横浜銀行カードローンの審査に落ちる理由と通る条件を解説!

[最終更新日]2018/10/07

横浜銀行カードローンの審査を行う保証会社はプロミスで有名なSMBCコンシューマーファイナンスです。この記事では審査基準や審査に落ちる理由と通るための最低条件、審査甘いという噂について徹底解説していきます。

横浜銀行カードローンの審査基準は厳しい?甘い?

申し込みを検討しているカードローンの審査の基準が厳しいかどうかは、誰だって気になります。

しかし、どの金融機関も自社の基準に従って厳正に審査を行っていますので、審査が甘いカードローンなどというものは存在しません。

ただ、審査内容や審査基準そのものは金融機関によって異なりますので、横浜銀行カードローンの申し込み条件に当てはまっていて、金融トラブルなどを起こしたことがないのであれば、審査にチャレンジしてみる価値は充分にありますよ!

横浜銀行カードローンの審査に落ちているのはどんな人?

過去に返済トラブルを起こして信用情報に事故登録されている人

長期延滞などはもちろんですが、遅延を繰り返したり、意外なところではスマホ代金の支払いを滞納したりしても異動情報として登録されてしまいます。

また、異動情報はCIC、JICC、KSCすべての信用情報機関で共有されていますので、一度事故情報が登録されてしまえば、どの金融機関のローンも利用できなくなることを覚えておきましょう。

その他、他社借入が多すぎる借入限度額を高く申し込みしている場合も審査に落ちる原因となります。

審査結果の連絡がこないのは審査落ち?

横浜銀行カードローンの審査結果は、最短で申し込み翌日に指定した電話番号に連絡が入ります。

審査状況によっては連絡が翌日以降になる場合もありますが、いつまで待っても審査結果の連絡がこないという場合は審査に落ちている可能性もあります。

3日経っても電話連絡がこない場合は審査で何か問題が発生しているかもしれませんので、まずは問い合わせをして確認してみましょう。

横浜銀行カードローン受付センター

0120-458-014
平日9:00~20:00
土日祝日9:00~17:00(12/31~1/3は休業)

横浜銀行カードローンの審査時間は?結果連絡は電話?
2018.10.26

お問い合わせ窓口に『どんな人が審査に落ちやすいのか』を電話で聞いてみた!

「商品概要に記載されている申し込み条件を満たしていない場合は審査に通過することができません」とのことでした。
当然のことですが、まずは申し込み条件をすべて満たしているかをしっかりと確認することでしょう。

横浜銀行カードローンの申込条件
  1. 満20歳~69歳
  2. 安定した収入がある人、その配偶者
  3. 次の地域に居住または勤務している
  4. 神奈川県内全地域
  5. 東京都内全地域
  6. 群馬県前橋市、高崎市、桐生市
  7. 保証会社の保証を受けられる人
  8. 横浜銀行、SMBCコンシューマーファイナンスの個人情報の取り扱いに同意できる人

審査に落ちた後はどうする?

まずは審査落ちの理由を考える

審査に落ちてしまうには何らかの原因があるはずです。

まずはどうして審査に通過できなかったのか自分の状況を振り返ってみることです。

理由が分からないうちは何度申し込みをしても審査に通過できないでしょう。

最大30日間は無利息で借り入れ

すぐに返せる見込みがある借入なら、銀行より消費者金融がおすすめの場合もあります!

多くの消費者金融では30日程度の無利息期間を設けています。

短期間で返済することができれば利息は0円!借り方によっては低金利の銀行カードローンよりも利息負担が少なく済むのです。

どんな人が審査に通っているのか利用者データでチェック!

年収200~400万円前後の会社員または公務員が多いということが、下記の表からよみとれます。

性別 男性約65%
女性約35%
年代 20代・30代:約20%ずつ
40代:約30%
50代:約20%
60代:約10%
年収 200万円未満:約17%
200万円~400万円未満:約34%
400万円~600万円未満:約26%
600万円以上:約23%
職業 会社員公務員の割合:約60%
パートアルバイトの割合:約10%

引用元:価格.com

横浜銀行カードローン審査体験談

横浜銀行カードローンに申し込み経験のある人からアンケート・口コミを集めてみました。

審査可決

20代男性・会社員(独身、勤続年数3年、年収300万円)
借入希望金額 30万円
実際に借りられた金額 30万円
他社借入残高/他社借入件数 0円/0件
利用目的 バイクの購入費
審査にかかった時間 3日
住宅ローン、自動車ローンの有無 なし

「審査に多少時間はかかりましたが、無事にそれを通過することができて良かったです。」

審査否決

30代男性・会社員(配偶者と子供2人、勤続年数4年、年収約400万円)
借入希望金額 300万円
実際に借りられた金額 0円
他社借入残高/他社借入件数 300万円/3件
利用目的 おまとめ
審査にかかった時間 審査結果の連絡が1週間待ってもなかったため、こちらから連絡したところ審査に落ちていました。
住宅ローン、自動車ローンの有無 なし

「横浜銀行を給与振込として利用していたものの、借入額が多すぎたのが審査に落ちた原因だと思います。」

横浜銀行カードローン増額審査について

限度額を増額するには審査を受ける必要がありますので、横浜銀行カードローン受付センターに問い合わせをしてください。

横浜銀行カードローンの審査に関するよくあるQ&A

申し込みから融資まで最短でどのくらいの時間がかかりますか?

横浜銀行の口座を持っていればWEB完結契約を利用でき、最短で翌日には振込融資が可能です。
横浜銀行の口座を持っていない場合は口座開設をする必要がありますが、キャッシュカードやローンカードが手元に届くのに1週間程度かかります。

まとめ

横浜銀行の営業区域に在住か勤務していて横浜銀行の口座を持っている人にとって、横浜銀行カードローンは非常に便利に利用できるカードローンです。
カードローンの利用を考えているのなら有力な候補として検討してみてはいかがでしょうか?

横浜銀行カードローン

▶︎千葉銀行カードローンの審査に落ちる理由と対策

審査が甘い銀行カードローンは?難易度ランキング2018
2018.11.06

横浜銀行カードローンの特徴とメリット・デメリット
2018.05.18



この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。

コメントを残す