クレジットカードの多重申し込みと他社借り入れは審査に落ちるの?

[最終更新日]2018/12/24

ども、Credit Geekです!今回はクレジットカードの多重申込みと他社借入れは審査に落ちるのかをご紹介します。

多重申込み

 当サイトイチオシカード
ACマスターカード

ACマスターカード

 独自の審査! 
 業界No.1のスピード発行 
 事前に3秒診断で借入可能かチェック 
アコムACマスターカードは、大手消費者金融系の三菱UFJフィナンシャルのアコムが発行するクレジットカードです。他社の多くがCICや勤続年数をもとに審査を行うことに対し、ACマスターカードはJICCや社内データをもとに審査を行うため迅速丁寧に審査をします。ポイントプログラムや優待サービスがなく性能は他社に劣りますが、『最短即日発行』『事前3秒診断』『実質年率が低い』といった点が最大の魅力です。まずは3秒診断をしてカード発行が可能かチェックしてみましょう。

世間一般では、「クレジットカードを1度にいっぱい申し込むと審査に落ちる」という都市伝説を耳にします。

果たしてこれは本当なのでしょうか?

また、他社借入れをしている場合どのくらいの金額まで審査に影響しないのでしょうか?

そこで今回は多重申込みと他社借入れが審査に与える影響についてご紹介していきます。

多重申込みは審査に影響する?

インターネットで調べると賛否両論ありますが、クレジットカード会社に勤めた経験から言えば少なくとも影響する可能性は捨てがたいです。

なぜなら、「クレジットカードに申込みした」「審査に落ちた」「発行された」という記録が信用情報に6ヶ月間掲載されるからです。

1度に4,5枚申し込んで全て通過すれば良いですが、審査に通らなかった場合は次回申し込んだクレジットカードの審査に影響する可能性は高いです。

例えば自分が審査する側の立場になって考えてみてください。

1度に4,5枚申し込んでいるのに、3枚審査に落ちている人を審査に通したいと思いますか?

何かしら疑うと思います。

期間をずらして申込みする分は影響する可能性は少ないですが、1度の多重申込みは審査に影響すると言えます。

他社借入れは審査に影響する?

総量規制の法律をご存知でしょうか?

日本国内の法律では、年収の3分の1を超える借入れを禁止しています。

もし、総量規制を破った場合、貸金業者は行政処分を受けることになります。

つまり年収の3分の1を超えてキャッシングしている場合はクレジットカードの審査に間違いなく落ちるというわけです。

ただ、ショッピング枠や銀行からのローン等は対象外なので影響しません。

あくまでキャッシングのみです。

 当サイトイチオシカード
ACマスターカード
ACマスターカード
 独自の審査! 
 業界No.1のスピード発行 
 事前に3秒診断で借入可能かチェック 
アコムACマスターカードは、大手消費者金融系の三菱UFJフィナンシャルのアコムが発行するクレジットカードです。他社の多くがCICや勤続年数をもとに審査を行うことに対し、ACマスターカードはJICCや社内データをもとに審査を行うため迅速丁寧に審査をします。ポイントプログラムや優待サービスがなく性能は他社に劣りますが、『最短即日発行』『事前3秒診断』『実質年率が低い』といった点が最大の魅力です。まずは3秒診断をしてカード発行が可能かチェックしてみましょう。

まとめ

1度の多重申込み、他社借入れ額が年収の3分の1を超えている場合は新規でクレジットカードの審査に通過することは不可能だということが分かりました。

総量規制はいわば私たちを人間の欲望から守るために作られた法律なので、受け入れて借り入れた分をちゃんと返済しましょう。

審査が甘いクレジットカードってあるの?審査のポイントをおさえて準備しよう!
2019.03.22

あわせて読みたい関連記事

まずは抑えておくべきクレジットカード審査落ちに関連する記事を、こちらのクレジットカード審査落ちの理由と対策でまとめてあるのでぜひご参照ください。



この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。
                     

コメントを残す