Amazon最強はJCB CARD W?そのメリットとは

[最終更新日]2019/10/21

Amazon最強はJCB CARD W?そのメリットとは
JCB CARD WってAmazonに強いって聞いたけど、何で?

実は、JCB CARD WはAmazonなどのネットショッピングに使用するとたくさんポイントがもらえるんです。

なぜなら、JCB CARD Wは、ポイント還元率が高いうえに、ちょっとした工夫でたくさんのポイントを手に入れることができるからです。
ちょっとしたお買い物などで使用しても多くの恩恵を受けられる、クレジットカードになっているわけです。

ここでは、AmazonなどのネットショッピングでJCB CARD Wを使用すると、どれほどのメリットがあるのか紹介しています。

読み終えた頃には、JCB CARD Wのメリットについて理解でき、よりお得にクレジットカードを利用できます。

JCB カード W

JCB カード W
国際ブランド
年会費 
ポイント還元
発行期間
初年度
2年目〜
無料
無料
1%
最短3日
  • 年会費無料で作りやすく、持ちやすい1枚!
  • 還元率が常時1%でポイントが貯まる!
  • 海外での保険も充実していて安心!
★JCB CARD W カード
年会費 無料 国際ブランド JCB
基本還元率 1% 利用可能枠 公式サイト参照
海外旅行傷害保険 あり 国内旅行傷害保険 なし
ショッピング補償 海外100万円
国内なし
追加発行可 ETCカード
家族カード
付帯電子マネー なし 支払日 公式サイト参照
申し込み条件 18歳~39歳以下(高校生は除く)で、
本人または配偶者に安定継続収入のある方。

AmazonでJCB CARD Wを使用するメリット

AmazonでJCB CARD Wを使用するメリット
JCB CARD WはAmazonなどの、ネットショッピングに強いのが特徴です。
強いと言っても、色々な理由がありますが、特にポイントが貯まりやすい点が大きいです。
そんな、JCB CARD Wがネットショッピングに強い理由や使用していくうえでのメリット、お得にポイントを貯められる方法を教えます。
JCB CARD Wのメリットやポイントについて、詳しくはこちらの記事でも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

高還元のJCB CARD Wはネット通販やサービス利用でさらにお得!
2019.07.31

JCB CARD Wは安心して使える?そのメリットとは
2019.03.28

①Amazon MasterCardよりもお得に買い物ができる

Amazonには公式で、Amazon MasterCardと言うものも出ています。しかし、ポイントに関してはJCB CARD Wの方が優位にあります。

★ポイント還元率の比較
クレジットカード名 Amazon以外での買い物 Amazonでの買い物(Amazon Prime会員) Amazonでの買い物(通常会員)
JCB CARD W 最大4.55% 最大4.55% 1%
Amazon MasterCard 1.5% 2% 1%

Amazonカードで買い物をするのは、最大4.55%の還元率のJCB CARD Wの方がかなり魅力的だと言えます。
では、実際にAmazonで1,000円の購入をしたとします。この時、両方とも最大の還元率が発生したとしたら…

JCB CARD Wの場合

Amazonの支払いで1,000円使用
1,000×0.0455=45.5円分のポイント
Amazon MasterCardの場合

Amazonの支払いでへ1,000円使用
1,000×0.02=20円分のポイント

還元率で見てしまうとどれだけの得をしているのか、実感がわかないので、金額を出してみました。けっこう違ってきてしまうのが分かったかと思います。
さらに、年会費など基本的な情報も比較してみましょう。

★JCB CARD WとAmazon MasterCardの基本情報の比較
クレジットカード名 年会費 審査期間 カード発行期間 入会特典 ETC年会費 海外障害保険
JCB CARD W 無料 最短3営業 最短、審査終了翌日に発送 最大13,000円 無料 付帯
Amazon MasterCard 初年度無料 2年目以降1,250円(税抜き) 条件付きで即日審査サービスがある 最短、審査終了翌日に発送 5,000円 初年度無料
2年目以降500円(税抜き)

JCB CARD WとAmazon MasterCardでは、年会費の有無入会キャンペーンの差が大きいです。
その中でも注意しておくべきなのは、年会費に関してです。Amazon MasterCardは初年度無料とはいえ、2年目からは年会費が発生します。そうなると、どうしても維持費がかさんでしまいます。クレジットカードを長期的に使用していきたいのであれば、維持費はJCB CARD Wのように最低限に押さえたい所です。

②ポイントが貯まりやすい

JCB CARD Wは、特にネットショッピングに使用することで、ポイントが貯まりやすい「高還元率クレジットカード」として有名なクレジットカードです。では、どのようにしてポイントが貯まっていくのでしょうか?どうしてお得なのでしょうか?
その秘密を簡単に紹介していこうと思います。

(1)JCB一般カードの2倍の還元率

JCB CARD Wの還元率は1%となります。これは、JCB一般カードの2倍の数値です。
通常、JCBカードを使用している人はJCB STAR MEMBERSを利用できるのですが、JCB CARD Wは利用できません。このサービスは、年間の利用金額に応じて、還元率が上昇するサービスになります。
しかし、最高で0.52%までしか上がりません。JCB CARD Wはこのサービスを利用しなくても、はじめから1%の高還元率です。よって、たくさんのお金を使用しなくても、高還元率の恩恵を手に入れることができるのです。

(2)入会後3ヶ月は5倍の還元率、さらに入会キャンペーンで最大13,000円もらえる

JCB CARD Wを作成すると、入会後3ヶ月はポイント最大5倍に跳ね上がり、最大13,000円のプレゼントキャンペーンもあります。

JCB公式サイト:新規入会限定!ポイント10倍キャンペーン

入会後3ヶ月間のポイントの増え方

買い物の支払いに、JCB CARD Wで1,000円使用します。
通常通り1,000円で2Okidokiポイント貯まります。
さらに、利用上限なしの
ポイントボーナスでポイントが+2倍されます。
この時点で2+2=4Okidokiポイントです。
さらに、さらに
利用上限が300,000円までの
ポイントボーナスでポイントが+6倍されます。
4+6=10Okidokiポイント

通常、1,000円利用すると2Okidokiポイントを得ることができます。それに対して、入会後3ヶ月の間はポイントが倍増し、1,000円利用すると10Okidokiポイントを一気に貯めることができるのです。


JCB CARD W入会キャンペーン (【JCB CARD W / JCB CARD W plus L】新規入会限定!ポイント10倍キャンペーンより)

おいしい話ではありますが、誰でも受けられるキャンペーンではありません。当然、入会キャンペーンを受けるための条件があるので確認しておきましょう。

入会キャンペーン適用の条件

  • 新規の入会者に限りのキャンペーンです。
    JCBに以前加入していた人やJCBの他のクレジットカードからの切り替えをした人は、適用外のサービスとなっております。
  • +6倍のボーナスポイントは利用上限があり、300,000円を超えると利用できなくなります。
  • キャンペーン期間は、2019年7月1日~12月31日までの入会分のみ対象となります。
    (期間は予告なく変更となる場合があります。2019年8月現在での期間となっていますので、必ずJCB公式サイト:新規入会限定!ポイント10倍キャンペーンを確認しましょう。)

初めてJCBのクレジットカードを作成しようと考えている人にとっては、とても嬉しい入会キャンペーンとなっています。入会キャンペーンはポイントだけではなく、キャッシュバックなどのプレゼントキャンペーンも実施されています。

JCB公式サイト:インターネット新規入会限定キャンペーン

プレゼント内容については、詳しく紹介している記事があります。ぜひ参考にしてみてください。 

高還元のJCB CARD Wはネット通販やサービス利用でさらにお得!
2019.07.31

JCB CARD Wは安心して使える?そのメリットとは
2019.03.28

(3)JCB提供のサービス利用でさらにポイントUP、最高13倍(4.55%)の還元率になる

JCBには、OkidokiランドJCB ORIGINAL SERIESパートナーという、ポイント倍増サービスがあります。
まずは、Okidokiランドです。ネットショッピングなどでカード利用する際に、このサイトを経由してから購入することで、ポイントが倍増されます。
Amazonはもちろん、楽天市場やYahoo!ショッピングなどの大型ネットショッピングもあります。

Okidokiランド公式サイト:ポイントアップ中のショップ一覧

特にAmazon還元率は最高13倍(4.55%)にまで上昇するので、Amazonヘビーユーザーは利用しない手はないです。
そして、最後にJCB ORIGINAL SERIESパートナーと言うサービスがあります。このサービスに加盟したお店やサイトでJCB CARD Wを使用すると、通常よりもポイントを入手することができるようになります。
Amazonをはじめ、ビックカメラやスターバックスなど、たくさんのお店が加盟しています。AmazonはJCB ORIGINAL SERIESパートナーに加盟しているので、Okidokiランドを経由しなくても通常のポイント還元率よりもポイントが得られます。

③貯まったポイントは他のポイントなどに交換できる

貯めたOkidokiポイントは、nanacoポイントやマイルなどのOkidokiポイント以外へ交換できます。Amazonへはポイントではなく支払いに1Okidokiポイント=3.5円として利用できます。
他にも、楽天EdyやTポイントなどにも交換できます。

OkiDokiポイントの移行可能な他のポイント先

大切なお金を使用して貯めたポイントですから、大事に使いたいですよね。

④利用限度額が低いので使いすぎても安心

クレジットカードを使い過ぎないようにするために、1番効率的なのは利用限度額を低めに設定しておくことです。JCB CARD Wは、そもそもの利用限度額が低めなので、安心して利用できます

JCB CARD Wは安心して使える?そのメリットとは
2019.03.28

AmazonでJCB CARD Wを使用するデメリット

AmazonでJCB CARD Wを使用するデメリット<
JCB CARD Wは、年会費無料で高還元率のクレジットカードです。初めから還元率は高いですが、ネットショッピングやJCB独自のサービスを利用することで、さらにポイントが貯まりやすくなります。
しかし、そのメリットがデメリットになることもあります。
JCB CARD Wのメリットに関して、詳しく説明している記事があるので、そちらを参考にしてみてください。

JCB CARD Wは安心して使える?そのメリットとは
2019.03.28

①ポイントの交換は、Amazonポイントよりもnanacoやマイルの方がお得

Okidokiポイントは多くのポイントに交換することができます。しかし、損をしてしまう交換先が存在しているので、知らなければ損をしてしまいます
Amazonでの使用をメインに考えているからと言って、Amazonでの支払いに使用したらもったいないです。
Amazonの支払いにOkidokiポイントを使用すると、1Okidokiポイント=3.5円として利用できます。
しかし、レートだけを見てしまえばマイルへの交換が1番お得となっているのです。

★1Okidokiポイントに対するレート
交換先 1OkiDokiポイントに対するレート
Amazonの支払い 3.5円
nanacoポイント 5ポイント(5円)
ANA・JALマイル 3マイル(6~9円)

nanacoポイントもマイルも、Amazonの3.5円を上回っているので、Amazonでのポイントの使用は避けた方が良いと言えます。

②明細の郵送がないので、WEBで使用状況を確認しなければならない

JCB CARD Wは利用明細が自宅に送らません。それはJCB CARD WがWEB限定で手続きなどを行っているためです。当然、利用明細はWEBでのみ確認できるようになっています。
利用明細の確認がWEB限定になることで、利用明細の確認をおろそかになってしまうことが大いに考えられます。そうなると、不正利用や使い過ぎの確認が遅れてしまうことにも繋がります。
「きちんと利用明細を確認すること」が大事になります。JCBでは安心お知らせメールというサービスがあります。このサービスは、JCBカードの利用残高が設定された金額を超えていないか、毎日チェックしてくれるます。チェック時に設定された金額を超えていた場合は、メールにてお知らせが届きます。

JCB公式サイト:「安心お知らせメール」のご案内

③利用限度額が低いので大きな買い物ができない

JCB CARD Wは、利用限度額が低額に設定されているクレジットカードです(詳細は公式サイト参照)。利用限度額が低いと、高額な商品の購入などができません
JCB CARD Wは、高校生以外の18~39歳以下に申し込み資格があり、若い年齢層がメインで利用しています。
国税庁公式サイト:平成29年分 民間給与実態統計調査から、年齢別の収入についてまとめてみました。

★年齢別の平均給与
年齢 平均年収
20~24歳 262万円
25~29歳 361万円
30~34歳 407万円
35~39歳 442万円
40~44歳 468万円
45~49歳 496万円

国税庁公式サイト:平成29年分 民間給与実態統計調査より

年齢が若いとどうしても収入が少ない場合が多いです。そのため、自分の返済能力に応じた利用限度額にすると、どうしても、利用限度額が低額になってしまうのです。
利用限度額が低いと、そもそもの利用できる金額が少ないので、請求金額が小額になります。そのため、使い過ぎを抑制できますし、不正利用されても多額の請求が来ません。
利用限度額が少額なのはデメリットでもあり、メリットでもあります。

④AmazonでもOkiDokiランドポイントアップの対象外のものがある

OkiDokiランド経由でAmazonで決済をするとお得になりますが、対象外もあります。
以下の購入とAmazon内サービスでの購入はポイント増加対象外になるので注意が必要です。

  • Amazon Rギフト券の購入
  • Amazon Freshでの購入
  • AmazonプライムNowでの購入
  • 本品価格に含まれていない送料や消費税、ラッピング料金

特に見落としがちなのが、本品価格に含まれていない送料や消費税、ラッピング料金です。
Amazonをよく利用する人は、Amazonプライム会員に入会する人が多いです。Amazonプライム会員になると、プライム特典で送料は無料ですし、ラッピングも無料なものがあります。しかし、Amazonには特典対象外の商品商品もあります。
こういった場合に、送料やラッピング料金のことを忘れてしまうことが多くあるので、注意が必要です。
ポイントが倍増する条件など詳しく説明している記事があるので、そちらを参考にしてみてください。

高還元のJCB CARD Wはネット通販やサービス利用でさらにお得!
2019.07.31

JCB CARD Wの基本的な情報

JCB CARD Wの基本的な情報を表にまとめたので、ぜひ参考にしてください。

★JCB CARD Wの基本情報
申し込み年齢 18~39歳
(高校生は除く)
申し込み方法 WEB
審査期間 最短3営業日
カードの発行期間 最短3営業日
入会費・年会費 無料

JCB CARD Wにはたくさんのメリットがあるのですが、こちらの記事の方が詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

JCB CARD Wは安心して使える?そのメリットとは
2019.03.28

まとめ

  1. JCB一般カードの2倍の還元率ポイントが貯まりやすく、クレジットカードを使うほどお得
  2. 限度額が低額なので、使い過ぎた際にも安心
  3. 他にもクレジットカードを持っている人も、安心して使用できる
  4. OkiDokiランドJCB ORIGINAL SERIESパートナーといったポイント倍増サービスでさらにポイントアップ
  5. 日ごろからネットショッピングや買い物をする人にはもってこいのクレジットカードである

JCB CARD Wは、ネットショッピングなどでに利用でポイントが貯めやすい高還元率カードです。その中でもAmazonに関しては向かうとこ敵なしと言っても過言ではありません。
ネットショッピング専用として使用したり、複数枚あるクレジットカードのメインの補助としても使用できる、魅力のたくさん詰まったクレジットカードになります。
WEBから申し込みができるので、通勤時間やお昼休憩などのちょっとした空き時間を利用することができます。普段は仕事で時間のなかなか取れない人でも、簡単に申し込みができるクレジットカードです。

JCB CARD Wカードの基本情報

カード名 JCB CARD W
申込み資格 18歳以上39歳以下であり、高校生ではないこと
提携カード JCB
利用可能額 公式サイト参照
審査時間 最短3日(通常1週間)
発行時間 最短3日(通常1週間)
入会金 無料
年会費 無料
支払い方式 公式サイト参照
分割払い(年率) 公式サイト参照
リボ払い(年率) 公式サイト参照
キャッシング(年率) 公式サイト参照
遅延損害金(年率) 公式サイト参照
担保 不要
保証人 不要
必要書類 運転免許証・健康保険証・パスポートなどのいずれか
金融機関名 株式会社ジェーシービー
住所・所在地 東京都港区南青山5丁目1-22
青山ライズスクエア
電話番号 0120-015-870
貸金業登録番号 関東財務局長 (12)第00183号
新規お申込はこちら >>> JCB CARD W

JCB カード W

JCB カード W
国際ブランド
年会費 
ポイント還元
発行期間
初年度
2年目〜
無料
無料
1%
最短3日
  • 年会費無料で作りやすく、持ちやすい1枚!
  • 還元率が常時1%でポイントが貯まる!
  • 海外での保険も充実していて安心!


この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。
                     

コメントを残す