To Me CARDプライムとANAソラチカの違いを徹底比較!?

[最終更新日]2018/10/09

ども、Credit Geekです!今回はTo Me CARDプライムTo Me CARD ANAソラチカ違いを徹底比較してご紹介します。

prime vs soracika

日常生活の出費で最も大きな割合を占めているのが「交通費」ですよね。

中でも東京メトロJCB/Visa/MasterANAがタイアップしたTo Me CARDシリーズが人気を集めています。

電車利用者向けのTo Me CARD Primeとマイルを貯めたい方向けのANAカードの2種類がありますね。

でも実際のところ、どっちが良くて何が違うのか素人には謎めいた部分があります。

そこで今回はJCBが発行するプライムとソラチカの違いを徹底比較していきます。

プライムとソラチカの違いを徹底比較

プリント

プライム ソラチカ
年会費 2,000+税 2,000+税
年会費無料条件 年間50万円以上の利用 なし
okidoki還元率 1,000円=1okidoki 1,000円=1okidoki
メトロポイント
(1乗車毎)
平日=片道10円/往復20円
土日=片道20円/往復40円
平日=片道5円/往復10円
土日=片道10円/往復20円
マイル変換率 1,000メトロP=600マイル 100メトロP=90マイル
継続特典 なし 更新毎に1,000マイル付与

それではプライムとソラチカの違うポイントをそれぞれ解説していきます。

1.年会費無料条件

プライムは年会費無料条件がありますが、ソラチカはありません。

その変わり毎年更新するごとに1,000マイルが付与されます。

2.メトロポイント還元率

プライムは平日10円、土日休日20円相当のメトロポイントが貯まるのに対し、ソラチカは平日5円、土日休日10円と半分になります。

その変わりメトロポイントをマイルに変換する率が高いです。

3.マイル変換率

プライムが1,000メトロポイントからマイルに変換できるのに対し、ソラチカは100メトロポイントから変換することが可能です。

しかも申し込み時に手動移行コースと自動移行コースを選択できるので、マイルを貯めたい方はメトロに乗るたびに自動でマイルを貯めることができます。

ソラチカは100メトロポイント(10往復分)で90マイルに移行できるので素晴らしい還元率だと思います。

ショッピングでは、プライムもソラチカも1,000円=5マイルとなります。

4.継続特典

プライムは年会費無料条件がある変わりに継続特典がありませんが、ソラチカは更新毎に1,000マイルをプレゼントされます。

こんな人におすすめ!

プライムカードは、普段東京メトロを週2~3回ペースまたは高額な定期券を購入しているユーザー層におすすめです。

実際に週2~3回メトロのご利用で年間3,000~4,000円貯まるので年会費はすぐに元をとります。

ソラチカカードは、国内だと年間4回以上海外だと最低1回飛行機を利用するユーザーにおすすめです。

飛行機を頻繁に使うわけではないけどマイルを貯めて旅行したいといったマイラーさんの場合だと、通勤とショッピングでマイルを貯めることも可能です。

To Me CARDの評判やオートチャージの仕組みについてはこちらの記事をご覧ください。

PASMOのオートチャージとは?仕組みや設定・変更方法を解説!

クレジットカード適正診断



この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。
【WEB申込みで最短当日受取り!】

三菱UFJフィナンシャルグループ
アコムの業界最速クレジットカード


▼クレジットカードおすすめ記事

審査が甘いクレジットカード
おすすめ人気ランキング
2015-10-14_122013 クレジットカードとは?
仕組みやメリット・デメリット
2015-10-14_122013 クレジットカードの審査とは?
通らない理由と対策方法
クレジットカードの正しい使い方
クレジットカードの支払い遅れはどうなる?
できない場合の対処方法

コメントを残す