他社のクレジットカードを何枚滞納すると強制解約になる?

[最終更新日]2018/10/05

【WEB申込みで最短当日受取り!】
acマスターカード,アコム

審査通過率No.1のアコムACマスターカードヘ申込む

こんにちは、Credit Geekです!今回は他社クレジットカードを何枚滞納すると強制解約になるのかについてご紹介します。

kaiyaku

▶︎私が支払い滞納を回避した裏技はこちら

いつも通りにクレジットカードで支払いをしようとしたら、「急に利用停止になっていた」という体験はありますか?

利用停止になる理由は複数ありますが、今回は他社クレジットカードを何枚滞納すると強制解約になるのかに着目して解説していきたいと思います。

1枚滞納でも強制解約になる可能性は充分!?

結論から言うと、他社カードを何枚滞納かは関係なく1枚でも滞納すればそのカードは強制解約になり、他社カードも利用停止または強制解約になる可能性があります。

つまり、強制解約は滞納枚数に関係ないというわけです。

1.支払期日から30日を経過すると・・・

支払期日から30日未満の未入金を遅延と扱いますが、30日を超えると延滞、3ヶ月で滞納扱いになります。

この場合、信用情報には「異動」という記録が掲載されて返済能力ゼロのブラックリスト殿堂入りとなってしまいます。

遅延の段階でも該当カードは強制解約される可能性がありますが、30日を超えての未払いは確実に強制解約となります。

2.1枚が強制解約されると他社も危険!

1枚が強制解約された時点で、信用情報には「異動」という汚名が記録されます。

他社カードは定期的に会員の見直しや枠の縮小や増額を検討する機会を設けていますが、再度信用情報を開示した際に「異動」と「強制解約」の履歴が記録されていれば、貸し倒れのリスクを回避するために利用停止または強制解約の措置をとる可能性が高いのです。

他社カードの強制解約を避ける対策とは?

1番に遅延の段階、つまり30日以内に支払いをすることが先決です。

しかし、どうしても間に合わない場合は下記の最終手段をおススメします。

少なくとも、信用情報に傷がつかずに済みます。

まだ諦めないで!私が滞納を回避した最終手段とは?

実は私も、3年前に5社でカードの支払いを滞納し、多重債務者となってしまいました。

支払いの滞納や遅延は、あなたの将来だけでなく周りの家族にまで被害が及びます。

あなたが返済できなければ最終的に家族や親族が責任をとることになってしまうのです。

時間が経過すればするほど、状況は悪化していきます。

『そんなこと言われても、手元に現金がないからどうしようもないんだよ!!』

と、返済に苦しむあなたの悲鳴が今にも聞こえてきそうです。

でも実は、私は5社で借りた代金の滞納を『ある方法』で回避することで救われました。

支払い滞納を回避する方法はまだあるので諦めてはいけません!

1度滞納してしまえば、例え完済できても以後5年間は信用情報に傷がつき、カード発行や賃貸契約、住宅ローンも組むことが一切できなくなります。生活が息苦しくなることは容易に想像できるでしょう。

今ならまだ間に合います。
私も利用したアコムACマスターカードなら、最短当日中に発行できてお金を借りることができます!また利用したことが他人にバレることは絶対にありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

1枚滞納しても他社カードがドミノ倒しのように強制解約となるケースもあるんですね!

支払いはきちんと期限までに行いましょう!

クレジットカードの支払いは1、2ヶ月遅延すると利用停止になるの?



この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。
【WEB申込みで最短当日受取り!】

三菱UFJフィナンシャルグループ
アコムの業界最速クレジットカード


コメントを残す