医療ローンの審査は職場に電話で在籍確認あるの?

[最終更新日]2018/10/10

こんにちは!ライターのmiyamotoです!今回は、医療ローンの審査の際の在籍確認について調べてみました。

医療ローン 在籍確認

医療ローンは、メディカルローン、デンタルローンなどと呼ばれている医療費専用のローンですが、住宅ローンやカードローンなどと同じように、申し込みをすると審査が行われることになります。

この時に、気になるのが「電話での在籍確認」です。

カードローンなどでは、中には必ずしも在籍確認の電話があるものばかりではないようですが、医療ローンの場合にはどうなっているのでしょうか?

また、医療ローンを利用することを人に知られたくない場合には、電話はどんな影響があるのでしょうか?

医療ローンの審査では電話確認はある?

医療ローンは、「目的別ローン」と言う種類のローンに分けられており、基本的には住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどと同じようなものと考えられます。

これらのローンの特徴としては、「比較的金利が優遇されていること」や「決められた目的以外の用途では使えないこと」などがあります。

医療ローンなら医療費のみ、住宅ローンなら住宅取得費のみといった制限があるローンなので、金利が低めに設定されている、と考えておきましょう。

低い金利はうれしい限りですが、実はその反面、審査が厳しいことも医療ローンの特徴として挙げられます。

医療ローンの審査では、職場への在籍確認もほとんど確実に電話連絡で行われているようで、これを避けては審査に通ることはできません。

厳しく審査するローンでは、電話での連絡による在籍確認があることが多いものです。

医療ローンの審査の在籍確認はどうやって行われる?

医療ローン

医療ローンの審査で行われる在籍確認の電話は、審査の最後の段階で行われることが多くなります。

最終的なチェックだと思えば、在籍確認も辛さが軽減されそうですが、それでもどんな風に電話がかかってくるのかを知らないと少々不安です。

ローンの利用を知られたくない人にとってはなおさらでしょう。

しかし、医療ローンの在籍確認はちゃんとプライバシーも守ってくれる工夫があります。

在籍確認は個人名でバレにくく

ローンの在籍確認の電話で気になるのは、会社の人にお金を借りていることを知られてしまうのではないかということです。

ただでさえ、知られたくないローンなのに、医療ローンで「美容整形」などに利用する場合にはより知られたくないと感じるかもしれません。

そんな場合でも安心できるように、ローンの在籍確認は金融機関名などは名乗らずに電話をかけてくれるようになっています。

また、銀行であれば銀行名を普通に名乗ってくることもあるので、それだけで借り入れを予想されることは少ないと言えそうです。

ただし、借り入れで個人名の在籍確認の電話が来ることは最近では良く知られているため、うがった見方をする人に「借り入れではないか?」などと疑われる可能性も否定できません。

在籍確認の電話では何を聞かれる?

在籍確認の電話には、基本的に本人が出なくても良いようになっています。

本人不在の場合でも、会社の人などが「本人は出かけています」「席を外しております」などの勤務していることが分かるような受け答えをしてくれるだけで確認は終了です。

本人がいる場合には、電話口で本人確認として簡単な質問をされます。

電話口で受け答えをしたくない人は、自分が外出している時間帯にかけてもらえるかどうかを確認してみましょう。

医療費は必要だけど在籍確認は避けたい時は・・・

医療費が思いのほか高額で、支払いが難しいけど在籍確認はいやだと言う場合には、医療費ローンよりもカードローンを選んだ方が良いかも知れません。

カードローンには、WEB完結申し込みのシステムや相談しだいで在籍確認の「電話」を行わずに済むものもあります。

ただし、在籍確認自体をせずに審査をするのでは、申し込み者の勤務実績を確認できないままなので、他の方法で在籍していることを証明することが必要です。

電話以外の在籍確認の方法は?

借り入れの審査で在籍確認をする方法としては、電話以外にも「社会保険証」や「社員証」などの会社名と自分の名前の入った書類等や源泉徴収票などの提出があります。

金融機関側としては、勤務していることが分かって、申し込み内容が正しいことさえ分かればOKなので、こうした方法を用いることも増えてきました。

ただし、これは金融機関側の采配であり、それぞれの金融機関ごとの独自のルールなので、全ての借り入れで利用できるとは限りません。

また、確認に使う書類が限定的な場合もあります。

自分の勤めている会社にはない書類や入手が難しい書類を提出する必要がある場合には、審査が難しくなることもあるでしょう。

反対に、いろいろな書類から選べる場合もあります。

医療ローンの在籍確認の電話を避けることはできないかも

医療ローンの審査は比較的厳しく、審査の内容を変えることはできません。

そのため、在籍確認の電話を拒むようでは審査には通るのが難しくなるでしょう。

どうしても電話での確認を避けたい場合には、カードローンなども選択肢として考えてみましょう。

当サイトからの申し込みが多いカードローン人気ランキング

  • 安心の低金利と信頼があるメガバンク!
  • 24時間WEB申し込みOK!
  • 家族にバレずに利用できる!
みずほ銀行カードローン
融資限度額 金利 審査時間
10万円〜最大800万円 2.0%~14.0% 最短2〜3営業日
融資時間 総量規制 収入証明書
目安として1週間〜10日
口座を持っている方→1週間ほどで借入可能
口座を持っていない方→3週間ほどで借入可能
自主規制中 あり
(借入限度額が50万円を超える場合)
利用可能なコンビニ
  • 審査
    スピード
  • 即日融資
  • 無利息期間
  • 事業ローン
  • フリーター
    OK
  • 学生
  • 専業主婦
  • 低金利
  • おまとめ
    ローン
  • 来店不要
こんな人にオススメ

みずほ銀行カードローンは、大手都市銀行の中では1番低金利なので大手銀行で借入したい方は特におすすめです!また、24時間WEB完結・コンビニATM時間外手数料無料・みずほ銀行キャッシュカードですぐに引き出し可能なので、今すぐお金を借りたい人に便利です。

  • 年収が低い主婦やパート・アルバイトも申し込みOK!
  • 業界トップクラスの低金利0.99~14.79%!
  • 限度額は最高1,200万円!
住信SBIネット銀行カードローン
融資限度額 金利 審査時間
最大1,200万円 0.99%~14.79% 最短60分
融資時間 総量規制 収入証明書
最短3〜4営業日
口座を持っている方→3,4営業日で借入可能
口座を持っていない方→1週間ほどで借入可能
自主規制中 あり
(借入限度額が50万円を超える場合)
利用可能なコンビニ
  • 審査
    スピード
  • 即日融資
  • 無利息期間
  • 事業ローン
  • フリーター
    OK
  • 学生
  • 専業主婦
  • 低金利
  • おまとめ
    ローン
  • 来店不要
こんな人にオススメ

住信SBIネット銀行カードローン(MR.ローン)は、銀行ローンで最も低金利です。しかし、審査が厳しく時間もかかるので、とにかく時間がかかっても低金利で借入したい方におすすめです!また条件を満たすこと・限度額が高いほど金利が引き下げになる仕組みなので高額融資希望の方もおすすめです!最低金利の0.99%は限度額1,100万円以上かつ2つの条件を満たすことで適用されます。限度額10万円〜100万円でも通常金利は7.99%なので業界トップクラスは間違いないです!金利引き下げの条件については、下記詳細ページで徹底解説しています。

  • 楽天会員ランクに応じて優遇審査あり!
  • 楽天銀行を開設せず普段の口座で利用可能!
  • 年収が低いパート・アルバイトでもOK!
楽天銀行カードローン
融資限度額 金利 審査時間
10万円〜最大800万円 1.9%~14.5% 最短当日
融資時間 総量規制 収入証明書
審査終了からおよそ1週間が目安
口座を持っている方→審査が終了次第借入
口座を持っていない方→審査が終了次第借入
自主規制中 あり
(借入限度額が50万円を超える場合)
利用可能なコンビニ
  • 審査
    スピード
  • 即日融資
  • 無利息期間
  • 事業ローン
  • フリーター
    OK
  • 学生
  • 専業主婦
  • 低金利
  • おまとめ
    ローン
  • 来店不要
こんな人にオススメ

楽天銀行スーパーローンの金利は、1.9〜14.5%と業界でもトップクラスの低金利なので金利重視でカードローンを探している方にオススメです。また、申し込み〜借入までWEB完結可能なので、『外に出向くのが面倒くさい』『スマホで簡単に済ませたい』場合に向いています。楽天会員ランクに応じて審査優遇もあるので審査が不安な方、収入が低い学生やパートアルバイトの方はぜひ利用してみてください。

審査が甘い銀行カードローンは?難易度ランキング2018
2018.11.06



この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。

コメントを残す