クレジットカード審査の途上与信と信用情報の関係性

[最終更新日]2019/02/11

突然クレジットカードが利用停止になった

クレジットカードは申込審査の通過後も定期的に途上与信があります。途上与信とは何か、なぜ行われるのか、何を調査されるのか、審査の頻度、などわかりやすく解説。急な利用停止、他社で支払い延滞して利用停止にならないか不安な方にオススメの記事です。

クレジットカード審査の仕組みについて下記の記事で詳しく解説しています。合わせてどうぞ!

クレジットカード審査の仕組みをフローチャートで解説
2018.12.12

当記事を読むべき方はこんな方!

  • 「途上与信」について知らない方
  • 未払いがあるわけでもないのに、突然クレジットカードが利用停止になった
  • 他社サービスで支払いを延滞・滞納してしまった

当記事では、クレジットカードの「審査」として見落とされがちな「途上与信」について、「途上与信とはどのようなものか」「途上与信の審査内容は何か」「途上与信でカードが使えなくなったらどう対応すれば良いのか」などをまとめていきます。

途上与信とは

「途上与信」とは、クレジットカードの利用者が、問題なくクレジットカードや他社サービスを利用しているかを確認するために行うものです。

カード会社があらかじめ決めておいた期間に途上与信を実施し、利用者の「支払い実績」に変化はないか、「債務」が増えていないか、第三者からの「不正利用」がされていないかなどを確認します。

つまり、信用情報の再確認をして、カード利用者に支払い能力があるかをチェックしています。

この途上与信の結果次第では、クレジットカードが利用停止になったり、強制解約になったりしてしまうので注意が必要です。

どんなタイミングで途上与信は行われる?

途上与信が行われるタイミング

文字からも推測できるように、途上与信は「カード契約中」に行われます。

途上与信の「頻度」は、利用しているカード会社やあなたの利用状況によって変わってきます

年に1~2回ほどの頻度で途上与信を実施するカード会社もあれば、3か月に1回程度実施するカード会社もあります。

基本的に「いつ」実施されるかが分からない途上与信ですが、確実に「このタイミング」と分かる途上与信もあります。

それは「クレジットカードの更新時」です。

クレジットカードの表面に記載されている「有効期限」が切れると、カード契約が自動的に更新され、新しいカードが郵送されてきます。

この更新のタイミングで、カード会社は途上与信を実施して、カードを更新しても大丈夫かどうかを審査しています。

更新時の途上与信で、他のクレジットカードやカードローンでの延滞・滞納などが発見された場合には、カードの更新が行われず、利用停止になってしまう可能性があります。

クレジットカード更新審査の内容や落ちた後の対応
2018.12.18

途上与信の審査内容

クレジットカード申込時に行われる審査と同様に、途上与信でも、利用者に返済能力があるか、カード利用を認めるほどの信用力があるかを審査しています。

①借入残高

途上与信で審査されるのが「借入残高」です。

借入残高とは、キャッシング等の「一時的な借入金額」のことで、この借入残高が高いほど、信用力が低下してしまいます。

キャッシング枠いっぱいまで借り入れしている状態の人は、注意したいところです。

また、カード会社はクレジットカードの利用以外に、カードローンの利用状況についても確認することができます。

そのため、クレジットカードとは別で、カードローンを利用して借り入れをしている方も注意です。

②利用履歴

「利用履歴」も、途上与信で審査される内容の一つです。

利用履歴とは、カードの利用額(分割払いやリボ払い等)返済状況などのことで、利用履歴を確認することで、その利用者が延滞や滞納などをしているかどうかをチェックすることができます。

延滞・滞納などの金融事故履歴がある方は、途上与信後、カード利用の停止や強制解約になる可能性が高いです。

③増枠申請

途上与信では「増枠申請」の状況がチェックされます。

クレジットカードの「ショッピング枠」や「キャッシング枠」は、増枠申請をすることで、設定与信枠を上げることができます。

ただし、増枠申請を行うと、「この利用者はお金に困っているのかも」と疑われてしまい、信用度が低下する危険性があります。

特に、「高額な増額申請」や「カードを発行してすぐの増枠申請」は、評価が悪くなるので注意です。

④他社クレジットカードの利用状況

審査を行う際、クレジットカード会社は「個人信用情報機関」に照会することで、審査対象者の「信用情報」を閲覧しています。

そのため、他社のクレジットカード利用状況も確認することができます。

当該カードでは延滞・滞納をしていなくても、他社クレジットカードで返済の延滞・滞納がある場合には、信用情報にキズがついてしまっているので、途上与信に影響が出てしまいます。

キャッシングの利用をすると法定途上与信がある

キャッシングの利用をすると法定途上与信がある

クレジットカードのキャッシング機能を利用したり、カードローンを利用したりすると、「法定途上与信」が実施されます。

「法定途上与信」は、法律で定められた途上与信のことで、キャッシング・カードローンを利用して「1か月に5万円以上」の借り入れがあり、借入残高が10万円以上ある消費者に対して「毎月」実施される途上与信です。

また、当該付きの借り入れが無くても、借入残高が10万円以上ある場合は、「3か月ごと」に途上与信が行われるようになっています。

この法定途上与信は、「貸金業法」で定められているため、カード会社等に関係なく、必ず行われます。

法定途上与信の審査内容は、上記で説明した「途上与信の審査内容」とあまり変わりはありません。

途上与信で利用停止や強制解約になるのはどんな人?

途上与信の結果「カードの利用停止」や「強制解約」に陥ってしまう人は、以下のような人です。

①支払いの延滞・滞納がある人

当該カードにおいて、支払いの延滞・滞納をしている人は、途上与信後に「利用停止」や「強制解約」になってしまう可能性が高いです。

途上与信では、利用状況をしっかり審査されています。

返済を延滞・滞納しないように、しっかりクレジットカードを利用しておくことが大切です。

②信用情報が悪化した人

途上与信では、個人信用情報機関から信用情報を照会することで、対象者の信用情報を詳しくチェックしています。

他社のクレジットカードで「返済の延滞・滞納」をしてしまっている人や、キャッシングやカードローンの利用によって「借入残高」がたくさんある人は、途上与信後に「利用停止」や「強制解約」になってしまいます。

また、ショッピング枠やキャッシング枠の増額申請をしている場合にも、信用力が低下してしまい、「利用停止」になる可能性も考えられます。

さらに、「退職した」「年収が著しく低下した」など、クレジットカード申込時から属性が変化している人も、途上与信の結果「返済能力がない」と判断され、「利用停止」や「強制解約」に陥る可能性が高いです。

③クレジットカードを一度も利用しなかった人

実は、クレジットカードを契約してから、一度も利用することなく「カードの更新月」を迎えた場合、クレジットカードが更新されず「強制解約」されてしまうケースがあります。

特に、「年会費無料」のクレジットカードを所有している場合、全く使わないままでいると強制解約の対象となってしまいます。

実際、ゆうちょ銀行が発行する「JP BANK カードの申し込みページ」には、以下のような記載があります。

有効期限月の2年前から2か月前の末日までの間にクレジットカードとしてのご利用がない場合、有効期限を更新したJP BANK VISAカード ALenteまたはJP BANK VISAカード(一般カード)の発行をいたしかねる場合がございます。

ゆうちょ銀行-JP BANK VISAカード ALente

途上与信で「限度額を減額」されることもある

利用停止や強制解約にはならなかったものの、カード会社から突然「カード限度額の減額」に関する通知が届く場合もあります。

これは、上記で説明した理由と同様、途上与信によって「支払いの延滞・滞納」が発覚したり、「信用情報の悪化」が見つかった際に、カード会社が強制的に「利用限度額の減額」を行ったことが原因です。

突然、自分が利用しているクレジットカードの「ショッピング枠」が減額されたり、「キャッシング枠」が減額されたりした場合には、途上与信が影響していると考えられます。

途上与信が行われたかCICで確認する方法

途上与信が実施されたかどうかは、個人信用情報機関の「CIC」に信用情報の開示請求をすることで確認できます。

個人信用情報機関は、CICのほかに「JICC」と「KSC」という期間もありますが、途上与信の際に利用されるのは主に「CIC」となっています。

CICの開示報告書では、クレジットカード等の1か月ごとの利用履歴やカード申込状況などの「信用情報」を確認することができます。

CICに開示請求する手順(パソコン開示)

CICのホームページで「お手続き前の確認事項」を確認する
クレジットカード契約時に使用した電話番号から
「0570-021-717」に電話をして「受付番号」を取得する
受付番号を取得してから「1時間以内」に「お客様情報の入力・受付番号の入力」を行う
開示報告書(PDFファイル)をダウンロードする

上記の流れで操作することで、CICの開示報告書を取得できます。

どこを見れば途上与信が行われたか確認できるの?

CICの開示報告書の「利用記録」という項目にある「利用目的」を確認することで、途上与信がいつ実施されているかが分かります。

CICの開示報告書

出典:信用情報開示報告書(サンプル)- CIC

CICの開示報告書の利用記録は、6か月間残り続けます。

途上与信が行われてから「6か月以上」が経過すると、利用記録は見れなくなってしまいます。

途上与信の頻度が高いクレジットカードはどこ?

「アメックスカード」「楽天カード」「セディナカード」などは、途上与信が実施される回数が多いクレジットカードと言われています。

これらのカードを契約していて、支払いの延滞・滞納があったわけではないのに突然カードの利用が停止されたり、強制解約されたりした方の口コミを集めました。

  • 個人事業主
  • 年収:200万円未満
  • 使用カード:アメックスカード
  • 利用停止になった

◎ 利用停止になった場面

いつも通りスーパーでの買い物時にアメックスカードで支払いをしようとしたら、支払いができないと言われてしまいました。突然のことだったので、非常に戸惑いました。

◎ 考えられる要因

当時、会社を辞めて独立したばかりで、収入が減った上に安定していない状況でした。アメックスカードに問い合わせてみたところ、カードの見直しが行われた結果、利用停止になったと伝えられました。
  • パート・アルバイト
  • 年収:200万円未満
  • 使用カード:楽天カード
  • 強制解約になった

◎ 強制解約になった場面

楽天カードを使い始めてから2年程度経ったある日、カードを使ってゲームアプリを購入しようとしたのですが、エラーが出てしまい、カードが使えなくなっていることに気づきました。カード会社に問い合わせたら、「解約」されていることが判明しました。

◎ 考えられる要因

他のカードでの支払い延滞・遅延などは無かったのですが、楽天カードを作った後に、4つもクレジットカードの申込をしていたことが、強制解約の原因かもしれません。

途上与信が原因でカードが使えなくなってしまったらどうする?

途上与信が原因で、一度「利用停止」や「強制解約」になってしまったカードを再び復活させることはできません

途上与信によってカードが利用できなくなってしまった方は、「審査が甘い他のクレジットカードに申し込む」「無審査のデビットカードの利用」を検討してみましょう。

「審査が甘いクレジットカード」について知りたい方は、ぜひ審査が甘いクレジットカード比較・おすすめランキング2019をチェックしてください!

審査が甘いクレジットカードには「イオンカード」や「ライフカード」などがありますが、ここでは、代表的な審査が甘いクレジットカード「アコムACマスターカード」をご紹介します。

アコムACマスターカード

アコムACマスターカード
国際ブランド
年会費
ポイント還元
発行期間
初年度
2年目〜
無料
無料
0.25%
最短当日
  • 年会費永年無料!
  • 利用金額の0.25%をキャッシュバック!
  • 最短即日発行&当日に受取可能!

「アコムACマスターカード」は、一定の収入があれば「パート・アルバイト」の方でも申込が可能で、「最短即日のスピード発送」となっています。

審査に不安がある方はもちろんのこと、できるだけ速くクレジットカードを発行したい方にもおすすめです!

クレジットカードの途上与信に関するQ&A

最後に、「途上与信」に関するよくある質問について回答していきます。

Q.途上与信が行われたことを別のカード会社は信用情報を見て分かりますか?

「CIC」では、登録金融機関が消費者の「利用記録」を閲覧することはできません。

そのため、あるカード会社から途上与信が行われたことを、他のカード会社に知られることはありません

Q.CIC以外の信用情報機関も確認したほうが良いですか?

「途上与信」のみを確認したいのであれば、CICの開示報告書だけ確認しておけば問題ありません

Q.途上与信では利用状況の他に申込情報などもすべて見られますか?

途上与信では、「信用情報の再確認」が行われることになるため、「申込状況」などもすべて確認される可能性が高いです。

そのため、短期間で複数のクレジットカードを申し込みすると、「利用停止」や「強制解約」になる危険性があります。



この記事を執筆した専門家

佐藤
佐藤
ファイナンシャルプランナー
2級FP技能士。心理学系の大学を卒業したのち、IT関連会社に5年勤務。大手企業を顧客にもち、数多くのプロジェクト案件に携わる。保険や資産形成への興味からファイナンシャルプランナーの道へ。「正しい知識でお金を味方につける」をモットーに、WEBライターとしてお金の悩み解決に取り組む。

コメントを残す