意してカードローンの審査を受けると通過する確率をあげることができます。

仮審査と本審査に関するよくあるQ&A

仮審査と本審査でよくある質問をまとめました。

Q.仮審査で申込キャンセルするとどうなりますか?

A.仮審査で申し込みをキャンセルすることは可能です。

しかし、申し込み情報は個人信用情報に記録されます。

登録された申し込み情報はカードローン借入履歴がありません。
カードローン会社が審査に落としたのか、申込者が辞退をしたのか第3者からは判断ができません。
同時期に複数社のカードローンに申し込みをすると、その後のカードローンの審査に不利になります。
キャンセル後に他のカードローンに申し込みをしようと考えている場合は注意が必要です。

Q.千葉銀行カードローンの仮審査に通過しました。これから口座開設するのですが本審査で落ちる可能性もありますか?

A.本審査で落ちる可能性はあります。

しかし、仮審査に通過している状態であれば本審査に落ちる可能性は低いです。

本審査に落ちる原因は、カードローンの申し込み情報が正しくないと判断された場合です。
カードローンの申し込み情報、口座開設の申し込み情報、本審査内容(身分証明書、在籍確認など)に相違がある場合は本審査に落ちる可能性があります。

申し込み時はミスのないように入力し、虚偽の申告は絶対にしないようにしましょう。

Q.イオン銀行カードローンの仮審査に通りました!本審査で通らないことはありますか?

A.本審査に通らないこともあります。

本審査の内容と申し込み情報に違いがあった場合は、本審査に落ちてしまいます。

仮審査に通過している場合は本審査は高確率で通過できますが、100%通過できる訳ではありません。
最後まで気を抜かずに本審査に向けて在籍確認、提出書類の準備をしておきましょう。

Q.仮審査に通ったのですが、本審査の結果連絡が遅いので心配です。電話で確認したら審査に悪影響ですか?

A.電話で審査の状況を確認することによって審査に悪影響となることはありません。

本審査は人によって審査をしているため、結果が遅くなることがよくあります。
結果の連絡が遅い場合は審査の状況を電話で聞いてみましょう。

また、審査・融資を急いでいる場合は申し込み時に「急いでいる」ことを伝えましょう。優先的審査を進めてもらえる場合もあります。

まとめ

カードローンの仮審査と本審査では確認する内容が異なります。

仮審査のために自分の属性をあげておくこともポイントですが、申し込み情報を正確申告することが1番大切です。

虚偽の申告をしてもバレてしまう可能性も高く、虚偽の申告がバレてしまうことによって評価は一気に下がります。

正確な情報を申告すること、入力ミスや記入ミスがないようにしっかりと確認をした上で申し込みをしましょう。

→銀行カードローンの審査基準は甘い?FPが徹底解説!
→消費者金融のキャッシング審査基準は甘い?FPが徹底解説!

【WEB申込みで最短当日受取り!】

三菱UFJフィナンシャルグループ
アコムの業界最速クレジットカード


▼クレジットカードおすすめ記事

審査が甘いクレジットカード
おすすめ人気ランキング
2015-10-14_122013 クレジットカードとは?
仕組みやメリット・デメリット
2015-10-14_122013 クレジットカードの審査とは?
通らない理由と対策方法
クレジットカードの正しい使い方
クレジットカードの支払い遅れはどうなる?
できない場合の対処方法

▼カードローンおすすめ記事

審査が甘いカードローン比較
おすすめ人気ランキング
カードローンとは?
特徴やメリット・デメリット
2015-10-14_122013 FPの私が教える
カードローンの賢い選び方
カードローン審査とは?
仕組みや流れを徹底解説
カードローン審査
に落ちる理由と対策とは?

コメントを残す