クレジットカードの正しい使い方7選と基礎知識とは?

[最終更新日]2018/10/05

ども、Credit Geekです!今回はクレジットカードの正しい使い方7選と基礎知識をご紹介します。

140917_EM_Tipping

はじめてクレジットカードを申込みして届いたものの、使い方パンフレットを見てもイマイチ分からない・・・という方は多いと思います。

支払いはどういう仕組みなのか、どこからいつ引き落とされるのか…etc

最初は誰でも分からないものです。

そこで今回は7つの具体例を元にクレジットカードの正しい使い方と基礎知識をご紹介していきます。

クレジットカードの使い方と具体例7選

クレジットカードは様々な使い方があります。

1.署名欄の記入

使い方というより準備ですが、クレジットカードが届いてまず1番にやることは「署名欄に名前を記入する」ことです。

実際多くの方がこの署名欄に名前を記入していない場合がありますが、盗難にあってその人が自分の名前を書いてしまえばお店で悪用しても不正発覚がしづらくなります。

記入方法に規定はありませんが、海外利用時にはパスポートの名前と一致確認をされるケースがあるので、出来ればパスポートと同じ書き方がおススメです。

2.サインの書き方と暗証番号

お店でクレジットカードを利用する際に、サインか暗証番号入力を求められます。

暗証番号入力は契約時に決めた4桁の暗証番号を入力するだけですが、サインの場合は直筆のサインを行います。

初めての場合は「え、サインと言われても・・・」と戸惑ってしまいがちですが、以下の記事を参考にすれば大丈夫です。

【基本】クレジットカードの正しいサインの書き方ってあるの?

クレジットカード利用時のサインと暗証番号の違いと3つの基本知識!

3.レストラン

レストランで大体クレジットカードを使うことができます。

使い方は、会計時に何も言わずにクレジットカードを店員さんに渡すだけでOKです。

すると一括で宜しいですか?と聞かれるので、一括か分割払いかを返答してください。

ちなみに一括は1回で支払いすることで、分割は何回かにわけて支払いをすることです。

あとは、サインか暗証番号を求められるので指示に従いましょう。

その後レシートと控えをもらって終わりです。

4.ショッピング

大体のショップはクレジットカードに対応しています。

レストランと同じで、会計時にレジでクレジットカードを店員さんに渡せばOKです。

後の流れはレストランと同じです。

5.車

credit kuruma

クレジットカードのショッピング利用可能枠しだいですが、枠内であれば車だってクレジットカードで買えちゃいます。

一括か分割も選択できるので、預金にあわせて選択しましょう。

ちなみに支払い方法はあとでカード会社に電話すれば変更できます。

また大きな買い物をするとカード会社が不正利用だと勝手に判断して利用停止する恐れもあるので、車などの大きな額の買い物をする場合は予めカード会社へ報告しておくことをおススメします。

6.ネット通販

ネット通販は大概クレジットカード支払いが当たり前です。

例えば楽天やAmazonなどがそうですよね。

購入画面の支払い方法でクレジットカード情報を入力する欄があるので、そこに記載されている項目に沿って情報を入力すれば大丈夫です。

7.海外

VISAやMASTER、AMEXであれば海外のほとんどの国で利用することができます。

会計時にクレジットカードを見せれば日本と同じように処理してくれます。

ただ場合によってはパスポートと署名欄の一致確認を求められることがあるので、対応しましょう。

また、海外利用時は詐欺やスキミングのリスクがあるので信用できるお店なのか注意する必要があります。

⇒海外でクレジットカードを使用する際の4つの注意点とは?

クレジットカード初心者がやりがちな失敗とは?

良く読者の方からの問い合わせで、「初めてクレジットカードを持つのですが初心者やりがちな失敗は何ですか?」という質問を受けます。

そこでこれだけは知っておきたい基本知識を教えたいと思います。

1.署名欄の記載

これは既に冒頭で説明したので割愛させて頂きます。

2.引き落としの仕組み

引き落としは、各クレジットカード会社の締め日と支払い日に沿って行われます。

例えば、三井住友VISAカードの場合、15日に締めて翌月10日に口座から引き落とすパターンと末日に締めて翌月26日に引き落とすパターンの2種類があります。

ほとんどの場合がこの2種類のうちどちらかの締め日と支払日のはずです。

credit sime
出典元:三井住友銀行公式サイト

例えば、毎月15日締めだとすれば、9月8日にクレジットカードを利用した場合翌月の10月10日が支払日となります。

また、8月16日に利用した場合も10月10日の支払いになります。

1ヶ月スパンで見てください。

 

3.延滞・遅延

銀行口座が残高不足で支払日までに引き落としができなかった場合、延滞・遅延扱いとなります。

単なる入金忘れ等のミスであれば電話して再度引き落としをしてもらえますが、そもそも支払い能力がない場合は面倒なことになります。

現金じゃないぶん、手元にお金がなくても欲しい物が買えてしまうので気づいたら請求が来てビックリする金額になっていることが稀にあります。

クレジットカードの支払いを延滞!困難時に分割交渉する方法とは?
クレジットカードの支払いは1、2ヶ月遅延すると利用停止になるの?
クレジットカードの支払いを滞納すると裁判になるって本当?
クレジットカードの支払いができない時に試す3つの相談方法とは?

4.紛失・盗難

カードを紛失盗難する人がかなりいます。

クレジットカードを財布に入れている場合がほとんどですが、財布をなくすと高い確率でカードを不正利用されます。

絶対になくさないように注意が必要です。

また紛失したら即カード会社へ電話して利用停止措置をとりましょう。

この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。
【WEB申込みで最短当日受取り!】

三菱UFJフィナンシャルグループ
アコムの業界最速クレジットカード


▼クレジットカードおすすめ記事

審査が甘いクレジットカード
おすすめ人気ランキング
2015-10-14_122013 クレジットカードとは?
仕組みやメリット・デメリット
2015-10-14_122013 クレジットカードの審査とは?
通らない理由と対策方法
クレジットカードの正しい使い方
クレジットカードの支払い遅れはどうなる?
できない場合の対処方法

▼カードローンおすすめ記事

審査が甘いカードローン比較
おすすめ人気ランキング
カードローンとは?
特徴やメリット・デメリット
2015-10-14_122013 FPの私が教える
カードローンの賢い選び方
カードローン審査とは?
仕組みや流れを徹底解説
カードローン審査
に落ちる理由と対策とは?

コメントを残す