JCB CARD Wは新社会人でも審査に通る?申し込み方法や審査期間まで解説します

[最終更新日]2019/10/30

JCB CARD Wは新社会人でも審査に通る?申し込み方法や審査期間まで解説します
「JCBは審査が厳しいと聞くけど、JCB CARD Wって新社会人でも審査通るの?」

実は、JCB CARD Wは学生でも審査を通過できますし、もちろん新社会人でも審査を通過できます。

なぜなら、JCB CARD Wは、若年層向けに作られたクレジットカードだからです。よって、JCB一般カードよりも審査基準が甘い傾向にあります。

ここでは、JCB CARD Wの審査や審査期間などの紹介していきます。

読み終えた頃には、JCB CARD Wの審査について理解でき、安心して審査期間をすごせます

JCB カード W

JCB カード W
国際ブランド
年会費
ポイント還元
発行期間
初年度
2年目〜
無料
無料
1%
最短3日
  • 年会費無料で作りやすく、持ちやすい1枚!
  • 還元率が常時1%でポイントが貯まる!
  • 海外での保険も充実していて安心!
★JCB CARD W カード
年会費 無料 国際ブランド JCB
基本還元率 1% 利用可能枠 10万~100万円
海外旅行傷害保険 あり 国内旅行傷害保険 なし
ショッピング補償 海外100万円 国内なし 追加発行可 ETCカード 家族カード
付帯電子マネー なし 支払日 毎月15日締め 翌10日払い
申し込み条件 18歳~39歳以下(高校生は除く)で、本人または配偶者に安定継続収入のある方。

JCB CARD Wの審査についての情報

JCB CARD Wの審査についての情報
クレジットカードを作成するうえで避けられないのが審査です。
審査に通るかどうかは各カード会社によって異なってきます。そこで今回はJCB CARD Wの審査について、あくまで目安となってしまいますが、紹介していきます。
JCB CARD Wについて、詳しくはこちらの記事でも紹介しています。ぜひ参考にしてください。

関連記事

①申し込みがWEB限定のおかげで、審査は最短3営業日で終わる

JCB CARD Wの申し込みはWEB限定なので、電話や郵送などの手間がかかりません。申し込み方法も簡単なので、時間がない人でも簡単に申請できます。
WEBで申し込みをすることで、審査機関を最短3営業日を可能としています。審査期間は人によって、前後してしまいますが、申請から3~10日でカードが届きます。
10営業日を過ぎても連絡がなかったり、カードが届かない場合は、JCBへお問い合わせしましょう。
JCBへのお問い合わせ先:JCBインフォメーションセンター

②申し込み資格は高校生以外の18~39歳まで(大学生・専門学生でも作成可能)

WEBでの限定申し込みのJCB CARD Wですが、申し込み資格は高校生以外の18~39歳までとなっております。
いくら年収があって、信用情報機関に事故情報(いわゆるブラックリスト)が載っていなくても、あなたが40歳以上の人は申し込めません。

③安定した収入があれば作成可能

JCB CARD Wは「本人または配偶者に安定した収入がある」ことを条件に出しています。色々調査してみましたところ、年収100万円未満でもクレジットカードを作れます。私の弟がJCB CARD Wを作成する際は「年収100万円未満。アルバイトをしている大学生。信用情報機関に事故情報なし。」で審査に通過しました。
配偶者に安定した収入があるという面では、専業主婦や専業主夫の人でも十分に作成することが可能です。
社会人や配偶者がしっかり働いていて、信用情報機関に事故情報がない(ブラックリストに載ってない)場合は、まず落ちることはないです。しかし、携帯料金の遅延などでも信用情報機関に事故情報が載るので注意が必要です。

④提出書類は場合によって異なる、本人確認は不要

申し込みをする際に、以下の書類の提出を求められますので、あらかじめ準備しておきましょう。

  • キャッシュカードまたは預金通帳(インターネットバンキング契約カード)
  • 学生証(学生の場合は必ず学生証が必要になります。顔写真と学長印があり、有効期限内の学生証を用意しましょう。)
  • 収入証明書類
    (キャッシング希望額が50万円以上の場合・キャッシング希望額と他社からの借入金額の合計が100万円以上の場合)
収入証明書類は、以下のいずれかが必要になります。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 納税通知書
  • 課税証明書
  • 確定申告書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書
  • 年金証書

さらに、申し込みをおこなう場合は、WEB上で支払い口座の設定ができる金融機関の普通預金口座を持って居なければなりません。みずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行・りそな銀行・ゆうちょ銀行、などがWEB上で支払い口座の設定ができる金融機関となっております。詳しくはJCB公式サイト:<インターネットでのお支払い口座設定>対象金融機関一覧をご覧ください。
WEB上で口座振替設定をおこなう際に、本人確認を済ませるので本人確認書類は不要となっております。しかし、学生の場合は学生証の提示があるので注意が必要です。
JCB CARD Wの申請の際に、クレジットカードの限度額を決めます。キャッシング希望額が50万円以上の場合、またはキャッシング希望額と他社からの借入金額の合計が100万円以上の場合は、収入証明書類を提出しなければなりません。
ショッピング枠は、名の通りショッピング・買い物をする際に使用する限度額のことを言います。
キャッシング枠は、クレジットカードでお金を借りられる限度額のことを言います。キャッシング枠はショッピング枠と別々で考えられてしまいがちですが、ショッピング枠の中に含まれています。
キャッシングでの利用が不安な場合や、審査に通るか不安な場合は、キャッシング枠を0円に設定することで審査に通りやすくなります。

⑤ブラックリストに載っていないこと

過去に債務調整などの法的な手段をおこなって借金を減額したり、完全になくしてしまった場合や期限までに支払いを済ませられなかった場合にブラックリストに載ってしまいます。
ブラックリストに載ってしまうと、金融機関からの信用がなくなってしまいます。そうすると、クレジットカードを作成する際、審査に通らなくなってしまいます
ブラックリストとは、信用情報機関に事故情報が載ることをいいます。
信用情報機関は、加盟する会社から登録された情報を管理・提供しています。これにより、信用情報機関に加盟している会社は、現在利用しているクレジットカードの契約内容や支払いの状況などを確認できます。

信用情報機関について:JICC指定信用情報機関株式会社日本情報機構

事故情報とは、支払いの遅延・債務整理をおこなった場合・携帯料金の遅延などの情報のことを言います。
信用情報を取り扱っているのは、JICC・CIC・全国銀行協会です。それぞれ掲載期間が異なるので目安ですが、ブラックリストへの掲載期間をまとめました。

★事故情報(ブラックリスト)掲載期間
支払いや
返済の延滞
5年
債務整理 5~10年

JICC:登録内容と登録機関
CIC:信用情報の保有期間
全国銀行協会:3.個人情報の利用目的について
詳しく各サイトにて説明がされています。心配な点がある場合は確認してみましょう。

クレジットカードを作るうえでの豆知識

クレジットカードを作るうえでの豆知識
クレジットカードを作成するにはまず、審査に通過しなければなりませんね。その、審査の基準はクレジットカード会社やクレジットカードの種類によって様々です。
しかし、一般的にクレジットカードを作るうえで、気を付けておかなければならないことや審査に通りやすくなる工夫があります。

①勤続・居住1年以上

勤続年数や居住年数が1年に満たない場合、クレジットカードの審査に通り難くなってしまいます。

(1)勤続年数

転職を繰り返す人だと、すぐに仕事を辞めて無収入になるのではないか?と言った不安があるために、審査に落ちてしまいます。
逆に、転職せずに同じ会社で働いていると、数年ごとに収入が上がったり、役職に付いたりなどで収入が上がります。収入が上がるということは、クレジットカードの利用限度額も上がります。クレジットカード利用が増えれば増えるだけ、クレジットカード会社は利益を得られます。
転職ばかりしていると、たいていの場合は収入が減ってしまいます。そうなると、クレジットカード会社からすると利益を得にくい状態になってしまいます。利益が得にくく、不安要素のある人を審査に通すわけにはいかなくなってくるわけです。
勤続年数は、長ければ長いほど安定した収入があると判断されます。入社後すぐは、クレジットカードの作成を我慢するのも1つの手です。

(2)居住年数

極端に短い居住年数だと、何度も繰り返して転居(引っ越し)をしているのではないかと疑われてしまいます。居住年数が明らかに短くなっている場合は、賃貸料金(家賃)を払えていないから追い出されたのではないか?夜逃げしてきたのではないか?などと判断されてしまい、審査に通りにくくなってしまいます。
引っ越しの予定がある場合は、事前にクレジットカードの作成に着手しておきましょう
クレジットカード会社は収入だけではなく、勤続年数や居住年数も審査しています。いくら勤続年数や居住年数が短いからと言っても、嘘の情報を申請するのは絶対にダメです。すぐにバレてしまい、バレた瞬間に審査を落とされます。
勤続年数や居住年数が短い場合でも、嘘はつかずに正直に申請しましょう。

②利用限度額は最少額に

審査の難易度と利用限度額は比例する傾向にあります。よって、利用限度額は最小限にすると、審査に通りやすくなるのです。
さらに、キャッシング枠は0円で申請するとなお良いです。これは、賃金業法により、「年収の3分の1を超える借り入れが出来ない」ことが関係しています。キャッシングの利用をする予定がなければ、0円で申請しましょう。

勤続年数や居住年数が短くても、利用限度額を最少額にすることで、収入に対しての返済能力があると判断されやすくなります。

③若年層向けカードを選ぶ

初めてクレジットカードを作る際などにオススメなのが、申し込み資格が18歳からとなっているクレジットカードです。若年層をメインターゲットにしているため、一般的なクレジットカードよりも審査が甘い(審査に通過しやすい)傾向にあります。
また、「若年層向けカード」は、申し込み条件の年齢に上限が設けられている場合が多いので、探す際の目安にしてみてください。

審査が甘い理由

若い子が最初のクレジットカードを作成する。
大人になっても解約しないで長い期間、同じクレジットカードを使用してくれる。
長い期間、同じクレジットカードを使用してもらえることで、クレジットカード会社の利益にもなる。
さらに、初めて作るクレジットカードなので、たいていの子はブラックリストに載っていない。
不安要素の少ない顧客を手に入れられる。

若年層をメインターゲットにしているクレジットカードは、利用限度額が低めに設定されている傾向あります。そうなると、返済を踏み倒される危険性が少ないのもクレジットカード会社としてのメリットと言えるでしょう。
よって、若年層をメインターゲットにしているクレジットカードの審査は甘めに設定されていることが多いのです。

新社会人でも作れるJCB CARD EXTAGEと三井住友VISAデビュープラスカードと比較

新社会人でも作れるJCB CARD EXTAGEと三井住友VISAデビュープラスカードと比較
JCB CARD Wは新社会人でも安心して、作成できるクレジットカードです。しかし、世の中にはクレジットカードがたくさんあります。その中でも新社会人にオススメとされている、JCB CARD EXTAGE三井住友VISAデビュープラスカード、この2つのクレジットカードとJCB CARD Wを比較していきたいと思います。

①審査期間が早いのはJCB CARD WとJCB CARD EXTAGE

JCBのクレジットカードはWEBから申し込みをすると、スピーディに審査を進められます。実際に、JCBのクレジットカードは審査が早いのが特徴です。さらに、審査に通過ししだい、クレジットカードを発送してます。これにより、申し込みをしてから4日~15日ほどで、自宅にクレジットカードが届くことが可能となりました。
スムーズに審査が進み、クレジットカードが手元に届くのも早いとなると、嬉しいメリットになります。
そんな審査期間をまとめましたので、参考にしてみてください。

★審査期間一覧
JCB CARD W 最短3営業日~10営業日
JCB CARD EXTAGE 最短3営業日~10営業日
三井住友VISAデビュープラスカード 最短3営業日~1週間以上

審査期間中というのは、どうしても不安になってしまいます。そんな不安な気持ちは少しでも早く落ち着かせたいものですね。

②申し込み資格の年齢が1番幅広いのはJCB CARD W

新社会人で作成しやすいカードは、審査が甘くなっている傾向にある若年層向けカードを選ぶと良いでしょう。
その場合、カードの申し込みの年齢制限があるので注意が必要です。いくら年収があっても、年齢がオーバーしていては申し込む資格もありません。簡単にですが表にまとめました。

★申し込み資格の年齢一覧
JCB CARD W 高校生以外の18~39歳まで
JCB CARD EXTAGE 高校生以外の18~29歳まで
三井住友VISAデビュープラスカード 高校生以外の18~25歳まで

1番、申し込み資格の年齢が幅広いのは、JCB CARD Wでした。
大学生が留年しないで卒業できた場合、大学卒業時の年齢は22歳です。大学卒業後すぐに社会人になり、勤続年数1年になるまでクレジットカードの作成を我慢します。勤続年数1年になると年齢は23歳~24歳となります。
この辺りになると、三井住友VISAデビュープラスカードの申し込み資格に引っかかる年齢になってきます。
さらに、最近の新卒者の1年以内に退職(早期離職)してしまう割合は11.5%もあります。厚生労働省公式サイト:新規学卒者の離職状況
これは、100人中11.5人が辞めてしまうことになります。100人だと実感がわかないかもしれないので、さらに小さくして10人に1.15人が辞めてしまいます。
友達が自分を含めて10人居たら、その中の1人は1年以内に仕事を辞めてしまうことになります。もし、仕事を辞めてしまって勤続年数が途切れてしまっても、JCB CARD Wは39歳までの人なら作れるので、ある程度の余裕があるわけです。

JCB CARD Wの申し込み手順

JCB CARD Wの申し込み手順をまとめましたので、一緒に申し込みしてみましょう。すでに申し込みを済ませている人は、申し込み方法が正しかったのかどうか確認してみましょう。審査が開始されて、ある程度期間がたったのに連絡が来ない場合は申し込み内容などに不備があるかもしれません。
困ったときのお問い合わせ先なども掲載しておきますので、参考にしてみてください。

★JCB CARD Wの申し込み手順PCでの手順になります。

まず、JCB公式サイト:JCB CARD Wのページにいきます。

PCでは、このようなサイトページになっているはずです。

JCB公式サイト
▲ JCB公式サイト (JCB CARD W / JCB CARD W plus Lより)

オレンジ色の「カードを申し込む」をクリックします。

すると、今度は「JCB CARD W」と「JCB CARD W plus L」の表示がでます。
JCB CARD Wの隣にある緑のボタンをクリックします。

JCB公式サイト
▲ JCB公式サイト (JCB CARD W / JCB CARD W plus Lより)

緑のボタンを押すと、いくつかの質問に答えていく流れになります。

★質問の内容
質問1 お申し込み対象について
お申し込み対象は18歳から39歳までのカードです。
対象ですか?
自分の年齢が高校生以外の18~39歳までであれば、「はい」をクリックします。
質問2 インターネットでお支払い口座の設定が可能な金融機関について
次のいずれかの金融機関の普通預金口座をお持ちですか?
  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • ゆうちょ銀行

JCB公式サイト:その他対象金融機関はこちら

質問3 インターネットでお支払い口座を設定する際、必要なものについて
いま、お手もとにありますか?
インターネットバンキングご契約カード もしくは キャッシュカード・預金通帳
インターネットバンキングご契約カード、もしくはキャッシュカードか預金通帳が手元にあれば「はい」をクリックします。
金融機関ごとに必要なものが違ってくるので、一応確認しておきましょう。JCB公式サイト:サービス利用可能時間と必要なもの

JCB公式サイト
▲ JCB公式サイト (JCB CARD W / JCB CARD W plus Lより)

申し込みの流れを確認しましょう。「申し込みの流れ」の横にある「∨」をクリックすると詳細が表示されます。
確認できたら、黄色の「JCB CARD Wを申し込む」とかかれたボタンをクリックします。

JCB公式サイト
▲ JCB公式サイト (JCB CARD W / JCB CARD W plus Lより)

会員規約や個人情報に付いての規約が書かれているので、一読しましょう。内容に不審な点などがなければ、赤い「同意のうえ、入力へ進む」と書かれたボタンをクリックします。
JCB公式サイト
▲ JCB公式サイト (JCB CARD W / JCB CARD W plus L 入会申込フォームより)

本人情報を入力していきます。

  • 名前
  • 名前のフリガナ
  • ローマ字名
  • 生年月日
  • 職業
  • 年収
  • メールアドレス
  • メールアドレス確認用再入力
  • 金融機関名
  • 支店名
  • 口座番号

入力できたら、青い「次へ進む」と書かれたボタンをクリックします。


▲ JCB公式サイト (JCB CARD W / JCB CARD W plus Lより)

入力した内容に、間違っている部分がないか確認しましょう。修正箇所が無ければ、赤い「今すぐオンラインで口座設定をする」と書かれたボタンをクリックします。

JCB公式サイト
▲ JCB公式サイト (JCB CARD W / JCB CARD W plus L 入会申込フォームより)

そうすると別タブで、それぞれ指定した金融機関のページが開かれます。指示に従って入力をしましょう。

ゆうちょ銀行の場合

  • 口座の記号
  • 口座の番号
  • 生年月日
  • 暗証番号

の入力が求められます。

それぞれ指定した金融機関のページでの入力が終わると、再度JCBのページに戻ります。
青い「次へ」のボタンをクリックします。

JCB公式サイト
▲ JCB公式サイト (JCB CARD W / JCB CARD W plus L 入会申込フォームより)

再度、個人情報の入力画面になります。

  • 性別
  • 郵便番号
  • 住所
  • 住所のフリガナ
  • 携帯の電話番号
  • 自宅の電話番号
    (固定電話がない場合は携帯のみでOKです。)

個人情報を入力し終えたら、青い「次へ進む」のボタンをクリックします。


▲ JCB公式サイト (JCB CARD W / JCB CARD W plus L 入会申込フォームより)

クレジットカードの利用目的などを入力していきます。

  • カード利用目的
  • キャッシングの利用希望枠
  • 運転免許証の有無
  • 勤め先の住所
  • 勤め先の住所のフリガナ
  • 勤め先の電話番号
  • 住まい(持ち家か賃貸かなど)
  • 配偶者
  • お子様
  • 同居している人数
  • 他社からの借り入れ
  • お知らせメールの配信

入力できたら、青い「次へ進む」をクリックします。

JCB公式サイト
▲ JCB公式サイト (JCB CARD W / JCB CARD W plus L 入会申込フォームより)

JCB CARD Wの設定などを決めていきます。

  • JCB CARD Wの暗証番号
  • JCB CARD Wの暗証番号の確認入力
  • 判断状況確認用キーワード
  • 判断状況確認用キーワードの確認入力
  • ETCを申し込むかどうか
  • QUICPayを申し込むかどうか
  • 家族カードを申し込むかどうか

入力出来たら、青い「確認画面へ進む」をクリックします。

JCB公式サイト
▲ JCB公式サイト (JCB CARD W / JCB CARD W plus L 入会申込フォームより)

これまでに入力したものが間違っていないか確認しましょう。

JCB公式サイト
▲ JCB公式サイト (JCB CARD W / JCB CARD W plus L 入会申込フォームより)

受付番号が配布されます。スクリーンショットか写真、メモなどを取っておきましょう。
このまま、付帯サービスの設定になります。赤い「付帯サービスの設定画面へ」をクリックします。

JCB公式サイト
▲ JCB公式サイト (JCB CARD W / JCB CARD W plus L 入会申込フォームより)

スマリボなどの設定をおこないます。スマリボはショッピング一回払いの利用が全てリボ払いになるサービスです。スマリボに登録で1,000円、期間内にスマリボで60,000円以上利用すると4,000円のキャッシュバックになり、合計で、最大5,000円のキャッシュバックがあります。

JCB公式サイト
▲ JCB公式サイト (JCB CARD W / JCB CARD W plus L 入会申込フォームより)

  • スマリボへの登録の有無
  • 携帯料金の支払い申し込み
  • JR東海エクスプレス予約サービスの申し込み
  • J-Basketへの申し込み
  • ETCを申し込むかどうか
  • QUICPayを申し込むかどうか
  • 家族カードを申し込むかどうか

入力ができたら、赤い「確認画面へ」をクリックします。

JCB公式サイト
▲ JCB公式サイト (JCB CARD W / JCB CARD W plus Lより)

入力されている情報に間違いがないか確認しましょう。間違いが無ければ、青い「申し込む」ボタンをクリックします。

JCB公式サイト
▲ JCB公式サイト (JCB CARD W / JCB CARD W plus Lより)

以上で申し込みは完了です。再度、入会受付番号が表示されています。念のため、もう1度メモをしておきましょう。

JCB公式サイト
▲ JCB公式サイト (JCB CARD W / JCB CARD W plus Lより)

私はこの手順で10~20分ほどで、最後まで入力ができました。JCBが提供しているサービスなどの内容はあらかじめ把握していなければ、時間がかかってしまいます。
JCB CARD Wの申し込みについて、不明な点や不安なことがある場合は、迷わずお問い合わせしましょう。お問い合わせする際は、以下のJCB窓口へ電話でのお問い合わせとなります。

JCB入会ご案内専用ダイヤル 0120-015-870

携帯電話 0570-015-870(有料)
受付時間 9:00AM~5:00PM 日・祝・年末年始休
※電話番号は、お間違いのないようおかけください。

少しでも、JCB CARD Wを申し込む手助けになれば幸いです。

まとめ

  1. WEB限定の申し込みで、スピーディに審査が終了。その期間、最短でたった3営業日
  2. 年収100万円程度、安定した収入があれば良い。
  3. 審査する際に、ブラックリストに載っていなければ、なお良い。

JCB CARD Wは、「はじめてのクレジットカードにオススメ」のクレジットカードです。
申し込み資格が高校生以外の18~39歳までと、若年層向けであるがゆえに、審査は甘くなっています。新社会人などで収入に不安がある人にはもってこいな条件です。さらに、入会キャンペーンやポイントの還元率など多くのメリットがあります。
年齢などの条件が合う人は、迷わず申し込むことをオススメします。

JCB CARD Wカードの基本情報

カード名 JCB CARD W
申込み資格 18歳以上39歳以下であり、高校生ではないこと
提携カード JCB
利用可能額 公式サイト参照
審査時間 最短3日(通常1週間)
発行時間 最短3日(通常1週間)
入会金 無料
年会費 無料
支払い方式 公式サイト参照
分割払い(年率) 公式サイト参照
リボ払い(年率) 公式サイト参照
キャッシング(年率) 公式サイト参照
遅延損害金(年率) 公式サイト参照
担保 不要
保証人 不要
必要書類 運転免許証・健康保険証・パスポートなどのいずれか
金融機関名 株式会社ジェーシービー
住所・所在地 東京都港区南青山5丁目1-22
青山ライズスクエア
電話番号 0120-015-870
貸金業登録番号 関東財務局長 (12)第00183号
新規お申込はこちら >>> JCB CARD W

JCB カード W

JCB カード W
国際ブランド
年会費
ポイント還元
発行期間
初年度
2年目〜
無料
無料
1%
最短3日
  • 年会費無料で作りやすく、持ちやすい1枚!
  • 還元率が常時1%でポイントが貯まる!
  • 海外での保険も充実していて安心!

 



この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。
                     

コメントを残す