消費者金融系クレジットカードの審査基準は甘い?落ちる理由を解説

[最終更新日]2019/10/07

消費者金融系クレジットカードの審査基準は甘い?落ちる理由を解説

消費者金融系カードとは消費者金融会社が発行するクレジットカードのことです。巷では銀行系や流通系、信販系と比較して審査が甘いと評判ですが本当にそうなのでしょうか?当記事では元大手消費者金融勤務の大木が消費者金融系クレジットカードの特徴を解説していきます。

おすすめの消費者金融系クレジットカード2選

※カード名をクリックすると各カードの詳細へ移動できます

消費者金融系クレジットカードとは?

消費者金融系クレジットカードとは?
クレジットカードの情報について調べていると「消費者金融系クレジットカード」という文言を目にすることがあります。いったいどのようなカードのことなのでしょう。

クレジットカードにも種類がある

クレジットカードには、発行する会社や性質により、いくつかの種類に分けられます。

説明 カードの例
銀行系 銀行が発行 三井住友カード
MUFGカード
みずほマイレージクラブカード
交通系 交通機関が発行 JALカード
ANAカード
流通系 スーパー、百貨店など
店舗を持つ会社が発行
楽天カード
イオンカード
セゾンカード
信販系 信販会社が発行 オリコカード
ニコスカード
消費者金融系 消費者金融会社が発行 ライフカード
ACマスターカード
外資系 外資系企業が発行 ダイナーズカード
アメックスカード

この中でも最も種類が多いのは流通系カード。デパートやコンビニ、ネットショップなど様々な企業が独自のカードを発行しています。

関連記事

消費者金融系カードはどんなカード?

消費者金融系カードは、消費者金融会社が発行しているカードのことを指します。アコムが発行しているACマスターカードが代表的な例ですね。

またライフカードは、2010年よりアイフルの完全子会社となっており、現在は消費者金融系カードに分類されています。

消費者金融系カードの特徴一覧

では消費者金融系のカードは、流通系など他のクレジットカードと具体的に何が違うのでしょう?簡単な表にまとめました。

消費者金融系(アコムACカード) その他カード
年会費 無料 2年目以降は年会費がかかる
ポイント なし 0.5%~
発行スピード 最短即日 1週間~3週間
キャッシング 最大500万円 最大でも50万円程度
キャッシング利率 14.5% 18.0%の会社がほとんど
審査方法 独自審査 他社取引(クレヒス)を重要視

クレジットカードを作る場合、大半が発行まで1週間~3週間以上かかります。しかし消費者金融系カードは審査スピードが速く、最短で即日発行も可能です。

キャッシング枠はクレジットカードに比べると高めで、金利はクレカのキャッシング枠に比べると低めに設定されています。消費者金融系のクレジットカードは、消費者金融ローンのよい部分を引き継いでいると言えますね。

消費者金融系クレジットカードの審査基準は甘いの?

消費者金融系クレジットカードの審査基準は甘いの?
インターネット上でクレジットカードの情報サイトを見ていると「消費者金融系は審査が甘い」という口コミを見かけることがありますが、実際に審査が甘いということはありません!

審査が甘いと誤解されやすいだけ!

ではなぜ「審査が甘い」という口コミがあふれているのでしょうか。その理由は独自審査を採用しているからです。

一般的なカードはクレヒス(他社カードの利用状況)を重要視するのに対し、消費者金融はそれ以外の要素で審査を行っています。

そのためスーパーホワイトの方でも審査に通る可能性があります。

スーパーホワイトとは?

信用情報にクレジットカードやローンの利用履歴が全くない状態のこと。
30代以上でスーパーホワイトの場合、ブラック明け(喪明け)と思われて審査に通りにくくなります。

「他のカードはダメだったけど、消費者金融系は発行できた!」という事実が、「他社よりも審査が甘い」というイメージに繋がり、審査が甘いという口コミが広がったのです。

誰でも作れるわけではない!

確かに消費者金融系カードは他のカードに比べると難易度が低いといわれています。しかし誰でも作れるわけではありません。

信用情報がブラックであれは審査落ちしますし、それ以外の要素が原因で審査に通らないこともあります。

他のカードは通ったけど審査落ちした!という人もいる

他社と審査基準が違うだけであり、決して審査が甘いわけではないことが分かりますね。

審査に通過しているのは2人に1人

消費者金融系カードで有名なアコムACマスターカードについて、実際に当サイトで集計をした審査通過率の集計があります。

【当サイトにおけるアコムACマスターカードの審査通過率(2017年度)】

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
申込数 139 129 171 236 197 112 128 126 141 117 96 94
承認率 58% 53% 57% 54% 64% 68% 63% 54% 64% 65% 60% 57%

※赤字の月はカードの申込者が多い月を示しています。

年間で平均をすると約60%という結果が出ています。誰でも作れるというわけではありませんが、他のカードよりは審査通過率が高いことが分かります。

消費者金融系クレジットカードの審査に落ちる理由は?

消費者金融系クレジットカードの審査に落ちる理由は?
ではなぜ消費者金融系クレジットカードの審査に落ちるのでしょうか?主な理由は以下の3つ。

①クレジットヒストリー(クレヒス)に異動がある

他のクレジットカード同様、消費者金融系クレジットカードの審査では信用情報を必ず確認します。

そこでブラックになっている、つまり異動情報がある場合は審査に通りません。

②他社借入が多く総量規制対象になっている

消費者金融系クレジットカードにはキャッシング機能が付帯しています。このキャッシング枠は、年収の3分の1以下に借入額が制限される「総量規制」の対象です。

他のクレジットカードのキャッシング、消費者金融からの借入が多いと、総量規制の対象となり審査落ちします。

③社内ブラックになっている

消費者金融系カードの会社は、その元の消費者金融の顧客情報も所有しています。そちらで社内ブラックになっているとクレジットカードの審査にも通りません。

社内ブラックとは?

審査を行う会社で長期延滞、貸倒などの大きなトラブルを起こしたことが原因で、借りられない状態のこと。

例えばアコムACマスターカードの場合、消費者金融のアコムで貸倒などを起こしていると、社内ブラックが原因で審査に通らない可能性が高いです。

社内ブラックが原因でクレジットカード審査に通らない理由
2019.01.09

消費者金融系クレジットカードはこの2種類のみ!

消費者金融系クレジットカードはこの2種類のみ!
ここまでで消費者金融系クレジットカードについて紹介をしてきましたが、実は消費者金融が発行しているクレカは以下の2種類のみ。

消費者金融が発行しているクレカはこの2つ!
  1. アコムACマスターカード
  2. ライフカードch(年会費有料)

それぞれのカードについて、申込み資格や特徴を詳しく見ていきましょう。

アコムACマスターカード

アコムACマスターカード

アコムACマスターカード
国際ブランド
年会費 
還元率
発行期間
初年度
2年目〜
無料
無料
0.25%
最短即日
  • 年会費無料&0.25%分キャッシュバック
  • 最短即日発行!土日祝日OK
  • クレヒス修行用にオススメ!

アコムACマスターカードの申込資格

アコムACマスターカードの申込資格はホームページにはっきりと記載があります。

アコムACマスターカード申込資格

・20歳以上69歳以下
・本人に安定した収入がある方

申込には、本人に収入があることが条件になります。申込画面にも勤務先電話番号を入力する欄があり、先に進むには番号を入れなくてはいけません。

収入がまったくない専業主婦や学生は申込ができないので注意しましょう。

アコムACマスターカードの特徴

アコムACマスターカードはその名前の通り、消費者金融のアコムが発行するカードです。券面を見ただけではアコム発行とは分かりませんので、消費者金融に抵抗があるという方でも安心です。

アコムACマスターカードの特徴

・自動契約機に来店すれば即日でカードを受け取れる
・返済方法が選べる

ACマスターカードは審査が最短30分で完了します。さらにアコムの自動契約機に来店をすればその場でカードを受け取れます。お急ぎの方、自宅にカードが届くのが嫌な方にぴったりです。

クレジットカードは返済方法が口座振替のみのことが多いですが、アコムACカードは返済方法を選ぶことができます。

アコムACカードの返済方法

・アコムATM・提携ATMへの入金
・振込(ネット振込含む)
・口座振替
・アコム店頭窓口

通帳に振替の記録を残したくない人に嬉しいのがATMでの返済です。他のカードと同様に自動振替も選択できます。

アコムACマスターカード申し込み前に知っておきたい注意点

アコムACマスターカードは消費者金融にかなり近いクレジットカードです。審査の際は勤務先の人数や職種など、かなり細かく質問されます。

他にも申し込み前に知っておきたい注意点がいくつかあります。

アコムACマスターカードの注意点

・返済は基本的にリボ払い
・補償や保険がない
・ポイントがない

アコムACマスターカードの返済は原則としてリボ払いのみです。一括払いや分割払いを指定することはできません。前倒しで返済は可能です。

また、他のクレジットカードには付帯している保険や補償、ラウンジサービスは一切ありません。ポイント制度もなく、その代わりに毎月利用額の0.25%が自動的にキャッシュバックされます。

面倒なことは省きたい、カードが使えればいいという方にはおすすめであると言えます。

関連記事

ライフカードch(年会費有料)

ライフカードch(年会費有料)

ライフカード
国際ブランド
年会費 
ポイント還元
発行期間
初年度
2年目〜
5000円
5000円
0.5%~最大4%
最短3営業日
  • 独自の審査基準で1人1人にあった個別審査
  • 過去に延滞履歴がある人でも審査に通るチャンス
  • 誕生日月はポイント3%

ライフカードの申込資格

ライフカードの申込資格はホームページに明記されています。

ライフカードの申込資格

・18歳以上(高校生不可)
・電話連絡ができる方

収入についての記載はありませんので、自分自身に収入がない方でも発行できるチャンスがあります。

ライフカードの特徴

ライフカードは元々「株式会社ライフ」という信販会社が発行していました。しかし現在はアイフルに吸収合併されてアイフルの完全子会社となっています。

ライフカードの特徴

・ポイントが貯まりやすい
・独自審査を行っている

ポイントは通常0.5%、初年度は1.5%貯まります。また利用状況によっては最大4%まで還元率がアップします。

また、独自審査を行っているのも特徴。ホームページにも以下のような画像が掲載されています。

延滞をしていてもチャンスがありますが、必ずしも審査に通るわけではありませんので気をつけましょう。
※現在も金融事故遅延中の場合は可決されません
初年度の年会費+限度額分の保証金の先払いで利用できるライフカード(デポジット型)や、審査なしで使えるデビットカードなどをご検討ください。

過去に遅延があったり審査が不安な方でも年会費を代引きで支払えばクレジットカードを利用できる分、普通のライフカードとは違い年会費が5000円+税かかります(初年度年会費は先払いとなります)。
しかし「ETCカード無料」や「Apple Pay対応」といった日々の生活で役立つメリット、また年会費無料ライフカードには無い「海外・国内旅行傷害保険自動付帯」「弁護士無料相談サービス」といったサービスが付いています。
さらにカード券面は年会費無料のライフカードと同じ。これならカードを見られて気づかれることもありませんね。
ライフカードch(年会費有料)ならゴールドカードも持てますので、仕事上カードが必要不可欠な方、またこれまでカードを作ったことがなくご自身の与信に不安がある方にもおすすめのカードです。

ライフカード申し込み前に知っておきたい注意点

アコムACカードとは違いポイントが貯まりますので、通常のクレジットカードと同じだという印象を抱く方が多いと思います。しかしいくつか注意しておきたい点もあります。

ライフカードの注意点

・締め日が毎月5日である
・アイフルでの取引情報が審査に影響する

クレジットカードの多くは月末が締め日に設定されていますが、ライフカードは毎月5日が締め日になっています。月が変わったからといって使いすぎないようにしましょう。

一番注意したいのが、アイフルでの利用情報が審査に影響を与えるということです。規約には、アイフルの顧客情報を利用する旨がはっきりと書かれています。

(2)申込者及び会員は、平成23年7月1日付けで株式会社ライフが当社を承継会社として吸収分割を行った後アイフル株式会社に吸収合併されたことに伴い、申込者及び会員と株式会社ライフとの間の取引に関しアイフル株式会社が保有している個人情報(略)についてアイフル株式会社から提供を受けて当社が利用することに同意するものとします。
引用元:ライフカード 個人情報の取り扱いに関する同意約款

アコムACマスターカードとは違い、ホームページを見ただけではアイフルと関係があると分からないので、気付かずに申し込みをしてしまう方も多いと思います。

アイフルで社内ブラックになっていると審査に落ちる可能性が極めて高いです。注意しましょう。

まとめ

消費者金融系クレジットカードは審査が甘いといわれていますが、実際にはそのようなことはなく、審査に落ちることもあるという事が分かりましたね。

審査に落ちる理由おさらい

  • クレヒスに異動がある
  • 他社借入が多く総量規制対象になっている
  • 社内ブラックになっている

消費者金融系は独自審査を行っていますので、消費者金融系のカードで審査落ちをしたものの、他のカードは作ることができた、という例もあります。

万が一審査に落ちても諦めず、他のカードも候補に入れましょう。

関連記事


この記事を執筆した専門家

大木
大木
元大手消費者金融会社勤務
大手消費者金融に勤務し、審査や返済相談など様々な業務を経験するうち、ローンの実態をもっと皆に知ってもらいたいと思うようになりました。「誰でも分かりやすく」をモットーに、読みやすい記事を作成していきたいです。現在はファイナンシャルプランナーの資格取得に向けて勉強中です!
                     

コメントを残す