銀行系クレジットカードは審査が厳しいって本当?

[最終更新日]2018/09/18

この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。

ども、Credit Geekです!今回は銀行系クレジットカードの審査は本当に厳しいのか、についてご紹介します。

ginkoukei credit1

世間一般では審査が厳しいイメージのある銀行系クレジットカード。

果たして本当に審査は厳しいのでしょうか?

経験をもとに調べてみました。

主な銀行系クレジットカード

銀行系クレジットカードで有名なのは、三菱UFJ・三井住友・みずほ銀行の3社です。

信用情報に傷があると落ちる場合がある

実際に、過去に支払い遅延や延滞履歴があると審査に通過しなかったユーザーが多いです。

でも銀行系以外のクレジットカードへ申し込むと通過するんですね。

普通にしていればOK

いくら銀行系の審査が厳しいといっても、本来であれば銀行系の審査基準が正です。

遅延や延滞履歴がなくちゃんと支払いして、定期的な収入があり、勤続年数もあればまず審査に落ちることはありません。

審査が厳しい理由とは?

銀行系の審査基準が正と言いましたが、これはクレジットカードの歴史に関係しています。

もともとクレジットカードを国内で初めてつくった会社は、日本信販と三和銀行(現・三菱UFJ⇒JCB)です。

つまりクレジットカードの審査基準は銀行が基準になっているということですね。

そのあとに、銀行系クレジットカードの審査に落ちる人をターゲットにした、アコムACマスターカード等の「消費者金融系」やイオン・楽天等の「流通系」が参入してきました。

 当サイトイチオシカード
ACマスターカード

ACマスターカード
 独自の審査! 
 業界No.1のスピード発行 
 事前に3秒診断で借入可能かチェック 
アコムACマスターカードは、大手消費者金融系三菱UFJフィナンシャルグループのアコムが発行するクレジットカードです。他社の多くがCICや勤続年数をもとに審査を行うことに対し、ACマスターカードはJICCや社内データをもとに審査を行うため迅速丁寧に審査をします。ポイントプログラムや優待サービスがなく性能は他社に劣りますが、『最短即日発行』『事前3秒診断』『実質年率が低い』といった点が最大の魅力です。まずは3秒診断をしてカード発行が可能かチェックしてみましょう。

結論

まとめると、過去に延滞遅延履歴がある場合収入に不安のある場合は銀行系で審査に落ちる可能性が充分にありえるでしょう。

また逆を言えばもし落ちた場合でも、銀行系以外で発行になる可能性もあります。

審査が甘いクレジットカード比較・おすすめランキング2018
2018.09.21

【WEB申込みで最短当日受取り!】

三菱UFJフィナンシャルグループ
アコムの業界最速クレジットカード


▼クレジットカードおすすめ記事

審査が甘いクレジットカード
おすすめ人気ランキング
2015-10-14_122013 クレジットカードとは?
仕組みやメリット・デメリット
2015-10-14_122013 クレジットカードの審査とは?
通らない理由と対策方法
クレジットカードの正しい使い方
クレジットカードの支払い遅れはどうなる?
できない場合の対処方法

▼カードローンおすすめ記事

審査が甘いカードローン比較
おすすめ人気ランキング
カードローンとは?
特徴やメリット・デメリット
2015-10-14_122013 FPの私が教える
カードローンの賢い選び方
カードローン審査とは?
仕組みや流れを徹底解説
カードローン審査
に落ちる理由と対策とは?

コメントを残す