すぐわかる!クレジットカードを作る条件と作り方まとめ&学生・社会人別に疑問解消

[最終更新日]2019/06/20

すぐわかる!クレジットカードを作る条件と作り方まとめ&学生・社会人別に疑問解消「クレジットカードがあれば便利!でも、作るために条件などはあるの??」
こういった疑問をお持ちの方は、多いのではないでしょうか。

クレジットカードを作るためには、様々な条件をクリアする必要があります
条件は法律によって定められているほか、カード会社のホームページなどでも確認することができますが、初めてクレジットカードを作る場合分からないことも多いですよね。

基本的には、お金にまつわる決まり事を破ったりしていなければ、クレジットカードを問題無く作ることができます。カード会社が「この人はルールを守ってクレジットカードを使える人だな」と判断した場合、クレジットカードを作ることができるからです。
ですが、あなたが学生だったり、過去にお金のトラブルなどがあったりする場合、カードを作る条件を満たしているのか疑問に思うこともあるでしょう。

今回はそんな方のために、クレジットカードを作るための条件と審査における注意点などについて、可能な限り網羅する形でまとめた記事を作成させていただきます!
年齢や収入などの基本的な条件のほか、「この場合は大丈夫?」という疑問を学生・社会人別に分けて解消していきます!
更に、条件を満たしていない場合にどうしたら良いのかもバッチリご案内いたしますよ。

皆さんの疑問を解消し、ぜひともカードを作ってみてください!

クレジットカードを作るために必要な条件とは?年齢など基本的な規定総まとめ

クレジットカードを作るために必要な条件とは?年齢など基本的な規定総まとめ

まずは基本的な、クレジットカードを作る際に必要な条件についてまとめます!

①18歳以上であること

クレジットカードは18歳以上でなければ作ることができません!
万が一、正社員で働いていたとしても、2019年現在は日本国内すべてのクレジットカード会社が、事実上申し込み審査を否決している状態です。

ですので、カードが欲しい方はまず自分自身が「18歳以上であるかどうか」で判断しましょう!

ちなみに未成年の場合、18歳以上であっても親族の同意がないとカードを発行することはできませんので、その点もご注意ください。

<69歳以下であること>

クレジットカードは「カード会社がお金をいったん立替えて翌月に利用者が清算する」という関係上、支払までに死亡してしまうリスクが高い高齢者の方は、資産背景などの事情がない限り、新規のカード申し込み審査が厳しい、というデメリットがあります。

法令で「69歳以下」と決まっているわけではないのでカード会社の審査基準次第なのですが、中には69歳以下でないと発行不可と明記している会社(例えば、「ACマスターカード」などがそうです)もあるので、ご高齢の方は一応、確認することをお勧めいたします。

②安定・継続した収入があること

ご本人、もしくは配偶者の方に、安定・継続した収入があることが、申し込みの基準の1つになります。

基本的に、カード審査において「配偶者あり」と回答した場合、もしくは学生の場合には、収入の有無にかかわらず「審査対象」となります。

「安定かつ継続した収入」の基準としては、単純に正社員・アルバイト・経営者といった枠組みだけでなく、勤務先の規模や勤続年数なども条件に加味されます。

一般的な審査ですと、大体勤続1年を超えてくると、期間的な視点では大きなマイナスがなく、進めることができます。
また給料に関しましては、手当等でなく「固定給」で、年間の支給額がブレることなく支給され続けている状態が「安定」とみなされます。

ただし、たとえばAmazonのクレジットカードや楽天カードのように、「過去の買い物履歴と支払い状況のデータをベースに審査する」といった、独自の視点から利用者の信用判断をしている会社もあります。
勤続1年以下で小規模な所だったりすれば即座に審査がダメだ、というわけではありませんのでご安心ください。

③日本在住であること

日本のカード会社に申し込みを行う場合、日本に在住していること(住民票が日本にあること)が審査の基準として設けられています。

こちらに関しては、基本的に日本の銀行は「日本から転居する場合、口座を解約しないといけない」という規約があります。

そのため、海外住居であり住民票が日本にないことが金融機関にばれてしまった場合、引き落とし口座が閉じられてしまったりします。もしくは払込票の郵送が海外になってしまい、利用規約違反である(国内にいない)としてカードが利用できなくなってしまう、という事象が発生してしまうことがあります。

ですので、日本のカード会社に申し込みを行う場合、必ず上記の条件を満たす必要がある項目となります。

<外国籍の場合は日本の永住権が必要>

外国籍の場合で日本に留学・就職しているという方の場合、原則として「日本の永住権」もしくは「永住ビザ」が必要となります。

ですので、そういった方の場合とりあえず母国の方で運営を行っているカード発行会社にクレジットカードの申し込みを行うことをお勧めいたします。

尚、海外で発行されたカードであっても国際ブランドの価値は変わりませんので、加盟店であれば問題なくクレジットカード決済を行うことができますので、ご安心ください。

④過去に滞納や金融事故を起こしていないこと

自己破産や任意整理、借り入れ返済の2~3か月以上の遅れなどを総じて「金融事故」と呼びます。

ネット上などでは「ブラックリスト」などと呼ばれる状態がこれに該当しますが、厳密には「ブラックリスト」というものは存在しません。個々の方々の返済状況やカードの利用情報が全て記録された信用情報に、上記のような金融事故の記録が残ってしまうことを「ブラックリスト入り」と呼びます!

カード会社によっては、1日程度の返済遅れでしたら信用情報には記載されません(2日以上は、基本的にアウトです)。

また、3年間に1回程度の、「ごくごくまれに、1ヶ月程度返済がおくれた!」という程度でしたら「まぁ人間、たまにはそういうこともあるよね」、という判断から大きな問題にはなりませんが、そうでない場合、注意が必要です!

⑤クレジットカードを持ちすぎていないこと

クレジットカードには「与信枠」という考え方があります!
これは、「この人には合計でいくらまで貸しても大丈夫かな??」という上限のことです。

そのため、上限がたとえ10万円のクレジットカードであったとしても、それが10枚集まれば、「合計100万円」、カードを利用できることになってしまいます!
結果として、「カードを持ちすぎれば持ちすぎるほど、審査に通りにくくなる」というデメリットが存在します。

ですのでクレジットカードはむやみに何枚も作るのでなく、本当にお得なカードを何枚か作るだけにしましょう!

⑥学生カードの申し込みの場合:学生であること

クレジットカードの中には学生の内しか申し込めない学生カードが存在します。

学生カードは、通常のクレジットカードとは異なる独自の審査基準が設けられており、審査に通過できる確率が極めて高いカードです。

ですがこのカード、当然学生でない方は申し込みができません。申し込みの際には学生証のコピーが必要になります。

学生カードは特典も盛り沢山!あなたがもし学生であれば要チェックですよ。詳細は下記の記事をご覧ください。

この場合、クレジットカードは作れる?条件をチェックしよう~学生編~

この場合、クレジットカードは作れる?条件をチェックしよう~学生編~

ここからは学生のあなたに向けて、クレジットカードを申し込む際のお悩みを解決していきます!
収入がない、もしくはアルバイトをしているだけでもカードは作れる?奨学金を借りているけど大丈夫?そんな疑問にもズバリ、お答えしていきますよ!

※あなたが社会人の場合はこちらへお進みください。

①アルバイトをしていなくてもクレジットカードは作れる!

学生の場合、安定した収入がないため、「本人と同時に、配偶者(親)も審査の対象」となります!

ですので学生本人がアルバイトをしていないからと言って、必ずしもカードが作れない!というわけではありませんのでご安心ください。

また審査方法に関しても、通常のカード審査と違いはありませんのでご安心ください。

②奨学金を借りていてもクレジットカードは作れるが返済の滞納は厳禁

奨学金も分類上は借金ですが、こういった「明確な目的を理由に借りているお金」は、あまりマイナス評価されません
また在学中は支払いが発生しない、という奨学金ならではの特性もカード審査では加味されますので、奨学金の有無にかかわらず、あまり影響を受けることなく審査を受けることができます。

ただし、「借金がある状態」ということには変わりませんので、在学中のカード返済はもちろん、社会人になって返済が始まってからの奨学金に関しても、滞納せずキッチリと返済をするようにしましょう!

③携帯電話使用料の支払い忘れは立派な滞納!支払い遅れは1日でも×

クレジットカードで最近よく発生するトラブルとして、「携帯電話使用料の払い忘れ」があげられます。

本体料金をキャッシュで払った場合は別にして、月々支払う携帯電話使用料は「通信料」「本体の分割料金」に分かれています。
後者は「分割月賦払いで借金をして、携帯電話本体を購入した」という処理になっていますので、つまり携帯電話使用料の支払いを忘れるということは、借りたお金を返さなかった、とイコールであるといえます!

ですので「電話代だから大丈夫!」と油断せず、利用規約違反とならないよう、キッチリと返済をしましょう。

基本的に、「信用情報への記載は、1日どころか1時間遅れただけでも、貸主の会社側には、事故情報として記載する権利」が発生します。
こちらに関してはローンやクレジットカード申し込み用紙に記載されている規約に、その旨が(例外なく)かかれておりますので、必ず、遅れないようにしましょう!

<学生の場合、キャッシング枠の取得はほぼ不可能>

クレジットカードには「○○円分まで使えます」というショッピング枠のほかに、「○○円までお金を貸します」というキャッシング枠というものがついています。

金利も高いので、海外旅行で現地引出するケースなどを除いては原則使うべきではないのですが、学生の場合、そもそもこの「キャッシング枠」自体が、取得はほぼ不可能となっています。

ですのでカードを作ったからと言って、「お金を借りられる」というわけではないので、ご注意ください。
また、最近問題になっている「ショッピング枠の現金化」についても、こちらはカード会社規定で明確に禁止されています。絶対に行わないようにしましょう!

この場合、クレジットカードは作れる?条件をチェックしよう~社会人編~

この場合、クレジットカードは作れる?条件をチェックしよう~社会人編~

ここからは社会人のあなたに向けて、クレジットカードを申し込む際のお悩みを解決していきます!

フリーター、専業主婦だけどカードは作れる?消費者金融で借り入れをしているんだけど大丈夫?今の職場に勤めて間もないけど審査通過はできそう?
そんな疑問もバッチリ解消いたします!

※あなたが学生の場合はこちらへお進みください。

①フリーター、パート、アルバイト、専業主婦でもクレジットカードは作れる!

よく「正社員でないとカードは作れない」と言われますが、実はフリーターやパート、アルバイトといった「非正社員職」の方や、専業主婦の方でもクレジットカードはつくれます!

前者の方々の場合、審査対象として1年間の所得を証明する「源泉徴収票」の提出が最低1年、厳しいところだと3年求められます。
これと同時に、勤続年数も重要な審査ポイントになってきます!要は、「正社員ではないが、正社員と同じように、継続して収入を得ているかどうか」が判断ポイントとして重視されるわけですね。

後者の専業主婦の場合、ご自身の所得自体は0ですので、配偶者の方の所得が審査ポイントとして重視されます。
この場合所得だけでなく、「子供や扶養者は何人いる過程なのか」、「家賃・住宅ローンの支払いはいかほどなのか」「車はあるのか」などといった、家庭の経済状況を総合的に審査されることになりますので、予めご留意ください。

②消費者金融で融資を受けている場合は金額が少ない・きちんと返済していることが条件

消費者金融やカードローンなどで融資を受けていても、原則として「クレジットカードは作れます」。

ただし、やはりほかの借金があるとないとでは、無いほうが審査が有利であることは言うまでもありません。
あくまで少額、何らかの理由で借り入れをしていて、それを滞納することなくキッチリと返済していれば問題ありません。
しかし、断続的に何度も借り入れを行っていたり、延滞情報が信用情報に残ってしまっていた場合、クレジットカードを作るのは難しくなるかもしれません。

ちなみに、同じ借金でも、住宅ローンや車のローン、学資ローン(奨学金)やプライダルローンといった、「利用目的がはっきりしている融資」でしたら、プラス材料にはならないものの、大きなマイナスにもなりにくいです。

あくまで、「使い道自由な借金をしている」場合のみ、マイナスになるとお考えください。

③勤続年数は長いほど好条件に!

勤続年数が長い=一か所にとどまり続ける=所得も安定している、という図式から、勤続年数は長ければ長いほど有利になります!

カードの利用可能枠なども、これに応じて上がっていくことが多いので、もし一か所にお勤めを続けておられる方は、有利かもしれません!

ただし!当たり前の話ですが、これはあくまで社会人の話です。学生の勤続年数が不自然に長留年していると判断できる場合く、それだけで「不真面目」の烙印を押されカードが利用停止になるリスクもありますのでご注意ください。

まとめ

クレジットカードの審査としては

  1. 18歳以上であれば未成年でも申込可能
  2. 本人もしくは配偶者に安定した収入が必要
  3. 未成年は親の同意が必要
  4. 日本のクレジットカード会社は、日本に住んでいる必要がある
  5. あまり枚数を作り続けず、楽天カードなどお得なものを数枚だけにする
  6. 配偶者の所得も審査対象になるケースがある

というのが大枠の内容です。

クレジットカードの規約は各会社によっても違いますが、各会社の規約などの情報ページなどを参照していただくと、上記の内容がやや難しい言葉で、色々と書かれております。

1枚あれば便利なクレジットカードですので、本ページを参考に、ぜひとも一度つくってみましょう!



この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。
                     

コメントを残す