【簡単】お金がない方でも離婚できる正しい解決方法とは?

[最終更新日]2018/08/23

こんにちは!ライターのmiyamotoです!今回はお金のない方でも離婚することができる解決方法をお伝えしていきます。

▶︎私が支払い滞納を回避した裏技はこちら
離婚

離婚は本来「おすすめ」できるようなことではありませんが、やむなくお別れせざる得ない事態も起こることもあります。

そんな時に潔く離婚を選択できる方法を知っておくこともある意味リスクヘッジと言えるかも知れません。

離婚するとお金に困るケースとは?

夫婦は金銭面も精神面もお互いに協力し合って家庭を作り、子育てなどをしていますが、離婚することになるとどちらかが金銭面で困窮してしまう場合があります。

幸せな結婚生活が送れている間は意識しませんが、配偶者の収入に主な生活費や教育費などを頼っている場合には離婚後に苦労をするでしょう。

お金がないから離婚したくてもできないというケースも起こるものです。

離婚でこうしたお金の問題を抱えるのは、日本では女性の方が多いようです。

女性の社会進出や高学歴などが騒がれているものの、やはり男性中心の会社は多く、結婚や出産によってやめざる得なくなるのは概ね女性となるためです。

また、家庭に入って専業主婦になりたいという女性も意外と多く、結婚や出産で退職するのを普通だと感じていることもあります。

こうした場合には、いざとなった時に自分の収入がないことによって離婚後の生活をスムーズに始めるのが難しくなります。

子どもがいる場合には、さらに子育て費用や子供の世話などの問題もあるでしょう。

お金がなくても離婚できる!解決法はこれ

ポイント 女性

お金がないからと言って、正常ならぬ結婚生活を続けていくのは大変です。

どうしても離婚しかないという場合には、適切な解決方法を駆使して離婚に踏み切りましょう。

解決するために自分ですぐにどうすることもできない場合には、「誰か」に頼ることになります。

いくつかの頼るアテがあれば、離婚のハードルもずっと下がるでしょう。

親兄弟がいる場合にはできるだけ頼って

つらい時に支えてくれるのは、新しい家庭だけでなく元々の家庭です。

友達などとは違い、親兄弟なら一緒に暮らすことも抵抗ありませんし、自分を守ってくれるでしょう。

ひとまず身を寄せて、仕事を探したり新たな住居を探したりといった再出発のプランを進めることが最善です。

子供が幼い場合には、保育園探しなどもしなければいけませんが、受け入れ先が見つからないことも多くなります。

そういった場合にも、自分の親であれば「孫の世話」を喜んで引き受けてくれるかも知れません。

ただし、親しき中にも礼儀ありですので、働けるようになったら家にきちんと生活費や家賃代わりのお金を入れるようにして、大人の対応をすることも必要です。

親は先に老いるため、今度は自分が世帯主として稼ぎ頭になって実家を支えるのも選択肢の一つとなるでしょう。

お金も住むところも身寄りもないケース

親も兄弟も頼ることができなかったり、そもそもいなかったりと言った場合は、最も大変なケースですが、それでも離婚後の生活を支える手立てはあります。

誰も頼ることができない場合には、公的な支援を利用することになります。

特に子供のいる家庭では利用しやすい制度です。

住むところは母子生活支援施設

児童福祉法によって、配偶者のいないお母さんと子どもは「母子生活支援施設」というところを利用することができます。

配偶者がいないことに「準ずる」事情がある場合にも利用できるので、離婚前に駆け込むことも可能です。

日本全国にあり、お金も住む場所もない母子の生活を支えています。

申し込みや相談は、各地方自治体の社会福祉事務所で行っているので、自分の住んでいるエリアの社会福祉事務所を探してみましょう。

住む場所の提供だけでなく、生活を立て直すための自立支援や施設を出た後の相談などもあるため、長く頼れる施設です。

住むところは公営住宅

お金がないとは言え多少の蓄えや収入源を持っていて、離婚は計画的に進めているという場合には、公営住宅を利用することもできるかも知れません。

自治体によって、全ての入居希望者と同じように抽選で決めるところや母子家庭用の住宅を持っているところなどがあります。

母子家庭用の住宅があるエリアであれば、優先的に入居できるため、非常に有利です。

また、公営住宅の条件には「所得制限」がありますが、お金がないと言って困っているくらいですからクリアできる問題となるでしょう。

民間のアパートでは母子家庭が入れない物件もありますが、公営住宅では反対に有利になるのです。

生活費の公的な援助を受けて

離婚後の生活費として受けられる公的な援助がいくつかあります。

子どもがいる母子家庭では、所得金額に応じて受け取れる児童扶養手当と児童育成手当があります。

児童扶養手当は所得に応じて金額が算定されて、所得の高い人は受け取ることはできません。

また、養育費などを受け取っている場合にはそれも所得に含めます。

同居の扶養義務者の所得も含まれるため、実家で家族と暮らす場合にはもらえないかも知れません。

児童育成手当は受給者のみの所得で可否が決まりますが、児童扶養手当よりも金額が少ないものです。

収入がない場合には、全額受け取れる可能性が高いので、二つを合わせるとひと月当たり5万円強の手当が入ることになります。

私が滞納を回避した最終手段とは?

実は私も、3年前に夫と離婚して引っ越し費用やその他もろもろで早急に現金が必要になって困った経験があります。

また、支払いの滞納や遅延はあなたの将来だけでなく子供や周りの家族にまで被害が及びます。

あなたが返済できなければ最終的に家族や親族が責任をとることになってしまうのです。

時間が経過すればするほど、状況は悪化していきます。

『そんなこと言われても、手元に現金がないからどうしようもないんだよ!!』

と、返済に苦しむあなたの悲鳴が今にも聞こえてきそうです。

でも実は、私は急な出費の苦痛を『ある方法』で回避することで救われました。

支払いを回避する方法はまだあるので諦めてはいけません!

30日間無利息のキャッシングを上手く活用すれば一時的に最悪の事態を回避することが可能なのです。

アコム

30日間無利息なので、返済する際は借りた金額のみをそのまま返済するだけでOKです。

私は30日間の間で仕事を掛け持ちして、足りない分は親族に頭を下げて工面してもらいました。

1度滞納してしまえば、例え完済できても以後5年間は信用情報に傷がつき、カード発行や賃貸契約、住宅ローンも組むことが一切できなくなります。生活が息苦しくなることは容易に想像できるでしょう。

今ならまだ間に合います。

私も利用した大手三菱UFJフィナンシャルグループのアコムなら、利用したことが他人にバレることは絶対にありません。

歴史と実績があるので安心して30日間金利0円でキャッシングすることが可能です。

お金がないからと言って人生を諦めない!

今回は、離婚後のお金の心配を解決できる手立てを紹介しました。

しかし、今回お話した他にもケースバイケースでお金の捻出方法はあるかも知れません。

専業主婦が離婚をした場合にも、夫婦の財産を分ける財産分与や慰謝料などを受け取れることもあるでしょう。

今現在仕事でお金を十分に稼げていない場合でも、あきらめずに新しい人生のスタートは切れるはずです。

この記事と一緒に良く読まれる記事はこちら

この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。
【WEB申込みで最短当日受取り!】

三菱UFJフィナンシャルグループ
アコムの業界最速クレジットカード


▼クレジットカードおすすめ記事

審査が甘いクレジットカード
おすすめ人気ランキング
2015-10-14_122013 クレジットカードとは?
仕組みやメリット・デメリット
2015-10-14_122013 クレジットカードの審査とは?
通らない理由と対策方法
クレジットカードの正しい使い方
クレジットカードの支払い遅れはどうなる?
できない場合の対処方法

▼カードローンおすすめ記事

審査が甘いカードローン比較
おすすめ人気ランキング
カードローンとは?
特徴やメリット・デメリット
2015-10-14_122013 FPの私が教える
カードローンの賢い選び方
カードローン審査とは?
仕組みや流れを徹底解説
カードローン審査
に落ちる理由と対策とは?

コメントを残す