教育ローン審査に通らない理由と通りやすい業者の選び方とは?

[最終更新日]2018/10/14

『教育ローンを借りないと子供が学校にいけない』とお悩みの方!教育ローン特有の審査基準や審査の流れを理解し、自分にあったローン選びをすれば借入できる可能性も高まります。当記事では審査について徹底解説し、おすすめの教育ローンをピックアップしました!

この記事の目次

教育ローンの審査基準は国と銀行どちらが厳しい?

教育ローン,審査基準,国,教育,どちら

教育ローンは、が融資しているものと民間の金融機関が融資しているものの大きく2種類に分かれます。

審査内容審査基準がやや異なるものの、どちらの教育ローンにもそれぞれメリットやデメリットがありますので、家庭の状況や資金使途に合った教育ローンを選んでください。

国の教育ローン審査は所得が低い人でも安心

国の教育ローンは学びたい人を幅広くサポートすることを目的としています。収入が少なくても利用できるしくみになっています。

収入要件だけを見ると審査が甘いように思えますが、国の教育ローンの審査で調査されるのは年収だけではありませんし、所定の審査基準を満たなければ当然融資は受けられません。

銀行の教育ローンは国の教育ローン審査より厳しい

銀行の教育ローンは国の教育ローンとは異なり、一定以上の収入がなければ申込すらできないこともあり、年収勤続年数重視する傾向にあります。

より高い経済力を要求される銀行教育ローンの方が国の教育ローンと比べて審査は厳しいといえるでしょう。

国の教育ローンと銀行の教育ローンの違いは?それぞれの特徴を比較

教育ローン,特徴,国,銀行,比較,違い

  国の教育ローン 銀行教育ローン
限度額 350万円
(海外留学の場合は最大450万円)
300万円~1,000万円程度
金利 固定金利のみ:1.76% 3%~4%程度

変動金利を選択すると若干低くなる

融資までにかかる時間 20日間程度 数日~10日間程度
(銀行よって異なる)
返済期間 最長15年 最長10年~15年程度
合格前の申し込みの可否 申込可 申込可であることが多い

※金利は2018年5月現在

 国の教育ローン

 金利が低く固定金利のみ

 日本政策金融公庫支店以外に、銀行信用金庫農協などでも受け付けをしている

 銀行の教育ローン

 担保を用意すれば低金利で利用できる、あるいは限度額が大きくなる場合もある

 変動金利固定金利選択できるようになっている

民間の教育ローンは都市銀行や地方銀行などの銀行の他、信用金庫や信用組合、JA、信販会社などが取り扱っています。

地方銀行や信金などでは、居住地制限がかかることもありますので事前に条件をチェックしておきましょう。

  金融機関名 居住地制限の有無
都市銀行 三菱UFJ銀行

みずほ銀行

三井住友銀行

なし
ネット銀行 楽天銀行、住信SBIネット銀行など なし
地方銀行 スルガ銀行など なし
福岡銀行、横浜銀行など あり
千葉銀行など あり

居住地外でも子供の進学先がエリア内ならOK

ろうきん 中央ろうきん、東海ろうきんなど あり
(居住地を管轄するろうきんのみ申込可)
信用金庫 京都中央信用金庫

城南信用金庫など

あり
信販会社 オリコ

セディナ

ジャックスなど

なし

国の教育ローン・銀行教育ローンの審査基準を比較

国の教育ローン,銀行の教育ローン,審査基準,比較,比較表

 

国の教育ローンと銀行の教育ローン、各々の審査基準についても見ていきましょう。

【審査基準】国の教育ローン・銀行の教育ローン【比較表】

  国の教育ローン 銀行教育ローン
年収 子供が一人の場合
世帯年収(世帯主、配偶者の収入合算)の上限額は790万円
重視される項目

金融機関によって最低年収を明記している

勤続年数 重視されない 重視される
信用情報 重視される 重視される
連帯保証人の有無 必要

連帯保証人が見つからない場合は機関保証(教育資金融資保証基金)を利用する

保証会社の保証を受けるので不要であることが多い
他社借入の有無 重視される 重視される
その他特徴的な審査基準 低年収世帯などへの優遇策あり 金融機関によって異なる

国の教育ローンの審査基準

国の教育ローンは、年収下限や最低勤続年数は特に明記されていませんが、年収が一定の基準よりも高くなると利用できなくなります。

また、連帯保証人を立てられない場合は保証料が別途必要ですが機関保証を利用できます。

信用情報、他社借入の有無は審査で最も重視される項目です。
信用情報にキズがあったり、他社からの借入が多ければ審査に通過するのは厳しいでしょう。

銀行の教育ローンの審査基準

銀行の教育ローン審査は、申込者の年収や勤続年数が重視され、一定以上収入勤続年数がないと申し込みできない場合もあります。

また、銀行の教育ローンでは連帯保証人は要らない代わりに保証会社の保証を受けるケースがほとんどです。
信用情報、他社借入の有無は国の教育ローンと同じように審査では非常に重視されます。

 おすすめの教育ローン比較人気ランキング
 銀行カードローンの審査基準と難易度ランキング

教育ローン審査に通らない人の特徴

国の教育ローン,銀行の教育ローン,通らない人,落ちる人,特徴

国や銀行の教育ローンに通らない人には、共通点があります。

その特徴とは何か、どうして審査落ちしてしまうのか説明します。

親の信用情報がブラックだと子供の教育ローンは借りられない

教育ローンの審査で最も重視されるのは申込者の信用情報です。

信用情報には申込者の過去数年間の返済履歴が全て記録されており、そこに長期延滞などの事故情報(異動情報)記載されていればその時点で審査落ちします。

「契約通りに返済できない人には融資できない」と金融機関が判断するのは、当然のことですよね。

一般的に、子供の教育ローンの契約者は親であることが多いのですが、親がブラックリスト入りしていると子供の教育ローン審査には通りません。

教育ローンだけではなく、すべてのローン審査は、信用情報にキズがないことが大前提になります。金融機関との取引では必ず契約通りに返済を行いましょう。

信用情報機関とは?カードローン審査との関係
2018.02.28

異動とは?信用情報機関に記録された異動記録はいつ消える?
2018.03.26

カードローンの審査落ちに配偶者(夫・妻)の信用情報は影響する?
2018.06.04

公共料金を滞納してもブラックになる?信用情報に傷がつく条件

信用情報に事故情報が登録される条件は以下のものがあります。

信用情報の登録内容 事故情報の保存期間
長期延滞(2~3ヶ月以上) 5年間
債務整理(任意整理・自己再生・特定調停) 5年間
自己破産 10年間
強制解約、代位弁済 5年間

2日~3日程度の遅延も、繰り返されれば事故情報として信用情報機関に報告される場合があります。

電気・ガス・水道などの公共料金の滞納は、基本的には事故情報に登録されません
これらの料金をクレジットカードで支払っている場合は、延滞情報として掲載されてしまいます。

また、同じ理由で増えているのが携帯電話料金の滞納によるブラックリスト入りです。

スマホなどの機種代金を分割払いにして毎月の通信料とともに支払いしている人も多いですよね。
機種代金の分割払いは「金融機関のローン」の扱です。返済が滞れば事故情報として信用情報登録されてしまいます。

教育ローン審査前に自分で信用情報を調べる方法

信用情報に不安があって教育ローンの審査に通るかどうか心配な場合は、審査に申し込む前に信用情報機関開示請求をして自分の信用情報を調べてみるとよいでしょう。

子供が親の信用情報を調べたいというようなケースがあるかもしれませんが、他人の信用情報を調査する場合には必ず本人の委任状が必要となります。

勝手に他人の信用情報を調べることはできませんので、よく話し合って本人の許可を得たうえで開示請求を行ってください。

▶︎教育ローンの審査に落ちる理由と対策はコチラ

教育ローン審査に落ちた人の体験談と理由

収入には問題はないはずだけど…
Hさん(50代男性、勤続年数8年、年収400万円)

国の教育ローンの審査に落ちました。借入希望額は50万円。収入は多すぎもしないし返済に困るほど少ないわけでもありませんがダメでした。

借金は住宅ローン以外にはありません。

収入以外に原因があるとすれば提出した通帳の内容に問題があったかもしれません…。

詳しく話を聞いてみると、給与振り込み各種引き落とし口座が別になっているため、資金移動するタイミングが引き落としに間に合わないことがよくあったといいます。

日本政策金融公庫家賃住宅ローン、公共料金など遅滞なく支払われているかを確認しますので、何度も各種引き落としの遅延があれば当然審査に通過するのは困難でしょう。

教育ローン審査に通りやすい人の特徴

教育ローンの審査に通りやすい人には以下のような特徴があります。

国の教育ローン審査に通りやすい人の特徴

 信用情報異動情報が登録されていない

 他社からの借入ない、または少ない

 収入が多すぎない

銀行の教育ローン審査に通りやすい人の特徴

 信用情報異動情報が登録されていない

 他社からの借入ない、または少ない

 収入が多く勤続年数が長い方が審査では有利

教育ローンは奨学金と併用できる?

教育ローンと日本学生支援機構の奨学金は混同されがちですが全く別のものなので、併用が可能です。

  教育ローン 奨学金
申込人の名義 一般的には親権者 学生本人
連帯保証人 必要(または機関保証を利用) 必要(または機関保証を利用)
親の信用情報 影響する 親を連帯保証人にした場合には影響すると考えられる

教育ローン審査に通った人の体験談を分析

通るとは思ってなかった!
Sさん(40代女性、勤続9年、年収200万円)

シングルマザー年収も低いため、ダメもとで国の教育ローンに申し込みをしました。

同じころに日本学生支援機構の奨学金にも申し込みをして仮予約をしておいたのですが、審査に通過できて逆に驚いています。本当に助かりました!

Sさんは、子供の進学費用をしっかりと蓄えていましたが、入学初期にかかる教科書代などの諸費用に不安があり借入希望金額20万円で申し込みをしています。

とてもしっかりした方のようで、家賃公共料金支払いを滞らせたことは1度もなく、教育資金もある程度準備できていたといいますから、年収は決して高くはありませんがそうした点が評価されたのでしょう。

教育ローンの審査日数は何日間?審査結果判明までの流れ

教育ローン,審査,結果判明,流れ

教育ローンの審査期間国の教育ローン10日間程度銀行教育ローンなら3日~4日程度であることが多いようです。

カードローンなどとは異なり、即日融資には対応していません

国の教育ローンの申し込みから審査結果が出るまでの流れは以下のようになります。

 申込(インターネット、郵送、来店など)

 必要書類の提出(郵送、来店)

 日本政策金融公庫の担当者からの確認の電話連絡が入る

 審査

 審査結果の連絡(郵送)


民間の教育ローンの場合は審査時在籍確認電話連絡がありますが、日本政策金融公庫の教育一般貸付では在籍確認は行われず、申込後の電話連絡で確認をとります

審査の結果、融資を受けられることになれば契約書類を提出します。

審査結果が出てから融資を受けるまでには手続きなどでさらに10日間程度を要しますが、入学シーズン直前は教育ローンへの申し込みが非常に込み合い、手続きが遅れることもあります。

国の教育ローン1年中申込受付していますので、遅くともお金が必要になる時期の2~3ヶ月前には申し込みだけでもしておきましょう。

教育ローン返済額はいくら?シミュレーションツール

教育ローンはどのように返済していくかも考慮に入れて借り入れをすべきです。

金融機関のホームページ上にはシミュレーションツールが用意されていることが多く、借入金額や返済期間などを入力すれば、毎月の返済金額や利息額などが一目で分かるようになっています。

こうしたツールを積極的に利用して融資と返済の計画をしっかり立てておきましょう。

 国の教育ローンの返済シミュレーションはこちら

おすすめ教育ローンランキング!

口コミなどで評判の良い教育ローンをランキング形式でご紹介します!

 国の教育ローン(日本政策金融公庫 教育一般貸付)

教育ローン,国の教育ローン,

融資上限額 350万円まで
(海外留学資金の場合は最大450万円まで)
金利 固定金利 1.76%
融資までにかかる時間 20日間程度
返済期間 最長15年
 

 経済的にゆとりのない人ほど利用しやすいしくみになっているのが国の教育ローンの最大の特徴です

 みずほ銀行の教育ローン

教育ローン,みずほ銀行教育ローン

融資上限額 300万円まで
金利 変動金利 3.475%

固定金利 4.250%

融資までにかかる時間 不明
返済期間 最長10年
 

 みずほ銀行住宅ローンを利用中または完済している人は、さらにお得な条件で教育ローン代わりにもなるみずほ銀行多目的ローンを利用できます(最大1,000万円まで)

 ろうきんの教育ローン

教育ローン,ろうきんの教育ローン

融資上限額 2,000万円
金利 2.400%(会員の場合)

3.400%(一般勤労者の場合)

融資までにかかる時間 営業所による
返済期間 最長15年

※表及び画像は中央ろうきんのケースです。

 

 ろうきんやJAの教育ローンは居住地によって利用できる営業所決まっており、営業所によって利用限度額や金利などの条件が異なりますので注意してください

 楽天銀行の教育ローン

教育ローン,楽天銀行

融資上限額 500万円、ただし、医・歯・薬系の学部の場合は1,000万円まで
金利 変動金利 3.214%

固定金利 3.900%

融資までにかかる時間 最短翌日融資可
返済期間 最長14年
 

 楽天銀行から直接大学に振込されるので手間がかからず、提携大学なら優遇金利を利用できます(提携大学ごとに金利が異なる)

 住信SBIネット銀行教育ローン

教育ローン,ミスター教育ローン

融資上限額 1,000万円
金利 1.775%~3.975%
融資までにかかる時間 2週間程度
返済期間 最長15年
 

 ネットのみで手続きが完了でき、すでに支払い済みの費用にも利用できます(3ヶ月以内)
 繰り上げ返済は何度でも手数料0円

 住信SBIネット銀行カードローンを契約することで金利が0.5%下がります

教育ローンの審査に落ちた場合の対処策

万一教育ローン審査に落ちてしまった場合にはどうすればよいでしょうか?

日本学生支援機構の奨学金なら入学後でも申し込みが可能ですが、入学金初回の学費納入期限には間に合いません。

もし周囲に頼れる親戚などがいるのであれば入学時に必要な額だけでも借金を頼めないか相談してみてみましょう。

また、ほとんどの学校では学費の分納の相談に応じてくれます。

学校側もそうしたケースは日常的に扱っていますので、まずは恥ずかしがらずに事務局に問い合わせをしてみることです。

さらに、信用情報に問題がないことが前提になりますが、カードローンで一時的に借入をするという方法もあります。

いずれにしろ、せっかく合格した学校を経済的な理由であきらめてしまうではあまりにも残念です。
納入期限直前になって慌てることのないよう、できるだけ時間的な余裕をもって学費の準備を始めましょう。



この記事を執筆した専門家

林田紗季
林田紗季
ファイナンシャルプランナー
自ら多重債務で苦しんだ経験をもとに、FP3級を取得しました。現在は『貸金業務取扱主任者』の国家資格取得試験に向け猛勉強中です。「読む人の立場になって、わかりやすく伝える」ことをモットーに生活に役立つ記事を目指しています!趣味は旅行!船でのんびり世界一周旅行が夢です!

コメントを残す