死亡した場合は自動的にクレジットカード解約されるのか? 

[最終更新日]2018/10/07

ども、Credit Geekです!今回は死亡した場合や身動きが取れない病にかかってしまった場合にクレジットカードの解約はどうなるのか、について解説していきます。

credit kaiyaku1

若いうちは以外とあまり気にしていない方がほとんどですが、万が一死亡した場合や電話を出来ない心身状態になった場合にどうなるか不思議ですよね。

永遠と年会費を取られてしまうのか、ちょっと不安です。

そこで今日は電話をできない心身状態にある場合のカード解約について解説していきます。

代理解約は可能なのか?

kaiyaku

そもそも本人以外が解約手続きをすることは可能なのか疑問ですよね。

大多数のカード会社で規約には「死亡又は被後見人が申請する以外の解約は本人でないと出来ない」ということが記載されています。

つまり、上記以外の理由で解約する場合は本人のみができるというわけです。

ただ例外もあるようで、重病によって会話が困難になったり等どうしようもない場合は電話相談の上代理解約が認められることもあるみたいです。

【家族を助けたい】クレジットカードの解約は本人以外でも出来るの?

自動的には解約されない

死亡した場合でも、クレジットカードが自動的に解約されることは決してありません。

引き落とし口座に残高がある限りは永遠に年会費の引き落としがかかります。

通常は死亡した時点で、口座にマイナスが計上され続けると銀行から連絡が来るはずです。

遺族がカード会社へ電話連絡して告げましょう。

その時に予め以下の情報をメモしておくとスムーズに作業を進めることができます。

死亡した契約者の氏名、住所、生年月日、銀行口座、カード番号。

残債は誰にいく?

残債がある場合、その支払い義務は法廷相続人に対して請求されるようになっています。

ただ、当然ながら相続を拒否すれば残債を請け負う責任は一切ありません。

借金を残してこの世を去ることだけはしたくないものですね。

まとめ

死亡した場合でも遺族がカード会社へ電話連絡をして解約手続きをする必要があります。

銀行が凍結されるのを待っても良いですが、色々と面倒なので先に手をうっておいた方が良いでしょう。

【家族を助けたい】クレジットカードの解約は本人以外でも出来るの?

この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。
【WEB申込みで最短当日受取り!】

三菱UFJフィナンシャルグループ
アコムの業界最速クレジットカード


▼クレジットカードおすすめ記事

審査が甘いクレジットカード
おすすめ人気ランキング
2015-10-14_122013 クレジットカードとは?
仕組みやメリット・デメリット
2015-10-14_122013 クレジットカードの審査とは?
通らない理由と対策方法
クレジットカードの正しい使い方
クレジットカードの支払い遅れはどうなる?
できない場合の対処方法

▼カードローンおすすめ記事

審査が甘いカードローン比較
おすすめ人気ランキング
カードローンとは?
特徴やメリット・デメリット
2015-10-14_122013 FPの私が教える
カードローンの賢い選び方
カードローン審査とは?
仕組みや流れを徹底解説
カードローン審査
に落ちる理由と対策とは?

コメントを残す