新しい法人カードJCB CARD Bizは2月17日から!

[最終更新日]2020/02/17


「JCB CARD Bizっていう新しいカードが出るって聞いたけれど、どんなカードなの?」「法人カードで業務効率化を狙っているけど、いいカードはないかな?」

2020年2月17日、JCBは新しい法人カードであるJCB CARD Bizの募集を開始します。
JCB CARD Bizは従来のJCB法人カードの利点に加えて、発行の利便性もあがったためビジネスカードの発行を考えている方にとっては見逃せない1枚です。

なぜなら、JCB CARD Bizは法人の本人確認書類の提出が不要なため、入会手続きが簡単です。
また、多様な支払い方法も選べるようになっているため、より業務を効率的に進めることができます。

ここでは、JCB CARD Bizの特徴やメリット・デメリットだけでなく、お得にカードを利用していくためのキャンペーンも紹介していきます。

読み終えていただければ、JCB CARD Bizをお得で便利に使うことができますよ!
この記事を参考に、ぜひJCB CARD Bizでより業務の能率を上げていきましょう。

JCB CARD Biz(一般)

JCB CARD Biz(一般)
国際ブランド
年会費 
ポイント還元
発行期間
初年度
2年目〜
1,375円(税込)
1,375円(税込)
0.01%
通常2~3週間程度
  • 法人の本人確認書類不要!カンタン申し込み!
  • QUICPay、Apple Pay、Google Pay利用可能
  • 個人カード感覚で利用可能ながら、法人会員向けサービスも付帯

JCB CARD Bizってどんなカード?


「JCB CARD Bizって新しいカードができるらしいけど、今までの法人カードと何が違うの?」「法人カードに興味がある!」
JCBカードが、2020年2月17日から新たに発行受付を開始するJCB CARD Bizは、法人代表者または個人事業主向けのカードです。
法人カードはビジネスカードとも呼ばれていたりします。
主に会社の経費を支払うためのカードです。

最近ではプライベートでもクレジットカードを使う方も多いと思いますが、ビジネスカードを導入することで、現金を扱う手間がなくなり業務の効率化を狙えることから、法人カードは現在かなり注目されています。
たとえば、出張に行く際に新幹線をやホテルの代金を先に支払って領収書と引き換えに後日現金で調整するなんてこともありますよね。
ビジネスカードを使ってwebサイト上から新幹線やホテルの代金を支払うことで、こうした手間を削減することができます!

JCBはすでに法人カードも発行していますが、今回新たに発行するJCB CARD Bizはどんな特徴を持っているのか気になりますよね。
ここでは、JCB CARD Bizにどんなメリットがあるか紹介していきます。
JCB CARD Bizについて知りたいと考えている方は、必見ですよ!

①法人の本人確認書類不要で手軽に発行可能

JCB CARD Bizは、申し込みの際に法人の本人確認書類の提出が不要であるため、簡単に発行できます。

従来の法人カードでは、申し込み者本人の本人確認書類のほかに、法人の本人確認書類が必要でした。
法人の本人確認書類とは、現在事項全部証明書か、履歴事項全部証明書のいずれか1点の発行日から6か月以内の原本またはコピーの提出が求められます。

現在事項全部証明書と履歴事項全部証明書とは、法務局に登録されている会社情報が載っている証明書のことです。
いわば会社の住民票や戸籍謄本みたいなものですね。

現在事項全部証明書や履歴事項全部証明書は、法務局に申請し、取得しなければ提出できません。
申請方法は、オンライン、直接窓口で請求する、郵送、の3つの方法があります。
取得の際には手数料がかかり、最も安いオンライン請求でも480円の手数料が必要です。
しかも、手数料を支払うためには収入印紙の購入が求められます。

このように、法人カードを申し込むためには、通常の個人用クレジットカードと違って用意する書類が増えますし、用意する際にも手間がかかるため、正直言ってめんどうだと感じてしまいますよね。

しかし、JCB CARD Bizは申し込み者本人の本人確認書類のみで申し込みが可能です!
こうした準備の手間が省けることは、日々のお仕事で忙しい方にとっては非常にうれしいですよね。
また、webサイト上から簡単に申し込みできる点も、個人向けのクレジットカードと変わりありません。
こうした発行の手軽さはJCB CARD Bizの大きな特徴です。

②リボ払いや分割払いなど支払い方法が選択可能

JCB CARD Bizは、リボ払いや分割払いなどの支払い方法が選択可能です。

法人カードは、一般的には一括払いが基本です。
従来のJCB法人カードでは、一括払い、2回払い、ボーナス払いに対応しています。
JCB CARD Bizは、これらの支払い方法に加えてリボ払いと分割払いにも利用できますから、個人利用のクレジットカードと変わりありません。
リボ払いと分割払いは、手数料がかかる点やいつまで支払いが続くのかわかりづらいといったデメリットもありますが、出金管理がしやすくなるといったメリットもあります。

③QUICPay、Apple Pay、Google Payが利用可能

JCB CARD Bizは、QUICPay、Apple Pay、Google Payが利用可能です。

最近は、スマートフォンでお会計をするという方も増えてきているのではないでしょうか。
QUICPay、Apple Pay、Google Payを利用する際には、いずれも対応しているクレジットカードをアプリ等に登録することで、お手持ちのスマートフォンをお財布のように使うことができます。
特に、「乗りたい電車の発車時刻が迫っているけどコンビニで買い物をしたい!」というときは、スマートフォンをかざすだけでお会計が完了するため重宝します。

従来のJCB法人カードでは、Apple Pay、Google Payに対応していないため、スマートフォン決済ができませんでした。
また、QUICPayには対応していましたが、利用には追加カードの発行が必要だったため、やはりスマートフォンでの決済に対応したビジネスカードではありませんでした。
しかし、JCB CARD Bizは、QUICPay、Apple Pay、Google Payに対応していますので、スマートフォンでの決済が可能です。
「寒い時期はちょっと手がかじかんで小銭を出すのが大変…。」
といったときにはとっても助かります。

④既存のJCB法人カードとの違いは?

JCBでは、今回新たに発行する「JCB CARD Biz」のほかにも、すでに法人向けのクレジットカードを発行しています。
どちらも会社の経費で管理するクレジットカードという点では共通していますが、どのような違いがあるのか気になるところですよね。
ここでは、JCB CARD Bizと既存のJCB法人カードの違いについて簡単に紹介していきますね。

★JCB CARD Bizと既存のJCB法人カードの違い
JCB CARD Biz JCB法人カード
デザイン
年会費 一般
1,375円(税込)
ゴールド
11,000円(税込)
プラチナ
33,000円(税込)
一般
1,375円(税込)
ゴールド
11,000円(税込)
プラチナ
33,000円(税込)
複数発行の場合の年会費 代表者本人のみのため複数発行不可 1,375円(税込) 3,300円(税込) 6,600円(税込)
申し込み方法 web web/紙申し込み
申し込み対象者 法人代表者または個人事業主
※20歳(プラチナのみ25歳)以上の方が対象
法人または個人事業主
※カード使用者の方は18歳以上の方が対象
決済口座 【法人代表者の場合】…法人口座、個人口座
【個人事業主の場合】…屋号付き口座、個人口座
【法人の場合】…法人口座
【個人事業主の場合】..屋号付き口座、個人口座
追加カード ETCカード(1枚のみ)・QUICPay ETCカード(複数枚)・QUICPay
スマートフォン決済 Apple Pay
Google Pay
設定不可

大きな違いとして挙げられる点は、従業員カードが発行できるかどうかです。
既存のJCB法人カードでは、会社内で何枚も同じカードを使うことができますが、JCB CARD Bizは代表者のみが持つことができるカードとなっています。
そのため、ETCカードも1枚のみ発行が可能です。

今回新たに発行するJCB CARD Bizは、あくまで法人代表者や個人事業主向けのクレジットカードです。
書類としては提出不要ですが、申し込みできるのは青色申告や白色申告を行っている人が対象です。
また、サラリーマンとして働いている方でも副業として事業を営んでいる方であれば申し込み可能です。
しかし、親の事業を手伝っているが代表権は持っていないということであれば申し込みは不可です。

また、JCB CARD Bizの方が利用できる年齢が引き上げられている点も注意しましょう。

申し込みは2月17日から!今すぐJCB CARD Bizに申し込むメリットとは?


JCB CARD Bizは、2020年2月17日から申し込み受付を開始します。
JCB法人カードに比べて使い勝手が大幅に向上したJCB CARD Bizですが、「使った人の様子を見てから自分は申し込もうかな…」と申し込みに踏み切れない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実は、JCB CARD Bizは3月31日までのいろいろな期間限定キャンペーンを開催します。
カードの受け取りまでに2~3週間かかることを考慮すると、キャンペーンをお得に利用できる期間は1か月間ほどしかありません!
ここでは、そんな見逃せないJCB CARD Bizのお得なキャンペーン情報を特集します。
申し込みに悩んでいる方も思わず「これはお得だな。」と感じるキャンペーン内容があるはずですよ!
この機会を逃さないように、ぜひチェックしてくださいね。

①3月31日までの入会で最大15,000円分のギフトカードプレゼント!

2020年3月31日までにJCB CARD Bizに新規入会すると、最大で15,000円分のJCBギフトカードがプレゼントになります!

このギフトカードキャンペーンでは、カードのランクによってもらえるギフトカードの金額が違うため、よく確認しておきましょう。
また、各カードで入会の翌月までに2万円以上(税込)利用すると、さらに2,000円分のギフトカードがプレゼントされます。

★JCB CARD Bizの新規入会ギフトカードキャンペーン
一般 ゴールド プラチナ
券面
年会費 1,250円(税別) 10,000円(税別) 30,000円(税別)
新規入会でもらえるJCBギフトカード(3月31日まで) 5,000円 10,000円 13,000円
入会翌月までに2万円以上利用(4月30日まで) JCBギフトカード 2,000円分
公式サイト https://www.jcb.co.jp/corporate/houjin/biz.html

このキャンペーンでは、一般カードでは年会費4年分に相当するギフトカードをゲットできるので、非常にお得ですね!

ギフトカードのキャンペーン対象となるのは、3月31日までにJCB CARD Bizの入会受付を済ませ、4月30日までにカードが発行された場合のみです。
年度末の忙しい時期では、バタバタしていてカードの申し込みを忘れてしまうなんてこともありますから、早めの入会手続きをおすすめします。

②3月31日までの入会&申し込みで弥生会計オンラインが初年度0円で利用可能!

JCB CARD Bizに3月31日までに入会し、同日までにキャンペーンページより弥生会計オンラインに申し込みすると、初年度0円で利用できます

弥生会計オンラインは、経理に関する業務の効率化ができるクラウド会計ソフトです。
Macでも使えることから、非常に注目されています。
通常では20,000円を超える年間利用料を支払う必要がありますが、JCB CARD Bizのキャンペーンを利用すると初年度の利用料が無料になります。

弥生会計オンラインの年間利用料

  • セルフプラン…28,600円(税込)
  • ベーシックプラン…33,000円(税込)

弥生会計オンラインでは、通常時でも2か月の無料体験がついています。
そのため、今回のJCB CARD Bizのキャンペーンと組み合わせることで、最大14か月間無料で利用することができます。

こちらの弥生会計のキャンペーンを利用する場合は、JCB CARD Bizの発行後手続きが必要になります。
カードが発行されたら、会員専用webサービス「My JCB」のお知らせ欄に弥生会計のキャンペーンに関する案内が表示されますのでそちらに進みましょう。
キャンペーン特設ページから弥生会計オンラインに申し込む際に、キャンペーンページに記載されているクーポンコードを入力し、決済金額が0円であることを確認できたら、必要事項を入力し、弥生会計オンラインへの申し込みを完了させます。
これで準備は完了です。

「来年度からは、業務の効率化をぐっと推し進めていきたい!」と考えている方は、さらにお得にビジネスをすすめていくスタートを切れますね!

③3月31日までポイント優待対象店でのカード利用でOki Dokiポイント10倍!

3月31日までにポイント優待対象店でJCB CARD Bizを利用すると、Oki Dokiポイントの還元率が通常時の10倍になります!

Oki Dokiポイントとは、JCBカードの利用で貯められるポイントです。
通常1,000円(税込)の利用で1ポイントためることができます。
ポイント有効期限は、カードのランクによって2年~5年に設定されています。

Oki Dokiポイントの有効期限

一般カード…獲得月より2年間
ゴールドカード…獲得月より3年間
プラチナカード…獲得月より5年間

いつどれくらいポイントを獲得し、いつ有効期限を迎えるのかは、会員専用webサービス「My JCB」へログインすると確認できます。

貯まったOki Dokiポイントは、商品と交換したり、お買い物で1ポイント=1円として利用したりできます。
また、500ポイント以上ためると、1ポイントあたり3ANAマイルと交換することもできます。 
一度に1500ANAマイル獲得できるのはうれしいですよね!
参考までに、羽田ー札幌間を往復するときに獲得できるマイルは、1020マイルです。
出張で飛行機を使う機会が多く、マイルをためているという方は見逃せないですね。

こちらのポイント10倍アップキャンペーンを利用する際には、事前のエントリーが必要です。

JCB CARD Bizポイント10倍アップキャンペーンのエントリーの流れ

JCBオリジナルシリーズ専用サイトで、ポイント優待対象店ごとにキャンペーン参加登録
参加登録したポイント優待対象店でJCB CARD Bizを利用

ポイント優待対象店には、コンビニや百貨店、ドラッグストア、飲食店などがあります。
レンタカーや駐車場の利用も対象になる店舗もありますから、業務で車に乗る機会が多いという方も見逃せないですね。
キャンペーンの詳細や、その他のポイント優待対象店については、JCBカードキャンペーンページをチェックしてくださいね!

ポイント10倍キャンペーンで獲得したOki Dokiポイントが付与されるのは、5月25日前後の予定です。
通常のお買い物のポイント付与時期とはずれるため、注意しましょう。

さらに、こちらのポイント10倍キャンペーンは、3月31日利用分までが対象となる点に注意してください。
できるだけ早く申し込みをすることで、お得に買い物できる期間が長くなりますよ!

④4月30日までの発行で初年度年会費が無料

JCB CARD Bizを2020年4月30日までに発行すると、一般カードとゴールドカード初年度の年会費が無料になります。

★JCB CARD Bizの年会費
一般 ゴールド プラチナ
券面
年会費 1,250円(税別) 10,000円(税別) 30,000円(税別)

特に、ゴールドカードが無料で持てる点には注目です。
JCB CARD Bizには、海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険がついていますが、一般カードでは保険は利用付帯となっています。
そのため、旅行代金などをJCB CARD Bizで支払っていないと万が一旅行先でトラブルに遭ってしまったとしても保険でカバーされません。

これに対し、JCB CARD Bizのゴールドカードでは、海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険ともに自動付帯となっています。
そのため、JCB CARD Bizを持っているだけで保険の対象となるのです。
また、最高保険金額は一般カードでは3,000万円のところ、ゴールドカードは最大1億円です。
これは、出張などでお出かけする機会が多い方には見逃せませんね。

JCB CARD Bizを利用する上での注意点


JCB CARD Bizは、従来のJCB法人カードがもつメリットに加えて発行の手間を省略できたり、発行記念のキャンペーンを開催していて、非常にお得なカードです。
しかし、従来のJCB法人カードとは多少使い勝手が違っていたり、人によっては少し不便さを感じる点もあります。
ここでは、JCB CARD Bizのデメリットとなり得る点について紹介していきます。
JCB CARD Bizへの申し込みを検討している方は、ぜひこちらも参考にしてくださいね。

①使用者カードの追加は不可能

JCB CARD Bizでは、使用者カードの発行ができません
法人代表者または個人事業主のみが使えるクレジットカードになります。

使用者カードとは、一般的な個人のクレジットカードの家族カードに該当するものです。
カードとしては別々ではありますが、利用料金は本会員の口座にまとめて請求されます。
そのため、社員一人一人に使用者カードを渡し各々で業務上の出費をカードで管理してもらい、会社の口座からまとめて引き落としてしまえば、現金や領収証のやり取りが減り業務の効率化を期待できます。

従来のJCBの法人カードでは、使用者カード1枚ごとに年会費を支払うと使用者カードを発行することができました。
しかし、JCB CARD Bizは使用者カードを発行することができません。
そのため、従業員が何人もいるから法人カードを作って出費を管理したいと考えているケースには対応できません。

②カード発行日数は1週間から3週間かかる

JCB CARD Bizの発行日数は、1週間から3週間かかります。
通常では2~3週間ほどかかります。
ただし、個人口座名義でオンライン口座設定を行った場合は、1週間程度で手元にカードが届く可能性があります。

法人カードの発行は、個人カードの発行に比べて時間がかかります。
これには、「利用限度額が大きくなること」「法人の審査を行うこと」「郵送手続きが必要になること」の3つが原因として挙げられます。

利用限度額が大きくなること

仕事で使うとなると、利用限度額は大きくなりますよね。
クレジットカードの利用限度額は、利用者の返済能力や信用に基づいて判断した毎月貸すことのできる金額を示すものです。
利用限度額が大きくなれば、それだけいくら貸すのかという判断に慎重になります。
そのため、審査に時間がかかってしまうのです。

法人の審査を行うこと

個人のクレジットカードでは、個人の返済能力などを審査しますよね。
法人カードでは、法人つまりは会社の返済能力を審査します。
個人の審査とは違った審査をするため、時間がかかってしまうんですね。

郵送手続きが必要になること

法人カードを発行する際には、webサイト上で手続きを完了させることができず、郵送による手続きが必要になります。

以下は、JCB法人カードの受け取りまでの流れです。
JCB CARD Bizのカード発行までの参考にしてください。

JCB 法人カードの受け取りまでの流れ

webサイト上から入会申し込み
審査通過
カード入会申込書(自署・捺印届)を郵送
契約書類の郵送
カード発行

法人カードの発行までには、何度か郵送での書類のやり取りが必要になります。
このため、どうしても時間がかかってしまうんですね。
キャンペーン期間を有効に使うためには、早く申し込みすることが一番です。

③一般カードの旅行保険は利用付帯

JCB CARD Bizの一般カードでは、旅行傷害保険は利用付帯となっています。
そのため、旅行代金をJCB CARD Bizで支払っているなどの方法をとらないと保険の対象になりません。
ゴールドカード、プラチナカードでは旅行保険は自動付帯となっています。

個人カードの評価と、法人カードの評価は関係ない

長くJCBのクレジットカードを使っている人であれば、カードのランクを気にしているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
同じJCBのカードですので、JCB CARD Bizでも利用実績を積めば、個人宛にインビテーションが届くのでは、と期待される方もいるかもしれません。
個人カードの評価と、法人カードの評価には関係がありません

そのため、JCB CARD Bizを保有して会社の経費で利用する機会が多かったとしても、その実績が認められて個人で保有しているJCBカードにインビテーションが届くといったことはありませんし、その逆もありません。
同様に、高いグレードの個人カードを持っていても、JCB CARD Bizには関係がありません。
複数の種類のJCBカードを利用しているという方は、頭の片隅に入れておきましょう。

まとめ

  1. 2020年2月17日JCB CARD Bizという新カードの募集開始
  2. JCB CARD Bizの特徴
    • 法人の本人確認書類が提出不要で発行可能
    • リボ払い分割払いも選択可能
    • QUICPay、Apple Pay、Google Payに登録可能
  3. JCB CARD Bizの新規入会キャンペーン
    • 3月31日までの入会で最大15,000円分のギフトカードプレゼント
    • 3月31日までの入会&申し込みで弥生会計オンラインが初年度0円で利用可能
    • 3月31日までポイント優待対象店でのカード利用でOki Dokiポイント10倍
    • 4月30日までの発行で初年度年会費が無料
  4. JCB CARD Bizのデメリット
    • 使用者カードの追加は不可能
    • カード発行日数は1週間から3週間かかる
    • 一般カードの旅行保険は利用付帯

JCBカードは、2020年2月17日からJCB CARD Bizという新たな法人カードの発行を行います。
従来のJCB法人カードより発行手続きが簡単になった点や、多くの支払い方法が選べることが大きな特徴です。
また、JCB CARD Bizのお得な新規入会キャンペーンは多くが3月31日までの開催となっていることから、早めの申し込みがおすすめです。
JCB CARD Bizは、法人代表者や個人事業主向けの法人カードであるため、それ以外の人にとってはデメリットとなる点もあります。
JCB CARD Bizに興味を持った方は、ぜひこの記事を参考にお得にカード発行してくださいね!

JCB CARD Bizの基本情報

カード名 JCB CARD Biz
申込み資格 法人代表者または個人事業主
※20歳(プラチナのみ25歳)以上の方が対象
提携カード JCB
利用可能額 70万円~300万円
審査時間 最短1週間
発行時間 最短1週間
入会金 無料
年会費 1,375円(税込)~
支払い方式 1回払い、2回払い、ボーナス払い、分割払い、リボ払い
分割払い(年率) 公式サイトをご覧ください。
リボ払い(年率) 公式サイトをご覧ください。
キャッシング(年率) 公式サイトをご覧ください。
遅延損害金(年率) 公式サイトをご覧ください。
担保 不要
保証人 不要
必要書類 運転免許証・健康保険証・パスポートなどのいずれか
金融機関名 株式会社ジェーシービー(JCB Co., Ltd.)
住所・所在地 〒107-8686
東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
電話番号 0120-392-739
貸金業登録番号 関東財務局長 (12)第00183号
新規お申込はこちら  >>> https://www.jcb.co.jp/corporate/houjin/biz.html

JCB CARD Biz(一般)

JCB CARD Biz(一般)
国際ブランド
年会費 
ポイント還元
発行期間
初年度
2年目〜
1,375円(税込)
1,375円(税込)
0.01%
通常2~3週間程度
  • 法人の本人確認書類不要!カンタン申し込み!
  • QUICPay、Apple Pay、Google Pay利用可能
  • 個人カード感覚で利用可能ながら、法人会員向けサービスも付帯


この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。
                     

コメントを残す