主婦におすすめな消費者金融とは?ただし専業主婦は要確認

[最終更新日]2020/03/16

主婦におすすめな消費者金融とは?ただし専業主婦は要確認
「夫には相談できないけれど、どうしても今すぐお金が必要!」「主婦でも消費者金融でお金は借りられるの?」

主婦の方でも、お金が必要な状況に立たされてしまうことってありますよね。
特に、夫にばれずにお金を借りたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実は、申し込み先の特徴をおさえることで主婦でも誰にも知られずに消費者金融でお金を借りることができるんです!

なぜなら、少額でも毎月安定的な収入があれば大手消費者金融の審査通過は可能であるためです。
ただし、年収に応じて利用限度額が定められるため、月数万のパート収入では借り入れ可能額が少額になります。
大きなお金を借りたい場合は注意しましょう。

ここでは、主婦にもおすすめな消費者金融や、主婦が借り入れする際に気をつけたいことなどを紹介します!
また、収入を得ていない専業主婦の方でもお金を借りる方法も解説していきます。

読み終えていただければ、主婦の方でも今日中にお金を借りられるかもしれません。
「夫にばれずにお金を借りたい!」と考えている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

消費者金融は主婦でも借り入れ可能!

消費者金融は主婦でも借り入れ可能!
「事情があって誰にも知られずにお金を借りたい!」「絶対に夫にばれずにお金を借りる方法ってあるの?」
主婦の方にとって、お金を借りたいと考えたときに一番気になるのは旦那さんのことではないでしょうか。
「夫が借り入れを知ったら何を言うかわからない…」「用途を聞かれそうで嫌だ」と不安に思いますよね。
消費者金融であれば、主婦の方も家族にも知られることなくお金を借りることができます
そのためには、どの消費者金融がどんなサービスを展開しているか知り、ご自身の状況に一番合ったものを選んでいくことが大切です。
ここでは、主婦の方が消費者金融で借り入れする際に知っておきたいことをまとめました。
お金を借りたいけれど、まず何からしたらよいのかわからないという主婦の方はぜひ参考にしてくださいね。

①パート・アルバイトでも安定的な収入があれば消費者金融は申し込みできる

パートやアルバイトであっても、安定的な収入を得ていれば消費者金融に申し込みが可能です。

多くの消費者金融では、申し込み条件を「20歳以上の安定した収入を得ている方」としています。
安定した収入とは、正社員であるとか月20万以上稼いでいるということではありません。
パートやアルバイトであっても、月数万円でもいいので、月1回以上継続的に一定の金額を稼いでいることが、安定した収入の意味するところです。
つまり、安定した収入を得ていることではじめて審査の対象となります。
ちなみに、年金や仕送りなどは収入とは認められませんので注意しましょう。

消費者金融でお金を借りるためには、働いていなければならない理由が2つあります。

1つは、消費者金融の借り入れ可能額は年収によって左右されるためです。
消費者金融でお金を借りるときに無視できない法律の一つが、総量規制というものです。
総量規制では、個人が貸金業者からお金を借りる際には年収の3分の1を超えてはいけないと決められています。
年収に対してあまりにも大きな金額を借りてしまうと、返済不能に陥ってしまう可能性があります。
そのような事態を避けるために、こうした規制が設けられています。
また、年収の3分の1までという基準が決められているため、収入がなければ借り入れ金額の算出ができません。
もし収入が0円の場合、3分の1は0円となってしまい借り入れは不可能になってしまいます。

2つ目は、返済や支払いの根拠を示すためです。
お金を借りる以上、返済はしなくてはならないことです。
借り入れの際には、利用者の返済能力を審査しなくてはならないと法律で決められています。
収入がなければお金を返すことはできません。
根拠がより確実なものかを確かめるために、申し込み者が申告した職場で本当に働いているのかを確かめる在籍確認も行われます。
また、消費者金融などの貸金業は利用者が支払う利息で利益を得ています。
もしも利用者が返済不能になって借り逃げをしてしまった場合、利益どころか貸したお金すら返ってこないため大損になってしまいます。
この貸し倒れと呼ばれる事態を避けるためにも、お金を貸す側は申し込み者が本当に働いていてどれくらいの収入を得ているのかを確認する必要があるのです。

したがって、立場や収入の金額が問題なのではなく、安定して働いて収入を得ているのかが問題となっています。
あなたが、パートなどで毎月少しでも収入を得ているのであれば、審査通過の可能性は十分にあります。
ただし、収入を全く得ていない専業主婦の場合は、消費者金融に申し込みができないため注意しましょう。
ちなみに、専業主婦の方が借り入れする方法については後述しますのでこちらを参考にしてくださいね!

②主婦が借り入れするときに特に気をつけたいことは利用限度額とばれにくさ

主婦の方が、消費者金融に借り入れ申し込みをする前にチェックしておきたいことは、利用限度額ばれにくさの2点です。

主婦の借り入れ時は利用限度額が少額になりやすい

主婦の方は、利用限度額が低めに設定される傾向にあります。
これは、先述した借り入れ可能金額が年収の3分の1以内に抑えられてしまうためです。
もしあなたが、毎月5万円をパートで稼いでいるとしたら、年収は60万円です。
法律の定めるところの最大借り入れ金額でも、20万円が限度です。
ただし、最初から最大借り入れ可能金額まで借りられるとは限りません。
やはり正社員と比べると、パートでは労働形態の安定性がどうしても低いと考えられてしまいます。
15万円の借り入れができたら、かなり安定性が評価されたと考えられるでしょう。
そのため、申し込みの際には、希望借り入れ金額を必要最低限にして申し込むことをおすすめします。
また、審査に無事に通ったとしても、希望通りの借り入れができるとは限りません。
必ず借り入れ先のオンライン会員サービスなどで、ご自身の借り入れ可能金額を確認してくださいね。

家族への借り入れのばれにくさも重要

ばれにくさも借り入れ先を選ぶ上で確認しておきたいポイントです。
「夫に絶対にばれずに借り入れしたかったのに、ばれてしまった!」なんてことになったら、お金で補填できない重大なトラブルになってしまう可能性だってありますよね。

借り入れがばれるポイントは、大きく分けて2つあります。

1つ目は、借り入れ先からの連絡です。
借り入れをする以上、何らかの方法で連絡がされることは避けられません。
借り入れ先からの連絡方法は、電話やメール、郵送物が想定されます。
連絡が来るタイミングとしては、申し込み直後・審査中の在籍確認・審査結果通知・毎月の締め日・返済が遅れたときなどがあげられます。

これらをほぼ避けることができるのが、web完結カードローンです。
呼び方は各社によって異なりますが、「web完結申し込み可能!」というように紹介されています。
web完結申し込みを利用することで、webサイト上から申し込みができるため24時間いつでもご自身の都合に合わせて申し込みが可能です。

また、社名の入った保険証などをスマホで撮影し画像を送信するといった書類提出による在籍確認を行っている場合も多く、職場への借り入ればれも防げます。
さらに、webサイト上での利用明細の確認ができることがほとんどであるため、郵送物がなくなる点も大きなポイントです。
このように、web完結申し込みに対応しているかどうかはよく確認して申し込みをしましょう。

ただし、web完結申し込みでも申し込み直後に本人確認の電話がかかってくる場合があるので注意が必要です。
必ず申し込みの流れを確認してくださいね。

また、返済が遅れた場合はこの限りではなく、多くの場合電話がかかってきたり郵送物で通知が届いたりすることが想定されます。
この通知を避けるには、しっかり期日通りに返済するほかありません。
特に問題がなければ電話や郵送物を避けることは可能ですので、ご主人にスマホの通知画面を見られないように気を付けることで、借り入れバレは防げると考えられます。

2つ目の借り入れがばれてしまうポイントは、ローンカードを見られてしまうことです。
ローンカードの多くは消費者金融の社名が書いてあるため、利用がばれてしまいます。
財布にローンカードを入れておいたところ、お買い物の際に横に立ったご主人にちらっと財布の中身を見られてしまう、など日々の生活の中でふとした瞬間に借り入れがばれてしまう可能性が十分にあります。
このような事態を避けるためには、カードレスでの借り入れや返済ができる消費者金融を選ぶことが重要です。
カードレスで消費者金融を利用する際には、ご自身の銀行口座を利用する口座振り込みでのやり取りがメインになります。
口座振り込みでは、借り入れ先からの借入金が口座に振り込まれるため、お手持ちのキャッシュカードで借り入れができます。
また、返済もATMで可能です。
さらに、金融機関によってはスマホアプリを利用して借り入れも返済もできるようになっています。
カードレスに対応しているカードローンを選ぶことで、ばれにくさをぐっと抑えることができますのでぜひ注目して選んでくださいね。

主婦にもおすすめな消費者金融3選

主婦にもおすすめな消費者金融3選
「主婦でも消費者金融で借り入れできるのは分かったけれど、どこを選んだらよいのかわからないから、おすすめを知りたい!」
はじめて消費者金融を利用するときは、たくさんの会社があってどこがどんなローンを展開しているのかよくわからなくなってしまいますよね。
そんなあなたは、ここを読んでみてください!
ここでは、主婦の方に特におすすめしたい消費者金融を3つピックアップしてお伝えします。
ご自身の状況にあったものを選ぶときにぜひ参考にしてくださいね!

①無利息期間で選ぶならプロミスレディースキャッシング

プロミス レディースキャッシング

プロミス レディースキャッシング
種類
消費者金融ローン
金利
利用限度額
融資期間
100万円未満
200~300万円未満
4.5%~17.8%
4.5%~15.0%
500万円まで
最短即日
  • 安定収入があれば主婦でも申し込みOK
  • webサイト上から申し込みできる
  • カードレス対応
  • 30日間の無利息期間あり!

プロミスのレディースキャッシングは、満20歳以上から69歳までの安定した収入のある方なら誰でも申し込みが可能なフリーキャッシングです。
パートやアルバイトであっても安定した収入を得ていれば、主婦や学生でも申し込みが可能となっています。
ローンの名称はレディースキャッシングとなっていますが、プロミスの通常ローンとの違いは、コールセンタースタッフが女性である以外はほとんど変わりがありません。
「男性には少し相談しづらいな…」と感じることを、女性スタッフに相談できる点は心強いですね!

プロミスの特徴は、はじめての借り入れから30日間の無利息期間が設けられている点です。
他社でも無利息期間を設けているところはありますが、多くの場合が「契約後30日間」です。
契約日当日にすぐ借り入れする、即日融資を利用する場合は変わりありませんが、先に契約だけしておいて実際の借り入れは翌日以降に行う場合は借入日が遅くなるほど無利息期間が無駄に過ぎてしまうことになります。
その点、プロミスでははじめての利用から30日間の無利息期間となっているため、借り入れをしていない間に無利息期間が過ぎてしまうといったことを避けることができます。
このため、借り入れしても1か月以内に返済することができれば利息を負担することなく借り入れすることができます。

さらに、プロミスの初めての契約で、最大2,000円分の三井住友VISAプリペイドがプレゼントされる点も見逃せません。
VISA加盟店で使えるので、ネットショッピングなどでも使うことができます。
ほかにも、提携口座への振り込みなら最短10秒で振り込み可能、50万円以下の借り入れ希望額なら本人確認書類のみで借り入れ可能な点もおすすめです。

②アコムなら年収200万円以下でも借りている人が多数

アコムのカードローン

アコムのカードローン
種類
消費者金融ローン
金利
利用限度額
融資期間
100万円未満
200~300万円未満
3.0%~18.0%
3.0%~15.0%
最大800万円
最短即日
  • 主婦でも安定収入があれば申し込みOK
  • 申し込み前に3秒診断で借り入れ可能かチェックできる
  • 年収が低くても借り入れ実績がある

アコムのカードローンは、主婦でもパートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込みが可能です。
アコムでは借り入れした人の年収がどれくらいなのか公開されています。

アコムデータ

実に4人に1人が、年収200万円以下でアコムで借り入れできています。
また、アコムはこれまでに250万人以上の女性が利用しています。
審査時間が最短30分といったスピーディーさも、人気の理由の一つであると考えられます。
来店不要でスマホでどこでも申し込みが可能なので、ちょっとした通勤時間などでも申し込みや契約が可能です。
働く女性でもスキマ時間でやり取りできるのがうれしいですよね。
さらにアコムでは女性専用ダイヤル(0120-39-9197)がありますので、男性スタッフには言いづらいと感じる点も相談することができます。

③SMBCモビットなら完全web完結申し込みが可能

SMBCモビットカードローン

SMBCモビットカードローン
種類
消費者金融ローン
金利
利用限度額
融資期間
100万円未満
200~300万円未満
3.0%~18.0%
3.0%~15.0%
最大800万円
最短即日
  • 電話連絡や郵送物一切なしのweb完全完結申し込み
  • 審査完了まで最短30分
  • カードレス取引に対応

SMBCモビットの最大の特徴は、完全web完結申し込みが可能である点です。
電話連絡も、郵送物も一切ありません
在籍確認や本人確認の電話を絶対に避けたいと考えている方にとって、一番確実に電話連絡を避けることのできる消費者金融です。
他社でも申し出によって書類提出による在籍確認が可能になっているところもありますが、それでも本人確認の電話は確実にかかってきます。
すべてをスムーズにwebサイト上でやり取りしたいと考えている方には、SMBCモビットカードローンがおすすめです。

ただし、SMBCモビットカードローンの完全web完結申し込みを利用する場合には、以下の2つの条件を満たしている必要があります。

SMBCモビットカードローンweb完結申し込みの利用条件

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの申し込み者本人名義の口座を持っていること
  • 全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証を持っていること

口座と保険証の2点を満たしていない場合は完全web完結申し込みの利用ができないため、注意しましょう。

また、SMBCモビットで最速でお金を借りたい場合は、webサイト上から申し込み内容を入力後、SMBCモビットコールセンター(0120-03-5000)に電話をかけてください。
すぐに審査が開始されます。
手続き完了後は最短3分で、借り入れ金が振り込みされます。
SMBCモビットカードローンはカードレスのため、メールでの契約締結後すぐに利用が可能です。

専業主婦がお金を借りる方法とは?

専業主婦がお金を借りる方法とは?
「主婦でもパートやアルバイトをしていれば、というものばっかり…」「専業主婦でもお金を借りられる方法ってないの?」
専業主婦の場合は、ご自身の収入がないため、お金を借りるハードルはさらに高くなります。
しかし、絶対に借りられないわけではありません!
ここでは、専業主婦でも申し込みが可能な借り入れ先を紹介していきます。
「専業主婦でも借り入れできるところを知りたい!」という方はぜひ参考にしてくださいね。

①専業主婦が申し込みできる消費者金融はベルーナノーティス

ベルーナノーティス

ベルーナノーティス
種類
消費者金融ローン
金利
利用限度額
融資期間
100万円未満
200~300万円未満
4.5%~18.0%
4.5%~15.0%
最大300万円
最短即日
  • 専業主婦でも申し込み可能
  • ATM手数料無料
  • 14日間無利息で利用可能

ベルーナノーティスという消費者金融なら、専業主婦の方でも申し込みが可能です。

通常、カードローンは申し込み者の収入を借り入れ額や返済能力の判断材料としています。
そのため、収入を得ていない専業主婦の方は申し込みすらできないというケースが多いです。
しかし、ベルーナノーティスでは配偶者に収入があれば専業主婦でも申し込みできます

ただし、専業主婦の方が申し込む際には本人確認書類のほか、住民票や配偶者の同意書が必要です。
これは、専業主婦の方に貸し付けをする場合は配偶者の方の収入を返済能力の判断材料とするためです。
提出書類が少し多くなることに気を付けておきましょう。

ベルーナノーティスは、これまでに23万人以上の女性が利用していて、レディースローンに対して積極的に取り組んでいます。
女性オペレーター専用ダイヤル(0120-981-019 営業時間:平日9:00~20:00、土日祝日9:00~17:00)も用意されているので、女性に相談したい場合も安心です。
また、無利息期間が14日間あります。
この無利息期間ははじめての利用の場合だけでなく、完済後に再度の借り入れする場合も対象です。
つまり、完済していれば何度でも2週間の無利息期間が利用できるんです!
消費者金融各社は無利息期間を設定しているところは多いですが、何度も無利息期間を利用できるところは非常に珍しいです。
たとえば「旦那さんの給料日前の1週間が毎月どうしても厳しくて…」というような、短い期間で何度か借り入れしたいという方には特におすすめです。

②銀行カードローンなら専業主婦でも申し込み可能なところがある

消費者金融ではなく、銀行のカードローンであれば専業主婦でも申し込み可能であることが多いです。

これは、銀行カードローンは貸金業法の適用範囲外であるためです。
消費者金融は貸金業が適用されるため、収入がなければ借り入れができません。
しかし、銀行のカードローンは銀行法が適用されるため、収入がなくても審査対象となるケースが多いのです。

銀行カードローンの中でも、メガバンクのカードローンよりも地方銀行のカードローンのほうが専業主婦への貸し付けに積極的です。
たとえば、千葉銀行などは専業主婦でも申し込み可能としています。
ただし、地方銀行は借り入れに口座開設が必須であったり、口座開設の条件に居住地または勤務地が利用の銀行の営業地域にあることなどが設定されていますので、注意しましょう。

また、ほかにもネット銀行系カードローンを使うという方法もあります。
ネット銀行であれば、居住地などに制限はありません。
イオン銀行やセブン銀行は、専業主婦でも申し込み可能なカードローンを展開しています。

銀行カードローンでは、配偶者の同意書の必要がないという利点もあります。
また、配偶者の勤務先に在籍確認の電話をかけられてしまうのではないかと心配になる方もいらっしゃるかもしれませんが、配偶者の勤務先情報を提出することはないので配偶者の勤務先が知られることもありません。

専業主婦の方は、地方銀行かネット銀行のカードローンの利用も検討してみてくださいね。

もしも審査に落ちてしまったら検討したいこと

「消費者金融に申し込んだけど審査に落ちてしまった…」「お金が必要だけれど、これからどうしたらよいのかわからない…」
お金が必要だけれども、借り入れできなかったとなると落ち込んでしまいますよね。
しかし、何度も続けて借り入れを申し込むと、申し込みをしても否決されてしまう申し込みブラックとなってしまいます。
焦る気持ちもわかりますが、一度に数社に申し込んだり、審査落ちの結果を受けてすぐに同じ金融機関に再申し込みするのは避けるべきです。
ここでは、審査に落ちた場合に検討したい主婦の方がお金を借りる方法を紹介していきます。
ご自身の状況に合わせて、「これならわたしにもできそう!」というものを見つけてくださいね。

①夫の同意を得られるなら配偶者貸し付け制度を利用する

借り入れに関して配偶者の同意を得られるのであれば、配偶者貸し付け制度を利用することができます。

配偶者貸し付け制度とは、結婚した二人の収入を合算した金額の3分の1まで借り入れできるという制度です。
通常の借り入れでは、申し込み者個人の収入が審査の対象となります。
しかし配偶者貸付制度では、夫と妻の収入を合算して申し込むことができます。
そのため、妻がパート収入で年収60万円程度だったとしても、夫の収入と合算することで、妻個人の収入では借り入れ不可能なような50万円の借り入れなどが可能になります。
これは、専業主婦など収入がない方でも対応しているので、収入面で申し込みができないという方にもおすすめな制度です。

ただし、配偶者貸付制度を利用する場合は、住民票や戸籍抄本などの婚姻関係を証明できる書類や、配偶者の同意書が必要です。
そのため、夫に内緒で借り入れすることはできません。

また、配偶者貸付制度に対応している消費者金融は少ないです。
ベルーナノーティスでは対応していますが、大手消費者金融のアコムやプロミス、アイフルなどでは扱っていません。
申し込み先が限定されてしまうことにも留意しましょう。

②クレジットカードのキャッシングを利用することも検討できる

数万円ほどの借り入れがしたいというときは、お手持ちのクレジットカードのキャッシング枠を利用するという方法もあります。

キャッシング機能は、クレジットカードをキャッシュカードのように使って現金を引き出すことのできる機能です。
利息はおおよそ年利18.0%に設定しているところが多いため、消費者金融での借り入れとあまり変わりありません。
お手持ちのクレジットカードを利用する場合、キャッシング枠がついていれば新たな申し込みも必要ないため、すぐに現金を手に入れることができます。
ご自身のクレジットカードの契約内容を今一度確認してみてくださいね。

闇金だけは絶対に利用しないこと!

「審査なしで借り入れOK!」などとうたっているところは闇金です。
闇金の利用は後々大きなトラブルになりますので、ぜったいにやめましょう。

借り入れの際には、審査は必ず行わなくてはならないと法律で決められています。
もし審査なしで借り入れできるところがあれば、そこは法律違反をしていることになります。

名前を聞いたことのある大手消費者金融への申し込みのほうが闇金ではない安心感がありますが、名前になじみのない中小消費者金融を検討している場合は闇金かどうか判断しにくい場合があります。
その際には、「審査なしで借り入れ可能!」「絶対に審査通過できる!」などと言っていないかどうかに注目しましょう。

ほかにも、闇金であるかどうかを判断する基準の一つに金利があります。
利息制限法によって、借り入れ金額ごとの上限設定金利が決められています。

★利息制限法による貸付金額別の上限金利
貸付金額 上限金利
10万円未満 年利20.0%まで
10万円から100万円未満 年利18.0%まで
100万円以上 年利15.0%まで

上記の基準を超えての金利を設定しているところは、闇金である可能性が極めて高いです。
大きなトラブルに巻き込まれてしまってからでは遅いので、闇金への申し込みは絶対に控えてくださいね。

まとめ

  1. 主婦でもパートやアルバイト収入があれば、消費者金融を利用できる
  2. 利用限度額とばれにくさに注目
  3. 主婦におすすめ消費者金融3選
    • プロミスのレディースキャッシングは、利用後30日間無利息
    • アコムでは年収200万円以下の借り入れ者多数
    • SMBCモビットカードローンは完全web完結申し込み
  4. 専業主婦でも申し込み可能な借り入れ先
    • ベルーナノーティスは、配偶者の同意書が必要
    • 銀行カードローンは専業主婦でも申し込み可能
  5. 配偶者貸し付け制度を利用すれば、収入以上の借り入れが可能になるかも
  6. クレジットカードのキャッシング枠を利用して現金入手も可能

主婦の方でも、パートやアルバイトによって少額でも毎月のように収入があれば安定した収入があると認められて、消費者金融での借り入れが可能です。
ただし、利用限度額が少額になってしまう点に注意しましょう。
また、配偶者に借り入れがばれてしまったら困る場合は、どのような申し込み方法や借り入れ方法に対応しているのか、事前にしっかり確認しておきましょう。
専業主婦の方は、ご自身の収入がないため申し込み先が限られます。
銀行カードローンなども検討しましょう。
あなたにピッタリな借り入れ先は見つけられましたか?
この記事を参考にして借り入れ先を決められますように応援しています!



この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。
                     

コメントを残す