クレジットカード審査で年収を適当に嘘書くと落ちるって本当?

[最終更新日]2018/12/24

ども、Credit Geekです!今回はクレジットカード審査で年収を適当に嘘書くと落ちるのかを解説します。

sinsa

クレジットカードを申込みする際に必須記入項目になっている「年収」

特に人前で記入するときは、少し見栄を張りたくなる方もいるかもしれません。

また、実際は全然少ないのに審査に受かりたくて嘘を書く人もいたりします。

でも実際のところカード会社側から見ると「年収」はどう審査しているのでしょうか?

年収を適当に書くと審査に落ちる?

結論から言うと、これは時と場合によります。

というのも、審査しているのは人間なので判断を誤る場合もありますし相当な虚偽金額でない限りほとんど見ることはないのが事実です。(あ、言っちゃった)

カード会社側が年収を見る時の判断材料は、

  • 勤め先と年収の金額が相応か
  • 勤続年数と年齢を考慮した年収か

この2点を元に判断していきますが、あまりにも嘘っぽい年収だと一旦本人に確認の電話をかける仕組みになっています。

例えば、20歳一般企業勤めで年収1000万円と記入した場合、ほぼ99%確認の電話がいくでしょう。

少しくらいの嘘は大丈夫

つまり、少しくらいの誤差は大丈夫です。

ただあまりにも勤め先と年齢からかけ離れた年収だと確認電話がいきます。

また、無職で年収と勤め先を偽った場合は在籍確認の電話が会社に行く際にバレて審査に落ちます。

年収の記入はなぜ必要なのか

credit akuyou

クレジットカードの申込みをする際、「何でこんなに細かいことまで記入しないといけないの?」と思うかもしれません。

でもそれは悪用しようとしている訳ではなく、単純にあなたを危険から守るために行っているものです。

危険から守るため

money

基本的に大手カード会社であれば、24時間体制でクレジットカード利用に不審な点がないかをシステムで管理しています。

カードが紛失盗難した場合や悪用された場合に、お客様から頂いた情報を元に妙な使い方がされると一瞬で利用停止をかけることが出来るのです。

例えば、年収400万円で4人家族・マンション賃貸住まいという情報があることで、統計データから見る大体の1ヶ月の利用できる金額や頻度を割り出すことが出来ます。

この推測範囲を超えて明らかに妙な利用があると制限してあなたに電話で知らせてくれる仕組みなんです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本当に審査に通過するためには申込み時の情報は正確に記入する必要があります。

嘘はあまり良くないので気をつけましょう。

審査が甘いクレジットカードってあるの?審査のポイントをおさえて準備しよう!
2019.03.22

あわせて読みたい関連記事

まずは抑えておくべきクレジットカード審査落ちに関連する記事を、こちらのクレジットカード審査落ちの理由と対策でまとめてあるのでぜひご参照ください。



この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。
                     

コメントを残す