審査が甘いVisaカード比較・おすすめランキング

[最終更新日]2019/01/23

審査が甘いVisaカード比較・おすすめランキング

前提として国際ブランドの違いによって審査基準や審査内容の違いはありません。発行元のカード会社によって審査難易度は異なります。当記事では、Visaカードが欲しいけど審査に通るか不安という方に向けて審査が甘いVIsaカードを厳選してご紹介しています。

審査が甘いカードVisaカード3選

↑※カード名をクリックする詳細コーナーへ移動できます

国際ブランドによって審査基準に違いはない!

国際ブランドによって審査基準に違いはない

クレジットカードの審査基準は国際ブランドでなく、カード会社の方針(大衆指向・富裕層重視)やカードのグレード(ゴールド・プラチナ)により決まります。

時折、

「VisaよりもJCBの方が審査が緩い」
「Mastercardやアメックスはプレミア指向が強く年収が必要」

上記のような情報が見受けますが、これは誤った情報です。年収の額や雇用形態に不安のある方でも、カード会社の選択を間違えなければVisaカードは作れます。

審査が甘いVisaカードの特徴

審査が甘いVisaカードは、いつもキャンペーンをしていたり、年会費がずっとタダなど、いくつか特徴があります。

クレジットカードの審査ハードルはカード会社の方針により決まるので、審査が甘いVisaカードを探すには、カードサービスの特徴から見わける方法が有効です。

➀審査スピードや即日発行をアピール

審査スピードや即日発行をアピールしているクレジットカードは、「今すぐにでもカードが欲しいユーザー」をターゲットにしたカードです。

カード会社はふつう、過去に一度も滞納したことがない人など、理想のお客さんを求めています。しかし急いでカードを欲している人に完璧を求めるのが難しいことは百も承知。

多少のことには目を瞑ってくれるかもしれません。

➁消費者金融が親会社

クレジットカード会社は、親会社や系列会社の消費者金融に審査をまかせている会社も多いです。

消費者金融系のクレジットカードは金利的に銀行系カードと比べて厳しく、銀行系カードの審査に通りそうもない人たちを拾い上げていたところがあります。

そのため消費者金融と関係の深いカード会社のクレジットカードは審査に通りやすいです。

➂貸し倒れ残高

貸し倒れ残高が大きなクレジットカード会社も、ねらっていきたいカード会社の特徴です。

貸し倒れを起こしているということは、返済に困りやすい属性の人たちを受け入れている証拠。クレジットカード会社の中には投資家向けに貸し倒れ残高を公表している会社もあるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

例えば楽天カードなど2018年第三四半期の発表にて、新規会員の増加と共に「3か月以上の未収/条件緩和債権」の残高数を増やしています。

➃キャンペーンを常に行っている

ポイントプレゼントなど、いつもキャンペーンをしているクレジットカードもねらい目です。

ポイントサービスはカード会社目線で読み替えると、「ポイントをあげてでも契約してほしいクレジットカード」。お金持ちの人だけを対象にしているなら、こんな大衆的なサービスを展開する必要はありません。

楽天カードやエポスカードなどは新規契約者を対象に常時数千ポイントをプレゼントしているので、ねらい目のクレジットカード会社です。

➄年会費無料

年会費無料のクレジットカードは有料カードと比べて、審査ハードルが低めです。

専業主婦や学生でも発行できるように作られているので、収入の額や職業の種類などはあまり求められません。

➅ステータス

審査の甘さを期待するなら、ステータス性のないカードを狙いましょう。

年収や職業に不安のある方がゴールドやプラチナカードの審査をうけるのは無謀です。また同じ年会費無料でもプロパーカード(JCBやVisa自身が発行するもの)よりは提携カード(楽天カードなど)の方が審査が甘くおすすめ。

審査通過が最優先なら、カードのステータス性やデザインに対するこだわりを捨て去ることからはじめましょう。

三井住友Visaカードの審査は甘い?

三井住友Visaカードの審査は甘い

三井住友Visaカードは銀行が発行するクレジットカードの中でも、審査の甘いクレジットカードです。

従来は審査に厳しいイメージがありましたが、現在は年会費を優遇したりキャッシュバックキャンペーンを提供するなど、いろいろな人の申込に対応しています。

➀信用情報を重視する審査スタイル

三井住友Visaカードの審査をパスするには、信用情報がいちばん大切です。

「この人はキチンと返してくれるのか?」を重視するので、長いあいだお金を返さなかったり、自己破産した記録のある人には貸してくれません。

そのかわり年収の額や職業の種類など収入的なものはあまり厳しく求めないので、信用情報に傷がないかぎり、審査に通過できる可能性はあります。

過去には、年収200万前後で審査に通過したり、フリーターでもカードを発行できた事例もあるようです。

➁カード発行枚数が伸びている

三井住友Visaカードは最近、クレジットカードの会員数を伸ばしています。

三井住友銀行のIR情報を見ると、同カードの会員数は2016年~2018年の間に約400万人も増加(全体の契約者数は2,800万人)。新規カードユーザーの獲得に前向きな性向を持っています。

➂若年者・女性向けサービスの展開

三井住友Visaカードは、一般カードやプレミア向けブランドに加えて、学生向けのデビューカードや女性向けのアミティエカードなどを発行しています。

こうした特定属性をターゲットにしたカードは、一般カードよりも年収に対する審査が柔軟な傾向にあり、該当する方にとっては魅力的な選択肢です。またサービスを多様化し門戸を広げる動きは、カード会社がカード会員獲得に熱意をを持っている特徴とも言えます。

審査が甘いVisaカード比較・おすすめランキング

審査が甘いVisaカード比較・おすすめ

ここからは、審査が甘いと評判のVisaカードをランキング形式でご紹介しようと思います。

簡単ではありますが、それぞれの特徴をまとめました。申込前の参考情報としてお役立ていただければ幸いです。

【Visaカードの審査を比較】
楽天カード エポスカード 三井住友Visaカード
申込資格 18歳以上の方(高校生を除く) 18歳以上の方(高校生を除く) 18歳以上の方(高校生を除く)
利用者の属性 学生・パート・アルバイトも可 学生・パート・アルバイトも可 パート・アルバイトも可(学生は学生向けカードアリ)
審査通過の年収 200万円未満 200万円未満 200万円~300万円

楽天カードは会員ランクに応じて審査優遇あり!

楽天カード

楽天カード
国際ブランド
年会費 
ポイント還元
発行期間
初年度
2年目〜
永年無料
永年無料
1%
最短1週間程度
  • 年会費は永年無料!
  • 入会時ポイントキャンペーンを常時実施!
  • 会員グレードで審査優遇!

言わずと知れた楽天カードです。

年会費無料特典や入会時のポイントプレゼントキャンペーンに加えて、会員数やショッピング取扱高も順調に伸ばすなど、新規ユーザーに対する広い窓口は魅力的。

審査の甘いクレジットカードの特徴に複数当てはまり、カードの作りやすさとしてはトップクラスに位置するクレジットカードです。

年会費は永年無料!

楽天カードの年会費は永年無料

年会費を気にすることなく使えるので、多くのユーザーに好まれているカードです。更にカードブランドもVisaを含め4種から選択できる上に、ETCカードの発行にも対応。

作りやすいだけでなく、使いやすいカードとしてもトップクラスの評価です。

入会時ポイントキャンペーンを常時実施!

楽天カードは常時、入会時に楽天ポイントを付与しています。

特典ポイント数はシーズンにより変動しますが、毎年数千ポイントももらえるので大人気。いつもキャンペーンをしているカードは「審査の甘いカードの特徴」なので、クレジットカードの審査に不安を抱えている方にもオススメできます。

会員グレードで審査優遇!

楽天カードは、楽天市場の会員ランクが審査に影響を与えていると言われています。

カード会社が審査基準を明示することはないのでハッキリと断言はできませんが、楽天市場「プラチナ会員」の場合、審査に有利との情報も。審査に通過した人の中には、年収や職業など会員ランク以外のデータは変わっていないのに、プラチナ会員になった月に審査を受けたら通過したという事例もあります。

専業主婦でも審査に通るエポスカード!

エポスカード

エポスカード
国際ブランド
年会費
ポイント還元
発行期間
初年度
2年目〜
永年無料
永年無料
0.5~5.0%
最短即日
  • 最短即日で発行!
  • 年会費が永年無料!専業主婦も申込可!
  • ポイント付与キャンペーン!

エポスカードは、丸井グループの子会社「株式会社エポスカード」が発行するVisaブランドのクレジットカードです。

賃貸保証サービス「ROOMID」でも有名なので、賃貸アパートやマンション入居時にお世話になった方も多いのではないでしょうか。

エポスカードはクジレットカードとして見ても、審査に通過しやすい商品です。年会費無料やポイント付与キャンペーンなど、審査の甘い保証会社の特徴を広く網羅。信販系のカードではありますが、最短即日発行にも対応しています。

最短即日で発行!

エポスカードは、最短即日発行(店舗受け取りに限る)とスピード感に優れたクレジットカードです。

こうした宣伝文句はすぐにカードが欲しい人もターゲットにしているので、審査基準は緩やかなものと考えられます。

年会費が永年無料!専業主婦も申込可!

エポスカードは年会費永年無料で利用できるカードです。

年会費無料のカードは有料カードよりも審査基準が緩く、学生や専業主婦などにも門戸を開いています。

また年会費無料のカードは全体的な審査傾向として、年収よりも返済の安定性を重視して審査を行います。長期延滞や債務整理など信用情報に深刻な問題がない限り、審査通過を期待できるでしょう。

ポイント付与キャンペーン!

エポスカードは新規契約者を対象に、エポスポイントをプレゼントしています。

エポスカードのキャンペーンは楽天カードと同様に常時行われているので、申込者獲得に前向きなカードです。

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード
国際ブランド
年会費 
ポイント還元
発行期間
初年度
2年目〜
無料
1,250円~(割引あり)
0.5%
最短3営業日
  • 年会費初年度無料&割引サービス
  • 最短3営業日での発行
  • 会員数が増加中!

三井住友Visaカードは多くの契約者数を誇る、Visaブランドの代表的なクレジットカードです。

銀行系クレジットカードではありますが、初年度年会費無料+利用実績による割引特典など、キャンペーンにも力を入れているところが特徴。最短3営業日での発行など、スピード感もアピールしているカードです。

年会費初年度無料&割引サービス

三井住友Visaカードは高級そうなカードデザインとは裏腹に、初年度無料のお得なクレジットカードです。

2年目以降は1,250円の年会費がかかりますが、Web明細を利用することにより500円~1,000円ほど割引できたり、同社サービスの「マイ・ペイすリボ」の利用登録で年会費を半額~無料にできます。

永年無料ではありませんが、ユーザービリティを重視し広く大衆向けに作られているクレジットカードです。

最短3営業日での発行

三井住友Visaカードの審査期間は最短3営業日と短めです。

審査も年収や職業より返済能力に重きを置いており、審査に通過しやすいところがポイント。楽天カードやエポスカードと比べると厳しめですが、債務整理など大きな事故を起こしていなければ、審査に通過できる見込みはあります。

会員数が増加中!

三井住友Visaカードは全体で数千万規模を誇るトップクラスの会員数を持つクレジットカードです。

同サービスの公開IR情報を調べると、最近は契約者数を順調に伸ばしている様子。「三井住友」の名からは厳しい審査イメージが浮かびますが、年収200万程度で審査に通過した事例も確認されています。

まとめ

カードブランドの違いで審査基準が異なるケースはほとんどありません。審査難度はカード会社により決まるので、会社選びを間違えないようにしてください。

年収や職業に不安のある方がVisaカードを申込む場合、審査が甘いカード会社の特徴を複数持っている「楽天カード」や「エポスカード」がオススメです。また最近は三井住友Visaカードも新規会員の獲得に力を入れており、魅力的な選択肢の1つです。



この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。
                     

コメントを残す