みずほ銀行カードローンってどうなの?審査基準や返済方法、増額や口コミなど徹底調査!

[最終更新日]2018/09/30

みずほ銀行カードローンを検討中の方必見!自分にみずほ銀行はおすすめなのか、審査やメリット・デメリット、返済から増額方法まで徹底解説しました。

この記事はこんな方にオススメです!

 本当にみずほ銀行カードローンで良いのか悩んでいる
 家族や職場の人、友人にバレないか不安…
 大手銀行の銀行とはいえ借金だから、返済が心配!
 窓口やオペレータにどんな対応されるのか不安…
 自分でも審査に通るのか不安…

この記事の目次

みずほ銀行カードローンを検討する上で大切なポイントとは?

みずほ銀行カードローンを申し込みするかどうか考えるときに重要なポイントは、『自分の理想条件に合っているか』という点です。

  • どのくらいの金利で借りたいか
  • 毎月いくらくらいなら返せそうか
  • どんな返済方法を希望しているか

など、条件とカードローンの特徴がマッチしているほど利用したときの満足度は高くなります。もちろんデメリットもあるので、理解した上で使った方が不満も最小限で済みますよ。

ここでは『みずほ銀行カードローンが理想条件に合っているか』というあなたの悩みを解決していきます!

みずほ銀行カードローンの最新スペック情報!

まずはみずほ銀行カードローンのスペックをみていきましょう。

みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローン申し込みはコチラ
金利(年率) 2.0~14.0%
借入限度額 10~800万円
審査時間 翌営業日以降
融資時間
土日祝対応 不可
保証会社 オリエントコーポレーション
口座開設 必要
WEB完結
担保・保証人 不要
お試し診断 ×
 申込資格

  • 満20歳以上満66歳未満の方
  • 安定した継続収入がある方
  • 保証会社の保証が受けられる方

みずほ銀行カードローンは利用用途は原則自由で、利用限度額内なら何度でも借り入れが可能です。継続的な安定収入があるならパート・アルバイトでも申し込みができます。

在籍確認の連絡は職場への電話連絡が基本となりますが、みずほ銀行の判断によっては在籍確認がカットされるケースもあります。

なお、みずほ銀行カードローンは2017年7月に『コンフォートプラン』と『エグゼクティブプラン』のプラン制を廃止しています。新規申し込みは行っていないので、古い情報には注意しておきましょう。

 みずほ銀行カードローンはこんな方にオススメ!

  • 低金利で借りたい方
  • みずほ銀行の口座を持っている方
  • ローンカードを持ちたくない方
  • 融資まで余裕がある方
  • WEB完結を希望してる方

 みずほ銀行カードローンをオススメできない方

  • 融資を急いでいる方
  • 普通預金口座を作りたくない方
  • 毎月の返済額を少なくしたい方
  • 郵送物が届くと困る方

【注意】2018年1月以降のみずほ銀行カードローンは大幅に商品性が変更!

みずほ銀行カードローン スペック 変更金融庁の規制問題により、みずほ銀行カードローンは商品性が大幅に変更となっています。

銀行カードローンは2017年に消費者金融の貸付残高を上回る過剰な融資を行っていることを社会問題化しました。2017年9月には適正な審査が行われるかメガバンク3行に立入調査も実施。

過剰融資を防ぐために、

  • 即日融資の停止
  • 総量規制の自主的導入
  • 50万円以上の融資は収入証明書提出

といった対策が取られています。

みずほ銀行カードローンでは規制問題後に以下のような点が変更となっています。

 審査時間の変更
 即日融資が不可能に
 最短でも翌営業日以降の審査回答

 融資上限の変更
 融資上限を年収の3分の1までに制限

 収入証明書の提出上限変更
 提出条件が200万円超から50万円超に

 専業主婦の申し込みが不可に

みずほ銀行カードローンはこれまで30万円までなら専業主婦も借りることができましたが、2017年夏以降は利用できなくなっています。※2018年3月に電話確認済

『専業主婦も利用できる』と記載があるサイトは古い情報を載せています。とくに銀行カードローンで借り入れしたい専業主婦の方はご注意ください。

以前よりも融資条件は厳しくなりましたが、金利面や安全面ではトップクラスの実力をもつカードローンになっています。

キャッシュカード兼用型とカードローン専用型の違いとは?

みずほ銀行カードローンで使えるカードは2種類です。違いは以下の通り。

融資スピード 自動貸越機能 スイングサービス

自動融資サービス

スイングサービス

自動振替サービス

キャッシュカード兼用型 すぐ利用可能 要申込
カードローン専用型 1~2週間 × 要申込※セットで追加

キャッシュカード兼用型は契約後すぐに手持ちカードで借り入れができますが、カードローン専用型はカードが郵送されるまで1~2週間待つ必要があります。

なお、キャッシュカード兼用型でも普通預金口座を同じ開設しが場合は、郵送に1~2週間かかるので注意。融資まで遅いのが困るという人は、先に窓口で口座を作っておいてもいいでしょう。

そのほか、利用できるATMサービスも一部違いがあります。種類によってサービスに違いがあるので、自分に合ったカードを選びましょう。

自動貸越機能ってなに?

みずほ銀行カードローン 自動貸越機能自動貸越機能とは、普通預金口座の残高が不足しているときに自動的にカードローン口座から借り入れを行うキャッシュカード兼用型のみで利用できるサービスです。

たとえば預金を10万円引き出そうとして8万円しか口座になかった場合、自動的に2万円が借り入れされます。

預金を引き出すようにして、必要なときに必要な分だけ借りることができます。ムリなくご返済いただける範囲で、計画的にご利用ください。

自動融資サービス・自動振替サービスとは?

みずほ銀行カードローン スイングサービス 自動融資サービス 自動振替サービススイングサービスには『自動融資サービス』と『自動振替サービス』があります。

 自動融資サービス
公共料金やクレジットカードの引き落としで残高不足になったときに自動融資される
 大切な支払いの滞納を防ぐ

 自動振替サービス
カードローン口座への入金して残高がプラスとなった場合、普通預金口座に自動で入金される
 お金の移動の手間が省かれる

自動融資サービスは必ず申し込みが必要となります。自動融資振替サービスはキャッシュカード兼用型では申し込み不要、カードローン専用型は自動融資サービスとセットで申し込みが可能です。

みずほ銀行カードローンを利用するメリット・デメリット

みずほ銀行カードローンのメリット

  • 業界トップクラスの低金利設定で長期借り入れに最適!
  • 限度額最大800万円で高額融資にも対応!
  • 24時間WEB完結申し込みOKで手間なし!
  • みずほ銀行のキャッシュカードで契約後すぐに利用できる!
  • 自動融資サービスで支払い滞納を防止!

みずほ銀行カードローンの最大のメリットは金利の低さ。とくにメガバンク3行のなかで上限金利が一番低い設定となっており、高額融資はもちろん少額融資にも最適です。

またみずほ銀行の口座があればWEB完結の申し込みができ、契約後は手持ちのキャッシュカードですぐ利用することもできます。

メインバンクとしてみずほ銀行を利用している人や、できる限り利息を抑えたい人には最適なカードローンでしょう。

みずほ銀行カードローンのデメリット

  • 普通預金口座の開設が必須
  • 申込方法やカードの種類によって融資まで時間がかかる
  • 郵送物が必ず届いてしまう
  • 返済日、返済方法が決まっている
  • コンビニATMの利用手数料が発生する

みずほ銀行カードローンのデメリットは必ず口座開設が必要になることです。融資まで早い場合で1週間~10日(土日を挟まなければ3~4営業日の場合あり)かかるので、急いでいる人には向いていません。申込方法やカードの種類によっては融資まで1ヵ月程度かかります。早めに借りたい場合は後ほど説明する方法で申し込みをするようにしてください。

またWEB完結でも郵送物が届いてしまうので家族バレを絶対避けたい人は注意が必要です。返済日・返済方法が固定されているので、不便に感じる場合があります。

なお、通常はコンビニATMの利用手数料が発生してしまいますが、みずほマイレージクラブのうれしい特典を利用することで月4回まで無料で利用することが可能です。

みずほ銀行カードローンを実際に利用した方の口コミ評価

審査スピード サービス内容
借入・返済の利便性 全体評価

銀行系のカードローンは審査が厳しいという評判を聞いたことがありましたが、みずほ銀行をメインバンクにしているせいかスムーズに融資を受けられました。
消費者金融などと比較しても数%金利は低いのでトータルでは返済額は抑えられます。自分の采配で多めに返済したり出来るので使い勝手がよく満足です。

30代男性 正社員
年収400~600万円未満 借入金額30~50万円未満

審査スピード サービス内容
借入・返済の利便性 全体評価

車の購入のためにカードローンを利用しました。以前からみずほ銀行自体を利用しており安心感がありました。
借入の金利も他と比べて悪くなく概ね満足ですが、審査から融資まで少し時間がかかったのが残念です。窓口の対応や手続きはとても親切で、資料もとても分かりやすかったので利用しやすく感じました。

30代男性 派遣社員
年収200~400万円未満 借入金額30~50万円未満

審査スピード サービス内容
借入・返済の利便性 全体評価

都市銀行ということで安心感もあり、みずほ銀行カードローンを選びました。金利も14%と他社よりも低水準です。
審査ではとくに問題もなく契約まで行き着きましたが、借入方法がATMのみで利用する際に利用手数料がかかってしまうのがとても残念でした。インターネットバンキングは使うまでに時間がかかるので借入方法が増えると嬉しいです。

40代女性 パート
年収200万円未満 借入金額30~50万円未満

みずほ銀行カードローンと同業他社カードローンの違いはなに?

みずほ銀行カードローンと同業他社のカードローンを比べて独自の強みと弱みを見ていきましょう。

カードローンにはいくつか種類がありますが、その中でもみずほ銀行カードローンは都市銀行の位置づけです。

特徴
都市銀行 大手で安心できる。低金利かつ利便性にも行き届いている。
地方銀行 地方密着で申込地域限定。馴染みの銀行から低い金利で借りられる。
ネット銀行 申込から契約までネットで完結。店舗がない分、低金利・ATM手数料無料。
消費者金融 金利は高いがスピード融資。大手は無利息期間つき。
信販会社 会社により金利や融資時間がバラバラ。クレカ利用実績で審査が有利になることも。

『カードローンを借りたいけど、どこで借りたらいいか分からない』そんなときは、都市銀行のカードローンを選ぶことである程度の満足感を得られるでしょう。

知名度はもちろん、商品のクオリティも高いからです。基本的なスペックからまず比べてみます。

融資時間 審査時間 土日祝日の融資 実質年率(金利) 借入限度額 無利息期間
みずほ銀行カードローン 最短翌営業日以降 × 2.0~14.0% 800万円
三井住友銀行カードローン 最短翌営業日 最短翌営業日 4.0~14.5% 800万円
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
1.8~14.6% 500万円
横浜銀行カードローン × 1.9~14.6% 1,000万円
千葉銀行カードローン × 1.7~14.8% 800万円
楽天スーパーローン × 1.9~14.5% 800万円
オリックス銀行カードローン × 1.7~17.8% 800万円
アコム 最短1時間 最短30分 3.0~18.0% 800万円 初回30日間
プロミス 最短1時間 最短30分 4.5~17.8% 500万円 初回30日間
オリックス・クレジット
VIPローンカード
最短60分 × 1.7~16.8% 800万円

みずほ銀行カードローンは土日対応を行っていないものの、上限金利の低さは突出しています。融資可能額も800万円と最高水準です。

ただしスピード面でいうと即日融資を行っている消費者金融や、土日審査を行う銀行に劣ります。

提携ATM利用手数料 WEB完結 契約機の営業時間 毎月の最低返済金額 最低借入可能額
みずほ銀行カードローン 月4回まで無料※1 1万円~ 1,000円単位
三井住友銀行カードローン 無料 9:00~21:00 2,000円~ 1円単位
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
無料 平日9:00~20:00
土祝日 10:00~18:00
日 10:00~17:00
2,000円~ 1,000円単位
横浜銀行カードローン 月3回まで無料※2 2,000円~ 1,000円単位
千葉銀行カードローン 時間内108円
時間外216円
2,000円~ 1,000円単位
楽天スーパーローン 無料 2,000円~ 1,000円単位
オリックス銀行カードローン 無料 借入残高が30万円以下:7,000円 1,000円単位
アコム 1万円以下108円
1万円超216円
8:00~22:00 3,000円~ 1,000円単位
プロミス 1万円以下108円
1万円超216円
9:00~22:00 1,000円~ 1,000円単位
オリックス・クレジット
VIPローンカード
借入:1万円以下108円
1万円超5万円以下 216円
5万円超無料
返済:1万円以下108円
1万円超216円
10,000円~ 1,000円単位

※1:みずほマイレージクラブへの入会が必要です。
※2:はまぎんマイダイレクトと横浜バンクカードの契約が必要です。

また、みずほ銀行カードローンは無人契約機がなく、提携ATM利用手数料は条件付きで無料と、他のカードローンよりも不便だと感じる部分もあるかもしれません。

カードローンの返済に関しては少額返済のローン会社が多い中で1万円からと高めの設定です。一見デメリットに見えますが、支払う利息は一番少なくて済む大きなメリットがあります。

 みずほ銀行カードローンの強み

  • 大手ならではの安心感がある
  • 金利が他社と比べて低い
  • 支払う総利息が少ない
 みずほ銀行カードローンの弱み

  • 融資に少し時間がかかる
  • 他メガバンクにある無人契約機がない
  • 提携ATM手数料を無料にするのに条件が必要

みずほ銀行カードローンの金利について

みずほ銀行カードローンの金利は2.0~14.0%となっており、利用限度額により金利は変わります。みずほ銀行で住宅ローンを利用しているなら、さらに0.5%金利が下がります。

利用限度額 基準金利 住宅ローン利用時の金利
10万円以上
100万円未満
14.0% 13.5%
100万円以上
200万円未満
12.0% 11.5%
200万円以上
300万円未満
9.0% 8.5%
300万円以上
400万円未満
7.0% 6.5%
400万円以上
500万円未満
6.0% 5.5%
500万円以上
600万円未満
5.0% 4.5%
600万円以上
800万円未満
4.5% 4.0%
800万円 2.0% 1.5%

現在みずほ銀行カードローンは自主的な融資上限を設けており、年収の3分の1以上の融資は受けられません。

民間給与実態統計調査によると、平成28年の平均給与は422万円。つまり借り入れするの場合、14.0%または12.0%のどちらかの金利になる場合がほとんどです。

そこで200万円までの利用限度額で他メガバンクと比較してみます。

みずほ銀行カードローン 10万以上~100万円未満
14.0%
100~200万円
12.0%
三菱UFJ銀行カードローン 100万円以下 10万円以上
13.6~14.6%
200万円以下 100万円超
10.6~13.6%
三井住友銀行カードローン 100万円以下
12.0~14.5%
100万円超200万円以下
10.0~12.0%

みずほ銀行カードローンは利用限度額に対して金利が固定ですが、三菱UFJ銀行カードローンと三井住友銀行カードローンは変動します。

下限金利が適用されれば三菱UFJ銀行カードローンと三井住友銀行カードローンの方がより低金利です。しかし新規契約では上限金利が適用されることはほとんど。みずほ銀行カードローンが一番低い金利で借りられると思っておいてもいいでしょう。

みずほ銀行カードローンの申込条件

みずほ銀行カードローンは以下の申込資格を満たしていれば誰でも利用することができます。

  • 満20歳以上満66歳未満の方
  • 安定した継続収入がある方
  • 保証会社(オリエントコーポレーション)の保証が受けられる方

銀行カードローンには必ず保証会社がついており、みずほ銀行はクレジットで有名なオリコが審査・保証を行っています。

保証を受けられると判断されれば年収の低いパート・アルバイトでも申し込みが可能。価格.comでの利用者の比率を見てみると、会社員が多いものの、年収200万円未満のパート・アルバイトの口コミも一定数確認もできます。

アルバイトをしている学生のほか、自営業・個人事業主など幅広い属性が利用できるカードローンとなっています。

ただし収入のない無職や未成年は利用できません。現在は専業主婦も利用できなくなったので、必要な方は楽天スーパーローンに申し込みしましょう。

申し込み〜審査、契約、借入までの流れ

申し込みから審査、契約、借入までの流れについて詳しくみていきます。

 申し込み方法

  • インターネット
  • 郵送(メールオーダー)
  • 電話
  • 窓口

 申し込み~借り入れまでの流れ

 インターネット
①申し込み
※必要書類の提出
②審査
③契約・借り入れ

 こんな方におすすめ
 早めに借り入れしたい人
 できるだけ手間を省きたい人

 
 郵送(メールオーダー)
※口座保有者限定、資料請求
①申し込み
※必要書類は郵送時に同封
②審査
③契約・借り入れ

 こんな方におすすめ
 インターネット環境がない人

 電話
①申し込み
②審査
③契約書類・必要書類提出
④契約・借り入れ

 こんな方におすすめ
 インターネット環境がない人
 電話で相談したい人

 
 窓口
①申し込み
※必要書類・印鑑が必須
②審査
③契約・借り入れ

 こんな方におすすめ
 直接店舗でローン相談したい人

申込方法は全部で4種類。どの方法にしても契約後は必ず何らかの書類が郵送されます。また、みずほ銀行カードローンは口座の有無やカードの種類によって融資スピードが変わるので注意が必要です。

口座開設・カードローン専用型のカードは融資時間がかかる!

みずほ銀行カードローンは口座開設が必須です。同時開設で行うと融資まで非常に時間がかかってしまいます。

口座開設の方法 開設スピード
店頭窓口 即日
インターネット 約2週間
スマホアプリ 約1週間

口座がまだない場合、店頭で口座開設するかスマホアプリで申し込みをすると早く利用できます。

また、キャッシュカード兼用型は契約後にすぐに利用できますが、カードローン専用型はカードが送られてくるまで1~2週間程度待つ必要があります。

1番最短で借入できる方法・手順をみずほ銀行カードローンに聞いてみた!

みずほ銀行カードローンで1番最短で借り入れできる方法を電話聞いてみました。

結論からいうと、銀行口座があるならインターネットで申し込みが早いです。

融資までの時間は1週間~10日程度。実際には3~4日営業日で利用できる場合もあるようですが、土日を挟んだり申込時間によっても変わるので最低でも1週間程度は見て欲しいとのことでした。

ただし申し込み方法によっては2週間~1ヶ月程度かかる場合があるとのこと。急いでいる場合は以下の申し込み方法がおすすめです。

 みずほ銀行の口座がない場合
 インターネットから同時申し込み
※口座開設をあらかじめ開設した方が早く利用可能

 みずほ銀行の口座がある場合
 店頭申し込みかインターネットの申し込み
※店頭で急いでいる旨を伝えれば多少優先してくれるとのこと

 ポイント

  • 平日の午前中までに申し込みすること(午後の場合は審査が翌営業日)
  • キャッシュカード兼用型を選択すること
  • 口座を先に開設しておくこと
  • 利用限度額は50万円以下にすること

早く借りたいなら、口座開設をした上でインターネットか店頭窓口で申し込みをするといいでしょう。

みずほ銀行カードローンの審査受付・営業時間について

みずほ銀行カードローンの営業時間と問い合わせ先をまとめます。

申し込みに関してはインターネットで24時間受付していますが、審査回答は平日営業時間内のみの対応です。

申込方法 申込受付の営業時間
インターネット 24時間
電話 平日9:00~20:00※1
店頭窓口 平日9:00~15:00※2

※1:12月31日~1月3日、祝日・振替休日は不可
※2:旧みずほコーポレート銀行をのぞく

問い合わせに関しては申込前、申込後いずれの場合もみずほ銀行カードローンの専用ダイヤルに電話することになります。

お問い合わせ窓口 申込受付の営業時間 電話番号
カードローン専用ダイヤル
申込~審査状況
平日9:00~20:00※1 0120-324-555
カードローン専用ダイヤル
商品内容について
平日9:00~21:00
みずほダイレクト(テレホンバンキング) 自動音声24時間 ※3 0120-898-324
みずほダイレクト
オペレーターサービス
平日9:00~21:00
土日祝、振替休日、12月31日 9:00~17:00

※1:12月31日~1月3日、祝日・振替休日は不可
※2:1月1日~3日、祝日・振替休日は不可、12月31日は受付は9:00~17:00
※3:土曜日 22:00分~翌日曜日 8:00、第1・4土曜日 3:00~5:00(およびテレホンバンキングオペレーターサービスは1月1日~3日)は利用不可

みずほ銀行カードローンの借入・返済で利用できるATMの営業時間

みずほ銀行カードローンのATMの利用時間は以下の通りです。

月曜日 火曜日~金曜日 土曜日 日曜日
みずほ銀行ATM 7:00~24:00
※返済・振替のみ8:45~18:00間
終日
※返済・振替のみ8:45~18:00
0:00~22:00
※返済・振替のみ9:00~17:00
8:00~21:00
※返済・振替のみ9:00~17:00
コンビニATM
(イーネット、ローソン、セブン銀行)
終日
※返済のみ8:45~18:00
終日
※返済のみ8:45~18:00
0:00~22:00
※返済のみ9:00~17:00
8:00~24:00
※返済のみ9:00~17:00

※みずほ銀行、コンビニATMは第1・第4土曜日3:00~5:00は利用できません。

利用できるコンビニ
セブン銀行ATM セブンイレブン、イトーヨーカドー
ローソンATM ローソン
イーネットATM ファミリーマート、ミニストップ、サークルKサンクス、生活彩家、デイリーヤマザキ、スリーエフ、セーブオン、コミュニティストア

なお提携金融機関に関しては、各銀行の営業時間に準じます。

みずほ銀行カードローンで行われる審査の流れ・内容

みずほ銀行カードローンでは、みずほ銀行および保証会社のオリコによって審査が行われます。

 審査の流れ

1.申込/必要書類の提出

2.仮審査

3.本審査/在籍確認

4.審査結果の連絡

5.契約完了

1.申込

申込方法は以下の4種類。他メガバンクのような自動契約機やテレビ窓口はありません。

申し込み方法の種類 申し込み可能期間
インターネット 24時間
郵送(メールオーダー) 平日9:00~20:00※1
電話 平日9:00~20:00※1
窓口 平日9:00~15:00※2

※1:12月31日~1月3日、祝日・振替休日は不可
※2:旧みずほコーポレート銀行をのぞく

ちなみにみずほ銀行カードローンには、ATMで申し込みできる『ATMカードローン』が存在します。

みずほ銀行カードローン 審査の流れ 申込

ATMカードローンの利用するには

  • みずほ銀行の利用歴が長い
  • 給与受取口座に設定している
  • 口座残高が一定額以下

といった条件を満たす必要があります。

案内が出てこない場合は利用できないので、通常のカードローン申し込みを行いましょう。ここではインターネット(WEB)からの申し込みを前提にして解説していきます。

申込時の主な入力項目一覧

  • 運転免許証の有無
  • 希望極度額

 本人について(名前など)

  • 名前
  • 性別
  • 生年月日

 本人について(住所・連絡先など)

  • 住所
  • 電話番号
  • 住所区分
  • 居住年数
  • 配偶者、子どもの有無
  • 同居の有無
  • 他社借入件数、総額
  • 年収
 
 勤め先情報

  • 勤め先名
  • 勤め先住所
  • 勤め先連絡先
  • 所属部署
  • 勤続年数
  • 従業員数
  • 職種
  • 業種
  • 返済用普通預金口座の指定
  • 利用目的
  • メールアドレス
  • 審査結果確認用パスワード

必要書類の提出について

必要書類は以下の通りです。

 本人確認書類

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
 
 収入証明書(利用限度額50万円超の場合)

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 課税証明書
  • 納税証明書

必要書類登録URLが届いたらアップロードします。同時口座開設の場合、申し込み時に運転免許証をアップロードします。

2.仮審査

申し込みが完了すると、申込内容をもとに機械で自動的に審査が行われます。申込内容を点数化(スコアリング)して返済能力を総合的に判断します。

なお、仮審査に通過しても連絡は入らずそのまま本審査に移行します。つまり仮審査と本審査が終わってから結果がくるということです。仮審査後に電話がない場合がほとんど。そのため待ち時間が長いと感じる可能性があります。

基本的に行われている審査自体は他社と変わりませんが、みずほ銀行カードローンでは仮審査+本審査を一括りにして本審査として扱っていると推察されます。

3.本審査/在籍確認

本審査では、

  • 個人信用情報の照会
  • 在籍確認
  • 申込内容の人的チェック

などが行われます。

在籍確認に関しては事前の連絡は入らないので注意してください。基本的に個人名で電話がかかってきます。

在籍確認がくる目安は

  • 平日午前中の申し込み:当日~
  • 平日午後の申し込み:翌営業日~
  • 土日祝:翌営業日~

となります。

なお、みずほ銀行の判断によって在籍確認がカットされることもあります。書類での在籍確認に変更することはできません。

▶みずほ銀行カードローンの在籍確認を徹底解説!

4.審査結果の連絡

審査結果の連絡方法は申し込み方法により異なります。基本的にインターネットでの申し込みは可決であれ否決であれメールです。

電話申し込みだと可決は電話で連絡、否決は郵送です。その他の申し込みでも、否決は基本的に郵送となります。

5.契約完了

契約が完了すると自宅宛に『契約内容確認書』が郵送されます。

キャッシュカード兼用型を選択し、すでに口座があるならそのまま利用が可能です。口座を同時開設する場合やカードローン専用型を選んだ場合は、カード到着後からの利用になります。

みずほ銀行カードローンの審査に落ちた人の特徴を知って事前に対策!

みずほ銀行カードローンの審査に落ちる原因を知って、事前に対策を取っておきましょう。

 落ちた人の特徴まとめ

  • 他社借入件数、総額が多い
  • 勤続年数が少ない
  • 安定収入が疑われる雇用形態・職業
  • 希望融資額が年収に比べて多すぎる
  • 信用情報に金融事故情報(異動情報)が登録されている
  • 短期間に複数の同時申込をしている
  • オリコのクレジットカードで過去に滞納や長期延滞をした
  • オリコが保証会社になっている金融機関でトラブルをおこした
  • 申し込み内容に嘘や不備がある

銀行カードローンは過剰融資を指摘され、多重債務にはとくに敏感になっています。みずほ銀行カードローンの貸付上限は、現状だと年収の3分の1までです。

貸付上限を設定したり毎月貸付残高の公表を行っていることからも、過剰融資にならないような審査体制を再構築していることが分かります。

他社借り入れに関してはとくに注意しておいた方がいいでしょう。

 審査落ち対策

  • 他社借入件数、総額を減らす
  • 勤続年数・居住年数を増やす
  • 社会保険に加入する
  • 固定電話を設置する
  • 希望融資額を低くする
  • 他社で支払いが遅れないよう気をつける
  • 申し込みは1社に絞る
  • 申し込み内容は正確に記入する

みずほ銀行カードローンの審査に通るためのコツや条件まとめ

みずほ銀行カードローンの審査に通るためのコツ・条件をまとめました。

  • 他社の借り入れを完済する
  • 他社ローンの解約手続きをする
  • 最低でも1年以上は勤める
  • みずほ銀行を給与口座に指定する
  • 希望融資額を低くする

他社で借り入れがあるなら、まず見直しを行いましょう。1件完済するだけでも評価は変わります。完済するだけでなく解約することも重要。解約しなければ『すぐに借り入れできる金額』としてカウントされてしまうためです。

雇用形態は正社員や公務員のような安定職が有利です。勤続年数は最低でも1年、パート・アルバイトなら2、3年程度は働いている実績があるといいでしょう。みずほ銀行を給与口座にすれば、毎月一定額が振り込まれていることの証明にもなりますよ。

希望融資額は低いほど審査ハードルが下がります。もし借り換えやおまとめの場合は、融資上限をチェックしておく必要があります。

収入証明書が必要な50万円超から審査難易度が上がるので、できるだけ50万円以下で申し込みするようにしましょう。

みずほ銀行カードローンの使い方・借入方法

みずほ銀行カードローン 借り入れ方法 使い方みずほ銀行カードローンで契約した後は、限度額の範囲内であれば自由に借入・返済ができます。

借り入れ方法は、

  • ATM
  • みずほダイレクト(インターネットバンキング、モバイルバンキング、テレホンバンキング)

のいずれかになります。

ATMに関しては、キャッシュカード兼用型とカードローン専用型で利用できるATMが異なるので注意が必要です。

ATM キャッシュカード兼用型 カードローン専用型
みずほ銀行ATM
イオン銀行ATM ×
コンビニATM
ゆうちょ銀行ATM ×
提携金融機関 ×

利用可能時間 と手数料は以下の通り。みずほ銀行とイオン銀行は平日の営業時間なら手数料が無料になります。

月~金曜日 ATM手数料 土曜日 ATM手数料 日曜日 ATM手数料
みずほ銀行ATM 終日

※月のみ7:00~

23:00~8:00 216円
8:45~18:00 無料
それ以外 108円
0:00~22:00 0:00~8:00 216円
8:00~22:00 108円
8:00~21:00 8:00~21:00 108円
イオン銀行 終日 23:00~8:00 216円
8:45~18:00 無料
それ以外 108円
0:00~22:00 0:00~8:00 216円
8:00~22:00 108円
8:00~24:00 8:00~23:00 108円
23:00~24:00 216円
コンビニ銀行 終日 8:45~18:00 108円
それ以外 216円
0:00~22:00 216円 8:00~24:00 216円

※みずほ銀行ATMは月曜日0:00~7:00はメンテナンスで利用不可
※みずほ銀行、コンビニATMは第1・第4土曜日3:00~5:00は利用不可
※そのほか提携金融機関は各銀行の利用時間、手数料に準拠

みずほマイレージクラブに加入することで手数料が月4回まで無料になるのでぜひ登録しましょう。ATMでは千円単位で借り入れが可能です。

みずほダイレクトで借り入れできるのは月~金曜日の0:00~15:00までです。銀行休業日には利用できないので注意しましょう。

みずほ銀行カードローンでの借入方法

 みずほダイレクトでの借り方

① お客様番号、ログインパスワードを入力してログイン
②『カードローン取引』を選択
③カードローン口座と入金口座を選択
④希望入金額を選択
⑤第2暗証番号を入力して実行を選択

 ATMでの借り方

①お借入(ご出金)を選択
②暗証番号を入力
③借り入れ希望額を入力
④利用明細を受け取る

みずほ銀行カードローンの返済方法について

みずほ銀行カードローンの返済方法は非常にシンプルで、月々返済は普通預金口座からの自動支払い(口座振替)のみとなります。手数料はかかりません。

もし任意返済したい場合は、好きなときにATMやみずほダイレクトからの返済が可能です。

支払い方法 返済場所
約定返済 毎月10日に自動引き落とし みずほ銀行の普通預金口座
任意返済 ATM返済
みずほダイレクト
みずほ銀行ATM
イオン銀行ATM(カードローン専用型のみ)
提携コンビニATM
インターネットバンキング
モバイルバンキング
テレホンバンキング

約定返済では毎月10日の夜間に引き落としされるので、前日までに返済額以上の金額を入金しておきましょう。10日が銀行休業日の場合は翌営業日に引き落としとなります。

※ATMからカードローンを申し込みした場合は約定返済が17日になります。残高不足だと延滞扱いになるので注意。自動融資機能はカードローンでは対象外です。

みずほ銀行カードローン 返済方法

任意返済の手数料は以下の通りです。なお、みずほマイレージクラブに加入して『うれしい特典』を受けることで、コンビニATMの手数料が月4回まで無料になります。

利用可能時間 利用手数料
みずほ銀行
イオン銀行※カードローン専用型のみ
 
月~金曜日
8:45~18:00
無料
土、日、祝日
9:00~17:00
108円
提携コンビニATM  月~金曜日
8:45~18:00
108円
土、日、祝日
9:00~17:00
216円
ゆうちょ銀行※カードローン専用型のみ 各店舗の営業時間に準拠 108~216円

※返済時は提携金融機関は利用できません。

一括返済(完済)を希望している場合、店頭窓口で手続きをする必要があります。

みずほ銀行カードローンの返済シミュレーション

みずほ銀行では残高スライド方式を採用しています。前月10日の借入残高に基づいて返済金額が決まり、利息も支払額のなかに組み込まれています。

毎月の返済金額は以下の通りです。

 利用限度額が200万円未満の場合

前月10日のご利用残高
(貸越元金への利息の組み入れ後の残高)
毎月の返済額
1万円未満 前月10日現在のご利用残高
1万円以上50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円
100万円超 利用残高が50万円増えるごとに+1万円

 2012年7月31日以降に契約締結・変更しており、利用限度額が200万円以上の場合

前月10日のご利用残高
(貸越元金への利息の組み入れ後の残高)
毎月の返済額
1万円未満 前月10日現在のご利用残高
1万円以上100万円以下 1万円
100万円超200万円以下 2万円
200万円超 利用残高が100万円増えるごとに+1万円

みずほ銀行カードローンの毎月の返済額は他社よりも高めの設定となります。デメリットのように見えますが、支払い額が多いため総合的に支払う利息は少なくてすみます。

返済では約定返済に加えて任意返済も可能なので、

  • 毎月いくら返済していくか
  • いつまでに返済を終わらせたいか

などを決めていくのが重要です。

 利息のカンタンな計算方法
借入残高×契約時の金利÷365日×利用日数

ここでは利用限度額200万円未満で借りたとしてシュミレーションしてみましょう。

金利 毎月の返済額 返済回数 利息の合計
10万円 14.0% 10,000円
20,000円
12回
7回
8,274円
4,897円
30万円 14.0% 10,000円
20,000円
39回
19回
76,793円
35,972円
50万円 14.0% 10,000円
20,000円
79回
32回
268,852円
102,880円
100万円 12.0% 20,000円
40,000円
73回
31回
413,395円
169,915円

約定返済額のとおりに返していくと、借りた金額が大きいほど支払う理想は高くなります。任意返済を使って倍の金額を返済したとすると、支払う利息もおよそ半額ですみます。

無理をし過ぎるのも禁物ですが、支払う利息を少なくできるように返済シュミレーションを立てていくといいでしょう。

みずほ銀行カードローンの増額方法・審査について

利用限度額が足りなくなった場合は、増額の申し込みをすることが可能です。今よりさらに低い金利で借り入れできる可能性がありますが、再審査が行われるので減額や利用停止のリスクがあります。

ATMの表示(インビテーション)か郵送で増額案内がきた段階で再申し込みをするか、自分で連絡するかのどちらかです。

 申し込み方法

  • 増額案内
  • インターネット
  • みずほ銀行アプリ
  • 電話

増額の流れ

①申し込み

②増額審査

③審査結果連絡

④利用限度額の変更

審査では、

  • 利用限度額に見合った返済能力の有無
  • みずほ銀行カードローンの延滞・滞納状況
  • みずほ銀行カードローンの利用歴
  • 他社での借り入れ状況

などが見られます。

増額審査は『契約の見直し』となるため、新規での申し込みより難易度は高くなります。詳しくは以下で解説しているので参考にしてください。

▶みずほ銀行カードローンの限度額増額の方法・手順を徹底解説!
▶増額審査に落ちる原因と通るための条件を徹底解説!

みずほ銀行カードローン契約完了後によくあるお悩み一覧

会員サイトのログイン方法や利用方法

みずほ銀行カードローンの会員サイトは『みずほダイレクト』です。カードローンの専用サイトではないので、みずほ銀行の普通預金口座があれば誰でも利用できます。

みずほダイレクトは口座開設とは別で新規申し込みが必要となります。ご利用カードが届くまでおよそ2週間かかるので、早めに申し込みがオススメです。

 ログイン方法

みずほダイレクトでご利用カードに記載されている数字を入力する。
②ログインパスワードを入力する。

みずほダイレクトでは、

  • 残高照会
  • 振込依頼
  • カードローンの繰り上げ返済

などが可能です。返済は口座振替となるので、支払い日に残高が借りているかしっかりチェックしておくといいでしょう。

暗証番号・パスワードを忘れてしまった場合の対処方法

暗証番号を忘れた場合は、

  • 普通預金口座の通帳
  • キャッシュカードまたはローンカード
  • 取引印鑑
  • 本人確認書類

をもって取引店または近くのみずほ銀行の店舗で手続きが必要です。

みずほダイレクトの第1・第2暗証番号を忘れた場合は申込書を送付することで新しい番号を発行することができます。申込書はテレホンバンキングや窓口でも請求可能です。

みずほ銀行カードローンカードの紛失・盗難に関する対処方法

カードローンカードを紛失した、盗難に遭ったらすぐに以下の番号に連絡してください。

月曜日~金曜日 9:00~17:00 取引店
上記受付時間外、土・日曜日、祝日、振替休日 喪失受付センター:0120-415-415
店頭窓口 平日9:00~15:00※2

再発行する場合はみずほダイレクトもしくは窓口での手続きが可能です。

みずほ銀行カードローンってどんな会社?

みずほ銀行の金融機関コード(銀行コード)は0001番。これはみずほ銀行が最古の銀行であることを意味しています。みずほフィナンシャルグループの一員であり、信頼感バツグンの都市銀行です。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=7uwNJhjDtSc]

CMには福士蒼汰さん、鈴木亮平さん、玉山鉄二さんら豪華俳優陣を起用

商号 株式会社みずほ銀行
発足日 2013年7月1日
資本金 1兆4,040億円
本社 東京都千代田区大手町1–5–5(大手町タワー)
電話 03–3214–1111(代表)

日本で最初にできた銀行、第一国立銀行(旧第一勧業銀行と富士銀行、日本興業銀行の3行が会社分割・合併により2002年に旧みずほ銀行がスタート。2013年にみずほコーポレート銀行が旧みずほ銀行を吸収合併することで、現在のみずほ銀行が発足しました。

出張所を合わせて国内に460以上の店舗を構えており、全国どこでも利用しやすくなっています。

みずほ銀行カードローンに関するよくあるQ&A

申し込みしてないのに「みずほ銀行カードローン」仮申し込みの審査結果のご連絡というメールがきました。迷惑メールですか?

フィッシング詐欺なので無視してください。

みずほ銀行と保証会社オリコを装った詐欺メールが横行しています。URLを開くとウイルスがダウンロードされてしまいます。

申し込みをしていなければ連絡がくることもありませんし、勝手に契約になることもないので安心してくださいね。

身に覚えのない方はそのまま削除するようにしましょう。

みずほ銀行カードローンのATM手数料はかからない方法はありますか?

みずほマイレージクラブに加入してください。

カードローンの借入残高があれば「うれしい特典」の対象になるので、

  • みずほ銀行、イオン銀行ATMの時間外手数料が無料
  • コンビニATMの手数料が月4回まで無料

となります。

入会は無料です。みずほ銀行カードローンを利用しているならぜひ登録しておきましょう。

みずほ銀行カードローンは家族にバレずに借りられますか?

契約すると必ず郵送物が届きます。

WEB完結であっても契約内容確認書が届いてしまうので、絶対家族バレを避けたいのであれば注意が必要です。

ただし銀行からの郵送物なので、封を開けられなければカードローンだとバレる可能性は低いです。どうしても郵送物を避けたいなら、三井住友銀行やノンバンクなどを検討してみてください。

滞納すると督促ハガキが届いてしまうので、家族バレが怖いなら支払い忘れには気をつけましょう。

残高確認はどうすればできますか?

ATM、みずほダイレクト、電話のいずれかで可能です。

電話の場合はカードローン専用ダイヤルから自動音声で確認が可能です。みずほダイレクトではWEB明細で残高照会もできます。提携ATMによっては残高確認ができないこともあるので注意してください。

みずほ銀行カードローンの返済日は17日にできると聞いたのですが、どうすれば変更できますか?

変更はできません。

約定返済日が17日となるのはATMカードローンで契約した場合のみです。ただし誰もがATMで申し込みできるわけではなく、ATMにカードローン案内の表示が出た場合に限定されます。

またみずほ銀行合併前のカードローンを利用している場合は、

  • 富士銀行(メンバーズローン):返済日17日
  • 第一勧業銀行(マイバンクサービス):返済日1日

に設定されています。希望があればみずほ銀行カードローンの約定返済日を10日に変更可能です。 ただし新規申込扱いになるため、審査とローン口座番号の変更が必要になります。

この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。
【WEB申込みで最短当日受取り!】

三菱UFJフィナンシャルグループ
アコムの業界最速クレジットカード


▼クレジットカードおすすめ記事

審査が甘いクレジットカード
おすすめ人気ランキング
2015-10-14_122013 クレジットカードとは?
仕組みやメリット・デメリット
2015-10-14_122013 クレジットカードの審査とは?
通らない理由と対策方法
クレジットカードの正しい使い方
クレジットカードの支払い遅れはどうなる?
できない場合の対処方法

▼カードローンおすすめ記事

審査が甘いカードローン比較
おすすめ人気ランキング
カードローンとは?
特徴やメリット・デメリット
2015-10-14_122013 FPの私が教える
カードローンの賢い選び方
カードローン審査とは?
仕組みや流れを徹底解説
カードローン審査
に落ちる理由と対策とは?

コメントを残す