クレジットカード支払いの流れと仕組み!メリット・デメリットは?

[最終更新日]2018/12/10

クレジットカード支払いの流れと仕組みとメリット・デメリット

クレジットカードでの支払いはどのような仕組みで成り立っているのか?決済から引き落としまでの流れはどうなっているのか?について図解を交えて分かりやすく解説しています。また、クレジットカードで支払いするメリット・デメリットについても紹介しました。

クレジットカード支払いの仕組みとは

クレジットカードの支払いの仕組みは、私達クレジットカード利用者がお店やネットショップで買い物した金額を、クレジットカード会社に一時的に建て替えてもらい、使った金額をあとからまとめてクレジットカード会社に支払うことで成り立っています。

購入者、お店(加盟店)、カード会社の関係

購入者、お店(加盟店)、カード会社の関係

詳しい仕組みや流れを解説する前に、クレジットカードの仕組みに欠かせない3つの立場を知る必要があります。

クレジットカードは主に以下の3者によって成り立っています

クレジットカードの関係者
  1. 購入者
  2. 加盟店
  3. クレジットカード会社
①購入者
クレジットカードを持っている人で、加盟店でクレジットカードを利用することでモノやサービスを得られる。
②加盟店
クレジットカードを使えるお店やネットショップで、購入者にモノやサービスを提供し、その分のお金をクレジットカード会社からもらう。
③クレジットカード会社
購入者、加盟店と契約を結んでいる。購入者が使った金額を加盟店に建て替え、その分のお金を購入者へ請求する。

更に細かく役割を分けると、「イシュアー」「アクワイアラー」「国際ブランド」の3つが加わりますが、わかりにくくなるためここでは割愛します。

→イシュアーやアクワイアラーって何?国際ブランドとの関係とは

クレジットカード会社の中でも発行会社や国際ブランドといった区分がありますが、気になる方は以下の記事をチェックしてみてください↓

最近は決済代行会社がを利用する店が多い

基本的なクレジットカード支払いの仕組みや流れは上記の図をイメージすれば問題ありません。

しかし、最近のクレジットカードが使えるお店や通販サイトの場合、クレジットカード会社の間に「決済代行会社」という業者が関わっていることがほとんどです。

特に、小規模な会社の場合は全てのクレジットカード会社と直接契約すると膨大な日数とコストが発生するため、決済代行会社を使っていることが多いです。

※決済代行会社って?
クレジットカード会社と加盟店を繋げ、加盟店とクレジットカード会社との複雑なやり取りを代行する役割があります。
また、クレジットカードにはVisa、Master、JCBなど様々なブランドとクレジットカードを発行している会社がありますが、加盟店がそれらの会社ごとに契約する手間を省いてくれます。決済代行会社と一回の契約でほとんどのクレジットカードを取り扱うことができます。

これを図解で見るとこのようになります↓
購入者、お店(加盟店)、カード会社、決済代行会社の関係

クレジットカードを使ってから実際に支払うまでの流れ

インターネットショップやお店でクレジットカード支払いする仕組みを理解したところで、使ってから引き落としされるまでの流れを見て行きましょう。

決済代行会社を利用していない店舗での流れ

お店(加盟店)でクレジットカードを利用する
お店(加盟店)からクレジットカード会社へ利用データ(売上票)が送られる
売上票を基にクレジットカード会社が締切日までに利用した金額を確定させ、利用者に明細として請求する
支払日(引き落とし日)に銀行口座から利用代金が引き落としされる
クレジットカード会社からお店(加盟店)に商品代金から手数料を引いた金額が入金される。

決済代行会社を利用している店舗での流れ

お店(加盟店)でクレジットカードを利用する
お店(加盟店)が決済代行会社を通してクレジットカード会社に与信をする(オーソリゼーション)
(利用者が入力したクレジットカードが本当に使えるか?利用枠はあるのか確認し、枠を予約する)
決済代行会社からお店(加盟店)に与信結果が送られてくる
お店(加盟店)から決済代行会社を通してクレジットカード会社へ利用データ(売上票)が送られる
売上票を基にクレジットカード会社が締切日までに利用した金額を確定させ、利用者に明細として請求する
支払日(引き落とし日)に銀行口座から利用代金が引き落としされる
クレジットカード会社から決済代行会社を通してお店(加盟店)に商品代金から手数料を引いた金額が入金される。

→クレジットカードのオーソリゼーションって何?ネット決済やホテルでの注意点とは

クレジットカードの利用代金はいつ払うの?

クレジットカードで使った分の代金は、クレジットカード会社によって決められている締め日」と呼ばれる期間の間に集計され、決められた支払日にまとめて支払い(引き落とし)されます。

この「締め日」と「支払日」はクレジットカード会社によって異なります。

締め日と支払日の仕組みについて詳しくは以下の記事で解説しています↓

クレジットカードで支払いするメリット・デメリット

クレジットカードで支払いするメリット・デメリット

クレジットカードの仕組みや流れがどうなっているのか紹介しましたが、現金での支払いと比べてどのようなメリット・デメリットがあるのか見てみましょう。

利用者側のメリット

①お金のやり取りが楽

コンビニでのちょっとした支払いからレストランでの会計など、現金を渡してお釣りを受け取るのはとても面倒ですよね。

買い物のお釣りでもらった小銭が増えてお財布がかさばってしまったり、1円単位で支払いしようと思ったら実は小銭が足りなかった等の経験をしたことがある方は多いはず。

クレジットカードで支払いすればお釣りのやり取りも無くとてもスムーズです。

レストランでスマートに会計を済ませたい場合にも重宝します。

②手元に現金が無くても買い物ができる

「ウィンドウショッピングを楽しんでいたら、どうしても欲しいアイテムを見つけてしまった!でも財布の中にお金がない・・・」

「ネット通販で買いたいものがあるけど、給料日まであと半月もある・・・」

このように手元に現金がなかったり、給料日前でお金が無い場合でも、クレジットカードがあればその場で欲しいものを購入することができます。

また、ATMで現金を用意するてまや手数料も省けるため一石二鳥と言えます。

③リボや分割払い等の様々な支払い方法を選べる

通常現金だとその場で全額一括での支払いが基本ですよね。

クレジットカード会社によりますが、ほとんどのカードでは分割払いやリボ払い等の支払い負担を減らせるようなプランが用意されています。

一括での購入が難しい商品の購入も可能になるため買い物の幅が広がります。

④現金よりも安全に買い物できる

高額な商品やサービスの購入をする際に、大量の現金は持ち歩きしたくないものですよね。

現金は盗難や紛失してしまった場合泣き寝入りですが、クレジットカードは盗難や紛失に対するサポートがしっかりしている会社がほとんどです。

盗難紛失、ネット等での不正利用に対する補償はほとんどのクレジットカードが対応しており、カードの種類によってはカードで購入した商品の破損や盗難の保険が付いている場合もあります。

⑤ポイントが貯まる

家電量販店や特定のお店であれば現金でも買い物でポイントが付くケースもありますが、クレジットカードはどのお店で利用してもほぼ一律でポイントが溜まっていきます。

貯めたポイントの使い道は様々で、特典商品と交換したり、航空系マイルに交換して航空券を取得したりできます。

毎月の固定費(携帯料金や公共料金)の支払いや生活必需品の購入などをクレジットカード払いにすれば同じ出費でも得をすることができます。

⑥お金の管理が楽になる

買い物の度にレシートをもらって、支出の管理をするのはとても大変ですよね。

クレジットカードは毎月出る利用明細から、どれくらいクレジットカードを利用しているかひと目で把握することができます。

いつ、何に、いくら使ったのかを把握することで、かえって現金よりも節約を意識しやすくなります。

⑦通販の場合、代引き手数料の節約になる

インターネットで毎回代引きで商品を注文するより、手数料無料でクレジットカード決済したほうがお得になります。

通販の利用頻度が高いほど大きく節約することができます。

⑧店舗によって割引を受けられることがある

持っているクレジットカードの種類によっては、特定の店舗で割引してもらえる優待が付いていることがあります。

その場合現金で買い物するよりも楽な上に出費まで抑えることができます。

利用者側のデメリット

①つい使いすぎてしまう

クレジットカードは現金のやり取りに比べると、お金を使っている感覚が薄れることがあります。

そのため、明細をよく見ないで使ってしまうといつの間にか使いすぎてしまっていたケースもあるため注意が必要です。

②支払い方法によっては手数料がかかる

通常の一括払いであれば手数料がかかることはありません。

分割払いやリボ払いといった支払い方法を選択すると金利や手数料が発生するため計画的に利用する必要があります。

③不正利用のリスクがある

万が一クレジットカードが盗難にあったり、情報が盗まれた場合には不正利用されてしまう可能性もあります。

しかし、先述の通り不正利用された場合の補償はほとんどのクレジットカード会社で対応しているため気づいた時点ですぐに対処すればなんとかなることがほとんどです。

もちろん、自分でも紛失したり盗まれないように注意する事が大切です。

④使えない店舗や通販サイトもある

店舗や通販サイトによってはクレジットカード会社との契約を結んでおらず、買い物は現金のみとしている場合もあります。

どうしても特定の店舗や通販サイトでクレジットカードを使いたい場合には、あらかじめクレジットカードの利用が可能がチェックしておくと良いでしょう。

お店(加盟店)側のメリット

①客単価アップを見込める

クレジットカード決済を導入することで、利用者側のメリットにもあるように、クレジットカードがあれば手元にある現金以上の買い物をしてくれる可能性が高くなります。

それによってお客さんあたりの単価が増えて売上げアップに繋がりやすくなります。

②利用者が増える

手元に現金が無かったり、ポイントを積極的に貯めたいといった利用者は、クレジットカードを使えるお店を中心として買い物をする傾向にあります。

こういった利用者はクレジットカードを使えるお店かどうかを店選びの判断基準にするため、クレジットカードを使えるようにすることで新たなお客さんを増やせるきっかけになります。

③現金管理のリスクや手間が減る

全てのやり取りを現金でしていると、キャッシャーや金庫に現金を大量に保管することになり、万が一の事故が会った場合に大きなリスクになります。

また、売上の集計に時間がかかったりと手間も非常にかかります。

クレジットカード決済であれば売上も伝票で管理できるためとても楽になります。

お店(加盟店)側のデメリット

①加盟店手数料がかかる

お店のジャンルや売上金額によって変動しますが、クレジットカードを利用できるようにすると決済額のうち数%を加盟店手数料として差し引かれてしまいます。

小規模の小さいお店や通販サイトの場合、この数%の加盟店手数料が利益に響く可能性があるため、客単価や利用客の増加と比べてどちらが得なのかを判断する必要があります。

②売上の入金に時間がかかることがある

クレジットカード会社や決済代行会社によって、売上伝票の提出から売上金の入金までの時間に差があります。

お店の利用者が多く、キャッシュフローが上手く回っていれば売上金の入金タイミングは気にならないかもしれません。

売上や利益がギリギリですぐに売上金を振り込んでもらわないと困る場合は、なるべく早く入金してもらえる決済代行会社を選ぶ等の対策が必要です。

リボや分割払いの仕組みは?

クレジットカードにはリボ払い分割払いボーナス払いなど様々な支払い方法があります。

これらの支払い方法を利用しても、店舗やネットショップでの利用方法や支払いまでの流れにあまり違いはありません。

ただし、利用後クレジットカード会社への返済方法が通常と異なるためしっかりと理解した上で使う必要があります。

→クレジットカードの支払い方法の種類と特徴を比較!リボ払いや分割払いの仕組みとは

キャンセルや払い戻しをした場合の仕組みと流れ

支払い、決済の仕組みについての図を見て分かるとおり、クレジットカードは複雑な関係で成り立っています。

仮にクレジットカードの利用をキャンセル、返金する場合にはどのような処理の流れがあるのか気になりますよね。

基本的にはクレジットカードを利用したお店にキャンセルの旨を伝えると勝手に処理してくれます。

返金処理はクレジットカードで登録している口座に振り込まれるか、月の利用代金からマイナスされます。

→クレジットカード決済のキャンセルのやり方や条件、返金処理の流れはコチラ

プリペイドカードやデビットカードとの支払いの違い

クレジットカードの他にもVisaやMaster、JCB等のクレジットカードブランドが付いたカードとして「デビットカード」や「プリペイドカード」があります。

これらのカードもクレジットカード同様で、店舗やネットショップでの支払い方法に違いはありません。

が、店舗やネットショップで使ったあとの流れに違いがあります。

クレジットカード デビットカード プリペイドカード
店舗やネットでの使い方 ほとんど同じ
お金の流れ・仕組み 1ヶ月分をあとから引き落とし 使った金額をその場で引き落とし 使いたい金額をあらかじめカードにチャージ(入金)

→クレジットカード・デビットカード・プリペイドカードの違いとは?使い方や仕組みなど

携帯や公共料金、家賃等のクレジットカード払いの仕組みとメリット

携帯料金公共料金、場合によっては家賃の支払いをクレジットカードですることも可能です。

基本的にはこれらの支払いも、お店やネットショップでの決済と違いはありません。

締め日の期間内に発声した携帯料金や公共料金、家賃の支払いをクレジットカードの支払い日にまとめて引き落としされます。

それぞれ別で請求が来て、バラバラの日に口座引き落としされるよりも管理が楽になるというメリットがあります。

まとめ

クレジットカード支払いの仕組みや流れについて解説してきました。

クレジットカードはなんとなく現金よりも怖いものだと思われがちですが、ちゃんと理解して使えば現金よりも便利でお得な支払い方法であると言えるでしょう。

ぜひ自分に会ったクレジットカードの活用方法を考えてみてくださいね。

 



この記事を執筆した専門家

齋藤翔太
齋藤翔太
大手カード会社元勤務
国内唯一の国際ブランドで信販系の大手カード会社元勤務。5年間首都圏営業部でカード申込の営業や様々な利用者の相談業務を行った経験を生かして記事を執筆しています。クレジットカードに関するお悩みを得意としています!休日は登山や格闘技を極めています^^
【WEB申込みで最短当日受取り!】

三菱UFJフィナンシャルグループ
アコムの業界最速クレジットカード


コメントを残す