エステのクレジットカード支払いをクーリングオフ!返金システムとは

[最終更新日]2018/10/05

ども、Credit Geekです!今回はエステのクレジットカード支払いをクーリングオフする際の返金システムについて解説していきます。

エステなどは高額な金額を支払うので良くクレジットカードが利用されます。

それと同時に最もクーリングオフが多い商品サービスでもあります。

高額な金額を契約した後で、「やっぱり・・・」と後悔する方って結構多いかと思います。

でも安心してください。

日本はクーリングオフという制度で守られていますので、法律で定められた期間に申請通知を出せば契約を解除して返金してもらうことができます。

そこで今日はエステのクレジットカード支払いをクーリングオフする手順をご紹介していきます。

クーリングオフ制度の仕組みとは?

クーリングオフ制度とは、消費者が業者との間で締結した契約を一定期間に限り説明不要で一方的に解除できる制度です。

いわゆる国が用意した消費者保護のシステムですね。

商品サービスによっては、クーリングオフの対象外となるケースもありますがエステの場合はOKのようです。

エステのクレジット支払いをクーリングオフする方法

クレジットカード

エステをクレジットカードで支払いをした場合、いったいどこにどうやってクーリングオフをすれば良いのか謎ですよね。

次の手順に従って手続きを行いましょう。

その前に・・・

その前に、エステに関してはクーリングオフを適用できる期間が契約から8日以内に通知を出した場合のみとなっています。

これは法律で定められているので、期間を過ぎるといくら嘆いても適用するのは難しいので気をつけましょう!

1.クーリングオフのはがきを書いて出す

クーリングオフ

はがきを購入し、上記内容を例に書いてはがきを出します。

出す先は、クレジットカードを利用したエステとクレジットカード会社の2点です。

なので2枚はがきを作成しましょう。

ちなみにクレジットカード会社の住所はカード裏面に記載されています。

2.はがきの両面をコピーして保管する

copi

はがきを作成したら、2枚とも両面をコピーして大切に保管しましょう。

後で返金されなかったり、問題が起きた時の不測の事態に必ず役に立ちます。

3.特定記録郵便で出す

jppsut

普通郵便やポストに投函するのではなく、特定記録郵便で送りましょう。

4.受け取った控えをはがきと一緒に保管

そして郵便局からもらう控えを必ず、はがきの両面コピーと一緒にホチキスでとめて保管しておきます。

まとめ

以上の手続きを行えば、後日相手から通知や電話がくるはずです。

もし何もなければ消費者センターへ相談しましょう。



この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。
【WEB申込みで最短当日受取り!】

三菱UFJフィナンシャルグループ
アコムの業界最速クレジットカード


コメントを残す