ネット通販でクレジットカード利用は危険?安全に利用する方法

[最終更新日]2019/02/18

ネット通販でクレジットカード利用は危険?安全に利用する方法

ネット通販でクレジットカードを使うと番号が漏洩して不正利用されたり、詐欺に遭うのではないかと不安になりますよね。今回は、クレジットカードをネット通販で使うとどんな危険があるのか?また、どのように使えば安全性を高められるのか?について解説していきます。

クレジットカードをネット通販で利用する際の危険性

①クレジットカード番号の漏洩

クレジットカード情報の漏洩利用者が管理することができません。

情報漏洩の原因はサイトの管理ミス、もしくはハッキングによる被害です。

個人情報の漏洩によって不正利用されるケースがあります。

カード番号だけでなく、カードに紐付く個人の氏名や住所などまで漏洩するケースもあります。

②ログインIDとパスワードの流出

ネットショッピングではamazonや楽天市場のように、アカウントにクレジットカード情報を登録して利用することができます。

登録していれば、買い物の度にクレジットカード情報を入力する手間が省けて大変便利なのですが、ログインさえできれば本人以外でも簡単に買い物ができてしまうのです。

ログインIDとパスワードが第3者に知られることで、通販サイトとの紐付けのみでもリスクが大きくなります。

③詐欺サイト

通販サイトがたくさんある中で、詐欺サイトも存在しています。

実際に、クレジットカード情報や個人情報を抜きとる、代金を騙し取る等の被害が発生しています。

詐欺サイトでの被害に合わないためには、自分で注意をして見抜くしかありません。

クレジットカードをネット通販で使うのは安全なの?

ネット通販でクレジットカード利用は危険?安全に利用する方法

ネット通販でクレジットカードを使って決済することは、自分で気をつけさえすれば安全です。

情報漏洩による不正利用は、1%に満たないほどです。

大手通販サイトであれば、個人のクレジット情報を暗号化するなどのセキュリティ対策がしっかりと行われています。

仮に不正利用をされたとしても、クレジットカードには補償制度があります。

「紛失・盗難・不正利用」による被害の補償があるため、大きな損害にはならないことがほとんどです。

ただし、詐欺サイトで購入した場合は利用者の責任となり、補償されないことがあるため、十分に注意してください。

安全なネット通販サイトの見分け方

ネット通販でクレジットカード利用は危険?安全に利用する方法

こんなサイトは詐欺サイトの可能性が高い

  • 運営業者名・住所・電話番号・代表者名などの表記がない
  • 問い合わせのメールアドレスがGmailやYahoo!メールなどフリーメール
  • 不自然な日本語が使われている
  • 価格が極端に安い
  • 前払いでしか決済できない
  • プライバシーポリシーの表示がない
  • 商品価格が安すぎる

上記に当てはまる場合は詐欺サイトであることが多いので、購入を避けるのが賢明です。

「ちょっと怪しい」「何か違和感がある」と感じた時は運営会社や利用者のレビューがないか探してみましょう。

詐欺サイトは運営者が悪いですが、被害にあった場合は自己責任となってしまう可能性が高いです。

ネットで購入する時は、疑うことを忘れないでください。

安全な通販サイトが行なっているセキュリティ対策

①SSL通信に対応

SSL通信とはインターネット上での通信を暗号化する仕組みで、利用するブラウザサーバー間の通信を暗号化します。

暗号化することで第3者によるデータの盗難や改ざんを防ぐことができます。

SSL通信対応の見分け方

SSL化

SSLに対応しているサイトの場合、URLの左側に鍵マークが入っています。

そしてURLの先頭が「http://」ではなく「https://」の形式です。

②本人認証(3Dセキュア)に対応

3Dセキュアは第3者の利用を防ぐ目的で、本人しか分からないネットショッピング専用パスワードを入力し本人認証を行う仕組みです。

クレジットカード番号とは別に、事前登録してあるパスワードが必要になります。

3Dセキュアの見分け方
通販サイトでの決済画面
事前登録しているパスワードを入力
事前登録しているパスワードを入力
認証成功すれば決済完了

クレジット情報の入力などをした後に、事前登録済みのパスワードが必要ななるかどうかで、見分けることができます。

③不正アクセス検知システムの導入

こちらは、利用者側でシステム導入されているかの見分けをつけることはできませんが、安全な通販サイトでは導入しています。

過去の取引などに基いてリスクを評価し、不正取引かどうか判定するのです。

不正が疑われた場合には、管理者への通知や、通信がブロックされることで不正利用を防いでいます。

ネット通販での注意すべきポイント

セキュリティー対策がされている通販サイトを利用する

大手通販サイトではしっかりとセキュリティ対策をしているところがほとんどです。

もし、不正アクセスなどによって被害が出た場合、会社のイメージが悪くなるなど損害が大きくなるため、大手通販サイトはセキュリティに敏感なのです。

セキュリティー対策がされていないサイトは詐欺サイトではないかと疑うことが大切です。

IDとパスワードの管理

IDとパスワードの管理はしっかりと行い、憶測されにくい複雑な作りにしてください。

よくやってしまうのが、複数サイトで同一のIDとパスワードを設定することです。

ひとつのサイトに不正アクセスされたとき、同一のIDとパスワードを設定している他サイトへの不正アクセスやログインも芋づる式に行われる可能性が高くなります。

管理は大変になりますが、被害を少なくするために大切なことです。

決済前に契約内容を読む

決済前の契約内容、同意書をきちんと読んでいない方も多いのではないでしょうか?

実際に被害にあった時や、補償を受けたいときに「契約内容を知らなかった」は通用しません。

補償内容や、セキュリティに関してきちんと目を通すようにしましょう。

契約内容に疑問があれば、きちんと問い合わせをするか、他のサイトを選ぶようにしましょう。

本人認証サービス(3Dセキュア)の設定

3Dセキュアは事前にカード発行会社へ登録が必要です。

3Dセキュアに対応している国際ブランドはVISA、 Master、JCB、アメックスです。

カード発行会社が3Dセキュアに対応していない場合があります。

通販サイトを利用するときは、できるだけ3Dセキュアに対応しているサイトを利用してください。

無料のWi-Fiスポットを使わない

無料のWi-Fiスポットでは通信情報が盗み見されるほか、不正アクセス、ウイルス感染の危険もあります。

誰に見られてもいい通信であれば問題ありませんが、無料のWi-Fiを使ってクレジットカード情報を送ることは避けましょう。

どうしても情報を送らなければならない時はそのサイトがSSL化されていることを確認してください。

ブラウザにクレジットカード情報を保存しない

ブラウザにクレジットカード情報を登録しておくと、入力の手間が減り利用する分にはとても便利です。

しかし、スマホの紛失共用のPCなどを使ってアカウントに入ると、その後クレジットカード情報が漏洩する可能性が高くなってしまいます。

できるだけブラウザにクレジットカード情報や個人情報、各種パスワードの保存はしないようにしましょう。

必ず毎月利用明細を確認する

利用明細を確認していない方は危険です!

不正利用されていても気づいていないかもしれません。

不正利用による被害は補償されることがほとんどですが、カード会社によって期限が設けられています。

利用明細を確認し、覚えのない支払いがあればすぐにカード会社に連絡をしてクレジットカードの再発行をしましょう。

利用明細を確認することで被害を軽くすることに繋がります。

カード番号を入力せずに決済する方法

ネット通販でクレジットカード利用は危険?安全に利用する方法

①PayPalで支払う

PayPalは、個人のアカウントを作り、PayPalに登録したクレジットカードを通して支払う決済代行システムです。

サイトに直接クレジットカード情報を入力する必要はなく、取引先のメールアドレスを利用して支払い処理ができます。

手数料無料で、セキュリティの高い状況で決済をすることができます。

利用するサイトがPayPalに対応している必要がありますが、最近では対応しているサイトも多いです。

クレジットカード情報をできる限り入力したくない方はPayPalのアカウントを作ることをおすすめします。

②プリペイドカード

プリペイドカードはクレジットカードと同じ使い方ができる前払い式のカードです。

クレジットカードは決済後、引き落としによって支払いをしますが、プリペイドカードはあらかじめ必要金額をチャージして決済をするカードです。

クレジットカード決済しか受け付けていないネット通販でも利用ができます。

クレジットカードは不正利用にあうと、限度額いっぱいまで被害が及ぶ可能性がありますが、プリペイドカードなら被害はチャージしている金額だけで済みます。

使い捨てのカードであるため、被害にあったとしても大きな損失になりにくいという特徴があります。

バンドルカードや、Vプリカのようなプリペイドカードの利用がおすすめです。

③代引きでクレジットカードを使う

ヤマト・佐川急便では代引きの際にクレジットカードで支払いができます。

支払い手数料はかかりますが、ネット上にクレジットカード情報を入力する必要がなくなるため、安全性が高くなります。

出品者(利用サイト)が代引きでクレジットカード決済の可否を決めるため、サイトによっては利用できない場合もあるため、確認が必要です。

情報漏えいや不正利用された場合の対処方法

クレジットカード会社に連絡
クレジットカードの利用停止
不正利用の調査
保険の申請
クレジットカードの再発行

不正利用の場合は、気づいたらすぐにクレジットカード会社に連絡をしてください。

カードの利用停止と、被害の調査、カードの再発行の案内があります。

まとめ

通販サイトでクレジットカードを利用することは危険ではありません。

しかし、利用する通販サイトは慎重に選ぶこと、利用には十分に注意を払うようにしてください。

あわせて読みたい関連記事

まずは抑えておくべきクレジットカードをネットで使う方法を、こちらのクレジットカードのネット通販での使い方を流れで解説!で解説しているのでぜひご参照ください。



この記事を執筆した専門家

林田紗季
林田紗季
ファイナンシャルプランナー
自ら多重債務で苦しんだ経験をもとに、FP3級を取得しました。現在は『貸金業務取扱主任者』の国家資格取得試験に向け猛勉強中です。「読む人の立場になって、わかりやすく伝える」ことをモットーに生活に役立つ記事を目指しています!趣味は旅行!船でのんびり世界一周旅行が夢です!
                     

コメントを残す