【WEB申込みで最短当日受取り!】


公式サイトはこちら

ソニー銀行カードローンの特徴やメリット・デメリット、他社との違いを徹底解説!

[最終更新日]2018/05/18

ソニー銀行カードローンへの申し込みを検討中の方必見!商品特徴やメリット・デメリット、審査基準や金利や利息、返済・借入方法など他社と比較して何がおすすめポイントなのかを徹底解説しています。本当に自分にあっているのか確認しましょう!

ソニー銀行カードローンってどんな会社?

ソニー銀行カードローンは、その名の通り「ソニー銀行」が運営するカードローンです。

ソニー銀行は、2001年にソニーや三井住友銀行などの出資によって設立されたネット銀行の一つです。

カードローン事業の他にも、魅力的な金利や手数料を提供することで、資産運用をサポートしたりするなど、ネット銀行ならではのサービスを利用者に提供している銀行です。

ソニー銀行カードローンってどんなローン?

ソニー銀行カードローン

ソニー銀行カードローンの基本スペックは以下のようになっています。

ソニー銀行カードローン
申込条件  ・ソニー銀行に円普通預金口座を持っている方
・申込時年齢が満20歳以上満65歳以下の方
・安定した収入がある
・日本国籍の方
または外国籍の方で永住権をお持ちの方
・保証会社(アコム)の保障を受けられる方
利用方法 全国の提携ATMを利用する/口座への振込を利用する
利用用途 自由(事業性用途を除く)
利用期間 1年ごとの自動更新
利用限度額 10万円~800万円
実質年率 年2.5%~13.8%
遅延損害金 年14.6%
返済方法 約定返済日に、月々の返済額を口座より自動引き落とし
各回の返済期日 約定返済日は自身で選択可能(2日、7日、12日、17日、22日、27日)
審査時間 最短60分
即日融資 初回振込サービスあり
無利息期間 なし
必要書類 【本人確認書類】運転免許証・各種健康保険証
【年収確認資料】源泉徴収票・確定申告書・納税証明書(その1、その2)・
住民税課税決定通知書または課税証明書
保証人・担保 不要

商品詳細

上記のソニー銀行カードローンのスペック表を参考にしながら、ソニー銀行カードローンの詳細情報をまとめていきます。

申込条件

申込条件

 ソニー銀行に円普通預金口座を持っている方
 申込時年齢が満20歳以上満65歳以下の方
安定した収入がある
 日本国籍の方または外国籍の方で永住権をお持ちの方
 保証会社(アコム)の保障を受けられる方

ソニー銀行カードローンは、申込時の年齢が、満20歳以上満65歳以下で、一定の安定収入があることが申込条件になっています。

また、カードローンを申し込む際には、ソニー銀行円普通預金口座を持っている必要があります。
もしまだ口座を持っていない方で、ソニー銀行カードローンの利用を検討している場合、申込の前にソニー銀行の円預金口座を開設しておかなければなりません

もう一つ注意したい申込条件は、「保証会社であるアコムの保障を受けられるか」というものです。

カードローンの保証会社とは?

カードローンの申込をする際、通常は保証人や担保を用意する必要がありません
しかし、保証人なしでお金を貸し出した場合、カードローン会社にとって不良債権を抱えるリスクが生じます。

そこで、利用者が保証人を用意する代わりに、銀行傘下の消費者金融「保証会社」となってもらい、不良債権が発生した際に、保証会社に「代位弁済」してもらう仕組みを設けているのです。

 代位弁済とは?

代位弁済とは、借金の支払いをしない債務者に代わって第三者(保証会社)が未払い借金を弁済すること。
代位弁済後は、保証会社に債権を回収する権利が移る。

 カードローンの代位弁済とは?請求通知や保証会社への対処方法

代位弁済「金融事故」にあたり、その事故情報信用情報機関に登録されることになります。

信用情報機関に事故情報が登録されている状態のことを、一般的に「ブラックリスト」と呼びます。
ブラックリストのとき、新規のカードローン申込をしても審査に落とされてしまうので注意が必要です。

「ブラックリスト」や「信用情報機関への事故情報の登録」といった内容は「異動とは?信用情報機関に記録された異動記録はいつ消える?」の記事で詳しく解説しているので、確認してみてください。

 

ソニー銀行カードローンの保証会社は消費者金融の「アコム」です。
審査も「アコム」が実施することになります。

ここで注意したいのが、以前に「アコム」の利用において、返済の延滞や滞納を起こしてしまったことがある場合です。
この場合、すでにアコムにおいて「社内ブラック」となっているため、ソニー銀行カードローンを申し込んでも、審査に落とされてしまいます。

社内ブラックとは?

各金融機関は、信用情報機関への信用情報の登録の他に、自社独自のデータベースに利用者の申込状況や返済状況などを登録しています。
このデータベースに、返済の延滞・滞納などによる事故情報が登録されている状態のことを「社内ブラック」と呼びます。

社内ブラックになると、その金融機関がなくならない限り、半永久的にブラックとして登録され続けてしまいます

利用限度額

借り入れは、最少額10万円から利用することが可能で、利用限度額800万円になっています。
利用限度額は、ソニー銀行カードローン所定の審査により、ソニー銀行によって決定されます。

特徴

次に、ソニー銀行カードローンの特徴についてまとめていきます。

ソニー銀行カードローンの特徴

 借入や返済がしやすい  専業主婦や学生でも申込可能
 申込から借入・返済まで家にいながらできる  口座引き落とし日を選べる

 借入や返済がしやすい

ソニー銀行カードローンでは、セブン銀行イオン銀行を始め、三井住友銀行ゆうちょ銀行ローソンATMイーネットといった全国の提携ATMを利用することで、お金の借入や返済を行うことができます。

さらに、ATM手数料がほとんど無料で利用できる点も、特徴の一つと言えます。

ATM手数料
入金(随時返済) 出金(引き出し)
セブン銀行 手数料無料 手数料無料
イオン銀行
イーネット 利用回数が月4回まで手数料無料
5回目以降は108円/1回
ローソンATM
ゆうちょ銀行
三菱UFJ銀行
三井住友銀行

 専業主婦や学生でも申込可能

ソニー銀行カードローンの申込条件は、満20歳以上満65歳以下安定した収入がある方でした。
安定した収入があれば、専業主婦主夫学生フリーターの方でもカードローンの申込をすることができます。

専業主婦・主夫の場合、配偶者に一定の収入額があればカードローンの申込をすることができます。
ただし、専業主婦・主夫の場合、利用限度額50万円と定められており、50万円以上は借り入れることができないので注意が必要です。

 申込から借入・返済まで家にいながらできる

ソニー銀行カードローン,Web申込

ソニー銀行カードローンでは、家に居ながらでも、カードローンの申込から借入、返済までをすべて済ませることが可能です。

ホームページで申込、サービスサイトから借入手続きが可能で、自動的に口座にお金が振り込まれます。
また、毎月の返済は口座からの引き落としとなっています。

 口座引き落とし日を選べる

ソニー銀行カードローンでは、借入金額の返済の時、口座引き落とし日を選ぶことができます

毎月の約定返済日は、「2日、7日、12日、17日、22日、27日」の中からご自身で選択可能です。
返済遅れを防ぐために、給料日の近くの日を選択するといった対策をとることができます。

どんな人におすすめ?

ソニー銀行カードローンはこんな人におすすめ!

 できるだけ低金利のカードローンを利用したい方

 できるだけ早くお金が必要という方

 ソニー銀行の口座をお持ちの方

ソニー銀行の口座をすでにお持ちの方でカードローン利用を検討されている方は、ぜひソニー銀行カードローンを利用すると良いでしょう。

また、ソニー銀行カードローンは「低金利」「融資までの時間が短い」というメリットがあり、低金利でカードローンを利用したい方や、すぐにお金が必要な方にもおすすめできます。

向かない人は?

ソニー銀行カードローンが向かない方は?

 以前アコムを利用していて金融事故を起こした経験がある方

 インターネット利用があまり得意でない

 ソニー銀行の口座をお持ちでない

ソニー銀行カードローン保証会社「アコム」です。
過去にアコムと契約・利用中に、金融事故を起こすなどして、ブラックリスト入りしている可能性の高い方は、申込みしても審査で落とされる可能性が高いので向いていません。

また申込から返済まで、基本的にインターネットで完結する特徴を持つため、インターネット利用が得意でない方にもおすすめできないカードローンといえます。

ソニー銀行カードローンのメリット・デメリット

ソニー銀行カードローンのメリットとデメリットを分けて、分かりやすく解説していきます。

ソニー銀行カードローンのメリット

ソニー銀行カードローンのメリット

 低金利  融資までの時間が短い

 低金利

ソニー銀行カードローンの金利は「年2.5%~13.8%」と設定されており、他のカードローンの金利と比較しても、圧倒的に低い水準といえます。

大手の消費者金融カードローン「アコム」「プロミス」「モビット」などは、上限金利を18.0%に設定していることからも、ソニー銀行カードローン13.8%がいかに低く設定されているかが分かります。

 融資までの時間が短い

ソニー銀行カードローンの強みの一つが、審査から融資までのスピードが他社の銀行カードローンと比較して早いという点です。

銀行カードローンは、2017年からの「自主規制」の影響によって、即日融資ができなくなっています

 銀行カードローンの自主規制

 融資の条件次第で、収入証明書提出が必要
 即日融資の廃止
 年収の3分の1以上の融資を制限→総量規制と同様

金融庁は、多重債務者の増加を問題視し、銀行に自主規制を呼び掛けています。
そのため、ソニー銀行カードローンも即日融資はできません。

しかし、他社と比べると、融資までの時間が短くなっています。
その理由の一つは、ソニー銀行がネット銀行であり、手続きにかかる時間を短縮できるためです。

さらに、ソニー銀行カードローンは「初回振込サービス」というサービスを提供しています。
このサービスを利用すると、審査後ローンカードが自宅に届く前に、指定した銀行口座に借入資金を振り込んでもらうことができます

初回振込サービスを利用することで、1週間もかからずにお金を借り入れることができます。

初回振込サービスを利用できるのは、申込時に「ソニー銀行口座をお持ちでない方」のみとなっているので注意が必要です。
初回振込サービスを希望する場合は、仮審査結果確認時に申込する必要があります。

ソニー銀行カードローンのデメリット

ソニー銀行カードローンのデメリット

 ソニー銀行の口座開設が必要  口座に返済額を用意しておく必要アリ

 ソニー銀行の口座開設が必要

申込の時は、あらかじめソニー銀行の口座を開設しておく必要があります
まだ口座を作っていない方にとっては、手間がかかる点ではあります。

ただし、カードローン申込と同時に、ソニー銀行の口座開設も申込むことができるので、大きな問題とはなりません。

 口座に返済額を用意しておく必要アリ

毎月の返済に利用される返済方法は、「口座からの引き落とし」のみとなっています。

うっかり必要返済額を口座に用意しておくのを忘れていて、返済遅れを発生させてしまうという事態が起きないように、毎月の返済日と返済額をしっかり確認しておく必要があります

ソニー銀行カードローンと他社カードローンの違いを比較!

ところで、ソニー銀行カードローンと他のカードローンにはどのような違いがあるのでしょうか。

ここでは「三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』」「みずほ銀行カードローン」「アイフル」の3社と比較してみます。

  ソニー銀行
カードローン
三菱UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
みずほ銀行
カードローン
アイフル
申込条件 ・ソニー銀行に
口座を持つ

・満20歳以上満65歳以下
・安定した収入
・日本国籍または
外国籍で
永住権を持つ

・保証会社(アコム)
の保障を受けられる
・満20歳以上満65歳以下

・安定した収入がある

・保証会社(アコム)の

保障を受けられる

・満20歳以上満66歳未満

・安定した収入がある

・保証会社(オリコ)の
保障を受けられる

満20歳以上で
一定の収入がある
金利 年2.5%~13.8% 年1.80%~14.60% 年2.0%~14.0%  年3.0%~18.0%
利用限度額 800万円 500万円 800万円 800万円 
審査時間 最短60分 約2日 約2日  最短30分 
融資開始
までの期間
5日~7日程度
初回振込サービスなら
1週間以内
1週間程度  1週間程度 最短で即日融資 

ソニー銀行カードローン上限金利が圧倒的に低いことが分かります。

また、他の銀行カードローンでは審査時間と融資開始までの期間が長い傾向にあります。
審査時間は申込から結果が出るまで約2日融資までの期間は申込してからおよそ1週間ほどかかるため、急いでお金を借りたい人にはあまり向いていません。

しかし、ソニー銀行カードローンは消費者金融カードローンに引けを取らない審査・融資スピードとなっています。

ソニー銀行カードローンの口コミ・評判

ソニー銀行カードローンを実際に利用している方の口コミや評判を調査してみました。
利用者は実際、ソニー銀行カードローンに対してどのような印象を持っているのでしょうか。

イラスト男性/会社員

審査後はローンカードが送られてくる前に、自分が指定した口座に一旦お金を振り込んでくれたので、借入にそこまで時間はかからなかったです。
申し込んだらすぐに仮審査をしてくれました。
会社に在籍確認もあったようですが、プライベートを重視してくれたので、会社には全く気づかれませんでした。

イラスト男性/会社員

ソニー銀行カードローンですが、金利がかなり低く設定されていたので申し込みをしました。
審査の際に在籍確認があるということで心配しましたが、連絡は個人名で来ており、周りの人にカードローン申込がばれないように配慮されていたので良かったです。
審査に無事に通り、借入を行う際も、丁寧なサポートがあり、現在は返済も終えることができました。
総合的にとても良い銀行カードローンだと思います。

ソニー銀行カードローンの申し込み

ここでは、ソニー銀行カードローンの申込に関して詳しく解説していきます。

申込条件

ソニー銀行カードローンの申込条件は、これまで解説してきた通り以下の条件になります。

  • ソニー銀行に円普通預金口座を持っている方
  • 申込時年齢が満20歳以上満65歳以下の方
  • 安定した収入がある方
  • 日本国籍の方または外国籍の方で永住権をお持ちの方
  • 保証会社(アコム)の保障を受けられる方

安定した収入があれば、専業主婦・主夫やフリーター、アルバイト、学生の方でもカードローンの申込をすることができます。

申込方法

ソニー銀行カードローンの申込方法は「インターネット」での申込のみになります。

申込の流れについては「すでにソニー銀行口座を持っている方」「まだソニー銀行の口座を持っていない方」のそれぞれで方法が変わります。

口座をお持ちの方

 申込の流れ

①「サービスサイト」から申込する
サービスサイトへログインし、「仮審査申込」から手続きを行います。
パソコンとスマートフォンどちらからでも申し込み手続きをすることができます。

②仮審査結果
申込をした後は、保証会社の「アコム」による仮審査が行われます。
仮審査の結果はメールによって送られてきます。
仮審査を通過している場合は、メールのURLから本審査手続きを進めます。

③在籍確認

④必要書類の送付
以下に記載の書類を送付する必要があります。
必要書類はFAXまたは郵送によって送付することになります。

 本人確認書類(全員)
 年収確認資料(50万円を超える利用限度額を希望の方
 永住許可を受けていることを証明できる資料(外国籍の方

⑤本審査結果
本審査の結果もメールで知らされます。
本審査を通過している場合は、メールのURLから契約手続きを進めます。

⑥契約完了

口座をお持ちでない方

ソニー銀行の口座をお持ちでない方でも、カードローンの申込をすることは可能です。

 申込の流れ

①申込する
パソコン、スマートフォンなどからカードローン申し込み画面にアクセスし、申込手続きを行います。

②仮審査結果
仮審査の結果はメールによって送られてきます。
仮審査を通過している場合は、メールのURLから本審査手続きを進めます。
カードを受け取る前に借入を希望する方は、この段階で「初回振込サービス」の登録を行ってください。

③在籍確認

④必要書類の送付
※口座をお持ちの方で説明したものと同様です。

⑤本審査結果
本審査の結果もメールで知らされます。
本審査を通過している場合は、メールのURLから契約手続きを進めます。

⑥契約完了

即日融資は可能?

2017年からの銀行の自主規制によって、原則として銀行カードローンは即日で融資することができなくなりました
ソニー銀行カードローン即日融資に対応していません

▶︎今すぐお金が必要な即日融資カードローンがおすすめ!

口座開設は必須?

ソニー銀行カードローンは、口座を持っていない方でも申込することができます
カードローンの申込と同時に、ソニー銀行の口座も開設する流れになります。

ソニー銀行カードローンの必要書類

ソニー銀行カードローンの申込時に提出が必要な書類は以下のものです。

 本人確認書類(全員)
 年収確認資料(50万円を超える利用限度額を希望の方
 永住許可を受けていることを証明できる資料(外国籍の方
 振込先口座の確認資料(初回振込サービスの利用を希望している方

 本人確認書類(全員)

本人確認書類は、すべての方が提出しなければいけません。
本人確認書類として認められているのは以下の2点です。

  • 運転免許証
  • 各種健康保険証

このうちどちらか1点をコピーして提出する必要があります。

 年収確認資料(50万円を超える利用限度額を希望の方

50万円を超える利用限度額を希望する方は、本人確認書類以外に「年収確認資料」の提出が必須となっています。

  • 源泉徴収票
  • 住民税課税決定通知書
  • 課税証明書
  • 確定申告書
  • 納税証明書(その1・その2)

このうちのどれか1点をコピーして提出するようにしましょう。

 永住許可を受けていることを証明できる資料(外国籍の方

カードローン申込時に外国籍の方は、以下の2点のうちどちらかをコピーして提出することが求められます。

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

 振込先口座の確認資料(初回振込サービスの利用を希望している方

申込時にソニー銀行口座をお持ちでない方は、「初回振込サービス」を利用することができます。

この初回振込サービスの利用を希望する方は、振り込んで欲しい口座の「普通預金通帳またはキャッシュカードの券面」のコピーを提出しなければなりません。

ソニー銀行カードローンの審査について

カードローン申込で誰もが不安に感じるのが「審査」です。
ここでは、ソニー銀行カードローンの審査について簡潔にまとめていきます。

ソニー銀行カードローンの審査の特徴

 他社カードローンと比較して審査スピードが早い

 審査は保証会社の「アコム」が担当する

 在籍確認は必ずある

 他社カードローンと比較して審査スピードが早い

ソニー銀行カードローンの審査スピードは、他者と比べてみると早めに設定されていることが分かります。

インターネットで申込後、最短60分「仮審査」の結果がメールで送られてきます。
必要書類の提出などもスムーズに行うことができれば、申込みの翌日には本審査も行われ、5日~7日程度で借入をスタートすることも可能です。

初回振込サービスを利用すれば、さらに早くお金を借りることもできます。

 審査は保証会社の「アコム」が担当する

ソニー銀行カードローン審査の特徴の一つとして挙げられるのは、ソニー銀行カードローンの保証会社「アコム」である点です。

過去にアコムを利用していて、返済の延滞や対応を起こしたことがあるという方は、審査に通らない可能性が高くなっています。

 在籍確認は必ずある

カードローン,審査,在籍確認

ソニー銀行カードローンでも、必ず「在籍確認」が行われます。

会社員の方やパート・アルバイトの方は、申込時に記入する「勤務先電話番号」に在籍確認の電話が来ます。
自営業者の方は「自宅の固定電話」に、専業主婦・主夫の方は「携帯電話」でも在籍確認を受けることができます。

自営業者は固定電話が必要?
自営業者の方は、在籍確認のために固定電話を持っている必要があります。固定電話がない場合はソニー銀行カードローンを利用できないので注意しましょう!

ソニー銀行カードローンの審査についてより詳しく知りたい方は「ソニー銀行カードローンの審査は甘いって本当?審査落ちの理由と対策方法を徹底解説!」をご覧ください。

▶︎銀行カードローンの審査基準を徹底解説!難易度別おすすめランキング

ソニー銀行カードローンの借り入れ方法と返済方法について

ソニー銀行カードローンの借入方法と返済方法はどのようになっているのでしょうか。

ソニー銀行カードローンの借入方法

借入方法

 提携ATMで借入  サービスサイトで借入  テレホンバンキングで借入

 提携ATMで借入

本審査通過後に送付される「ローンカード」または「カードローン一体型キャッシュカード」を利用し、提携ATMからお金を引き出すことができます。

提携ATMは「セブン銀行ATM」「イオン銀行ATM」「ローソンATM」「イーネット」「ゆうちょ銀行ATM」「三菱UFJ銀行ATM」「三井住友銀行ATM」の7つになります。

 サービスサイトで借入

スマートフォンまたはパソコンから、ソニー銀行のサービスサイトにアクセスして、
「メニューまたは商品一覧」→「カードローン」→「借入」の流れでお金を借り入れることができます。

指示した金額は、ソニー銀行の口座に振り込まれます。

 テレホンバンキングで借入

「カスタマーセンター(0120-365-723)」に電話をすることで借入する方法もあります。
借入金額は、ソニー銀行の口座に振り込まれます。

ソニー銀行カードローンの返済方法

ソニー銀行カードローンでは、毎月一回の決められた日(約定返済日)に、月々の返済額(約定返済額)を、ソニー銀行の普通預金口座から自動引き落としされるかたちで返済する仕組みになっています。

口座残高に注意!
返済日に残高が足りずに、うっかり返済が遅れてしまうことがないように、口座残高に余裕があることを確認しておきましょう!

ソニー銀行カードローンの返済方式について

ソニー銀行カードローンの返済方式は、「約定返済」「随時返済」の2種類があります。
それぞれの違いを分かりやすく解説していきます。

約定返済

約定返済とは?

毎月決められた日(約定返済日)に、決められた額を返済する方式のこと。

約定返済とは、毎月の返済日に、あらかじめ決められた返済額を返済する方式のことです。
ソニー銀行カードローンでは、「2日、7日、12日、17日、22日、27日」の中から約定返済日を選択することができます。
約定返済日に、ソニー銀行の口座から自動で返済額が引き落とされます。

月々の返済額は、前月返済日のご利用残高で決定されます。

前月返済日のご利用残高 返済額
10万円~ 2000円
10~20万円以下 4000円
20~40万円以下 6000円
40~60万円以下 8000円
60~80万円以下 10000円
80~100万円以下 12000円
100~150万円以下 15000円
150~200万円以下 20000円
200~300万円以下 30000円
300~400万円以下 35000円
400~500万円以下 40000円
500~600万円以下 50000円
600~700万円以下 60000円
700万円~ 70000円

随時返済

随時返済とは?

毎月の返済とは別に、好きなタイミングで追加の返済をする方式のこと。

毎月の約定返済とは別に、追加で返済することを随時返済と呼びます。
随時返済を利用することで、借金をなるべく早く返済することが可能になります。

ソニー銀行カードローンの増額方法について

ソニー銀行カードローンでも、借入金額の増額をすることができます。
増額の方法や注意点についてまとめていきます。

増額方法

増額を希望する場合、ソニー銀行のサービスサイトから申込することができます。

サービスサイトへログインし、カードローンのページへアクセスしたら、「ご利用限度額の変更の申し込み」から増額申請をすることができます。

増額する前に確認!

ソニー銀行カードローンで増額するためには、「再び保証会社による審査が行われる」という点に注意しておく必要があります。

カードローン利用前は問題なく審査に通過していても、利用中に「返済遅れがあった」「属性が変わった(転職・退職など)」「他社のローンも申込した」などが原因で、増額審査に落とされるケースが多くみられます

増額の審査に通るためには、毎月しっかり返済を行い、しっかりとした利用実績を積んでいくことが大切です。

 カードローン利用限度額の増枠と増額の違いとは?徹底解説!

まとめ

ここまでソニー銀行カードローンについてまとめてきました。

ソニー銀行カードローンは、低金利で審査も速く、安定した収入があれば専業主婦・主夫や学生の方でも申込むことが可能といった、たくさんの魅力があるカードローンです。

カードローン利用をご検討の方は、ぜひこの記事を参考に自分に合ったカードローン探しをしてみてください。

▶︎銀行カードローンのおすすめ人気ランキングはこちら

【WEB申込みで最短当日受取り!】

三菱UFJフィナンシャルグループ
アコムの業界最速クレジットカード


▼注目のクレカ情報

2015-10-14_121852 ルミネカードがお得!
審査に落ちる3つの理由とは?
2015-10-14_122013 知られざる金融業界の裏側!
年収が高い企業別ランキングTOP3とは?
2015-10-14_122013 意外と知らない仕組み!
加盟店が支払う手数料の裏側とは?
2015-10-14_122013 どっちがお得?
交通系クレジットカードTOP3を徹底比較
世界中が驚愕!
年会費が世界一高いクレジットカードとは?
【大人気のTo Me CARD】
定期券購入移行時の4つの注意点とは?!
知らないと恥!
クレジットカード利用時のサインと暗証番号の違いとは?
【3分でマスター!】
クレジットカードIDの使い方を徹底解説!
2015-10-14_122013 【まだ助かる!】
クレジットカードの支払いができない時に試す3つの相談方法とは?
2015-10-14_122013 クレカの豆知識
支払いを1、2ヶ月遅延滞納した結果・・・

▼クレカ審査系ランキング

クレカ営業マンに学ぶ!
審査基準と人気クレジットカードランキング2017年版
2015-10-14_122013 審査が早い!
即日発行カードランキング
2015-10-14_122013 学生向け!
審査基準と人気クレジットカードランキング2017年版
2015-10-14_122013 主婦申し込みOK!
主婦向けクレジットカードランキング2017年版
自営業者OK!
審査基準と人気クレジットカードランキング2017年版

▼当サイトおすすめ記事

2015-10-14_121852 最強デビットカード!
おすすめ人気ランキング
お洒落過ぎる!
クレジットカードの人気ブランドケースTOP5
2015-10-14_122013 激レア話題殺到!
アニメコラボカードランキングTOP5
2015-10-14_122013 鉄壁のクレカ?!
紛失・盗難・悪用保証が強いカードランキング
2015-10-14_122013 富裕層向け!
ステータスカード人気ランキング2017年版
2015-10-14_122013 便利でお得!
アメリカで使えるクレジットカードランキング2017年版

コメントを残す