公共料金はクレジットカード払いが鉄則!簡単に設定する方法

[最終更新日]2019/03/09

公共料金はクレジットカード払いが鉄則

公共料金の支払いを口座振替やコンビニ払いしていませんか?クレジットカードなら手数料もかからない上にポイントも貯められてお得になるため変更することをおすすめします。具体的にどんな得ができるのか?設定変更する手続き方法まで詳しく解説していきます。

公共料金の支払いは、クレジットカード払いがオススメです。

ポイント還元によるキャッシュバックに加えて、支払日がまとまるので家計の管理もラクになります。使用スタイルにもよりますが、多くのケースでお得です。

そこで今回は、クレジットカード払いのメリットやデメリットを徹底解説。更に電気代やガス代・水道代など、各種公共料金をカード払いに切り替える方法をご紹介しようと思います。

公共料金をクレジットカードで支払いするメリット・デメリット

公共料金をクレジットカードで支払いするメリット・デメリット

毎月支払いが生じる公共料金は、クレジットカードと相性の良い料金です。

カード払いに切り替えることでポイントがもらえるだけでなく、滞納リスクを減らし、家計をわかりやすくまとめてくれます。ただしクレジットカードの支払いは、一部でデメリットが生じることも。

ここからはクレジットカードに切り替えるメリットとデメリットの解説を進めようとと思います。

メリット

クレジットカードで公共料金を支払うメリットは、主に下記の通りです。

クレジットカード払いで得られるメリット
  1. ポイントが増える
  2. 支払日を1日にまとめる
  3. 支払管理がラクになる

➀ポイントが増える

公共料金の支払いでも、クレジットカードのポイントはもらえます。

例えば1万円の電気代を還元率1%のクレジットカードで支払うと、毎月100円前後のポイントに。公共料金は毎月必ず発生するので、電気代だけでも1年間で約1,200円もお得です。

年会費が安く還元率の高いカードをお持ち方には、特にオススメできますよ。

➁支払日を1日にまとめる

口座振替でいちばん怖いのは、残高不足です。

電気代やガス代などの固定費は、会社によって支払日が違います。そのため口座振替や払込用紙で公共料金を支払うと、「1日は電気代、8日はガス代、15日は家賃と電話代…」といった具合に、いろんな会社から次々と請求が。

「毎日が支払日じゃないか!」と感じている方も多いのではないでしょうか。

クレジットカード払いなら異なる請求日の公共料金を、月に1度のカード支払日にまとめることが可能です。毎日のように銀行口座の残高を気にしたり、心配しながら生活する必要がなくなります。

➂支払管理がラクになる

クレジットカードの利用履歴は、アプリやネットで簡単に閲覧できます。

実は昔のWeb明細はわかり難く複雑なものが多かったのですが、最近はUI/UXが向上し閲覧しやすいサービスに。

いつどんな支払いを決済したのか?
先月や先々月と比べてどれくらい使ったのか?
カード残高の余裕はどれくらいあるのか?

上記のような、支払い管理情報を図やグラフで表示することが可能です。料金払いを自動化するだけでなく、家計の管理にも役立ちます。

デメリット

クレジットカードで公共料金を支払うデメリットは、主に下記の通りです。

➀引越し時など要注意

電気代やガス代などの契約は、賃貸契約とは別のものです。

引越しでアパート契約を解約する時は電気会社やガス会社に個別に連絡し、解約手続きしなければいけません。

クレジットカード払いにしている人は公共料金を意識する機会が少なく、電力会社やガス会社への連絡を忘れがち。連絡忘れには特に注意が必要です。

➁後払いが苦手な人には向かない

クレジットカードのシステムは「後払い」です。

公共料金の場合は、電気代やガス代などの支払いを一度カード会社が本人に代わって支払い、支払日までの利用分に応じて本人の口座がから引き落とします。

見方によっては「借金」なので、請求された料金をすぐに支払わないと気が済まない方には不向きなサービスかもしれません。

➂口座振替の方が有利なケースも

東京電力や関西電力など電力会社によっては、口座振替利用者に50円前後の割引サービスをつけているところがあります。

利用額によってはクレジットカードのポイント還元よりお得になるケースもあるので、切り替え前に利用状況をチェックしましょう。特に1人暮らしであまり電気を使わない方の場合、口座振替割引の方がお得になりやすいはずです。

公共料金は口座振替とクレジットカードどちらが得?

公共料金は基本的に、クレジットカードで支払った方がお得です。

ポイントがもらえるだけでなく、支払日を1つにまとめたり、アプリを使って支払管理を把握しやすくできます。

ただしクレジットカードの種類によっては、還元率が低い・年会費が高いなどの事情からトータルで見ると損になるケースも。上手にカード払いに切り替えるには、「年会費無料かつ還元率が高いクレジットカード」をオススメします。

公共料金の支払いをクレジットカードに変更する方法

公共料金の支払いをクレジットカードに変更する方法

IT化の進む現代社会では、電気ガス水道などの公共料金に加えて、税金や年金・生命保険費用などもクレジットカードで支払えます。

ここからは、それぞれの公共料金の支払いをクレジットカードに変更する方法をご紹介しようと思います。

電気料金の場合

いずれの主要電力会社もクレジットカード払いに対応しています。電気料金の支払い切り替えは、Webまたは郵送での受付が一般的です。

手続きは郵送よりもWeb契約の方がスムーズに進みます。例えば関西電力の場合、郵送の場合は1~2週間、Web契約の場合は最短数分で申込手続きが完了します。

口座振替とどっちがお得?

北海道・東北・沖縄電力以外の主要電力会社は、いずれも口座振替割引をしています。

割引額も54円と横並び。54ポイント以上の還元を受けられるなら、カード払いの方がお得です。

ポイント還元率0.5% ポイント還元率1.0%
電気代3000円 15円 30円
電気代5000円 25円 50円
電気代10000円 50円 100円

ガス料金の場合

都市ガスを提供している主要ガス会社は、いずれもクレジットカード払いに対応しています。切り替え手続きは電力会社と同様に、Webまたは郵送での受付が一般的です。

ただしLPガスのご利用の場合、ガス会社がクレジットカード払いに対応していないことも少なくありません。ガス会社に連絡して、確認した方が良いでしょう。

口座振替とどっちがお得?

主要ガス会社の中では、東京ガスのみ54円の口座振替割引を提供しています。

東京ガスをご利用の方は月々のガス代とポイント還元率を比較して、お得な方を選びましょう。他のガス会社は口座振替割引をしていないので、クレジットカード払いの方がお得です。

水道料金の場合

水道料金は自治体の方針によって、クレジットカード払いに対応状況が異なります。

例えば東京水道局や大阪市水道局ではクレジットカード払いできますが、名古屋水道局や広島水道局ではクレジットカード払いができません。カード払いは口座振替と比べて手数料が高く、自治体が収益減少を不安視しているからです。

次のコラムで主要水道局の対応状況を整理したので、参考にしていただければと思います。

口座振替とどっちがお得?

主要都市水道局の割引額は、下記の通りです。

自治体によって、クレジットカードの対応状況や口座割引の金額が異なります。水道料金は電気やガス代と比べて安いのでポイント的な魅力は少なめ。口座割引を提供していない水道局なら、カード払いにした方がお得です。

水道局 口座振替割引額(月) クレジットカードの対応状況
札幌水道局 なし
仙台市水道局 なし
東京都水道局 54円
名古屋市水道局 なし ×
金沢台市水道局 なし ×
大阪市水道局 なし
広島市水道局 なし ×
福岡市水道局 なし
松山市水道局 54円 ×
那覇市水道局 なし ×

家賃の場合

家賃のカード払いへの対応は、大家さんの方針によって決まります。

カード払いに対応すると、大家さんは5%程度の手数料負担をしなければいけません。本来10万円の家賃収入が得られるのにカード払いに対応すると9万5千円に目減りしてしまいます。

そのため現実問題として、収益減少を嫌ってカード払いを拒否する大家さんも少なくありません。

口座振替とどっちがお得?

口座振替割引はありませんから、原則的にはクレジットカード払いの方がお得です。最近はエポスカードの家賃保証サービス「RoomID」など、家賃をクレジットカード払いできるシステムが普及しています。

ただし家賃保証会社のクレジットカードは、自社カードのみカード払いに対応するなど、融通が利かないところもデメリット。上記「RoomID」もカードブランドに関わらず、エポスカードのみでしか支払うことができません。

もっとも、エポスカードの還元率は0.5%と悪いものではありません。対応物件にお住まいで他のカードをお持ちでないなら、検討の価値は十分にあると言えるでしょう。

携帯電話の場合

携帯電話会社はMVNOを含め、ほとんど全ての会社がクレジットカード払いに対応しています。

郵送やネットによる切り替えの他、ドコモ・ソフトバンク・AUなど大手通信会社なら窓口でのカード切り替えも可能です。

口座振替とどっちがお得?

口座振替割引はありませんから、原則的にはクレジットカード払いの方がお得です。

月額サービスの多い携帯電話料金は月ごとの使用料金の幅が大きく、残高不足の原因になりやすい料金です。残高不足を防ぐ意味でも、クレジットカード払いをオススメします。

税金類の場合

税金の種類によってはクレジットカード払いが可能です。

国税の場合、相続税や贈与税などをカード払いで納付できます。ただし地方税は自治体によって、カード払いへの対応状況が異なります。

お住まいの地域にクレジットカード払いに対応しているのか、どの税金を支払うことができるのかなどを確認しましょう。

口座振替とどっちがお得?

残念ながら、クレジットカード払いがお得と断定することはできません。

例えば国税の場合、納付税額が最初の1万円までは76円(税別)、以後1万円を超えるごとに76円(税別)の決済手数料がかかります。

ポイント還元率が1%のクレジットカードなら決済手数料を引いてもお得ですが、0.5%のカードで支払うと損です。

年金の場合

国民年金保険料はクレジットカード払いが可能です。

年金機構のインターネットから「国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」をダウンロードし、必要事項記入の上で郵送すると手続きできます。

(被保険者とカード名義人の名前が異なるときは、「国民年金保険料クレジットカード納付に関する同意書」が必要)

なお厚生年金保険料は従業員と企業が折半する仕組みのため、クレジットカードで支払うことはできません。(給与から天引きされているかと思います)難しく感じた方は「サラリーマンは年金をカード払いできない」と覚えておくと良いでしょう。

口座振替とどっちがお得?

ポイント還元率も考慮すると、クレジットカード払いの方がお得です。

国民年金保険料には予定よりも早期に支払うことで保険料を割り引きする「前納制度」があります。この制度は口座振替にもクレジットカード払いでも適用できますが、クレジットカード払いは割引とは別にポイント還元を受けることができるので、二重にお得だからです。

ただし国民年金保険料のカード払いは、大きな注意点があります。

それは、国民年金保険料のカード払いが「1回払い」のみしか対応していないこと。年間196,920円(平成31年4月~)にも及ぶ国民年金を1度で支払うのは大変です。

公共料金のコンビニ収納用紙をクレジットカードで払える?

公共料金のコンビニ収納用紙は、原則としてクレジットカードでは支払うことができません。セブンイレブンやローソンを利用している方は諦めましょう…。(ナナコなど電子マネーでは支払えます)

ただしファミリーマートのみ「ファミマTカード」で支払うことが可能です。ファミリーマートをご利用の方は、カード払いもアリですね。

おわりに

以前と比べてクレジットカードも様々な料金払いに対応しています。最近は電子マネーやモバイル決済との競争も激しく、今後もこの流れは継続するはずです。

今回電力会社や水道局などの対応状況をご紹介しましたが、将来的にはもっと色々な自治体や企業がカード払いに対応するかもしれません。

カード払いのポイント還元は魅力的なサービスなので、クレジットカードを1枚もお持ちでない方など、この機会に作ってみては如何でしょうか。



この記事を執筆した専門家

たぬたぬこ
たぬたぬこ
貸金業務取扱主任者
貸金業務取扱主任者として、記事制作を担当しております。未熟者ですがわかりやすい記事作りを目指しているので、ドンドンご意見いただければと思います。趣味はeスポーツ。オリンピックが楽しみです!
                     

コメントを残す