エラー?クレジットカードでネット決済できない原因と対処方法

[最終更新日]2019/02/18

エラー?クレジットカードでネット決済できない原因と対処方法

「ネット通販でクレジットカードを使おうとしたら何故か決済できない」こんな時は何かしら原因があります。なぜ使えないのか?どうすれば使えるようになるか?よくある原因の一覧とそれぞれの対処方法について詳しく解説していきます。

クレジットカードがネット通販で決済できない原因とは?

利用限度額を超えている

エラー?クレジットカードでネット決済できない原因と対処方法

クレジットカードの利用限度額を越えると、カードの利用ができなくなります。

カードが使えない原因として多いのがこのパターンです。

カードの利用限度額はカード申し込み時の審査で決定します。

個人の支払い能力に合わせて「毎月〇〇円までクレジットカードが切れます」という利用の上限枠があり、利用明細や各クレジットカード会社のマイページから確認することができます。

締め日を過ぎるとカードが使えるようにはなりますが、カードが使えない時は利用状況を確認してみてください。

知らず知らずのうちに限度額に達していることが多く使おうと思った時に使えないことがあります。

対策

・利用状況を確認する習慣をつける

・クレジットカードの2枚持ちをしておく

・限度額が復活するまでカード利用を待つ

・前もって増額申請をしておく

有効期限切れ

カードの有効期限が切れているとカードの利用ができません、期限の確認をしてください。

クレジットカードはカード自体の劣化を防ぐ、セキュリティの強化のために定期的にカードを交換をします。

有効期限が切れる約1ヶ月前に更新され、新しいカードが届く仕組みになっています。

新しいカードが届く時に通知などはありません。

新しいカードが届いたらカード交換の合図なので、すぐに交換して古いカードを破棄してください。

新カードは到着時にすぐ使えますし、旧カードは有効期限が切れると自動的に使えない状態になります。

対策

・更新されたカードに切り替える

・カードが届いていなければクレジットカード会社に問い合わせる

情報の入力ミス

ネット決済ではクレジットカード情報の入力が必要です。

決済できない時は入力に間違いがないか確認してください。

入力ミスが発生しやすい文字

  • 半角・全角
  • oと0
  • 「-」(ハイフン)の要不要
  • 有効期限
  • セキュリティコード

有効期限に要注意!

クレジットカード,有効期限

有効期限はカード表記はの読み間違いが多く発生し、入力ミスが多いので注意しましょう。

セキュリティコードの確認

セキュリティコードカード番号とは別です。

カード裏面、署名欄の横に表記してある数字がセキュリティコードです。

セキュリティコードが求められた場合には、クレジットカードの裏面を確認してください。

対策

・入力ミスに注意する

利用できない国際ブランド

エラー?クレジットカードでネット決済できない原因と対処方法

利用サイトが持っているクレジットカードの国際ブランドに対応していない可能性があります。

利用できない国際ブランドは自動的に弾かれるため、何が原因なのかわかりにくいのです。

国際ブランドの種類と確認方法

よく利用される国際ブランドはVISAMasterJCBダイナースクラブアメックスの5種類です。

VISA、Master、JCBはほとんどのサイトのネット決済に対応しており、ダイナースクラブアメックスは対応していないことが多い国際ブランドです。

持っているカードがどこの国際ブランドであるかは、カードに各国際ブランドマークが付いているのでカードを確認してください。

ネット決済をする際には、クレジットカード情報の入力フォーム近くに、利用できる国際ブランドのマークが記されていることがほとんどです。

持っているカードとネット決済可能な国際ブランドが一致しているのか確認が必要です。

対策

・利用するネット決済の利用可能な国際ブランドをチェックする

・違う国際ブランドのカードで再度入力する

不正利用の疑いをかけられている

エラー?クレジットカードでネット決済できない原因と対処方法

本人による利用でも不審な利用としてクレジットカード会社に自動検知されると、被害を防止するためにカードが勝手に止められます。

普段の行動パターンとは異なるカード利用をした時は利用停止になることが多いです。

利用停止にした際は、メールや電話で本人確認連絡がくるようになっています。

①普段購入しないような高額決済

最近ではAIによる自動検知システムが導入されています。

普段の利用パターンと違った場合、不正利用が疑われロックがかかることがあります。

ロックがかかると、本人による決済かどうか確認があるので、そこで本人であることを確認できれば、ロックが解除され使えるようになります。

ロックがかかる例

  • 普段はしない高額な決済をした
  • 急に海外で利用をした
  • 急にネット決済が増えた
対策

・電話がかかった来たら本人による決済であることを伝える

・事前に高額決済をすることをカード会社に伝えておく

②換金性の高い商品の購入

金券ギフト券新幹線の回数券など換金性の高い物の購入は現金化目的が疑われ、ロックがかかることがあります。

クレジットカードの現金化は違法です。

違法な取引の疑いによってクレジットカード会社が自動検知し、カード利用が止まることがあります。

対策

・換金性の高い物はできるだけ現金で購入する

③暗証暗号を間違える

クレジットカード情報の入力を何度も間違えると、不正利用が疑われてセキュリティロックがかかります。

実店舗では「暗証番号を3回間違えるとロックがかかる」と言われていますが、ネット決済でも同じようにセキュリティロックが作動するのです。

対策

・慎重に入力をする

・ロックがかかったらすぐにクレジットカード会社に連絡をする

サーバー側のエラー

サイト側の問題ですが、サーバーエラーにより決済ができないことがあります。

各サイトではカード決済機能やセキュリティのために定期的にサイトの保守・点検・メンテナンスを行います。

メンテナンス時にはネット決済ができず、必要項目を入力してもエラーになります。

メンテナンスは利用者が少ない深夜早朝に行われることがほとんどです。

一時的にネット決済ができなくなりますが、メンテナンス終了後は利用できるようになります。

対策

・深夜や早朝の利用は避ける

・サイトのサーバー復活を待つ

クレジットカードの利用停止

エラー?クレジットカードでネット決済できない原因と対処方法

クレジットカードは通知なく、利用停止になることがあり、利用停止時はカード利用ができなくなります。

支払いの遅延・延滞によって利用停止になっているケースがよくあります。

また、規約違反が発生している場合も利用停止になり、カードが使えません。

カードが利用停止になると、ネット決済だけでなくどこでもカード利用ができなくなるので早く対処しましょう。

対策

・支払いを済ませる

・他のクレジットカードで決済をする

まとめ

クレジットカードが使えない時、原因は意外にすぐ解決できることかもしれません。

不正利用を防止するための、セキュリティロックに引っかかることもあるかもしれませんが、カード会社に連絡をすればすぐに使えるようになることがほとんどです。

原因がわからない場合はカード会社に問い合わせましょう。

あわせて読みたい関連記事

まずは抑えておくべきクレジットカードをネットで使う方法を、こちらのクレジットカードのネット通販での使い方を流れで解説!で紹介しているのでぜひご参照ください。



この記事を執筆した専門家

林田紗季
林田紗季
ファイナンシャルプランナー
自ら多重債務で苦しんだ経験をもとに、FP3級を取得しました。現在は『貸金業務取扱主任者』の国家資格取得試験に向け猛勉強中です。「読む人の立場になって、わかりやすく伝える」ことをモットーに生活に役立つ記事を目指しています!趣味は旅行!船でのんびり世界一周旅行が夢です!
                     

コメントを残す