彼女にお金を借りる前に考えるべき3つの賢い選択肢とは?

[最終更新日]2018/08/23

こんにちは!ライターのmiyamotoです!今回は、彼女にお金を借りる前に考えるべき選択肢についてお伝えしたいと思います。

acom-cashing01

身の回りにいる親しい人は、あなたが困っている時にいろいろな相談にも乗ってくれるものです。

しかし、金銭の問題に関してはあまり相談したくない、相談しにくい、または、相談するのが怖いこともあるでしょう。

その感覚は多くの人が感じるものであり、実際に相談したがゆえに壊れてしまう仲もあります。

ましてや彼女に対して「お金を貸してほしい」と言うのは抵抗がありますね。

そういった行動を起こす前に、それをしないで済むような賢い方法を3つだけご紹介いたします。

女性である私も彼氏にお金を貸したことが何度かありますが、その後は様々なトラブルが起こり、その着地点はお互いにあまり快適ではない場合もありました。

皆様にはそのような事態になる前に以下の方法でなんとか乗り切っていただきたいものです。

彼女にお金を借りるということは

世間を眺めてみると、一般的にお金を貸す時の心構えのようなものはよく耳にしますが、お金を借りる時の気持ちの話にはあまり深く追求しない傾向があるように感じられます。

「お金を貸したらあげたと思え」や「貸すなら返ってこなくてもいいと思える金額だけにしろ」などという若干乱暴にも感じられる考え方は、日本人に古くからある風潮です。

日本人の美徳として、人の良心を信じて鷹揚に振舞うやり方がまかり通ってきた証のようなものであり、人情による「困ったときはお互い様」という風潮の表れでもあります。

しかし、借りた方に対する心構えのようなものを表す言葉というのは、今も昔もあまり耳にはしません。

そのため(?)親しい人からお金を借りることで起こりうるリスクや「やらなければいけないこと」などを想像できずに、気軽に大切な人からお金を借りる人が多くなっています。

それによって、借りたものを返せずに間柄がギクシャクしてしまったり、貸した側が昔からの風潮によって「返してほしい」と言えずに悶々とするなどの人間関係のトラブルに発展するケースも起こっているようです。

彼女にお金を借りるということは、こうした関係悪化の原因にもなるものであるということを深く認識しておいて下さい。

彼女にお金を借りる前に考えたい3つの選択

お金の貸し借りのトラブルで大好きな彼女を失うことのないように、まず考えたい3つの方法をご紹介いたします。

親・兄弟から借りる

誰か親しい人からお金を借りなければいけないという場合にのみ、お伝えしたい方法が「親・兄弟」など血の繋がった人から借りるという方法です。

彼女とは別れたら縁が切れてしまいますが、親兄弟は縁が切れることがありません。

また、もっとも自分を信頼してくれている人でもあり、何があっても助けてくれる(可能性が高い)人たちです。

親兄弟に頭を下げるのは恥ずかしいとしても、将来の伴侶となるかも知れない彼女とのトラブルを回避するためなら仕方ないと割り切れないでしょうか。

それ以外でも、親身になってくれる親族などに相談してみると良いでしょう。

持ち物を売ってみる

金額にもよりますが、自分の持っている換金出来そうな品物を売ってしまうという方法でもお金を手にすることができます。

この方法であれば、ものは失いますが返済する必要もなく安心して調達した資金を使うことが可能です。

時計や貴金属、ブランド品やビンテージものの衣類や雑貨など、意外とお金になるものは身の回りにあるはずです。

自分には価値がないものでも、広く購入者を募ることで価値や需要が見出されることもあるため、オークションサイトやフリーマーケットなどを利用してみると良いでしょう。

売るものがない場合でもチャンスが

売るものがない場合でも、自分のスキルを売るという方法があります。

自分の技術を生かした副業を行ってお金を稼ぐことは時間に余裕がある場合に試したい方法です。

また、事業資金を集めたい場合には、クラウドファウンディングなどを利用して出資者を募ることもできます。

業者で借りる

お金をすぐに必要としている場合には、「借りる」という方法が一番早いでしょう。

その場合でも、親しい人から借りるのではなく業者などを利用することで人間関係を保つことができます。

業者で借りる方法にもまた、3つの選択肢をご用意いたしました。

金利はかかりますが、借りる先を選ぶことでその利率を抑えることもできますので、慎重に判断してみましょう。

消費者金融のカードローンを利用する

消費者金融のカードローン、キャッシングは、スピード面でメリットが高く、金利面ではデメリットが高いものです。

ただし、金利は無利息期間を持つ業者もあるため、短期間の借り入れで済む場合(すぐに返済できる場合)にはこうしたサービスも利用すると良いでしょう。

借入できる金額は、それぞれの業者によって違いますし、その人の年収などによっても変わってきます。

銀行のローンを利用する

銀行のローンは、スピード面では遅い傾向があり、金利面では消費者金融よりもメリットが高いものです。

銀行では審査を慎重に時間をかけて行い、比較的低金利で貸付を行っています。

時間に余裕がある場合には、審査を申し込んでみると良いでしょう。

目的によらず借りられるのは、「フリーローン」や「カードローン」です。

公的融資も探してみる

業者とは違いますが、国や都道府県などの自治体でも貸付を行う制度があります。

頼れる親族などがいなかったり、本当にお金に困っている人、事業資金が必要な人などに利用可能です。

条件にもよりますが、以下のような制度があり、困った時の助けになっています。

  • 「生活福祉資金貸付制度」
  • 「求職者支援資金融資」
  • 「父子福祉資金貸付」
  • 「年金担保融資制度」
  • 「緊急小口資金貸付制度」

中でも比較的自由度が高く、借入可能となりやすいのは、「緊急小口資金貸付制度」でしょうか。

連帯保証人不要、また無利子での利用が可能な融資制度であり、緊急性の高い生活困窮への対応が可能です。

市区町村の社会福祉協議会が相談窓口になっています。

彼女にお金を借りる前にあらゆる手段をチェックして

彼女にお金を借りて、その仲が不穏になるくらいなら、他にもいろいろな手立てがあるはずです。

ここでご紹介した3つの選択肢を元にしつつ、自分に合った方法で乗り切ってみて下さい。

もしも、それでも彼女からしか借りられない場合には、真摯に返済を行って彼女に不安や不信感などを与えないようにしましょう。

彼女にお金を借りる前に最終手段を試せ!

『彼女にお金を借りる=男を捨てる』と思ってください。

正直言ってこのような行為を行う人は、男の恥です。

そんな結末にならなくても良いように、まずは消費者金融からキャッシングしてみましょう!

きちんと審査をしてくれるアコムがオススメです。

3秒診断で事前に借入可能なのかをチェックできるので、まずは試してみましょう。

 たった3項目の3秒診断で事前に借入可能かどうかをチェック可能! 

プロミス同様にアコムもたった3項目の入力、『生年月日』『年収』『現在の借入額』で事前に借入が可能かどうかをチェックすることができます。

この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。

コメントを残す