債務整理費用の相場平均と信頼ある安い弁護士の口コミを徹底比較!

[最終更新日]2018/08/23

この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。

こんにちは、Credit Geekライターのヨッシーです!今回は債務整理費用の相場平均と口コミが多くて安い弁護士を徹底比較してまとめてみました!

saimu02

債務整理をする場合、まずは弁護士に相談します。

しかしネット検索すると、無数に弁護士が出てくるので一体どこが良くて比較的安いのか、そもそも相場がわかりません。

今日はそんな今後債務整理を検討している方の役に立つ情報知識を解説していきます。

債務整理には4つの種類がある

前回記事の債務整理の基本で解説しましたが、債務整理は4つの整理方法を総称した呼び名です。

その4つとは、

  1. 自己破産
  2. 個人再生
  3. 任意整理
  4. 特定調停

に分類されます。

⇒債務整理の基本的知識はこちら

平均相場とは?

それでは上記4つの整理方法について、それぞれ平均相場を見ていきましょう!

1.自己破産

自己破産の弁護士委託費用は、平均30万円以上からが相場です。

そして着手金と報酬金の2つに分類されます。

まずは、弁護士に動いてもらう費用として前金で20万円を支払い、自己破産手続きがすべて完了した時点でさらに20万円という場合が一般的です。

とはいえ、自己破産するくらい返済能力が無いわけですから一括で支払いするのは中々厳しいと思います。

ですので大手などは分割払いに対応しているところもあります。

2.個人再生

個人再生の弁護士委託費用は、自己破産とあまり変わりはありません。

やはり手続きがそれなりに時間を要するので、弁護士の時間を長期間拘束することになります。

平均相場は30万円~60万円と言われていますが、大手の場合は後者に料金が近くなるでしょう。

3.任意整理

任意整理の弁護士委託費用は、1社あたりいくらで計算します。

大手弁護士事務所の平均相場は1社あたり約3万円~4万円程度で、交渉で減額に成功した場合は減額報酬という形でそこから%で支払います。

高くても1社あたり4万円が相場ですね。

4.特定調停

特定調停の手続きは個人でも可能ですが、弁護士に委託すると1社あたり約2万円が相場です。

他の債務整理と比較して安価です。

【信頼の実績】口コミ数の多い安価な弁護士No.1!

口コミ数がダントツで多く、実際に私も利用したことがあるおススメの法律事務所をご紹介します。

 5000件超の実績!ジャパンネット法律事務所

japan

事務所に出向くことが困難であれば、オンラインで完結することが可能です。

さらに安心と信頼の実績は5,000件超の処理件数です!

それぞれの債務整理方法にあったプランを提案してくれます。

⇒まずは無料でメール相談してみましょう

まとめ

いかがでしたか?

毎日の請求ストレスから解放されることでの心理的安定や数百万円単位で借金が減額されることを考えると、委託費用を支払って弁護士にお願いする価値は充分にあります。

ただ、債務整理を検討する前にまずはおまとめローンが出来るか確認しましょう!

クレジットカードの支払いが複数で滞納!多重債務の対処方法とは?

【WEB申込みで最短当日受取り!】

三菱UFJフィナンシャルグループ
アコムの業界最速クレジットカード


▼クレジットカードおすすめ記事

審査が甘いクレジットカード
おすすめ人気ランキング
2015-10-14_122013 クレジットカードとは?
仕組みやメリット・デメリット
2015-10-14_122013 クレジットカードの審査とは?
通らない理由と対策方法
クレジットカードの正しい使い方
クレジットカードの支払い遅れはどうなる?
できない場合の対処方法

▼カードローンおすすめ記事

審査が甘いカードローン比較
おすすめ人気ランキング
カードローンとは?
特徴やメリット・デメリット
2015-10-14_122013 FPの私が教える
カードローンの賢い選び方
カードローン審査とは?
仕組みや流れを徹底解説
カードローン審査
に落ちる理由と対策とは?

コメントを残す