独自審査のクレジットカードとは?金融ブラックの私が作れた話

[最終更新日]2019/05/13

これまでの信用力(クレジットスコア)よりも、現在の信用力や返済能力、利用状況を重視して審査を行うことを独自審査と言います。独自審査のクレジットカードは審査が甘い、多重申し込みでも作れる、審査なしと解説するサイトが多いですが、それは嘘です。

審査が甘いクレジットカードを探していると、独自審査のクレジットカードは審査が甘いです!というサイトが多くありますが、独自審査とはいったい何なのでしょうか?

結論からいうと、独自審査のクレジットカードは審査で重視されるポイントが一般的なクレジットカードとは異なるだけで、決して審査が甘いわけではありません。

巷サイトで記載の信用力」ではなく「返済能力を重視するも間違っています。信用力によって返済能力は分析されるため、もはや素人が書いたものとしか思えません!

しかし、一般的なカードで審査落ちした人が独自審査のカードに申し込みしたら通る可能性があります。

当記事では、独自審査とは何か、一般的な審査との違いや独自審査を行うクレジットカードを、私の体験談を交えて解説していきます。

※カード名をクリックするとすぐに詳細へ移動できます。

独自審査のクレジットカード4選

独自審査のクレジットカードとは?

クレジットカードの審査を行う一般的なカード会社は、申込者が申請した申し込み内容の情報をもとに個人信用情報を開示し、申込者の「これまでの信用力(クレジットスコア:通称クレヒス)」つまり「返済能力」を評価することで、カードの発行可否を決定しています。

しかし、独自審査を行うクレジットカードでは、これまでの信用力(クレジットスコア:通称クレヒス)・返済能力よりも「今の信用力・返済能力」「入会後にクレジットカードをよく利用してくれるか」を重要視してカード発行可否を決定するカード会社のことを指します。

“これまで”ではなく“今の”という点がミソになります。

今の信用力・返済能力

一般的なクレジットカード審査でみられる信用力・返済能力とは、「職業・職種・役職」「勤務先の規模」「勤続年数」「年収」「他社借入状況」「年齢」「これまでの個人信用情報の利用記録」などです。

しかし、独自審査を行うクレジットカードの違う点は、確認する信用力・返済能力は同じでも「今現在がどうなのか」を重要視するという点なのです。

入会後によく利用してくれるか

独自審査のクレジットカードでは、信用力・返済能力だけではなく「入会後にどのくらいお金を使ってくれるか」を審査します。

過去の信用力・返済能力に多少問題があっても、「今は安定収入や年収があって入会後にたくさんお金を使ってくれそう!」と判断すれば、カード発行に至るケースがあります。

①今の信用力・返済能力
②入会後によく利用してくれるか

独自審査で上記2つの項目を重視していると考えられる根拠は、実際にわたしが申し込みして審査に通過した際の下記の体験談です。

独自審査のクレジットカードに申し込みしたら審査に通過した事例

当時のわたしのスペックと一緒にわかりやすくまとめました。

  • 27歳/男性/個人事業主
  • 年収:400〜500万円未満
  • 申込カード:アメックスカード
  • 債務整理歴:任意整理

◎ 任意整理の経緯

オリコカード、エポスカード、楽天カードからキャッシング枠含め合計で100万円を分割で支払っていたにも関わらず約4ヶ月延滞し、一括請求の通知が届きました。払えるわけもなく弁護士にお願いして任意整理の手続きを行いました。アメックスカードへ申し込みした当時は、任意整理後3年しか経過しておらず完済から1年経過した頃でした。

◎ 審査に通過できた理由

じつは、1回目のWEB申し込みで審査に落ちています。しかし、アメリカン・エキスプレス・カードは一般のクレジットカードとは異なり全国に営業マンがいると知りました。私は既存会員である友達に営業マンを紹介してもらい、最寄りのファミレスで対面申し込みを行い、見事審査に通過することができたのです。半年は空けるのが賢明な判断ですが、私の場合は1回目の審査落ちから4ヶ月後の申込でした。

独自審査は審査が甘いというわけではない!

勘違いしてはいけないことは、「独自審査」=「審査が甘い」というわけではないことです。

確かに、わたしの事例のように独自審査を行うクレジットカードに申し込みして審査に通過するケースは多くあります。その理由として、審査で重視されるポイントが違うからです。

しかし、一般的なクレジットカードの審査に通る方が独自審査を行うクレジットカードの審査に落ちるケースがあります。これはつまり、カード会社の審査とわたしの属性がマッチしていたから審査に通過しただけということなのです。

「独自審査はブラックリストの人でも通る」「信用力より返済力を重視する」といった意味のわからない素人が書いた言葉に騙されないようにしてください。

独自審査を行うおすすめクレジットカード

ここでは、独自審査を行なっている最新のクレジットカードを紹介します。

クレジットカード会社の審査は常に最新にアップデートされていくので、最新の情報が大切です。

※セディナカードは独自審査ではありません!

セディナカードはIBISという独自審査を行うシステムを採用していましたが、これはもう昔の話。電話でセディナカードのカード発行部へ問い合わせた結果、『確かに以前はそうでしたが、常にシステムはアップデートされており、今はそのようなシステムは利用していません。』という回答でした。

セディナカードやセディナカードJiyu!da!を独自審査と言っているネット情報には注意しましょう!

カード名 審査の特徴
アコムACマスターカード ・消費者金融のアコムも扱う三菱UFJフィナンシャルグループが審査を行う
・年収が低いパートアルバイトでも申込OK
楽天カード ・楽天会員ランクに応じて審査優遇あり
・高校生を除く18歳以上なら申込OK
ライフカード(有料版) ・公式サイトで過去に延滞のある審査が不安な方でもOKと記載
・1人1人個別の審査を行う
アメリカン・エキスプレス・カード ・営業マンから対面で申し込みできる
・既存会員による紹介制度がある

アコムACマスターカード

アコムACマスターカード

アコムACマスターカードは消費者金融のアコムを運営する三菱UFJフィナンシャルグループが発行するクレジットカードです。

申込資格は「20歳から69歳までの安定した収入のある方」なので、収入があれば誰でも申し込みすることができます。

当サイトからの申込者1,686名を対象にした調査では、アコムACマスターカードの審査通過率は、年間平均60%です!

これは当サイトから申込みされた2人に1人が確実に審査通過しているという証拠データになります。

特に、「3月〜5月、7月〜9月」はクレカ業界の繁忙期で審査承認率もグンっとあがる傾向があり、審査通過のチャンスです!(学校の入学や転職による引っ越し、ゴールデンウィークや夏休み前後はカード需要が高い)

クレジットカード,繁忙期

◎【当サイトにおけるアコムACマスターカードの審査通過率(2017年度)】

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
申込数 139 129 171 236 197 112 128 126 141 117 96 94
承認数 81 69 97 127 126 76 81 68 90 76 58 54
審査通過率 58% 53% 57% 54% 64% 68% 63% 54% 64% 65% 60% 57%

楽天カード

楽天カード

楽天カードは、楽天会員ランクに応じて審査優遇措置があります。

弊社サイトからの申し込みにおける直近1ヶ月の審査通過率は、『30.6%』と厳しい状況になっており、3人に1人が審査に通っていることになります。ブラックリストの方や支払い延滞履歴などがあると審査に落ちるので注意が必要です。

しかし、申込資格は「高校生を除く満18歳以上の方」で、専業主婦やパート、アルバイト、学生など収入が低い方でも審査に通過すること可能です。

年会費永年無料でポイント還元率は常に1%、貯めたポイントは楽天Edyにチャージしてコンビニやファストフード店で幅広く利用できるので、「日常生活で使って節約したい」という方におすすめです。

ライフカード(年会費あり)

ライフカードから新しくでた『ライフカード(年会費あり)』は審査に不安のある方専用に作られた独自審査が自慢のクレジットカードです。

下記はライフカード公式サイトに記載されている内容です。

ライフカード(年会費あり)

独自の審査基準で一人一人にあった個別の審査を行っており、過去に延滞がある方でも関係なく審査をしてくれます。

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックスカード)

アメックスカード

アメリカン・エキスプレス・グリーンカードの申込資格は「20歳以上の定職がある方」です。定職とは、正社員・契約社員・派遣社員のことで、パート・アルバイトはNGです。

アメックスカードは審査が厳しいステータスカードと思われがちですが、一般のグリーンカードは派遣社員でも審査に通過可能です。また、外資系クレジットカードならではの独自のスコアリング審査を行っており、過去の信用力・返済能力ではなく現在の収入をベースにした信用力・返済能力を重要視します。

確実に審査に通る確率をあげたい方は、既存会員から紹介での申し込みがおすすめです。

まとめ

一般のクレジットカード審査に落ちた方は、独自審査を行うクレジットカードへの申し込みが絶対にオススメです。

慎重にいくのであれば、1回目の申し込みから最低半年の期間をあけて再度申し込みチャレンジしてみましょう!

クレジットカード会社元勤務の当サイトスタッフがおすすめする審査が甘いクレジットカードを下記のページで紹介しています。

審査に通りやすいクレジットカード比較・おすすめランキング2019
2019.03.22



この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。
                     

コメントを残す